和紙

蛇足
★ビーフ・ストロガノフ
1.
ストロガノフとはロシアの伯爵の名前で、19世紀後半にフランスのコックがストロガノフ伯爵のために作った「牛肉のサワークリーム煮」が始まりです。
ストロガノフ伯爵は大いに気に入り、自らの名前をつけたといわれます。

2.同じストロガノフ伯爵なのですが、由来が少し違います。
ある日、彼が空腹で帰宅した時、すでに料理人はいませんでした。
そこで、彼は、しかたなく、余りものの牛肉、野菜を牛乳とサワークリームで煮込んだところ大変おいしかったので、自らの名前をつけたと言うものです。

★シャリアピン・ステーキ
昭和11年、帝国ホテルに宿泊中のロシアの
声楽家シャリアピンが「風変わりなステーキを食べたい」という注文をしました。
レストラン「グリルルーム」の高山福夫料理長は、タマネギのみじん切りをのせたステーキを考案し出したと言います。 これがシャリアピンステーキです。
現在「グリルルーム」は全面改修され「レ・セゾン」として営業しています。

★外郎
名古屋名物の「ういろう」です。
鎌倉時代(南北朝時代、室町時代との説も)に、元の国の
陳宗敬(延祐としている本も)と言う人が帰化し、その時、透頂香(とうちんこう)と言う薬を伝えたと言います。
この陳さんの役職が外郎で、子孫は家名を外郎としました。
そこで、この薬も外郎と呼ばれました。
一方、お菓子の外郎ですがこれ以前から存在していたようですが、薬の外郎に外見が似ていたため、お菓子のほうも外郎と呼ばれるようになったといいます。

★ポインセチア
メキシコが原産の花です。
米国の外交官
ポインセットが米国に持ち帰り、彼の名前で米国に広まったことによります。

★ニコチン
16世紀フランスの医者
ジャン・ニコーがタバコを湿布薬として使用したことに由来し、彼の名前をとってニコチンと呼ばれます。
もっとも、彼のこの療法、後に効果が無いことが判明したそうです。

★ドーベルマン(Dobermann)
1860年頃、ドイツチューリンゲン地方の夜警員や野犬捕獲員をしていた
ルイス・ドーベルマンが、土着の牧羊犬にロットワイラー種など各種の犬を混血させて作り出した犬種です。

★ダービー
毎年、ロンドン郊外イプソムで夏に行われる三歳馬(明け四歳馬)の特別レースです。 現在は日本ダービー、ケンタッキー・ダービーなど名を借りたものもありますね。
1780年
第十二世ダービー卿エドワード・スミス・スタンレーが始めたのでこの名がついています。

★ブルマー
率先着用した女権論者
アメリア・ブルーマーAmelia Bloomer(1818−94)に由来します。

★サランラップ
サランラップの語源が開発者の奥さんである
サラとアンの名前にちなんで名づけられたといいます。

★ホッチキス
アメリカ人の発明者
ベンジャミン・ホッチキス(Benjamin Hotchkiss)にちなみます。

★フーリガン
産業革命の時代(18世紀〜19世紀)に、ロンドンの下町にアイルランド移民が住むようになったのですが、貧困のため、その中から不良グループができ、警察とトラブルを繰り返すようになったといいます。
その中に「
パトリック・フーラハン」という飛びぬけて乱暴な者がいました。
彼の名前が「フーリガン」となまり、手に負えない暴れ者にも使われるようになったと言います。

別の説として、ロシア語の「ウラガン」(台風とか暴風雨という意味)が、暴動の意味に発展したという説もあります。

★アルゴリズム
コンピュータのソフトで使われる「algorithm(アルゴリズム=計算手順)」の語源は、9世紀初めに活躍したアッバース朝のイラン系の
数学者アル=フワーリズミーに由来します。

彼の著書のラテン語訳が「Liber Algorismi(アル=フワーリズミーの書)」です。

■次の言葉は既出ですので、下の号を参照してください。
★太公望   Vol.022
★ギロチン  Vol.030
★アキレス腱 Vol.034
★麻婆豆腐  Vol.038
★ほくそえむ Vol.107
★白眉    Vol.107
★伯楽    Vol.107

目次へ


和紙