和紙

蛇足
シュレーディンガーのネコ
□■

今日は猫の話。2月22日は「
猫の日」です。ニャンニャンニャンで222、う〜ん、単純! ちなみに犬の日はワンワンワンで11月1日だそうです。(なぜか、1月11日ではない。^^;)

猫の学名は「イエネコ」です。"
ネコ"の語源は諸説あってはっきりしません。
ネズミをコノムの「鼠好」(ねこ)、トラに似ているので「如虎(にょこ)」、寝るのを好むので「寝子」(ねこ)、昔はネコの鳴き声を「ネウネウ」と表現してたのに由来する等々。

しかし、御先祖様は意外とはっきりしています。イエネコの先祖は「
リビアヤマネコ」というのが定説です。もっと古い先祖になると約5000万年前の「ミアキス」です。ただ、この「ミアキス」はネコ科、ハイエナ科、ジャコウネコ科、イタチ科、イヌ科、クマ科、アライグマ科、などの共通の御先祖様なのです。

人間が猫をペットとしたのは紀元前2,500頃の
古代エジプトとされています。
エジプトでは猫は神聖な動物でした。女性らしさと美徳、豊穣のシンボルである猫の頭を持った女神バステットを崇拝する人々は猫を手厚く葬り、多くのミイラを残しました。ベニ・ハッサンの遺跡からは30万体ものミイラが発見されたそうです。しかし、悲しいことにこれらのミイラはイギリスに運ばれ肥料にされてしまったそうです。

日本にやって来たのは、中国から経典を運ぶ際の
鼠よけにつれてこられたのが最初とされています。

ところで、猫って意外と不幸なのですね。漫画では、だいたい、トムとジェリーのトムように(古い? ^^;)いつも貧乏クジを引かされていますね。十二支にも入れてもらってないし。
それに、言葉だって、「猫ばば、化け猫、泥棒猫、猫またぎ、猫かぶり、猫なで声、猫かわいがり、猫に小判、猫に鰹節、猫の目、猫びたい、猫背」 みたいに悪いか、もしくはどちらかと言うと悪い表現の中に使われるでしょう。

猫舌なんて、かわいそう。野生動物は料理をして食事するわけでないので、猫舌があたりまえ。犬舌だって鼠舌だって良かったのに。^^;
いい表現って"招猫"ぐらいでしょうか?

猫の不幸はヨーロッパでも起きます。中世キリスト教は猫を敵視しました。
黒魔術や異端的な風習に猫を用いる人が多かったからです。つまり、猫は悪魔のシンボルとされたのです。魔女狩りは、猫狩りをも意味しました。
この迫害は鼠が媒介する伝染病の流行まで続いたのです。

そして極め付けが、世界で最も不幸なネコ、「
シュレーディンガーのネコ」です。
量子力学の世界では有名なネコです。このネコ、シュレーディンガーのネコは1935年以来、"生きていると同時に死んでいる"という状態に置かれています。
誰か助けてあげて! でも、なぜネコなのでしょう?

あの有名なスティーヴン・ホーキングも「シュレーディンガーのネコの話を聞くと、私は自分の銃に手を伸ばしてしまう」って言っています。世界的学者にとっても、いまだに頭痛の種なのですね!

そして、現在、多くの猫の仲間は、絶滅の危機に瀕しています。実はこの猫の仲間、食物連鎖の最上位に位置しているのです。つまり、彼らが排除された生態系は必然的にいびつなものになり、崩壊の危機さえ含んでいるのです。

さて、
猫の瞳は縦に細くなって不思議ですね。草の間から物を見るのに適しているなどという説もありますが、よくわかっていません。この猫の瞳は明るさによってその形を変えます。
これを利用して時計として使ったのが戦国時代の武将、薩摩の島津義弘です。彼は朝鮮出兵の際、猫を時刻を知る目的で連れて行ったといわれています。しかし、連れて行った七匹の内、五匹は戦死したそうです。

毛が茶、黒、白の
三毛猫はかわいいですね。でも、三毛猫の雄はいないって知ってます? 厳密に言うと、ごくまれに生まれます。しかし、ほとんどの場合、生殖能力が無いといわれています。
これは遺伝子レベルで説明されています。黒くなる遺伝子も、茶になる遺伝子もX染色体に乗っています。両方同時には乗れないので、茶色と黒色が同時につくにはX染色体が2本必要です。つまり、雌でないと駄目なんです。

あ、最後にもう一つ猫に関する話題を。
あの声帯模写で有名な「江戸家猫八」の「
猫八」って「江戸時代に猫、犬、鶏など鳥獣のなき声をまねて金品をもらって歩いた物乞い」のことを「猫八」と言っていました。そこから来ているのですね。


目次へ


和紙