和紙

蛇足
■字源など
尾という漢字は、尸(お尻)と毛からできています。

動物の尾はいろいろな役目に使われます。
多くの動物は体のバランスをとるのに利用します。
チーターは長い尾を走る時や曲
がる時のバランスを取るのに使っているので、あんなに速く、しかも上手に方向転
換できます。
他には、
カバは糞を撒き散らし縄張りの匂い付けをしますし、などはハエを追う
のに使います。

の仲間は尾を木につかまるのやバランスをとるのに使っているようですが、体が
大きくなると、尾では十分でないため、手でつかまるようになります。大型の猿は
人間を含めて、次第に尾が退化したようです。

しかし、人間にもその痕跡はあります。
尾てい骨で3本の骨があります。
男性のそれは内側に曲がっていますが、女性の場合は子供を産む関係上まっすぐになっています。ですから、女性は硬い椅子にすわるとお尻が痛くなります。

■言葉
★尾頭付き

尾も頭もついたままの魚のことを言い、神事の供え物、祝い事などに用います。
尾を接頭語の「お」と勘違いしている人がときどきいますね。

★リス(栗鼠)
尾といえば、リスの尾は立派ですよね。
ニホンリス(ホンドリス)の学名は Sciurus lis 、この sciurus(スキウルス) はギリシャ語の影を作る尻尾を意味する skiouros に由来します。skia=影 oura=尾 の意味です。
そして、英語の squirrel もこのギリシャ語が語源です。

ちなみに、日本語のリスは 栗鼠「くりねずみ」→「りっそ」→「リス」と変化したものです。

★星の名前
星の名前には、尾の意味を表すものがいくつかあります。
デネブ(Deneb)、白鳥座のα星で尾の部分にあたります。
 名前はアラビア語でめんどりの尾の意味を表すAl Dhanab al Dajajah から来ています。

デネボラ(Denebola)、しし座のβ星で獅子の尾を意味する Al Dhanab al Asad が語源です。

★カクテル(cocktail)
カクテルの語源ほど諸説あるのもめずらしいと言うくらいいろいろ説があります。
1.「尾をあげる」と言う意味で、競馬の始まる時に、馬が尾をあげて覚醒状態となるように、飲み物が覚醒効果をもたらすところから来ているとする説
2. カンペチュ(メキシコ)と言う町の酒場で、バーテンダーがオンドリの尻尾に似た形の木の枝を使ってミクスト・ドリンクを作っていました。それを見たイギリス人がそれは何かと聞いたのに対し、枝の呼び方を聞かれたと思ったバーテンダーが鶏の尾と答えたのが語源とする説
3.アメリカ独立戦争の時の話です。
ベッチー・フラナガンという未亡人の経営する酒場で出される混合酒が評判でした。
ある時、なじみの士官たちが雄鶏持参で彼女の酒場で宴会を開き、その時、尾羽で混合酒を調合したのが由来と言う説
4.ニューオーリンズの薬局でのこと。
病人用のラムをベースにした卵酒が評判で、これをフランス人はコクチェと呼んでいたといいます。やがて病人以外の人も飲むようになり、コクチェのような混ぜ物をした飲み物(=コクテール)と呼ばれるようになったという説

★ブリ(鰤)
魚と言えば、関東ではマグロですが、関西ではブリです。私もブリ派。
このブリ、英語では yellowtail と言います。目の前方から尾まで黄色い線が走っていることにちなんでいるそうです。

★ダックテール(ducktail)
ジーンズのヒップの裁断の形で、アヒルの尻尾のように見えることから、この名前があります。横から見るとカタカナの「<」のように直線的です。黒人のようなヒップが筋肉質でツンと尖った人には似合うようです。
日本人のようなお尻が平べったい場合には、平仮名の「く」のように曲線的裁断が似合うそうですよ。

他に、両側を長くして後ろでまとめるようになでつけるリーゼント髪型もダックテールと言います。

★ポニーテイル(ponytail)
髪を後頭部で束ね、小馬の尾のようにたらした髪型です。

☆ピッグテイル(pigtail)
おさげ髪のことで、先がカールしているのでこう呼ばれるようです。

★尾羽打ち枯らす
鷹の尾羽の傷ついたみすぼらしいさまから来ています。

目次へ


和紙