和紙

蛇足
カタカナ表記
外来語は普通カタカナで書きますね。
このカタカナ表記を始めたのは
新井白石とされています。
1715年「西洋紀聞 (せいようきぶん)」が最初です。 

和製英語 
ジャパニース・イングリッシュなんて言いません?
ちゃんとした英語があるんですよ。(辞書にも載っています)
Japlish:日本風英語(の)、和製英語(の)   語源はJapanese and Englishです。
Janglish:=Japlish。   語源は英国の詩人James Kirkupの造語だそうです。

映画の邦題
最近の映画の邦題は英語をそのままカタカナにしたものが多いですね。
以前は苦労して邦題を付けたようです。
史上最大の作戦 The Longest Day
慕情 Love is a Many-Splendored Thing
望郷 Pepe le Moko
翼よ!あれがパリの灯だ The Spirit of St. Louis
俺たちに明日はない Bonnie and Clyde
栄光への脱出 Exodus
哀愁 Waterloo Bridge
駅馬車 Stagecoach
風と共に去りぬ Gone with the Wind
終着駅 Indiscretion of an american wife
禁じられた遊び Jeux Interdits
死刑台のエレベーター Ascenseur pour I'Echafaud
太陽がいっぱい Plein Soleil
勝手にしやがれ A Bout De Souffle

中国語から来た意外な言葉 ロートルは上に書きましたが、他にも意外なものがあります。
千六本:大根などを細長く刻んだもの。中国語の繊蘿蔔(シェンルォボ)
リス:中国語の栗鼠(リス)、現在の中国語は松鼠(ソンス)を使います。
ペテン師:中国語の詐欺を表す言葉から

ポルトガル語から
バッテラ、ジュバン(襦袢)、カッパ(合羽)、パン、サラサ(更紗)、 チャルメラ、メリヤス(莫大小)、シャボン、ラシャ(羅紗)、ミサ、 ポントチョウ(先斗町)、ザボン、ビロード、ジョーロ、テンプラ、トタン

オランダ語から
ズック、ポンプ、オルゴール、スコップ、ドロップ、ポン酢、タルト、 マドロス、モルモット、レッテル、ランドセル、モルヒネ、メス(手術用)、 ペンキ、ピンセット、タラップ、レンズ、
レトルト、ランプ、モルヒネ、 マスト、ホース、ブリキ、ドンタク、半ドン、ゴム、シロップ、
コンパス、 コルク

ミイラはmirra(ポルトガル)かmirre(オランダ)から来ています。
一方、漢字の「木乃伊」はmummie(オランダ)の漢訳です。

サンスクリット語から
・瓦←頭蓋骨  カパーラ
・旦那←お布施をする人 ダーナパティ
・琵琶←ヴィーナ
・鼓←ドゥンドゥビー  7世紀に中国に伝わる

★同じ語源の単語でも
違う国から入ってきたため違う意味で使ってる単語
・カード(英)とカルテ(独)、カルタ(ポルトガル)
・コップ(ポルトガル、オランダ)とカップ(英)
・グラス(英)とガラス(オランダ)
・カンテラ(ラテン、オランダ)とカンデラ(ラテン語)、キャンドル(英)
・レポート(英)とルポルタージュ(仏)
・ゴム(オランダ) とガム(英)

★現在の中国語には一万語以上の
日本製の漢語が取り入れられているといいます。明治に西欧語の翻訳のため作られたおびただしい数の和製漢語は、本家の中国に逆輸出されました。
文化、鉛筆、哲学、科学、歴史、目的、抽象、思想、など

目次へ


和紙