和紙

蛇足
■胃という言葉
★胃

漢字の成り立ちは、田の部分が物の詰まった袋の形の省略形で、月は肉です。

英語では「胃」は
stomachですが、「胃の」という場合はgastric
胃薬にガス〜と付くのはここから来ています。(中にはgasを意味するようなものもありますが・・・。)

■胃と病気
★胃下垂

胃下垂は病気ではなくて胃の形の一種だそうです。
"胃下垂だと痩せる"と言われ女性であこがれる人が多いのですが、実は、胃を支えてくれる筋力や脂肪のない痩せ型の人が胃下垂になるので、胃下垂だから痩せるのではありません。
胃下垂になると消化力が弱くなり、胃の中にものが溜まった状態が長く続き消化不良になります。その結果肌荒れを起こしたり、胃酸過多になったりします。
日本人の女性の1/3は胃下垂だそうです。

★ピロリ菌
学名を
ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)と言って1983年に発見されました。
1994年にWHO(世界保健機関)は、ピロリ菌がほとんどの胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因で、胃がんの発病とも密接に関連していると発表し、ピロリ菌を胃癌の確実な発ガン因子に指定しました。

学名の由来は、この菌が螺旋(らせん)状なので、螺旋を意味するヘリコと、細菌を意味するバクターから付けられています。また、ピロリは、発見された胃の幽門部を意味する
Pylorusに由来します。

pH1〜2と言う強酸性の環境で生きているのですからすごい菌ですね。
酵素によりアンモニアをまとっているんです、そしてこのアンモニアや毒素が胃潰瘍や十二指腸潰瘍を発生するんだそうです。
日本人では20歳台で25%、40歳以上の約7割の人が感染しているとか。
現在は抗生物質でピロリ菌の除去が出来ますから、気になる人にはお奨めします。
また、ココアやヨーグルトLG21には殺菌効果があるといいます。

★胃カメラ
胃カメラの原型は1868年ドイツのクスマルが大道芸人の剣呑みから発想したと言われる胃鏡です。しかし、これは曲がらないので、患者は非常に苦痛で、事故も多く発生しました。
1950年日本で現在の胃カメラの原型が作られます。宇治達郎医師とオリンパス光学技術陣(杉浦睦夫、深海正治)によるもので、世界に先駆けて開発されました。

現在では、気管支鏡、関節鏡など多くの種類が開発されています。

★総合胃腸薬
不思議な薬です。胃酸過多が原因の胸焼けなどと、胃酸の分泌不足の胃もたれなどの相反する症状に効く薬なのです。
制酸剤・健胃剤・消化酵素・粘膜修復材などが入っています。しかし、各成分の効能が互いに打ち消しあうので、専門薬に比べると効果が弱いようです。
ですから、特定の症状に大きな効果を期待するのは無理なようです。また、消化不良のように胃酸の分泌を促進したいなら食後に、胃酸の分泌を抑制したいなら食前か食間にと言うように症状に応じて飲む時間を調整するのがいいそうです。

制酸剤:胃酸の中和
健胃剤:胃酸分泌促進
消化酵素:消化を促進
粘膜修復材:粘膜の修復、保護

★H2ブロッカー
近年、良く耳にする胃薬ですね。
胃酸は、ヒスタミンが胃の内壁の胃腺を刺激して分泌されます。
H2ブロッカーは、この胃腺を塞ぎ、ヒスタミンを受け付けなくし、胃酸の分泌をほぼ完全に止めます。胃酸過多の人には効果が大きい薬です。

■牛の胃
★牛の胃

牛の胃が4つあるのは有名ですね。
第1胃は
ルーメンと呼ばれ、120リットルも容量があり、お腹の4分の3を占めています。中には、バクテリアや微生物がいて、草の繊維の分解・吸収を助けています。
第2(蜂の巣状のひだがあり蜂の巣胃とも呼ばれます)と3の胃はポンプと水分の吸収をします。
第4の胃が人間の胃と同様に消化液で消化します。
つまり、他の動物の胃に相当するのは第4胃であとの3つは食道が変化したものだそうです。

これらの胃は焼肉になると、
第1胃は
ミノ、その形状が、雨具の蓑(みの)に似ているから。
第2胃は
ハチノス、ひだが蜂の巣状に見えるから。
第3胃は
センマイ、内側のひだがたくさんあるので"千枚"。
第4胃は関東では
ギアラ、関西では赤センマイ
ギアラの語源ははっきりしないようです。
1.終戦後米軍基地で働いていた人が報酬代わりに貰ったのでギャラが訛ったとする説。
2.偽の腹という意味の「偽腹(ぎばら)」が訛ったとする説

★牛の胃と磁石
牧場で飼われている牛の胃には磁石が入れてあります。
間違って食べた鉄片や釘などが消化器官を傷つけないように一ヶ所に集めておくためです。

目次へ


和紙