和紙

蛇足
■海藻の栄養
貧血、疲れやすい、イライラする、忘れっぽい、むくみ、などの症状が気になるようだと、ミネラル不足の可能性があります。

陸地のミネラル分は雨によって川に溶け出し、海に運ばれてます。ですから、海はミネラルのエキスになのです。
その海で育つ海藻には、陸上植物より、種類も量も多いミネラル分が含まれています。
因みに、
必須ミネラルは16種あって、
ナトリウム(Na),マグネシウム(Mg),リン(P),硫黄(S),塩素(Cl),カリウム(K) カルシウム(Ca),クロム(Cr),マンガン(Mn),鉄(Fe),コバルト(Co),銅(Cu) 亜鉛(Zn),セレン(Se),モリブテン(Mo),ヨウ素(I)

なお、海藻が髪の毛に良いというのは迷信で、特に科学的な根拠はないそうです。

■海藻の分類
★緑藻類
4億年前上陸した陸上植物の祖先だとされています。
アオノリやアオサ、ミル、ヒトエグサなどがあり、美しい緑色と香りが賞味されます。
特にアオノリは、ビタミンAになるβーカロチンを多く含んでおり、美肌効果があると言われています。

★褐藻類
ヒジキ、ワカメ、コンブ、モズクなどがあり、この種類には私たちが日常的に口にするものが多く含まれています。食用にされる他、食物繊維として働く多糖類のアルギン酸を抽出して、多方面の利用が行われています。
お湯に入れると緑色になります。

★紅藻類
水深10〜15mで育ち、水が赤い色を吸収してしまうので赤色を利用しません。結果として赤い色をしています。
テングサ、カエデノリ、フノリ、オゴノリ、フサクサノリ(スサビノリ)、トサカノリなどがあります。テングサは寒天やところてんの原料であり、カエデノリ等に含まれるカラギーナンという粘質成分は、食品や医薬・化粧品などにも用いられます。

■ワカメ
食用の歴史は古く、大宝律令、万葉集、延喜式などに、ニギメ、マナカシ、ワカメなどの名で載っています。

★和布刈(わかめがり)の神事
北九州市の和布刈(めかり)神社、山口県下関市の住吉神社で毎年大晦日の夜半に、干潮になるのを待って、神官が松明をともして海に入り、海底のワカメ一房を刈り取って、元旦の朝、神前に供える神事です。

■トサカノリ
刺身のつまや海藻サラダなどに使われる、赤、青、白の色鮮やかな紅藻類に属す海藻です。
トサカノリという名前は、葉の縁に鶏のとさかのような凹凸があることから来ています。

さて、あの鮮やかな色は不思議ですね。
・赤とさか
海藻を天日で干すと、くすんだ紫色だった海藻が鮮やかな赤色に変わります。
・青とさか
くすんだ紫色のトサカノリをアルカリ処理(消石灰に2週間から4週間漬ける)をすると色が緑色になります。
・白とさか
天日干しとアルカリ処理を、白くなるまで数回繰り返すと、やがて海藻は脱色されて真っ白になります。

■藻塩(もしお)草
藻塩草とはアマモのことで、塩を採ったことからこの呼び名があるようです。

来ぬ人を まつ帆の浦の夕なぎに焼くや藻塩の身もこがれつつ  藤原定家

海藻は難しい漢字を書くものが多いようです。読めますか?
馬尾藻 ホンダワラ
海松  ミル
海髪  イギス、オゴ
和布  ワカメ

■玉藻
玉藻とは美しい藻の意味です。
万葉集には海藻を玉藻(たまも)と表現し、100首近く載っています。

潮干なば玉藻刈り蔵め家の妹が浜づと乞はば何を示さむ 山部赤人

枕草子にも
白川の玉藻は今宵結びあげつ千歳にすまむ光しるしも

■藻海
サルガッソー海のことを言います。大量のホンダワラが流れ藻になって漂っています。
北大西洋の北緯20〜40度、西経30〜80度の海域で、大西洋のうなぎの産卵場であることが確かめられています。
バミューダトライアングルの中に位置します。

■ジャイアントケルプ
60mにもなる世界最大の海藻です。
サンフランシスコの南約100kmに位置する
モントレー湾のラッコは流されないように体にジャイアントケルプを巻きつけます。

■タラソテラピー
最近よく耳にするタラソテラピーってなんでしょう。
日本語訳は「海洋療法」で。海水浴、海藻や海泥を使用したマッサージ、などを行ってする治療法をいいます。
リューマチ、皮膚疾患、骨折、循環器系疾患、呼吸器系疾患やリハビリなど対象で、ダイエット、美肌、リラクゼーションなど予防医学的な側面での効果も期待されているようです。

・海藻療法(アルゴテラピー)
海藻の粉末を海水で練ったもので全身をマッサージ&パックします。
海藻のヨード分が皮膚から吸収され、新陳代謝の促進と、脂肪の分解も促すそうです。

・海泥療法(ファンゴテラピー)
泥のパックで、肌の汚れを吸着し、毛穴をひきしめ、筋肉や関節の痛みをやわらげる効果があります。

・海水療法(ハイドロテラピー)
海水を使ったジェットシャワー、ジェットバス、マッサージなどで、筋肉をほぐしたり、新陳代謝を促進したりする療法です。

目次へ


和紙