和紙

蛇足
★聖ヨハネ騎士団
9世紀半ばエルサレムはイスラムの支配下にありましたが、キリスト教徒の聖地巡礼は許されていました。そこに、イタリア都市国家の一つアマルフィの商人マウロが、聖地巡礼者用の病院を兼ねた宿泊所を建設したのが始まりとされます。
聖ヨハネ騎士団の変形十字は元々はアマルフィの紋章です。

後に、フランス人騎士ジェラール・タンクらが継承し、巡礼者に対する慈善活動、巡礼路の保安を行います。

1099年の第一次十字軍のエルサレム征服後、ローマ法王により、宗教・軍事・病人治療に奉仕する宗教団体として認可され、「
聖ヨハネ病院騎士団」と呼ばれるようになります。
他の騎士団、
テンプル騎士団チュートン騎士団などは純粋な軍事宗教団体ですから、少し趣を異にしています。

イスラム勢力により、1291年エルサレムを追われ、1308年聖ヨハネ騎士団は
ロードス島を征服します。
以後、病院経営の傍ら、ロードス近海を航行するイスラム船を襲撃を行います。

1480年、
マホメット2世は10万の軍勢でロードス島攻撃を行いますが、3ヶ月間の激戦の末撤退します。

1522年、
スレイマン一世は10万の軍勢でロードス島を攻めます。騎士団側は3千の戦闘要員で篭城します。
約5ヶ月の戦の末、ついに開城。このときのトルコ軍の戦死者は4万4千、それと同数が病死・事故死したと言われます。

1530年、
マルタ島に移住します。マルタ騎士団とも呼ばれるようになります。

1565年、スレイマン一世はトルコ軍5万でマルタ攻略を図りますが、約4か月間の攻防戦の末、トルコは撤退します。

1798年、
ナポレオンがエジプト遠征の途中マルタを攻めますが、この時、聖ヨハネ騎士団は戦わず降伏、マルタ島を明け渡します。

マルタ島撤退後、彼らはモスクワ、フェラーラを経てローマに移住します。

現在、ローマのブランド店の建ち並ぶコンドッティ通りに、聖ヨハネ騎士団の本部があります。国土は持っていませんが独立国家として存続しています。
今も聖ヨハネ騎士団は、各国で医療活動に従事する慈善団体として存続しているのです。

★バラ戦争(1455〜1485)
15世紀後半イギリスで起こった、
ランカスター家(紅バラを紋章)とヨーク家(白バラを紋章)との間の王位争いです。
ランカスター派のヘンリー=チューダー(ヘンリー七世)が勝って王位について
チューダー王朝(1485−1603)を開き、ヨーク家のエリザベスと結婚して内乱は収まりました。
その時の紅白のバラを組み合わせた紋章が
チューダー・ローズで、現在もイギリス王室の紋章であり、バラも国花となっています。

★砂漠のバラ
砂漠のバラと呼ばれる鉱物、見たことがあります?
平板状の
石膏(せっこう)の結晶が幾重にも集まって、バラの花の化石のように見えることから、こう呼ばれます。

★ロジウム(rhodium:Rh)
原子番号45番の元素です。1804年にイギリス人ウォラストンが発見しました。 化合物の水溶液がバラ色をしているので、ギリシャ語の「バラ」から名前が採られています。

★三大花卉(かき:観賞のために庭などに栽培する植物のこと)
キク、カーネーション、バラです。

★ジョセフィーヌとバラ・・・(Vol.072ナポレオン)に収録
★バラ(薔薇)風呂   ・・・(Vol.114クレオパトラ)に収録
★世界七不思議   ・・・(Vol.076アレクサンドロス大王の蛇足)に収録

目次へ


和紙