和紙

蛇足
★韋駄天
韋駄天とは非常に足の速いことを言います。
韋駄天は、仏教で南方を守護する
増長天(ぞうじょうてん)の将軍の一人で、非常に足が速いといわれます
お釈迦様が亡くなった時、その遺骨(仏舎利)を盗んだ
捷疾鬼(しょうしつき)を追いかけ、取り戻したというお話があります。

なお、
増長天に、持国天広目天多聞天(毘沙門天)に加えたのが四天王です。

★ホタテ貝
和漢三才図会
では、ホタテ貝について「口を開いて一の殻は舟のごとく、一の殻は帆のごとくにし、風にのって走る。故に帆立蛤(はまぐり)と名づく」とあります。
東昭(あずまあきら)東京大学名誉教授がNHKの番組でこの真偽を確かめようとしたのですが、たしか、模型では確かめられたのですが、実際には目撃者がいなかったようです。
しかし、インターネットで検索すると、目撃談のようなものもあり、まんざら和漢三才図会の語源説は根拠なしとは言えないのかも知れません。

蛇足ですが、帆立貝はジェット噴射で泳ぎます。口を開いたり閉じたりして、開く方に進んでいきます。
なお、学名は Patinopecten yessoensis で「蝦夷の櫛」の意味です。

★走野老(はしりどころ)
ナス科の多年草です。地下茎がヤマノイモ科のオニドコロ(鬼野老)に似ていて猛毒があり、誤って食べると発狂状態となって走りまわるのでこの名がついたといいます。

★ストリーキング(streaking)
全裸で公共の場を突っ走ることを言いますね。
streakとは、稲妻のように走ると言う意味です。

目次へ


和紙