和紙

蛇足
よく勘違いされる字
×病膏盲に入る→〇病(やまい)膏肓(こうこう)に入(い)る
   
盲と肓の字を間違えています

貧(ひん)と貪(どん)

柿(かき)と"こけら"  "こけら落し"の"こけら"です。
 
"こけら"の音は"ハイ"、つまり肺や沛と同じです。
ただ、肺や沛は旁(つくり)を今では柿(かき)と同じように書くようです。
柿と"こけら"は各々9画と8画で画数が違います。

泌(ひつ、)と沁(しん、しみる)
  泌尿器科、煙が目に沁みる。 よく似てますね。

崇める(あがめる)と祟る(たたる)

・拍手の拍と柏を間違えて「かしわで」という言葉が出来ました。
辞書には「かしわで」の漢字として拍手・
柏手の両方載っています。

・「
渾名(あだな)」の渾は諢(戯れ、冗談の意味)の間違い。
 「
剛腹(ごうふく)」の腹は剛愎で強情で人に従わないの意味

(2001.03.01追加)
 
胃、冑、胄の違いわかります?
 胃はもちろん、消化器官の胃
 冑は「かぶと」で戦いの時使いますね。この字の下は月ではなく横棒は両方離れています。
 胄は「よつぎ」で子孫のことです。この字の下はニクヅキです。

★みかん
1ヶなどのヶ、これって何でしょう。
中国の"个"という字の変形(日本にもこの字はあります。) or "箇"の上半分を取った or "介"の崩し字と諸説あります。カタカナではありません。(辞書によってはカナとしているものもあるようですが。)
これは"
"と読みます。後に言葉が続くときは、""と読みますね。一ヶ月のように。

・同じ"个"に関する間違いに"
一丁字(いっていじ)"と言う単語があります。
一字と言う意味で、"一丁字を知らず"と、"全く文字が読めない"の意味です。
 この"丁"の字、"个"の字の篆書(てんしょ)から誤ったものと言います。
 "个"の字だと意味がわかりますね。

・"
一介の文士"という時の介も个の崩れた書き方という説もあります。 

百姓読(ひゃくしょうよみ)  差別用語みたいですが辞書に載っている言葉です。
漢字を偏または旁(つくり)から類推して、我流に読むことを言います。
「垂涎(すいぜん)」を「すいえん」、
「洗滌(せんでき)」を「せんじょう」、
「絢爛(けんらん)」を「じゅんらん」と読むような読みかたです。

誤用の追加(2001.03.01)
施行 しこう→せこう 弛緩 しかん→ちかん
紊乱 ぶんらん→びんらん 娘子軍 じょうしぐん→ろうしぐん
多士済済 たしせいせい→たしさいさい 刺客 せきかく、せっかく→しきゃく、しかく
損耗 そんこう→そんもう 卒去 しゅっきょ→そっきょ
撒布 さっぷ→さんぷ 掉尾 ちょうび→とうび
攪乱 こうらん→かくらん 懶惰 らんだ→らいだ
相好 そうごう→そうこう

区切りの間違いの追加(2001.03.01)
・登+竜門     「竜門」は中国の黄河上流の急流
・破+天荒     「天荒」はまだ開かれていない荒蕪の地
  唐代に荊州から挙人の合格者が一人も出ず、天荒と呼ばれたのですが、大中年間に劉蛻が初め  て及第したので、それを天荒を破ったと称したといいます。
・一衣帯+水    「衣帯」は帯のこと
・断+末魔      「末魔」は梵marmanの音訳。死節、死穴と訳されています。
・一頭地を+抜く  地は助詞です。

2001.04.20 字の間違いの追加
・「夏の雨は馬の背を分ける」と言います。中国の複数の本に「夏の雨は牛の背を分ける」とあるそうです。どうも牛と午を間違えたのではないかということです。
さらに、牛蒡、牛頭天王の牛ですが、牛には「ゴ」と言う音はありません。これも牛を午と間違えて読んだ可能性があります。

・「あたりまえ」と言う言葉は、「当然」のあて字として使われた「当前」を訓読みしたものです。


目次へ


和紙