和紙

蛇足
★世界最大の昆虫は?
ゴライアスオオハナムグリ(コガネムシの仲間)は体長17cmになるそうです。
長いものではオバケトビナナフシで25cm以上になるものもいるとか。

★カブトムシとクワガタムシ
戦国武将の兜(かぶと)に似ているのでカブトムシ、一方、兜の飾りの「鍬形」の形に似ているので、クワガタムシと呼ばれます。
期せずして、両方とも兜に由来しているんですね。

カブトムシのツノは皮膚が発達したものです。一方クワガタのハサミは顎(あご)が発達したもので、全く違うものです。

★カミキリムシ
名前の由来は、重修本草綱目啓蒙(江戸時代)という本に、「髪をも良く切る」と載っています。紙ではないようです。

★ビートルズ
グループ名は「Beatles」。これは「Beat」+「Beetle」に由来します。
「Beat」は、「太鼓で続け様に打つ」とか「拍子を取る」と言う意味です。
一方「Beetle」は「かぶとむし」とか「甲虫」の意味です。

★虫慰霊祭
日本家庭用殺虫剤工業会(20社)は毎年、実験用等で殺した虫の為に慰霊祭を催しているのだそうです。

■日本人と虫
☆枕草子

虫は、鈴虫・茅蜩(ひぐらし)・蝶・松虫・蟋蟀(きりぎりす)・促織(はたおり)・・・
と出てきます。
ただし、平安時代には、マツムシとスズムシ、コオロギとキリギリスは名前が逆だったと言います。
☆源氏物語
第38巻「鈴虫」。清少納言との競争心でしょうか?
☆虫愛ずる姫君(「堤中納言物語」)
毛虫、カマキリ、カタツムリなどに異常な興味を示したお姫様のお話。
今の世の中なら、昆虫学者になれたんでしょうが・・・。

「虫合せ」
嵯峨野あたりで虫を取ってきて、美しく飾った虫籠に入れて宮中に奉った殿上人の遊びです。種々の鳴く虫などを持ち寄って鳴声や姿の優劣を競ったようです。

しかし、一般庶民が虫の声を楽しむようになるのは江戸時代になってからです。
野山に行って聞くだけではなく、虫を飼うようになります。
虫売りと言う商売も出てきますし、養殖も盛んに行われたようです。
守貞漫稿」には、「螢を第一とし、蟋蟀(こおろぎ)、松虫、鈴虫、轡虫(くつわむし)、玉虫、蜩(ひぐらし)等声を賞する者を売る。」とあります。

 虫売は一荷に秋の野をかつぎ

目次へ


和紙