和紙

血液
蛇足
■血液型
★発見

1901年ウィーン大学の
カール・ランドシュタイナー(1868〜1946 Karl Landsteiner:オーストリア→アメリカ)によるABO式の血液型の発見が最初です。彼は1930年にノーベル医学生理学賞を受賞しています
彼はまた、1927年に
MN式、1940年にRh式も発見しています。
血液型は、その後、続々と発見され現在は約300種類もあると言います。
つまり、厳密には一人一人血液型は異なると言うことですね。

★血液型の分布
血液型は民族によって大きく違います。
南米のネイティブアメリカンにはO型が100%の民族もいます。
また、B型はモンゴルを中心として遠くなるほど減る傾向にあるんです。

なお、日本人の血液型の比率は次のようになっています。(日本赤十字の資料より)
A : Rh+ 39.8% Rh- 0.2%
O : Rh+ 29.9% Rh- 0.15%
B : Rh+ 19.9% Rh- 0.1%
AB: Rh+ 9.9% Rh- 0.05%

★白血球の血液型
ヒト白血球抗原
は(HLA:human leukocyte antigen)は、当初、白血球表面に見つかった抗原なので「白血球の血液型」などと呼ばれたりしますが、実際には、赤血球以外の全ての細胞に存在します。
臓器移植の時に重要になるので、組織適合抗原とも呼ばれます。
このHLAは複雑で、骨髄移植の際に全て一致する人を探すのはとても困難だと言うことを聞いたことがあるのでは?

■雑
★ジュラシックパークと赤血球

ジュラシックパークでは蚊が吸った恐竜の赤血球から、恐竜を復活させますが、血液に詳しい人は疑問に思いませんでした?
赤血球には核がないのでは? つまり遺伝子は入っていないのでは?

大丈夫です。赤血球に核の無いのは哺乳類だけで、爬虫類や鳥類など他の動物にはチャンと核があるんです。ですから、恐竜の赤血球にも核はあったはずです。

★O型は0型
(2006.02.27 ここに書いた内容は広く言い伝えられているのですが、どうもガセネタではないかと言うことです。詳しくは安岡孝一さんのHP
http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/345556を参考にしてください。)

A,Bと来て、突然Oって変ですね。
当初、本当は疑集原が無いという意味で0(ゼロ)型だったのですが、O(オー)型と間違われて、結局、1927年国際連盟の専門委員会で正式にO(オー)型に決まりました。

★Rh式
1940年、ランドシュタイナーとウィーナーは、人の血液に
アカゲザル(Rhesus)と共通の血液型抗原があることを発見しました。そこで、この血液型をアカゲザルの頭文字をとってRh式としました。

★動植物の血液型
動植物にも血液型があるようですが、サンプル数が少ないなど問題があり、諸説あるようです。 一般的に言われているのを挙げてみました。
・チンパンジー  A,O
・ゴリラ     B
・オランウータン A,B,O,AB
・ニホンザル   B,O
・猫       A,B,AB
・豚       A,O

植物には血液はありませんが、葉や茎をすり潰し抽出した液に血液型類似物質が存在します。

なお、変わったところでは、
バカボンのパパの血液型はAB型だったのですが、「レレレの天才バカボン(放映1999/10/26〜2000/03/21)」では「BAKA型」に変更になっています。ちなみに、バカボンとママはA型です。^^;

★輸血
世界で最初の輸血は、1665年
ルイ14世の侍医が羊の血を人間に輸血したのが最初だそうです。この輸血は成功したそうですが、その後、死者を出してしまいます。
1818年には人間の血液の輸血が行われ成功しましたが、これも偶然で、実際は1901年のABO式の血液型の発見まで、多くの人が犠牲になっています。

★蚊に刺されやすい血液型は?
O型の人が刺されやすいと言う説があります。
血液型は赤血球の表面の赤血球の表面の糖の違いによって区別します。
そして、蚊はこのO型の血液の糖物質を好むのだというのです。

本当でしょうか? 私はA型ですが、よく刺されます。
お酒を飲んでいるからだろうって? それもありますね。^^;

★あなたの
血管の総延長はいくらでしょう?
ちょっと信じがたい数字ですが、一人の人間の血管の総延長は10万Kmだと言われます。なんと地球2周半。
毛細血管の太さは8μ(ミクロン)で髪の毛の1/20程度、そんなのが50億本以上もあるんだそうです。

目次へ


和紙