和紙

ナポレオン
蛇足
□■ナポレオン

今日はあの有名な「ナポレオン・ボナパルト(1769-1821)」のお話です。
例によって、面白い所のつまみ食いです。

■「社会契約論」を書いたルソーは、その中で「私は、なんとなく、いつかこのコルシカの小島がヨーロッパを驚かすであろうという予感がする」と書いています。
この本が出版されて7年後、ナポレオンはコルシカに生まれます。

■ナポレオンと言うと遠いヨーロッパの人で、当時の日本には関係ないように思いますが、意外や意外、結構関係あるんですよ。

江戸時代、日本はオランダとだけ貿易をしていました。ナポレオンの為に一時オランダはフランスに併合されて、国がなくなってしまいます。
そのため、日本在住のオランダ商館員は、ナポレオンの存在やオランダ国消滅のことを秘匿する努力をします。
しかしやがて、日本もロシア(注)やナポレオンの没落後はオランダを通じ情報をつかんでいきます。

頼山陽は「仏郎王歌(フランスおうか)」と言う漢詩を詠んでいます。
Vol.16 シーボルトのところで触れたシーボルト事件で刑死する高橋景保は「丙戌異聞(へいじゅついぶん)」と言うナポレオンの伝記を記しています。
佐久間象山に至っては「世界の最優秀人は、ナポレオンとこの佐久間象山である」
と本気で豪語していたと言います。

ナポレオンは幕末の志士達にとって、行動力の原点であったと言う見方もあります。

ベートーベンはナポレオンにささげるため、第三シンフォニー(交響曲第三番)を書きました。
ベートーベンはナポレオンを自由・平等を実現する英雄として評価していたのでした。
しかし、ナポレオンが皇帝になったことを聞くと「彼もまた自分の野心だけが大切な、専制君主に過ぎなかったのか」と楽譜のナポレオンへの献辞のページを破り床にたたきつけたと言います。
結局、交響曲第三番はエロイカ(英雄)と言う名で残っています。


■ナポレオンが関係することがら
★フランス革命政府は週を廃止して10日1旬の制度を導入したり、時計や角度の60進法を廃止して10進法に改めたり、長さの単位についても世界で使えるようにと地球の1周の長さの4000万分の1として「メートル」という単位を作りました。

ナポレオンはこのうち旬や時計や角度の10進法は評判が悪いので廃止します。
しかし、メートルだけは世界的に普及することになります。
やがて、1875年国際条約で全世界の単位をメートル法に統一されます。


ブランデー「ナポレオン」
ヨーロッパには、彗星の現れた年のブドウは豊作でいいワインが出来ると言う言い伝えがありました。
その年のワインを
コメットワインと言うそうです。
ナポレオンの世継ぎの生まれた1811年にも、彗星があらわれ、言い伝えどおりブドウが豊作でした。
そこで、世継ぎの誕生を祝してブランデーに「ナポレオン」と言う名前がつけられることになりました。
このブランデー、熟成後、名酒と言われる味となりヨーロッパで評判になったそうです。


缶詰
カンズメは1804年、ナポレオン遠征軍が携帯用食品のアイデアを募集したとき、ニコラ・アベールによって発明されたもので、優秀作品に選ばれたものです。

コンテはナポレオンの命令で鉛筆の芯の研究をします。
彼の発明した鉛筆は品質で当時のドイツやイギリスの鉛筆を凌駕します。
今日の鉛筆の製法の原型です。

コンテはアフリカ遠征に同行しています。なお、コンテはデッサン用画材に名前を残しています。

★ナポレオンはエジプト遠征に 100 人以上の学者からなる学術調査団を連れて行きました。
そのエジプト遠征の際に発見されたのが、あの有名な
ロゼッタストーンです。
後にシャンポリオンによって解読され、今日のエジプト学の基礎になりました。
ただ、このロゼッタストーンはイギリスに取りあげられ、現在は大英博物館にあります。

彼がピラミッドの合戦の時言った「兵士よ、ピラミッドの頂上から4千年の歴史が諸君を見ている」は有名ですね。

■最後にジョセフィーヌ(1763-1814)に関するお話です。
ジョセフィーヌは現在の薔薇の基礎を築いたと言われます。
薔薇は東洋原産で、彼女は 8 種類から 2500 種類に増やしました。
彼女の住まいだったシャトーマルメゾンで品種改良を行なったといいます。
現在はマルメゾン国立博物館になっています。


(注)ゴロブニン等から情報をしいれたようです。
ゴロブニン:(Vasilij MihajloviF Golovnin ワシリー・ミハイロビチ・ゴロブニン 1776-1831)ロシアの海軍軍人で、文化八年(1811)測量のため国後島に上陸したところを、江戸幕吏に捕えられて幽囚生活を送り、三年後高田屋嘉兵衛と交換、釈放されました。
司馬遼太郎の「菜の花の沖」はこの高田屋嘉兵衛を主人公にした小説です。

目次へ


和紙