和紙

蛇足
■虎
トラの語源は、
日本釈名(貝原益軒著、江戸中期の語源辞書、元禄12年(1699年))では「トラは捕ふるなり。人を捕ゆる獣なり」としていますが、諸説あるようです。
漢字の方は象形文字です。全身をあらわしているのですが、なんだか顔に見えません? ^^;

英語の
tigerは、「すばやい」とか「速い」を意味する古いペルシャ語 tigris が語源だそうです。
ところで、この tigris 聞いたことがありますね。そうです、
チグリス(Tigris)川と語源が同じなのです。チグリス川はその流れが速いことからついたそうです。

虎の学名はPantera tigris(パンテラ チグリス)です。Panteraはヒョウ属をあらわします。ちなみに、ライオンはPantera leo(パンテラ レオ)。

■生物学
食肉目ネコ科ヒョウ属トラ科で現在ベンガルトラ、シベリアトラ、スマトラトラ、アモイトラ、インドシナトラ5つの亜種がいます。
しかし、生息数は合計約5,000〜7,200頭ほどしかいません。うち半数強がベンガルトラです。100年前には約10万頭もいたというのに・・・。
1940年以降、バリトラ(1940年代)、カスピトラ(1970年代)、ジャワトラ(1980年代)、の3亜種が絶滅しています。
近年は漢方薬(虎骨)の原料としての密猟が増えていると言います。

世界自然保護連合のレッドデータブックでは絶滅危惧種、ワシントン条約では絶滅のおそれの高い種に指定されています。

■言葉
★虎の威を借る狐
楚の宣王
(?〜B.C.340)は将軍昭奚恤(しょうけいじゅつ)が他国から恐れられる理由を臣下に聞きました。それに応えて江乙(こういつ)は他国が恐れているのは将軍ではなく、その背後にある楚の国を恐れていると言うことをたとえ話で話しました。

ある日、虎が狐を捕まえます。すると狐は「私は天帝が任命した百獣の長です。私を食べると天帝にそむくことになりますよ。私の言うことが信じられないなら私について来なさい。どんな動物も私の威光を恐れて逃げ出しますよ。」
そこで虎が狐の後について歩くと、すべての動物が逃げ出したので虎はすっかり感心してしました。

イソップ物語にも似た話があります。こちらの登場人物(?)は狐とライオンですが。
イソップ物語は、イソップの作と伝えられる動物寓話集で成立は紀元前三世紀頃と言われます。

★虎の子渡し
虎が三匹の子を生むと、その中には必ず
(ひょう)が一匹いて、見ていないと他の子供を食べてしまおうとするんだそうです。
ですから、川を渡る時、親は一匹ずつ運ぶんだそうですが、うまくしないと彪が他の子を食べてしまいします。
そこで、親はまず彪を背負って対岸に渡し、次にもう一匹を背負って渡した帰りに彪を背負って戻り、残りの一匹を渡したあとで、また彪を背負って渡るといいます。

癸辛雑識‐続集下」(南宋の周密(1232-1308)著)に載っているお話です。
ちょっとした、パズルですね。実はパズルの世界では「川渡り」と言うジャンルがあっていろいろ面白い問題が考えられています。
未菜実の下のページにも9題ほど載せていますので興味のある方はどうぞ。(^_-)
http://www.geocities.co.jp/Berkeley-Labo/6317/kawa1.htm

このお話しから来ているのでしょうか? 親虎が三匹の子をつれて川を渡る様子を形どった庭石の配置のことを「虎の子渡し」と言います。有名な、京都
竜安寺の石庭などがその代表的なものです。

★市に虎あり
虎は普通、山にいて街中にはいないものです。しかし大勢の者が「いる」と言えば、まさかと思ってもいつか信じるようになってしまいます。あり得ない事でも大勢の人が言い出だすとつい信じてしまうわけです。「
韓非子・内儲説」に載っている話です。火の無いところにも煙が立つわけですね。

★虎は死して皮を留(とど)め、人は死して名を留む
獣の王者である猛虎は、死後も皮となって珍重され、人はその死後に残した名誉や功績で評価されると言う意味ですが、「
新五代史・王彦章(げんしょう)伝」では虎では無く、豹になっています。虎の出典は何なのでしょう? ^^;
豹は死して皮を留め、人は死して名を留む

■雑
★マレーの虎

テレビ番組で「マネーの虎」と言うのがありますが、これはマレーの虎のもじりでしょうか?^^;
昭和30年代のヒーローに「快傑ハリマオ」があります。この
ハリマオ(ha・rimau)はマレー語で虎のことです。
このハリマオのモデルは
谷豊だと言われます。彼は盗賊だったのですが、第二次世界大戦中、日本陸軍の特務機関員としてゲリラ活動を行い、昭和17年シンガポールで病死しています。彼は死後、英雄として報道され、昭和18年には、彼を主人公とした映画『マライの虎』が大ヒットしたそうです。

最後に虎の字を含んだ難読漢字を。(一つ読めれば及第点 ^^;)
漢字の上の段をドラッグすると答えが出ます。
もがりぶえ おまる らっこ いたどり あめふらし おこぜ ころり
虎落笛 御虎子 猟虎 虎杖 雨虎 虎魚 虎狼痢

(ヒント)
1.冬の激しい風が柵や竹垣などにぶつかって発する、笛のような音をいいいますね。
2.赤ちゃん、御用達。
3.獺虎とも書くようです。
4.タデ科の多年草で食用や漢方薬に用います。
5.雨降とも書きます。
6.オニオコゼ、ダルマオコゼなどがいます。漢字は魚偏もありますが表示できないので辞書で見てください。
7.コレラ(虎列刺)のこと。頭文字をとって虎疫(こえき)とも言いました。

目次へ


和紙