和紙

蛇足
□■猫の話を書いたんですが、有名な猫のことを忘れていました。
そう、夏目漱石の「
我輩は猫である」の主人公の三毛猫。
夏目漱石はこの猫の死んだとき、死亡通知を知人に出しています。
「辱知猫儀久々病気の処療養相叶わず昨夜いつの間にか裏の物置のヘッツイの上にて逝去致し候。埋葬の儀は車屋をたのみ蜜柑箱へ入れて裏の庭先にて執行仕候。但し主人「三四郎」執筆中につき御会葬には及び申さず候」

幸せな猫ですね。墓は現在、新宿区の文化財になっているとか。

目次へ


和紙