和紙

蛇足
■食用
食用にされる主なものは、 シイタケ、マツタケ、シメジ、エノキタケ、ナメコ、マッシュルーム、 マイタケ、キクラゲ、さるのこしかけ、冬虫夏草、などです。
そうそう、世界三大珍味のトリュフもキノコですね。

★キクラゲ
キクラゲは中華料理で最も使われる食材で、便秘や高血圧、婦人病にも効果があるといいます。

★ナメコ
秋に全国で収穫されます。ぬめりが特徴ですが、これは外敵から防御するためのものです。悪酔い防止、成人病、疲労回復などに効果あるといいます。

★シメジ
「しめじ」として売られているのは
ヒラタケの栽培品です。
「ほんしめじ」として売られているものは
ブナシメジの栽培品です。
どうも、名前を乗っ取られているようです。
シメジにはビタミンB2が含まれ、吹き出物や湿疹、肌荒れに効果があるといいます。

★マイタケ
秋から初冬にかけて全国各地で獲れます。 ダイエット効果があるといいます。

★シイタケ
日光にあてて干したものは香りの成分や味の成分、ビタミンDも増加します。
動脈硬化・高血圧などに有効といいます。
最近は機械乾燥が増えていますので、もう一度天日に干すと、ビタミンDが増加します。

★エノキダケ
晩秋から初春にかけて全国各地で獲れます。

★マッシュルーム
世界で生産量が最も多い茸です。栽培キノコの75%を占めているといいます。

■毒キノコに間する迷信
1.縦に裂けるキノコは食べられる。 
ドクツルタケなどは縦に裂けます、と言うよ りほとんどのキノコは縦に裂けるものだそうです。
2.虫に食われたキノコは食べられる。
昆虫に有毒な成分と人に有毒な成分は違っているので昆虫が食べていても毒キノコは存在します。
3.地味なキノコは食べられる。  
ベニテングダケなどは例外でほとんどの毒キノ コは地味だそうです。
4.毒キノコもナスと一緒に料理すると食べられる。
5.干して乾燥すれば食べられる。
6.塩漬けにすると食べられる。
全部、迷信です。

キノコは一つ一つ覚えるしかないそうです。
また、ほとんど見分けのつかないものも存在するので、素人判断はやめましょうね。

■キノコの名前の由来
☆シイタケ(椎茸)
椎(しい)の木に生えるので、椎茸の名がついたようです。クリ、ナラ、クヌギなどにもできます。
☆マツタケ(松茸)
主としてアカマツ林に生えることからついた名前です。寒冷地では、エゾマツ、ハイマツなどの下に生えることもあるそうです。
☆マイタケ  
見つけた人が舞い上がって喜ぶことから付けられた名前。

■キノコの部分の名前
一番上で開いている部分
襞(ひだ) 傘の裏側
石突 一番下で木などについている部分
柄(え) 襞から石突まで
鍔(つば) 襞と柄の境、数ミリ程度の部分
石突と柄の境 数ミリの部分

目次へ


和紙