和紙

腕・手・指
蛇足
■雑な話
★腕

・肩から手首までの部分を言います。肩から臂(ひじ)までが上腕、臂から手首までが前腕です。
・英語でもarmは肩から手首まで、肩から臂まではupper arm、臂から手首まではforearm。

日本本来の呼び名は、上腕が
二の腕、"かいな"の方は二の腕をさしますが腕全体をさす場合もあるようです。
"かいな"に対する言葉は、ほとんど使われませんが、"
ただむき"と言います。
他に上腕が上膊(じょうはく)、前腕が下膊(かはく)と言う呼び方もありますね。

ところで、二の腕があるのなら
一の腕は?
辞書だと一の腕も肩から臂となっています。変ですね。
実は、
日葡辞書(にっぽじしょ:1603年)では二の腕は臂から手首までとなっています。つまり、現在、二の腕と呼ばれている部分はもともとは一の腕だったようです。
誤用されるようになった理由ははっきりしていません。

★手
手の表裏は? 
手の甲が表で、手のひら(掌)が裏です。意外ですね。
でも、足で考えると、足の裏は手で言えば手のひら側、ちゃんと統一が取れているんですね。^^;

なお、
掌(たなごころ)は、手の心の意味です。こころは中心の意味。

★指の数
生物の進化で、川に入った私達の直接の祖先と考えられている魚が
ユーステノプテロン(デボン紀後期)です。この動物は7本指だと言われています。
そして、陸に上陸するのが最古の四肢動物
イクチオステガ(3億7千万年前)で、これも7本指です。
現在の私達は5本指ですが、なぜ二本減ったのでしょうか?
でも、5本指でよかったと言う人も多いのでは。7本指だと、九九が十三×十三で2倍も多く覚えないといけなかったかもしれないんです。(^_-)

★パンダ
パンダは竹を上手につかんで食べていますね。
パンダには第六の指と呼ばれる肉球のような突起が、5本の指と対向してあります。
これは指の種子骨とよばれる骨が発達したものです。
生物の進化は、現在あるものを変化させることでいろいろな器官を作るのだそうで、けっして無から出来るのではないといいます。

★薬指
不思議な呼び方ですが、昔、薬を溶かすときに使ったからだと言います。
英語では
ring finger 指輪をはめるからでしょう。しかし、中国語では無名指、なんとも無粋な名前です。
昔の日本語では、五本の指は、
おおゆび、塩なめゆび、丈(たけ)高ゆび、紅さしゆび、ちいさゆび。いいですね、こちらを使いたい!

★ナチス式の敬礼
ナチスの直立不動で右手を右上方に挙げる敬礼、有名ですね。これは、ナチスのオリジナルかと思っていましたが、全く違うんですね。
正式には「
ローマ式敬礼」と言われ、古代ローマにまで遡るんです。それをムッソリーニがまねをし、更にヒットラーがまねをしたんです。

ついでにファシズムと言う言葉は、ムッソリーニが古代ローマの警士の捧げ持つ権標(ファッショ)から、彼の主唱をそう呼んだことに由来します。

■言葉
★手を拱(こまね)く

手をつかねると言うような意味に使われますが、もともとは、腕組みをすることです。
また、両手の指を胸の前で組み合わせて敬礼する、中国式の挨拶法もこう言いました。

★下手物(げてもの)
人の手をあまり加えない、安くて質素な品物や粗雑な安物の意味です。
この言葉が転じて、風変わりなものを指す言葉として使われますね。

★デジタルの語源
ラテン語の指を表す digitus が語源です。

なお、
アナログ(analogue,analog)の方は"似た物"というギリシャ語から来ています。analogyも同じ語源です。

★ブラジャー(brassiere,-siere)の語源
この言葉は新しく、最初に使われたのは1904年のフランスです。
最初の特許は1902年、近代的ブラジャーは1913年と言いますから、100年に満たない歴史なんですね。
語源は、ラテン語で腕の防護と言う意味だそうです。
フランス語でブラ(bras)は腕のことです。

★マニュアル(manual)
説明書などの意味で日本語になっています。この言葉の形容詞は「手をつかう」と言う意味で、日本語でも自動車でマニュアル車なんて使いますね。
この語源は、ラテン語のmanus 「手」からきています。
manner(マナー),manifest(マニフェスト),management(マネージメント),manicure(マニキュア),maintenance(メインテナンス),manuscript,manufactureなども同じmanusを語源としています。

★バナナ(banana)
バナナの語源には2説あるようです。
1.西アフリカの言葉で"指(複数)"を意味するbanema
2.アラビア語の"指先"を意味する banan
いずれにしても、手の形に見立てたようですね。

目次へ


和紙