和紙

蛇足
★ミスコンテスト
日本最初のミスコンテストは、明治44年(1908)、アメリカの新聞「シカゴ・トリビューン」主催のミスワールドの日本代表選出のためのものです。
優勝者は小倉市長の娘で学習院女学部三年の末弘ヒロ子(16)でした。
この時の賞品は現在の価格にすると6,000万円にもなるとか。
彼女はこれがもとで退学処分をうけますが、世界大会では見事六位に入賞しています。
新聞で批判された当時の学習院院長、
乃木大将は親友の野津元帥の長男との縁談をすすめ、仲人をつとめたといいます。

この末弘嬢の写真を載せた新聞
「いやしくも容色を以て職業の資となすが如き品下れる者に非ず」
写真を見るものには「相応の礼意を以って臨むべし」
わずか100年前、ずいぶん世の中変わりました。

・ミス日本
第一回優勝者は1950年の山本富士子です。
因みに1992第24回は藤原紀香。

・ミスコンで有名なのは、
ミス・インターナショナル、ミス・ワールド、ミス・ユニバースですが、いずれも米国生まれで、もともとは1つのコンテストが3つに分かれてできたものだそうです。

★菖蒲(あやめ)と杜若
菖蒲:サトイモ科の多年草  
 ・乾燥地に生育。  
 ・葉面は平らで直立。  
 ・葉はほそ長い。

杜若:アヤメ科の多年草。  
 ・水湿地に生育。  
 ・葉は最も長く、幅が広い。

花菖蒲(はなしょうぶ):アヤメ科の多年草。  
 ・水湿地に生育。かきつばたに比べ乾燥地に生育できる。  
 ・葉の中肋(チュウロク)が太く、高くなっている。菖蒲、杜若は隆起しないので区別の目安となります。

★Eメイク
テレビに出演する女優さん、明るい照明をあてて細かいシワを飛ばしているのは有名ですね。(^_-)
しかし、テレビの高品位化時代はそんな程度では難しい。
そこで、開発されたのがEメイク。5分ほどカメラを調整することで、20歳も若返るんだとか。もちろん移動しても大丈夫!
化粧をしてなくてもカメラ側で対処してくれるとか・・・。女性の強い味方ですね。

★秋田美人

名に高き秋田美人ぞこれ見よと居ならぶ見れば由々しかりけり 
若山牧水

秋田美人は色白で有名ですね。確かに科学的にも確認されています。
日照時間の短さなど環境の違いが考えられますが、遺伝学的に興味深いことがわかっています。

・人の体内にある
LCV(ヒトポリオーマウイルス)の調査の結果、ヨーロッパに多い、EUタイプのウイルスが東北地方日本海側の秋田中心で見つかっています。
・また、人間と行動をともにする、イヌの血液型でも興味深いことがわかります。
和犬やアジアの犬はA・G型の血液型です。一方、ヨーロッパの犬はA型の血液型しか持ちません。
そして、
秋田犬北海道犬はA型の血液型しか持たないというのです。

つまり、コーカソイド系(白人)の集団が、何らかのかたちで日本人の形成に関与し、秋田美人の色の白さの原因の一つとなっているようです。

★美人の湯
日本三大美人温泉というのがあります。
川中(群馬)、竜神(和歌山)、湯ノ川(島根)温泉です。
美人の湯といっても、骨格が変わるわけではありません。^^;
美肌効果が期待できる温泉です。
「アルカリ性」「弱アルカリ性」の湯なら美肌効果があります

重曹泉:竜神、下田など
石膏泉:川中、土肥など
明礬泉:蔵王、十勝岳など
硫黄泉:白骨、草津など

■いろいろな美女
★中国の四大美女
1.古越の西施 2.漢の王昭君 3.三国時代の貂蝉(ちょうぜん) 4.唐の楊貴妃

★江戸の三美人(明和三美人)
1.笠森 お仙 2.柳屋のお藤 3.蔦屋(つたや)のお好
平賀源内などが錦絵の対象に選出した、お茶屋の看板3人娘です。
お仙、お藤は鈴木春信が描いています。

★寛政の三美人
1.難波屋おきた 2.高島屋おひさ 3.富本豊雛
喜多川歌麿の美人画のモデルになっています。

★本朝三美人
1.右大将藤原道綱母 2.衣通姫(そとおりひめ) 3.光明皇后

■ことば
尤物(ゆうぶつ)
尤はすぐれものの意味です。
尤物は特に、すぐれて美しい女性を言うのに用いられます。

★bombshell
もちろん、爆弾のことですが、悩殺的な美女もさします。

目次へ


和紙