和紙

蛇足
□■

貝の仲間は約11万種、日本には約5千種います。うち、食用になるのは約50種ほどです。
貝の誕生は約6億年前といいますから、随分古いですね。当時は陸上に生物はいない時代です。
(植物の上陸が約4.1億年前、動物の上陸が約3.6億年前と言います)
食用の歴史は古く、日本では縄文時代の貝塚から350種もの貝の殻が見つかっています。

貝の字
「貝」の字は
二枚貝を表す象形文字です。(子安貝の形からと言う説も)
一方、巻貝には、「蜷」、「螺」、「」の三つがあります。
もともと、「蛤(こう)」が二枚貝全体、「蚌(ぼう)」が淡水産の二枚貝を表しましたが、その後、「貝」が貝全体をあらわすようになったといいます。

貝偏の字
貝のうち、タカラ貝類(
子安貝)は美しく、希少価値があったので、中国で紀元前11世紀以上も前から貨幣として用いられました。
現在、お金に関係する字が貝偏なのはこれによります。
紀元一世紀でも亀甲、布、貝は鋳貨と併用されていた記録があります。

子安貝は竹取物語に「ツバメの子安貝」として出てきますね。
なお、貝で貝偏の字は無いそうです。

貝紫
古来から、ヨーロッパや日本では紫の色が珍重されてきました。

古代ローマ、ギリシャではアッキガイ科の貝の鰓下腺(さいかせん=パープル腺)から採れる紫色の染料、貝紫が珍重されました。
この紫は、
シーザーの紫衣やクレオパトラの帆船などに使われたことで有名ですが、ローマ時代には凱旋将軍のみに許された色で、ローマが帝政になってからは皇帝の色とされました。
一枚のマントを染めるのに15,000個の貝を必要としたと言います。

この、高貴な緋紫の染料のもととなる貝紫を始めたのが、後に
フェニキア人(緋紫の人々という意味)と呼ばれる人々です。現在のレバノンあたりに住んでいました。
彼らはアルファベットのもとになった、フェニキア文字の発明者としても有名ですね。
後ローマと対決する
カルタゴもフェニキアの殖民都市でした。

この貝の仲間で日本に住んでいるのが
イボニシです。
日本で、イボニシのパープル腺を使って皇帝紫の再現実験に成功しています。
このイボニシ、環境ホルモン(
有機スズ化合物)の影響で絶滅を危惧されています。
雌の雄化による繁殖力低下が著しいのです。

一方、日本の紫は
紫草の根から採られました。
清少納言も「花も糸も紙もすべて、なにもなにも、むらさきなるものはめでたくこそあれ」と記しています。
「紫衣」は紫の法衣で、僧正でなければ着られない衣でした。

魚介類魚貝類
両方の字とも良く見かけますね。違いは何でしょう?
」は、甲羅とか鎧を意味し、貝や蟹、蝦を含む甲殻類を意味します。
ですから、厳密に言うと魚貝類には蟹・蝦は含まれないんですが、魚介類には含まれると言うことになります。

さて、魚介(貝)類で思い出すものに、イカ、タコ、ウニ、ナマコなどもありますね。
これらはどうなるのでしょう?
実は、
貝は、学問的には軟体動物全体をさすのだそうです。ですからイカ、タコは貝の仲間。
でも棘皮(きょくひ)動物のウニ、ナマコの方は?

まあ、辞書でも区別していないし、こだわる必要はなさそうですが。^^;

★流氷の天使
クリオネ
流氷の下で優雅に泳ぐクリオネ。正式な名前は
ハダカカメガイと言って貝殻を失った貝の仲間です。
クリオネの名前の由来はギリシャ神話に登場する海の
妖精クレオがラテン語化したものと言われます。

烏賊(イカ)の甲
イカの体の中にある骨のような塊です。
コウイカ類では舟状で厚いので"いかの舟"などとも言われます。
実はこれ貝殻の名残です。イカは軟体動物で貝類と同じ仲間なのです。
コウイカの甲はまだ石灰質が残っていますが、ヤリイカの甲は石灰質を全く失って透明なプラスチックの棒の様になっています。

法螺を吹く
古代インドに「シャンカ(巻貝の意味)」という吹奏楽器があり、軍隊の出撃の合図を出すのにも使われました。
やがて、仏教でシャンカを吹くことを仏の説法に例えました。
これが、中国で「法の巻貝」=「法螺」と訳し、お釈迦様の説法のことを「法螺を吹く」と言いました。
それが、「お釈迦さまのような偉そうなことを言う」という意味を経て、現在の様な意味になったと言います。
そう言えば「
獅子吼(ししく)」も仏の説法のことですね。

ほら=「洞」とし中空を意味すると言う説もあるようです。

目次へ


和紙