和紙

蛇足
隕石が宇宙から地球に降ってくるのが一般に認められたのは約200年前です。
1809年、エール大学の2人の教授が米国コネチカット州に落下した隕石について報告した時、時の大統領ジェファーソン(科学者でもあった)は、「石が天から降ってくると考えるよりも、2人のヤンキー教授が嘘をついていると考えた方が合理的である。」とコメントしています。

クレーターが円形な理由
斜めに地表に突っ込むと楕円になりそうですね。
隕石の衝突の模擬実験では、衝突角度に関わらず、形成されるクレーターの形は円形になります。
原因は、衝突地点から発生する衝撃波が、クレーターの形成に関わっているためだそうです。
また、衝突の瞬間、隕石の持っていた運動エネルギーが熱エネルギーに代わって、隕石本体は蒸発して爆発してしまうため、地面を楕円に削ることはないんだそうです。

隕石があなたにぶつかる可能性は?
隕石が当たって人間が死んだという確実な前例は無いそうです。
杞憂(きゆう:注)ですね。
でも心配と言う人に。
ある計算によると、一人の人間が隕石によって死亡する天災が発生するのは、千年に一度だそうです。意外と高い確率ですね。

人に隕石が当たったいう前例は、幾つかあります。
1927年、茨城県に住む少女に、約0.2gの隕石が当たった記録がありますが、命に別状はなかったそうです。
動物が死んだという例は数件あるそうです。
1911年、エジプトのナクラで犬が死亡。(火星からの隕石だったそうです)
1860年、米国オハイオ州で子馬が死亡。

(注)杞憂 「列子‐天瑞編」に載っています。
昔、杞の国に住んでいたある人が、天のくずれ落ちることが心配で食事も喉を通らなかったというお話です。

隕石の名前の付け方
隕石は、落下した地点に一番近い場所の地名で呼ばれます。
マーチソン隕石、アレンデ隕石など。

ヘリオポーズカイパーベルトオールトの雲
太陽系の冥王星よりも遠くの構造としてはまず、130〜160天文単位あたりに「
へリオポーズ」、それをこえて1000天文単位まで「カイパーベルト」、そして約10万天文単位のところまで「オールトの雲」が広がっていると考えられています。
彗星はこのオールとの雲からやってくると考えられています。

L型アミノ酸のできる理由
「Vol.045 右と左」で生物由来のアミノ酸はL型のみであると書きました。
最近、オリオン大星雲の観測の結果、右型のアミノ酸は特殊な紫外線に破壊されやすいことがわかってきました。
宇宙で作られたアミノ酸はオールトの雲で保存され、彗星に乗って地球にやってきていると言います。コスミックダストには多くの有機物が含まれ、地上に降り注ぐ量は年間数千トンに上るとも言われます。

なお、生物由来のアミノ酸がL型であるのを発見したのは
ルイ・パスツールで、ワインのダイヤモンドと呼ばれるワイン樽の中に結晶する酒石酸の分析から見つけました。

目次へ


和紙