和紙

読者の薀蓄&蛇足




寺島さんの薀蓄
昔から初夢といえば 一富士、二鷹、三茄子(なすび)といわれて、「この夢を見るとその年は、首尾よく生きられる」といわれています。

なぜか?
富士は裾野の曾我兄弟、鷹は浅野の紋所、茄子は伊賀の荒木又右衛門

いずれも首尾を果たした日本三大仇討ちから来ています。
浅野は忠臣蔵でおなじみの浅野内匠頭のことです。浅野家の家紋が鷹の羽だから。茄子はそのへたがとげとげ、つまりいがいがしているので又右衛門の出身地の伊賀にかけているそうです。

茄子はちょっとこじつけっぽい気がしますね。いがなら栗の方がよいようですが、さんなすび としたほうが落ち着きがよいからといわれています。
  蛇   足 
一富士二鷹三茄子の続きは?
   四扇五煙草六座頭 又は 四葬礼五糞 と続くんだそうです。
諸説あるって書いたんですが、その諸説を整理しておきますね。
 
1.徳川家康説:駿河の国に隠居した家康が、「わしの国で一番高いのは富士の山で、二番目が足高(愛鷹)山だが、値段の一番高いのは初茄子だ」と言ったから。
 
2.駿河名物説:家康説の三つが駿河名物だとする説。
 
3.三大仇討ち説:(上の寺島さんの薀蓄にあるとおりです)
 
4.縁起語呂合わせ説:広大な富士、獲物をつかみ取る鷹狩りの猛鳥、成る・成す・成功するに通じる茄子と言うのが縁起説。
                         (話のネタ 毎日新聞社 PHP文庫 より)

目次へ


和紙