和紙

蛇足
★アルゴル(Algol)
ペルセウス座のβ星でアラビア語でラス・アル・グル(Ras al Ghul)「悪魔の頭」と言われます。
星座的には、勇者
ペルセウスが退治して手に持っている怪物メドゥーサの首に位置します。
「悪魔の頭」の由来は、
プトレマイオスが「ゴルゴン(Gorgon)の頭の明るい星」と呼んだのが由来だろうと言います。
ゴルゴンはギリシア神話に出てくる三人姉妹の魔女、ステノ、エウリュアレ、メドゥーサのことで、メドゥーサはペルセウスによって退治されます。この退治劇の帰りにアンドロメダを見初めたのです。

この星、「
アルゴル型食変光星」の名前の由来となった食変光星で、太陽の3.15倍と0.74倍の質量の二つの星がお互いを回りあっている星です(お互いの距離は0.2天文単位)。片方が暗いため、光度が変化します。
太陽から80光年で、2.8673日周期で2.12等から3.40等まで変光します。
(注)天文単位:太陽と地球との平均距離。約1億4960万km。

★ラプラスの悪魔
ピエール・シモン・ド・ラプラス(1749‐1827)は数学者で、ラプラス変換などに名前を残しています。
このラプラスの悪魔は、現在の状態を完全に測定できれば未来も完全に予測が可能だという考え方です。ラプラスの悪魔は瞬間的に複雑な計算をやってしまいますから、例えば、サイコロを振ると、その瞬間に何の目が出るかがわかると言うのです。

しかし、今世紀に入って、
ハイゼンベルグの「不確定性原理」によって否定されます。さらにカオス理論もこの悪魔を否定しています。
カオス理論については「Vol.071カオス」を参考にして下さい。

★マジョーラ塗料
光の加減によって色々な色に変化して見える塗料です。
「Vol.069 色その2」で取り上げた構造色です。
「マジョーラ塗料」は日本ペイントの塗料商標名で、ラテン語で魔女を意味するMAGIAとオーロラAURORAを組み合わせた造語です。
もちろん、日本語の魔女も意識していたんでしょうね。
ヘルメット、楽器、オートバイ、プラモデルなど、玉虫色に見えるものは、もしかするとこの塗料が使われているのかもしれませんね。

★悪魔の音程
2つの音の間隔を音程といいますが、この音程の中で悪魔の音程と呼ばれるものがあります。
ファ〜シの間隔(増4度音)のことです。
正確な音の高さを取るのが難しいため、こう呼ばれるようです。

★大魔が時(おおまがとき=大禍時、逢魔が時)
大きな禍の起こる時刻の意味で、暮方の薄暗い時刻のことを言います。
つまり、たそがれ時ですね。
たそがれは「誰(た)そ彼(かれ)は」と人を識別しにくい時間を意味します。
同様な言葉に「
かわたれ(彼は誰)」があります。こちらは、明け方の同じような明るさの時間帯を指します。

★魔女のほうき星雲
NGC 6960で、次のページで美しい写真が見られます。
http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap040302.html

★サファイア 「Vol.151宝石」参照 

目次へ


和紙