和紙

蛇足
■山と岳
国土地理院によると、明確な定義はないそうです。
辞書には、山は「平地よりも高く隆起した地塊」、岳は「高くて大きい山」なっています。
しかし、高さだけで言うと、日本の最高峰は富士山ですし、500m以下の岳もあります。(私がよくハイキングに行った福岡市の叶岳は341mしかありません。^^;)

一説には、高くても緩やかなのは山で、低くても険しいのは岳という説とも言われますが定説は無いようです。

■雑
★オリンポス山
(ギリシアOlympos)
ギリシア北部のテッサリアとマケドニアとの境にある山で、ギリシアの最高峰(2917m)です。ギリシア神話の主神ゼウス以下12神が山上に住んだと言われます。

この山の名前をもらったのが
火星のオリンポス山、太陽系最大の山です。高さ78,000フィートと言いますから、23,700mもあります。
地球で最も高いのはヒマラヤ(8850m)ですが、山の容積を見るとハワイ島のマウナ・ケア山が4,205m(海底からの高さ10,205m)が最も大きいとされます。しかし、それより高さで二倍以上もあるんですね。

★富士山の○○合目
道標に米をパラパラと落としながら登り、一合なくなったところで「一合目」、二合なくなったところで「二合目」とした説や、夜間登山の際に、ランプの油が一合なくなったところを「一合目」とした説など説はいろいろありますが、どうも信憑性に乏しいですね。
まあ有力なのは、登山かかる時間を目安に目印をつけたと言う説です。
表側の村山口(現在の富士宮口)と裏側の吉田口の裾野の馬返しを起点の一合目とし、樹木の生えなくなる森林限界を五合目、頂上を十合目としたと言う説です。
頂上が一升ではなく十合と言うのも、どこか変。^^;

★日本一低い山
高い山なら簡単ですが低い山となると・・・。
自然の山としては、徳島県方上町の
弁天山(標高6.1m)です。
1920年発行の国土地理院の地図に山名と標高が記されています
確かに、大阪市の
天保山(標高4.5m)、仙台の日和山(標高6.05m)があるんですが、天保山は1831年に造成された人工の山、日和山も半分は造成された山と言うことです。
でも、もっと低い「名無し山」が沢山あるような・・・。^^;

天保山は天保年間に行われた安治川の川ざらえの土砂を盛り上げてできました。
江戸時代は灯台が立てられ、のちに砲台が設置されました。
慶応4年1868.3.26には、大久保利通の大阪遷都の企みの中、天皇はここから海軍を天覧されました。

★アルプススタンド
甲子園球場の内野席と外野席の間にある大観覧席を言います。
昭和4年夏に増設されたアルプススタンドは、夏の高校野球の時、白いシャツのファンで超満員になります。その様子を、漫画家の岡本一平が「ソノスタンドハマタ素敵ニ高ク見エル、アルプススタンドダ、上ノ方ニハ万年雪ガアリサウダ」と朝日新聞に漫画を描いてから、こう呼ばれるようになったと言います。

■言葉
★他山の石

「他山の石を以(もっ)て玉を攻(おさ)むべし」出典は「詩経‐小雅」です。
よその山から出た粗悪な石でも、自分の玉をみがくのに役だてることができる。ということで、転じて、人の誤った言行も自分の修養の助けにできるという意味です。

★大山鳴動して鼠一匹
泰山と書くこともあります。
前ぶれの騒ぎばかりが大きくて、結果はきわめて小さいことの例えです。
中国の諺と勘違いされることが多いのですが、
古代ローマの詩人ホラティウス(B.C.65-B.C.8 Quintus Horatius Flaccus)の「詩学」に出てくる言葉に由来する西洋のことわざです。

★四方山(よもやま)
もともとは、四面八面(よおもやおも)だったらしいのですが、これが四方八方(よもやも)と使われ世間とか天下などの意味に用いられていたようです。やがて、訛って、四方山(よもやま)となり、江戸時代になって、現在の「いろいろな方面の話をする」と言う意味に使われるようになったそうです。

★お山の大将
明烏後正夢(あけがらすのちのまさゆめ:人情本1819年、為永春水・滝亭鯉丈)にも出てくる言葉です。低い塚の上で「お山の大将おれひとり、あとから来る者(も)ナ、突き落とせ」と言って威張っている者を他の子供たちが落とそうとうかがう、「お山の大将」と言う遊びから来ているんだそうです。

★人間(じんかん)到(いた)る処(ところ)青山あり
"あおやま"ではなくて"せいざん"です。
人間は"にんげん"、"じんかん"、両方の資料が存在します。
人間はどこで死んでも、骨を埋める場所ぐらいはある。大望を達するために郷里を出て大いに活動すべきことをいいます。
つまり、青山とは骨を埋める土地のことです。

そういえば、東京青山(あおやま)には墓地が・・・、しかし、この青山は由来が別です。^^;
徳川家の家臣、
青山忠成(1551-1613)の屋敷があったことに由来します。
青山墓地は、明治5年に社寺などに帰属しない共同墓地第一号として作られたもので、26万m2の広さがあり東京23区内で最大です。大久保利通、国木田独歩、志賀直哉などの著名人も多く眠っています。

★ブルーマウンテン
最高級のコーヒーで有名ですね。
このコーヒー、カリブ海のジャマイカのブルーマウンテン山脈の、しかも標高800メートルから1200メートルの山の斜面のごく限られた土地でしか収穫されない貴重なものです。

目次へ


和紙