和紙

蛇足
□■

今日は犬のお話です。

今、日本だけでも1000万頭。種類は400-500種、そのうち日本には142種(1999)がいます。
(2001.5.2頭数修正)

犬の祖先については、いくつかの説があります。代表的なものは、
 1.古代に滅亡した野生の犬が存在し、それが先祖である。
 2.オオカミとジャッカルの混血。
 3.アジアオオカミが起源である。
最近のDNAによる解析により3番目がほぼ確定しました。(
2012.12訂正)

犬と言えば、
嗅覚ですね。
臭いを嗅ぐ細胞の数は2億、ちなみに人間は500万、広さにすると新聞紙1枚分、
人間は切手2枚分だそうです。どうりで鼻が利くわけですね。
耳もすごいんですよ。
可聴域は8Hz-12万Hz、人間が16Hz-2万Hzと言われていますから、高音域がすごいですね。
ただ、目は
色盲だそうです。(注)

この優れた能力を生かして、
災害救助犬、聴導犬、盲導犬、麻薬犬、警察犬、奉仕犬が活躍していますね。新しい分野としては発作予知、ガンの発見、シロアリの発見などが効果あるようですし、地震予知などにも使えそうだと言うことです。

最近、犬の生まれながらの性質が遺伝子と関係があると言うことで、犬の個性を遺伝子で探る研究がなされています。
人間の神経細胞のドーパミン受容体(DRD4)が好奇心の強さに関係すると言われているのですが、犬のDRD4はおとなしさや活動性に関係しているらしいのです。

この研究の当面の課題は盲導犬の先天的な素質の判断に使うことです。
現在は育て始めた犬の半数が不適当で使えないそうです。最初から適応能力がわかっていれば効率がいいわけですね。
今、日本での盲導犬の必要数は8000頭、それに対して実際活動しているのは850頭ほどでしかないんです。

では、犬にまつわる、雑学にふさわしいお話をいくつか。

「犬」の語源について。(諸説あるんですがはっきりしていないようです)
犬は昔から魔除けとされていました。「もののけがいぬる」という意味から付けられたと言う説があります。
今でも、この魔除けの風習は残っていて、幼児の傍に犬張り子や犬箱をなどのお守りを置くことがあります。

花咲か爺さんの犬の名は?
歌では「ポチ」ってなってますね。でも、これは間違いで「シロ」が正しいようです。
と言うのは「ポチ」と言う名は明治以後使われるようになった名前です。
「ポチ」とはそもそも毛色に斑(ブチ)のある犬の名で、日本の在来種には斑点のある犬は存在していませんでした。
そういえば、絵本では白犬でシロとなっていたような。

ホットドッグのドッグは何犬?
もともとホットドッグは「レッドホット」という名前でした。
1903年スポーツ漫画家T・A・ドーガンがパンの中のソーセージをダックスフンドに見たてて漫画を描いて、これを「ホットドッグ」と名づけたとされています。

カナリアは犬?
鳥のカナリヤはカナリア諸島の名前から名付けられました。
ところが、カナリア諸島の語源はラテン語のカニアで「犬」という意味なのです。
昔、野犬が多数棲息していた島だったからカナリア諸島と名づけられたそうです。

★最後に、「ピーナッツ」(
スヌーピーのでてくる漫画)が今年1月3日(平日版)、2月13日(日曜版)に最終回を迎えました。
ビーグル犬のスヌーピー、自分を犬だと思っていない変な犬。チャーリーブラウンとともに50年間世界中の人に愛されてきました。作者のチャールズ・シュルツさんは結腸ガンのため今年2月12日(最終日曜版の出る前日)なくなられました。
御冥福をお祈りします。

(注)2001.05.02

最近の研究では色が見えているかもしれないとのことです。

目次へ


和紙