和紙

蛇足
★味噌の歴史
日本への伝来は飛鳥時代に
高麗(こま)人が伝えた豆味噌といわれます。
平安時代に麹に米が使われ、米味噌が誕生します。
一般庶民に普及するのは、鎌倉時代の仏教の布教に伴う
精進料理の形だと言われます。

★味噌の効用
1.コレステロール抑制作用
2.抗ガン作用(胃がん、胃潰瘍の予防)
3.放射性物質除去作用
4.抗酸化作用
などの効果が確かめられています。

★落語「味噌蔵」
けちな人のお話です。
味噌の出てくるところだけ・・・。^^;

・「急場の火事に左官なんか呼んでいられませんよ。あたしが承知の上だ。いいから、商売ものの味噌でもって蔵の目塗りをしてしまいなさい」
 「旦那様、それはあまりにももったいない... 」
 「もったいないことなんぞありゃしない。いいかい、火にあぶられた味噌なんてものは香ばしくて美味しいものなんだよ。あとではがして集めればお前さん方のおかずになります! 」

・あたくし、このうちへ奉公に上がって十三年と三ヶ月になりますが、その間に実の入ったおみおつけを頂いたことがございません。このあいだ、初めてタニシが二匹入っておりました。
「あぁ、ありがたい...今日はタニシのおみおつけだ...なむあみだぶつ...なむあみだぶつ...」
思わず念仏が出ましたよ。ところが、このタニシがどうしても箸にかからない。よく見ると、このおみおつけが薄かったんですなぁ...自分の目玉が映ってたんです...

目次へ


和紙