和紙

蛇足
研磨炭 
奈良時代から漆器の研磨などに用いられてきましたが、現在でも漆器などの工芸品の研磨、腕時計の文字盤・勲章・記章の研磨、お札などの精密印刷の原版の研磨にも使われています。
使われるのはニホンアブラギリやホホノキの白炭です

二酸化炭素の封じ込め
木材を炭にすると原木の炭素の70%が回収できます。
炭を、土壌改良材や水質浄化材として使用すると、炭素の固定につながり、温暖化防止の一助になります。

防腐・防湿効果 
中国の馬王堆(まおうたい)の墓地や、古墳時代の古墳内部に炭が大量に使われています。
これは、炭の防腐効果や吸湿効果を利用したものです。
馬王堆から発見された女性のミイラには肌の弾力が残っていたと言います。

土地の標識  
木炭は地中に埋めても、ほとんど風化しません。このことを利用し土地の標識としたり、山林や宅地の境界表示の方法として古くから利用されました

還元剤 
木炭の灰は鉄、マンガンなどの重金属や、硫黄、リンなど不純物が少なく、金属を取り出すときの還元剤として優れています。

日本最古の炭
日本最古の木炭は愛媛県肱川町の遺跡から発見された物で三万年以上前の物といわれます。
これは、世界的にも古く、もしかすると世界最古かも知れないとか。

目次へ


和紙