和紙

干支(えと)
蛇足
□■干支(えと)

今日は"えと"のお話です。

"えと"は漢字で"干支"と書きますが、語源は
"え"は"兄(え)""と"は"弟(おと)"の意味です。

まず、
十干(じゅっかん)のお話から。
十干と言うのは、
甲、乙、丙、丁、戊(ぼ)、己(き)、庚(こう)、辛(しん)、壬(じん)、癸(き)の総称です。
中国の殷の時代から、10日ごとに循環する日を表示する数詞として用いられていました。
これが、周の時代になると、十二支と組み合わされて年と日とを表すようになります。

やがて、漢の時代(一説には戦国時代)になると、
陰陽五行説の五行、"木火土金水"と結合します。
結果、木(甲乙)・火(丙丁)・土(戊己)・金(庚辛)・水(壬癸)のように二つずつ五行に配当され、さらに二つは、五行各々の陽すなわち兄(え)と、陰すなわち弟(と)を示すとされました。

日本では、
甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)とも読まれました。
そして、十干は年と日を示すほか、種々の分類記号としても用いられ、昔は学業成績などの表示に使用されていました。

干支はこの十干に十二支を順に組み合わせたものです。
甲子(きのえね)、乙丑(きのとうし)から壬戌(みずのえいぬ)、癸亥(みずのとい)まで、60の組み合わせがつくられ年月日、時刻、方位などを表わす名称として用いられました。
還暦は60年毎に同じ干支になることから、使われる言葉です。
ただ、現在は十干を省いて十二支だけで表わしたものを干支と呼ぶことが多いですね。

チョット難しくなりましたが、
甲子園丙午(ひのえうま)庚申塚などと使われますし、歴史では、壬申(じんしん)の乱戊辰(ぼしん)の役など、何気なく使っています。そうそう、中国でも辛亥革命なんていうのもりますね。

さて、十二支の"
子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥"に対して中国で各々、"鼠牛虎兎龍蛇馬羊猿鶏犬猪"があてられました。
この時期は戦国時代(B.C.五〜B.C.三世紀)と言われますが理由は不明です。
これが日本に入ってきて”ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、い”と言う呼称が出来たのです。

ところでなぜ十二かと言う問題がありますね。
一説には、中国では木星が天球の黄道を約12年かけて一周するため、一年を秩序だてる星として観測が重視され、歳星あるいは太歳と呼ばれました。
この木星の運行と関係して十二支が生まれたと言うものです。(注)

方位に使った例は現在までいろいろ残っています。
子午線は北を表す"子"と南を表す"午"を結ぶ線の意味です。
方位で南東を
辰巳=巽(たつみ)、北東を丑寅=艮(うしとら)、南西を未申=坤(ひつじさる)、北西を戌亥=乾(いぬい)と書くことがあります。

辰巳芸者とは江戸時代、深川の芸者を指した言葉で、深川が江戸城の辰巳の方角にあたったので、こう呼ばれました。
乾は苗字として使われていますね。
丑寅は時刻が3時から5時で、東雲が太陽を孕んでいる時に当り、まさに太陽の生まれる払暁であるから「生門(きもん)」と呼びました。
のちに、牛の角を生やし、虎のふんどしを締めた鬼形を配し「
鬼門」となって恐れられました。
"うしとら"だから牛の角に虎の皮のふんどし、単純ですね。^^;

(注)
2001.09.29
木星は12年(正確には 11.86 年)で太陽や月とは逆に西から東に向って、黄道を一周します。
そこで、古代中国では、この木星と対極の方向に、同じ速度で逆方向に巡る、木星を鏡に映したような想像上の星を考え、「太歳(たいさい)」と呼びました。
この太歳の十二区分された居所につけた名が、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二支です。


目次へ


和紙