和紙

音楽に由来する言葉
蛇足
□■音楽に由来する言葉

今日は音楽や楽器に語源を持つ言葉を集めてみました。
意外と多いのにびっくりします。

打ち合わせ
雅楽を演奏する際、笙(しょう)、ヒチリキや琵琶などと打ち物(太鼓、鉦鼓(しょうご)羯鼓(かっこ)などの打楽器)とのイキが合わなければなりません。
この打ち物とのイキを合わせることを「打ち合わせ」と呼びます。
これから、物と物をうまく合わせる意味になりました。
現在の、前もって相談するという意味になったのは明治以降のことだそうです。

二の句が継げない
雅楽の詩句を三段に分けて歌う時、その二段目を二の句と言います。
各句とも独唱から合唱にはいる形式なのですが、二の句は独唱の時から高音なので合唱に移ると息切れをしてしまうことがありました。二の句を歌いつづけるのが容易でないことから出来た言葉です。
現在は、あきれたり驚いたりして、言うべき次の言葉が出てこないことを言いいます。

二の舞
古い舞楽の「安摩(あま)」と言う踊りに由来します。
舞楽では左舞と右舞とで一組の「番舞(つがいまい)」となっています。
「安摩」の右舞は独特で先に舞われた舞を翁と老婆姿の二人が真似をして踊るのですがソックリに踊ることが出来ず、あえて滑稽さを出します。
この滑稽な所作の舞を「二の舞」と言います。
現在では、同じことをして滑稽な失敗をすることの意味に使います。

ろれつが回らない
この「ろれつ」は"呂律(りょりつ)"が訛った言葉だといわれています。
呂律の"呂"と"律"は、中国の古代音楽の音調が伝わってきたもので、日本では雅楽などで使われている音楽の調子のことです。
昔、曲を奏でた時に、この呂と律の音階がうまく合わないことを、呂律が回らないといいました。
その後、解釈が変わって、酔った人や幼児のしゃべり方がはっきりしないことを指すようになりました。

音頭を取る
雅楽の歌曲では「音頭」と呼ぶ一人のリーダーがいて、最初の一句は必ず音頭が伴奏なしに歌い出して、次の句から一同が合唱(奏)します。
ここから、初めに一人が言い出して、人々がそれに従う時、その口火を切る事を「音頭を取る」と言うようになりました。

頭取
元々、雅楽の合奏での音頭取りのことを言いました。
そこから転じて、音楽以外でも頭に立つ人のことを言うようになり、現在では、主に銀行の代表のことをいいます。

演歌
明治時代の自由民権運動の壮士たちが演説に節をつけて朗々と歌いあげた「壮士節」が始まりで、「演説歌」から「演歌」となりました。
当初は演歌士という職業の人がその節回しをまねて歌っていました。
それが次第に政治から離れて人情ものになり、大衆演芸化して「艶歌(えんか)」といわれるようになりました。

甲(かん)高い乙な味
乙とは邦楽の音階の低音部のことです。
高い音で歌うのを甲で歌うといい、低い音で歌うのを乙で歌うと言います。
乙の調子の中でも、芸歴の長い人の渋みのある低い声などは非常に味わいあるものとされ、そこから、しゃれていること、趣があることなどを「乙」と言うようになりました。

図に乗る
昔、声明(しょうみょう)と呼ばれる仏徳をたたえる声曲がインドから伝わりました。
図とはこの声明で転調を示す図表のことでした。
そして転調がうまくいったとき図に乗ったといいました。
これが転じて、うまくいきすぎて、つけあがっていい気になると言う意味になりました。

めったやたら
"やたら"は雅楽で使われるリズムの一種「夜多羅拍子」からきています。この拍子、テンポが速く、二拍子と三拍子の混合リズムと言う一風かわった複雑な音楽で、大阪天王寺の楽人だけの秘伝だったようです。
そこで、他の楽人達も真似しようとしたのですが、難しくて演奏が無茶苦茶になってしまいました。
そこから、「むやみに」とか「いい加減に」という意味に使われるようになりました。
なお、"やたら"とはサンスクリット語で「早く踏む調子」の意味です。

派手
この言葉は三味線から来ています。
江戸初期に主流だった石村検校(けんぎょう)の曲を「本手」といいました。
元禄時代になると、柳川検校が、独創的で激しく、躍動的で賑やかな曲を作り、大変評判になりました。このことから、にぎやかで目立つことを「破手」と言うようになったそうです。
字の方は葉手、端手、華手、派手などいろいろと書かれたようですが結局、派手に落ち着いたようです。


目次へ


和紙