和紙

蛇足
★「とんでもないへんてこなエビ」
こんな名前の学名を持つ生物がいました。
アノマロカリスと言います。
カンブリア紀(5〜6億年前)に生息していた節足動物の一種で、当時、食物連鎖の頂点に君臨していました。最初部分的にしか発見されていなかった、腕の部分だけで一つの固体として考えられエビの一種と考えられたと言います。

★海老で鯛を釣る
中国では「将蝦釣鼈」、エビでスッポンを釣ると言う言葉があります。海老で鯛を釣ると同じ意味です。

★エビの尻尾(しっぽ)
冬、風の強い山稜などの岩や樹木や建物などにできる霧氷を言います。
その形が海老の尻尾に似ているのでこの名前があります。
雲の中の非常に小さな水滴は過冷却水滴(零度以下でも凍らない)になって風に飛ばされ、低温の硬いものにぶつかると瞬時に凍りつきます。次々と凍りつく水滴によってエビの尻尾は風上に向かって成長していきます。

★中国でのエビの呼び方
龍蝦:イセエビ、ロブスター
対蝦:大正エビ、クルマエビ
青蝦:テナガエビ

目次へ


和紙