よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 03月 12日 22時 13分 53秒

 ううっ、疲れたよお。今日はヘロヘロになってMYSCONから帰り、死んだように眠っておりました。いやあ、しかし、MYSCON、満喫したぞお。けっこう若手の人たちが頑張っているのを横目に、古本なおじさんたちは「自主企画」と称して空き部屋に集い、ひたすら古本の話をしていただけなんですけどね。こんなんだから古本系のおじさんたちは浮いてしまうのだけれど。
 というわけで、MYSCONのレポートであります。もっとも、参加の仕方が古本野郎一色に染まっているために、非常にかたよったレポートになってますけど。もしかしたら、こういうレポートを読むと、フクさんあたりから「次回からは古本関連のイベントはなしにしましょう」っていう発言で出てきそうで恐いんだけど。例によって歯止めのない長文であります。

 昨日は朝から古本屋めぐりをしている黒白さん、土田さん、彩古さん、白梅軒店主川口さん、石井さんと高田馬場のブックオフで合流。川口さんにお会いするのはこれが初めて。
 ここのブックオフは見事になぁんにもない店なんだけど、黒白さんは署名入り『大笑い殺人事件』とかいう本を入手して悦に入っている。さすがは黒白さんだ。

 ブラブラと早稲田の古本屋さんを覗いてまわる。相変わらず土田さんが飛ばしている。さすがだ。途中、安藤書店の前にたむろしているとき、石井さんの携帯電話に森さんから電話が入る。「いま、安藤書店の前にいるでしょ」。おおっ、なんで分かるんだ? やたらとうるさい自動ドアの音で安藤書店とばれたのか?と思いきや、バスの中から僕たちの姿が見えたのだという。うーん、なんか恥ずかしいぞ。
 かくして森さんも合流してブラブラと古本屋さん巡り。MYSCONが控えているために、皆、それほど気合いが入っていないように見える。が、黒白さんはメモを片手に宝石のバックナンバーのチェックに余念がない。

<早稲田で購入した本>
 「月刊小説王 創刊第二号」(角川書店:初版)100円
 「月面基地SOS!」レイモンド・F・ジョーンズ(角川文庫:初版)130円
 「スーパータンカーの死」アントニイ・トルー(ハヤカワノヴェルス:初版帯)100円
 「石の豹」コリン・フォーブス(ハヤカワノヴェルス:初版)100円
D「原潜919浮上せず」デイヴィッド・ラヴァリイ(ハヤカワノヴェルス:帯)100円
 「赤毛の女」J.P.ドンレヴィー(河出書房:初版)250円
D「読まずに死ねるか!PART3」内藤陳(集英社:初版帯)100円

 後輩と約束があるという森さんが去り、いったん家に帰るという彩古さんと石井さんが姿を消し、残りの4人で「じゃあ、ちょいとお茶でも」と喫茶店に入る。すると、ふと気がつけば隣のテーブルにいるのが森さんたちではないか(笑)
 ここで森さんから『13日の金曜日』を譲っていただく。なぜかまるっきり縁のない本だったのだ。黒白さんは初めて女性と見に行った映画が「13日の金曜日」であると発言。うーん、女性を誘うのにふさわしい映画じゃないと思うぞ。

 バスで本郷に移動。土田さんがどうしても覗きたいと行っていた「アルカディア書房」へ。この店、入り口が普通の一軒家とまるで変わらないのでチャイムを鳴らさないといけないような気がしてしまうのだけれど、でも古本屋なんだと自分に言い聞かせて勝手にドアを開けて入る。黒白さんは店に入るなり「すげえ、すげえ、すげえよお」とうわごとのように「すげえ」を連発。たしかにこの店の品揃えは半端じゃない。
 店の中に人の姿が見えなかったので、「誰もいないよ。いいのかなあ。やっぱりチャイムを鳴らさないといけなかったのかなあ」「おおっ、この本にこんな値段をつけてるよ」などという会話をかわしていたのだが、ふと気がつけば本の山にうずもれたレジのコーナーに小柄な女性がいるではありませんか。あちゃあ。恥ずかしいぜ。
 さすがに僕ごときの買えるような本はなかったが、黒白さんがカミュの『人生サーカス』を手に悩んでいるので、「いけえ、いっちゃえ!」と背中を押しまくる。3500円とか4500円とかって値段がついていたと思うが、背中を押されてそれを買う黒白さん。やったね(なぜか人に高い本を買わせるのって楽しいよね)。
 店を出て4人でカミュのオルメスの話などをするが、カミュのオルメスと言うだけで話が通じる集団って、やっぱり変だよなあ。

 とちゅうにあった鉄火丼のチェーン店で軽く食事をとってMYSCON会場である旅館へ。勝手に空き部屋を占拠し、古本おやじたちの部屋にしてしまう。ひたすら古本話。ここで桃ペンさんこと惣坂真夏さんから望月三起也の『Pマン野郎』を受け取る。ううっ、嬉しいよ〜ん。この本、初めて見ました。
 企画開始時間になって大広間に行き、そこでついに松本くんと再会。おおっ、あの可愛かった松本くんが、あの好青年がすっかり「おやぢ」になってるぅ(涙)。ああ、時の流れのなんと残酷なことか。が、松本くんがこうまで変わっているってことは、こっちもかなり変わってるってことなんだよなあ。松本くんからトクマノベルスMIOを受け取る。
 このあと、企画イベントで、グループごとでの「本の交換会」が行われる。僕が持っていったのはオリジナルの箱をつけた『シェーン』。さすがにブックオフで100円で手に入る本を交換本として持っていくことに抵抗を覚えたのでつけた付加価値なのだけれど、完全に喜国さんに影響されてます。この本は箱が功を奏したのか、貫井さんに貰っていただけたのでした。僕が貰ったのはスタッフの内藤さんが持ってきた『かくてアドニスは殺された』。たぶんに僕には不似合いな本ではあるのだけれど、なにぶんにも他の人が持ってきた本はあらかた読んでいたもんで。本当は貫井さんが持ってきたクリスチアナ・ブランドの本を読みたかったのだけれど、これはジャンケンで負けてしまったのでした。でも、貫井さんのお勧めぶりがあまりにも強烈だったので、たぶんいずれ自分でも買ってくることでしょう。
 そのあとクイズ大会があり(クイズというよりも、ゲームに近いもの)、全体企画は終了し、あとは個別の企画となるのだけれど、おじさんたちは例によって古本部屋に集い、延々と古本話。ほとんど隔離部屋だ(笑)
 そして、オークションが開始されたのが12時開始予定を1時間遅れた午前1時だった。

<オークション開始前に入手していた本>
 「13日の金曜日」サイモン・ホーク(創元推理文庫:初版)
 「死に急ぐ奴らの街」火浦功(トクマノベルスMIO:初版)
 「ドリーム・オン」岬兄悟(トクマノベルスMIO:初版)
 「かくてアドニスは殺された」サラ・コードウェル(ポケミス)
 「Pマン野郎」望月三起也(廣済堂:初版)

 オークションでは、ひたすらカリスマオークショニストであるkashibaさんの名調子による進行を満喫。うーん、これはすごい。オークションというものを芸術の高見にまで押し上げているといっても過言ではあるまい。これは見事。ミステリーと古本に関する豊富な知識に裏打ちされた見事な進行役ぶりに圧倒されました。
 どの本がいくらで落札されたかはきっとMYSCONの公式ホームページに掲載されることでしょうから、僕の落札した本だけ報告します。

 「難病持病相談」三橋一夫(ダイヤモンド社:初版)
 「続・日本の妙薬」三橋一夫(ルック社)
D「怪人二十面相/少年探偵団」江戸川乱歩(講談社江戸川乱歩推理文庫:初版)
 「妖怪博士/青銅の魔神」江戸川乱歩(講談社江戸川乱歩推理文庫:初版)
 「女死刑囚」山田風太郎(旺文社文庫:初版帯)

 最初の2冊は言わずと知れたふしぎ小説の三橋一夫が山ほど書いた健康本。出品者は喜国さん。さすがにたくさんありすぎて、喜国さんも手を出すのをやめたらしい。
 江戸川乱歩推理文庫は、のちほどの朝市でじゃんけん勝負があることになっているのだが、どうせじゃんけんに負けるのだろうと弱気になって競り落としてしまう。『怪人二十面相/少年探偵団』はダブリなんだけどね。
 そして、山田風太郎『女死刑囚』。やっぱり旺文社文庫も揃えておきたいもんです。

 オークション終了が午前4時45分。おおっ、およそ100冊の本をきっちり時間内に捌き終えているではないか。さすがはkashibaさんだ。
 そして、オークション終了と同時に今度は朝市に突入。大広間の一角にテーブルを並べて、持ち込んだ本を並べていく。段ボール3箱分の本を持ち込んだぼくとしては、せめて一箱で帰りたい執念で売って売って売りまくる。が、どうしても残る本は残っていく。その残った本をなんとかして人に勧めまくるのだけれど、「ポケット文春収集のスタートに最適な5冊セット200円!」なんて言っても誰も買ってくれないよな。「たったの100円でこんなに大きな本が買えるんだ。お客さん、あんたは本当にしあわせもんだ」なんて言っても、誰もリーダーズダイジェストの『世界推理小説傑作選』なんて買ってくれないよな。でも、なんとか手ごろな冊数にまで減らすことに成功。はあ、やっとこれで段ボール箱1箱で帰れるよ。

 ところで、じゃんけん勝負にすべてをゆだねられたkashibaさん持ち込みの江戸川乱歩推理文庫の少年モノセット。勝負に挑むは惣坂さんら5人の男。必死の形相でこぶしを突き出し、最終的に勝利を得たのはフクさんでありました。うーむ、MYSCONの準備で全精力を使い果たしているかと思いきや、最後の最後まで力強い。
 ところがこのセット、フクさんがすでに持っている本を抜いた残り9冊がkashibaさんの了承を得て再びじゃんけん勝負にゆだねられることになり、今度はこの僕が勝利を得たのであった。が、オークションで競り落とした2冊はちゃんとこの9冊の中にもあったし、他に2冊すでに持っている本がまじっていたので、結局新たに入手できたのは5冊なのでありました。

<朝市で入手した本>
 「灰色の巨人/魔法博士」江戸川乱歩(講談社江戸川乱歩推理文庫:初版)
 「鬼面城の秘密/夜光人間」江戸川乱歩(講談社江戸川乱歩推理文庫:初版)
 「虎の牙/透明怪人」江戸川乱歩(講談社江戸川乱歩推理文庫:初版)
 「鉄塔の怪人/海底の魔術師」江戸川乱歩(講談社江戸川乱歩推理文庫:初版)
 「魔法人形/サーカスの怪人」江戸川乱歩(講談社江戸川乱歩推理文庫:初版)
D「怪奇四十面相/宇宙怪人」江戸川乱歩(講談社江戸川乱歩推理文庫:初版)
D「怪人二十面相/少年探偵団」江戸川乱歩(講談社江戸川乱歩推理文庫:初版)
D「新宝島」江戸川乱歩(講談社江戸川乱歩推理文庫:初版)
D「妖怪博士/青銅の魔神」江戸川乱歩(講談社江戸川乱歩推理文庫:初版)
 「慈悲の猶予」パトリシア・ハイスミス(ハヤカワノヴェルス:初版帯)600円
D「飲らずに言えるか!」内藤陳(講談社スコラ:初版)500円

 すべての企画を終えて旅館を出ると、雨が降っている。花粉症に苦しむ身としては恵みの雨であるが、段ボール箱を乗せたキャスターをゴロゴロと引きずる身としては困った雨だ。みんなでのんびりとお茶でもしてからと思っていたのだが、近くに開いている喫茶店はないし、喫茶店を求めてうろうろするのもいやだし、仕方がないので駅に直行する。本当は黒白さんと方向が同じなので一緒に帰りたかったのだけれど、宅急便を出すためにコンビニに向かったらしく姿がない。残念。一人だけ方向の違う僕は、ゴロゴロとキャスターをひきずって家路についたのでありました。

 最後にMYSCONに参加しての感想など。僕自身は若いミステリーファンと接する機会というものがほとんどないのだけれど、今回は若い人たちが元気よく働いている姿を見ることができたのがひとつの収穫だったように思います。なんとなく、あとは彼らにまかせておいて、俺たち隠居老人は好き勝手に古本話でもしてればそれで大丈夫、という感じ。非常に頼もしい。そして、その若者たちとともにスタッフとして参加しているkashibaさんには、ある意味脱帽であります。わたしゃ、とてもじゃないけどあれほどの元気はありませんです。うーん、若いなあ>kashibaさん。
 なにはともあれ、スタッフの皆さん、お疲れさまでした。

仰天の騎士 さん (CZR04562@nifty.ne.jp) 2000年 03月 12日 16時 24分 12秒

ミスコン参加の皆様、どうですかあ?楽しかったですか?きっと多数の古本が飛び回っているんだろうなあ そう思うと、
胸が痛む・・え−い、買いだしだああ(^o^)ノ

で、買った本はこんな感じ
50円
『またたかない星』小泉喜美子 コバルト文庫>ダブリ
これで5冊目かなあ、この本買うの。  
100円
『迷彩ある殺人』楳本捨三 春陽文庫S41/6/20第1刷
  なんだか知らない作家です(^o^;;この方って、いったい???
『二つの影』キャロル・オコンネル 竹書房文庫>交換用
  こんな装幀だったんですか、マロリ−シリ−ズ第2弾。
『バビロン行き一番列車 −3つのサスペンス』
  リ−ダ−ズ・ダイジェスト編 ペガサスノベルス(リ−ダ−ズ・ダイジェスト社)
  マ−ジュリ−アリンガム「裏切り」収録されてたから買ったもんね。
『かりそめの死 −三つのミステリ−』
  リ−ダ−ズ・ダイジェスト編 ペガサスノベルス(リ−ダ−ズ・ダイジェスト社)
  わ−い、ポ−ル・ギャリコのアレクサンダ−ヒ−ロ−登場作「メリ−の手型」が
  収録されてるのよね。う、うれひいぞおお>わし(^o^)ノ
  久しぶりにガッツポ−ズをしてしまったぞ *^o^*
350円
『マロリ−の神託』キャロル・オコンネル 竹書房文庫>交換用
  しかし・・この本欲しがる方がいるのかしら?(^o^;;
  ギャリコに浮かれて、つい買ってしまったが・・・
仰天の騎士>他は薄い買い物だから省略


kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 03月 11日 08時 29分 52秒

えーっと、管理人です。
MYSCONの前宴会の準備に入る関係で、
超簡略レスで、失礼します。

早見先生!!
頑張ってええええ!!
仕事が終ったら、好きなだけ古本屋へいって
ジュニアを漁れますぞー

くりさん
どうです、本当に「刑事ぶたぶた」は面白いでしょう?
小説を読む事がこれほど楽しかったのは久しぶり、このまま話が
終ってしまうのが実に残念な本でありました(^^)

よしださん、松本さん、喜国さん
後程、MYSCONでおお暴れしましょう(^0^)/

ではでは

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 03月 11日 00時 57分 09秒

 ああ、今日は辛い一日だった。なにせ、鼻の前でコショウを振りまかれたような気分の一日だったのだ。そう、花粉症なのであります。そして今日は、今年に入って一番症状のひどい一日だったのであります。鼻の内側の粘膜はもうズタボロでありまして、鼻血もにじんできます。こんなんで、明日のMYSCONを生き延びることができるのだろうか?

 しかし、花粉症はどんなに辛くとも、今日も古本屋は開いているのだ。相も変わらず3冊200円なのだ。

 「千葉ちゃんのスポーツ特訓」千葉真一(廣済堂)
 「ポンド氏の逆説」G.K.チェスタトン(創元推理文庫:初版)
 「宇宙艦隊の奇襲」エドモンド・ハミルトン(久保書店:初版帯)
 「地平線物語」夢枕獏(双葉社:初版)
D「鉄騎兵、跳んだ」佐々木譲(文藝春秋:初版帯)
D「読まずば二度死ね!」内藤陳(集英社文庫:帯)
D「読まずに死ねるか!」内藤陳(集英社:帯)
D「砲艦ワグテイル」ダグラス・リーマン(パシフィカ:初版)
D「巡洋艦アルテミス」C・S・フォレスター(パシフィカ:初版)

ま、収穫はやっぱり千葉真一の『千葉ちゃんのスポーツ特訓』でありましょうか(笑)。志保美悦子の『青春をアクションにかけて』に一歩近づいたような気がしますです。

土田さん
遅くなりましたがメールを出しておきました。出かける前にチェックしてね。

喜国雅彦 さん 2000年 03月 11日 00時 43分 08秒
URL:http://plaza22.mbn.or.jp/~kunikikuni/kikuni.html

よしださん
 ほんだらけ本店に来るときは電話して下さい。体が空いていたら
他の店も教えてあげますよ。って、うちの電話番号知らなかったっ
けか。明日教えます。
 二階堂さん御一行が行く数日前に行っといてよかった。カーの『
夜歩くもの(オオカミ男殺人事件)』をはじめとする春陽堂少年少
女文庫(S54)を180円で5冊ほど拾ったところでした。この
シリーズは同文庫のどこにも目録が載っていないので全部で何冊出
たか分からないんだけど、1から9までは集めました。10巻はあ
りそうだな。


彩古さん
 取り合えず普及版のほうだけでも買えてよかったね>『趣味の日
本刀』。 ところで普及版といえば、だいぶん前に彩古さんが買う
までZPの誰も存在をしらなかった、普及版『ドグラ・マグラ』(
春秋社S13年)ですが、某目録に載っていました。価格は1万2
千円。もちろん速攻で申し込みました。ページ欠けなどのちょっと
痛み本ですが、この値段なら文句無し。なーに、復刻版『ドグラ・
マグラ』を持っているから、いくらでも修理できるさ。そんで函は
また自分で作ればいいんだし。でも競争率高そう。

早見裕司 さん (hayami@hayami.net) 2000年 03月 10日 22時 01分 28秒
URL:http://www.hayami.net/

くりさま

 どうもありがとうございます。m(__)m
 いつでもありがたいのですが、こちらのほう、今、くりさんが探していらっしゃる本が見つから
ず、〆切は明日で残り150枚です(;_;)。
 ご都合のいいように、どのような形にするか、など、お知らせ願えれば幸いです。

 一日90枚を書いた伝説のある柴田よしきさんに、「生き霊を貸して下さい」と泣きついたら、
「150枚は無理なので、ご親交があったら、吉村達也さんにお願いしてみては」、と言われまし
た。そんなに書く人が、ほんとにいたのね(;_;)。


松本真人 さん (masato_m@d7.dion.ne.jp) 2000年 03月 10日 21時 40分 05秒

本日は、地味に会社周辺のエロ古本屋などの店頭本を少々。
「宇宙航路」光瀬龍 奇想天外社 200
「片腕の男 南条範夫新残酷全集」東京文藝社 50
d「レモン月夜の宇宙船」野田昌宏 ハヤカワ文庫JA 100
「ミステリーは眠りを殺す」ぼくらはカルチャー探偵団編 角川文庫 50

「片腕の男」は“時代小説に本格的推理を織りこんだ著者の代表作長編”ということで、買ってみました。野田大元帥の私小説風SFは面白いっスよね。
いよいよ明日はMYSCON。今夜は早いとこ仕事を済ませて、オークションや朝市のため、体力温存したいところですが、さて…。この掲示板の常連の方々にお会いするのが非常に楽しみです。

くり さん (kunny-k@mx.biwa.ne.jp) 2000年 03月 10日 14時 33分 39秒

早見さま

間違えておりました。『いつも☆ふたりで』と『気まぐれマドンナ』を押さえてあります。すみません。

くり さん (kunny-k@mx.biwa.ne.jp) 2000年 03月 10日 13時 49分 05秒

早見さま

お探しの『いつも☆ふたりで』と『追いかけて、夏の日』を押さえてありますが、すぐにお送りした方がよろしいで
すか、それとももう少し見つかるまでキープしておきましょうか?


遅ればせながら、『刑事ぶたぶた』読了!おもしろいやん、この本(^o^)。笑いあり、涙あり、シリアスありの極上
のエンターテインメントですね。電車の中で読まなくてよかった。「なんやこの人、本読んで笑てるで」ってちょっ
と恥ずかしいですもんね(^^ゞ。さぁ、『ぶたぶた』を買いに行かなくては・・・。

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 03月 10日 12時 45分 11秒

森 英俊 さん
そろそろ「ほんだらけ本店」とか覗きに行きたいなと思っていたのですが、これでしばらくは不毛の地と化してしまったわけですね。しっかし、TOMOブックスって本当に見ませんです。先日、ベルヌが800円であったのを1度だけ見ましたけど。望月三起也だけは欲しいんだけどなあ。

彩古 さん
光国家書店の価格、相場とはいえ相場そのものが高いですからねえ。出せない金額ではありませんが、やはり本1冊に5万円というのは踏みきれません。
>>そうだ、こうすれば買えますよ。
>>YAHOOでデルフィニアを2冊セット4万円で売っちゃうとか。
わたしに死ねとおっしゃるのですか?(笑) ちなみに、ただいまYAHOO!オークションで茅田砂胡の大陸書房版デルフィニア戦記を5万円で出品している人がいますけど、入札はありませんですね。最初っから5万円ってのは欲かきすぎだよね。1千円ぐらいで出せばせりあって上がっていくだろうに。しっかし、茅田砂胡の同人誌が現在7万1千円ってのは凄いよなあ。

kashiba さん
>>うーん、凄いなあ、150冊は下りませんよね(・_・)
>>ちょっと、どんなラインナップなのか教えてつかーさいよう。
>>中身によっては並ばないと(<あほ)
すでに何を詰め込んだのか記憶にありません。でも、たいした本じゃないです。しかし、予想以上に宅急便の料金が高かったので、せめて宅急便代のもとはとりたいと思っとります(帰りも宅急便かあ?)。

土田 さん
3日目にしてはまあまあどころの話じゃないでしょうが。『異次元の光体』が入ってるだけでも充分に血風じゃないですか。

喜国 さん
幻影城があと6冊? うーん、リアルタイムでずっと買っていた僕と並んだんじゃないだろうか(最後の方は買わなかったんだよなあ)。問題は喜国さんはあとどの号を買えばいいのか把握しているけど、僕は把握してないってことだよな。いまさら蔵書のチェックも不可能だし(苦笑)

さて、ジャック・シェーファー『シェーン』を読み終わりました。たぶんこれで4回目。何度読んでも名作であります。流れ者と大地に根をおろした農民家族との触れ合いをこめやかに描き、クライマックスのガンファイトまで一気読み。なまじ映画が有名なもんで、原作の方が損してるかもしれない。僕にとって一生繰り返し楽しめる本の1冊ですね。

喜国雅彦 さん 2000年 03月 10日 08時 39分 35秒
URL:http://plaza22.mbn.or.jp/~kunikikuni/kikuni.html

 仕事が終わらず、初日朝に行けなかった彩の国に行ってきました。
雑誌幻影城が1冊400円で並んでいたので、抜けてる巻を6冊買いました。
スペースがボッコリ空いていたので「朝に来ていたら揃ったかも」と思うと
ちょっぴり残念。「雑誌に手を出さない」の禁を破って半年、上限千円を条
件にあと6冊まで来ましたと。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 03月 10日 06時 14分 42秒

管理人でーす。


土田裕之 さん

>3日連続で地元に開店したBOOK OFFへ行ってしまう。
>そんなやつはおいらだけだろうぜ。
保証しましょう(^^)

>バミューダに消える 角川文庫 集めるでも集めている超自然シリーズ。
>kashiba邸に並ばっていたのにはびっくりしましたが。
そうですか?ほら、収集欲を刺激する叢書じゃないですかあ(^0^)>

>黒岳の魔人 角田喜久雄 中公文庫 これも最近見ませんね。
>異次元の光体 武内つなよし 秋元文庫
>ザ・スクープ クリスティ・クロフツ他 中央公論社 帯び付きGET。kashibaさんに交換していただいた本だったりするけど、帯がうれしいや。
>心理サスペンス カービー・マッコーリー編 KKベストセラーズ 
>これが本日で一番うれしい。文庫版はあるけど、本版GETはうれしいぞ。
>以上、3日目にしてはまあまあでしょうか?
お釣がきます(−−;「お売り頂ける本などございましたら、、」


松本真人 さん

>「殺しは時間をかけて」ユベール・モンテイエ 300
>「街を黒く塗りつぶせ」D・アリグザンダー 270
>「黒い国から来た女」リチャード・スターク 300
>「さらばその歩むところに心せよ」エド・レイシイ 400
うーむ、渋い!これは「通」な買い方です(^0^)

>「街を黒く塗りつぶせ」は、どこかで聞いたことのある本だなと思ったら、
>kashibaさんのポケミス完集最後の一冊でしたね。
さようでございます(^−^)すげえ苦労しました。たまたまなんですけどね。

>新刊で「乱歩の選んだベスト・ホラー」森英俊・野村宏平編も購入也。
あ、出ましたか。買わねば。


須川 毅 さん

>3月11日重ねて、宜しくお願いします。
>岩堀さんが駄目になったので4名です。
ツアコンさま、お疲れ様です。楽しみにしております。


森 英俊 さん

>わたしも東京で買わず、大阪の紀伊国屋かどこかで唯
>一、残っていたときに買わなかったために、えらい目
>にあいました。
そうなんですよね。「迷ったら買い」ですよね(^^;

>でも、さすがにきのう、BOOK・OFFの外に、ビニールに入って、
こういうブックオフもあるんですねえ(−−;>
「どこか普通のブックオフと違う」って思っちゃいます。


彩古 さん

>ボアゴベの『鉄仮面』、中下のみ持っていて、上巻を10年間
>探しています。なぜか、上巻には見離されているみたい。
ふむふむ、彩古さんでも、そういう事ってあるのね(^^)

>光国家書店の値段は相場相応で、B堂のように腹がたつ値段じゃないですね。
あっはっは。そうかB堂は腹が立ちますか、やっぱり。

>しかし、出ている香山の元の所有者を知っているだけに、
>しかも、買おうと思えば、もっと安く買えたはずなので、
>ぼくは手を出しません。
深い、深すぎる(−−;

>YAHOOでデルフィニアを2冊セット4万円で売っちゃうとか。
そのあとの家庭争議が大変ですよーだ(^0^;


森 英俊 さん

>二階堂さんに案内してもらって、あの界隈の古本屋を
>回ってきました。
ううむ、西埼玉焦土作戦

>「幻影城増刊横溝正史の世界」\500くらい。
>後者は、あまりの安さに思わず。
はあ、こら確かに安いですね(^^;

>まず、外にボアコベ「鉄仮面」の3冊そろいが\300
>であったのにびっくり。定価だと\3,000、新刊で買い
>逃したがために、見つけるまで10年近くもかかった本
>なのに。
うーーん、これは安い!!定価の半額でも絶対買いの本
なのにいい。

>石井さんが見つけてくれたのが、ル・グインの
>「ふたり物語」。
石井さーーん、わしにも見つけてくれえーー

>TOMOブックスの「メグレ警部 黄色い犬」とか。
ちょっと、羨ましいっす。

>ミステリクロス・ゲーム「密室殺人」高槻速雄(西東社)。
>後者は出ていることすら知らなかったので、けっこう
>うれしかったりして。
はあ、ロバート・エイディ氏もびっくりでしょう(^^;

>副題が<まんが家マリナ密室殺人事件>。密室と聞けば、
>やはり買わざるを得ないでしょう。
業ですね(^^;

>まあ、なんにせよ、郊外のほうが品揃えが豊かだな
>という印象でした。やっぱり、みんなでワイワイいい
>ながら見て回るのは楽しいものですね。
そうなんですよ(^0^)
ジャンルの異なる人と回ると取り合いにならなくて
更に吉なのかも(^^;>


くり さん

>これ以外の本は引き続き探索をお願い致します。
>特にカー&ディクスンを・・・(^^ゞ。
さすがのくりさんでも、てこずりますかね(^^;
まあ、捜している人間が多すぎますよね。


よしだ まさし さん

>『ニューヨーク編集者物語』の中で、あとからあとからどんどん
>原稿を送ってきちゃうのってアシモフでしたっけ? 
そうです。それをネタに感想文まとめようと思ったんだけど、
挫折しちゃいました(^^;

>一時期、某団体の会報にあとからあとからどんどん
>原稿を送って「アシモフ(だったっけ?)みたいだ」と呼ばれた
>ことがあります。
あっはっは、アシモフみたいに多芸多才である、という文脈で
使われたいですのう(^^;

>ちなみに、「本の雑誌」の原稿は文字数制限をあっという
>間にオーバーして、スティーヴン・キングと化しつつあります。
>ううっ、バサバサ削らないと。
6回にわけて連載にしてもらえば(^^)b

>で、中央公論社はこのシリーズのために潰れたわけですね。なるほど(笑)
ハウ、インディアンの呪い、三十年殺しある。

>最初になに出す? 僕はね、グーかな。きっとグーだよ。
>だからね、パーを出した方がいいよ。パーだよ。パーだからね。
>といっておいて、チョキを出そうかな(早くも心理戦を展開する
>よしだであった)
カイジか!?

>よく分からないけど、
あれは、「本当に本当に本当にない!」本なのです。

>「光国家書店」がHPを開設しました。さっそく覗いてきて、
>ああっ、欲しい本がたくさんあるう! だけど、高いよお(涙)。
>香山滋『獣人雪男』が14万円だあ!
うーーん、好きにしてくれって感じ(^^;

>うーん、欲しいなあ。5万円かあ。香山滋のサイン本、
>1冊でいいから欲しいんだよなあ。5万円かあ……(ため息)
やっぱ、ヤフーオークションでひと稼ぎですかね(^^;>


Pica さん

>でも異世界物には我慢がつきものじゃないですか。
そ、そうですかあ(^^;>

>でもハマった時のよろこびは大きいから、やめられません。
それは確かにそうですね(^^)

>最初はまったく理解できないままよんでました。
あっはっは。わしまだ読んでません(^×^;>

>「ゴーメンガースト3部作」は読めなかったなあ。
だって、本もなかったもん(^×^)

>あれを読んだら自慢しちゃいますね。
誰かいらっしゃいます?>ALL


くり さん

>『ドアは語る』『富豪刑事』『もつれっぱなし』
>『太陽黒点』『アンパン的革命』等々もサクサクと読めたのに
おっと、快調快調。(^^)

>kashibaさんが1巻目で挫折している気持ちがよ〜くわかりましたよ。
そうでしょう、そうでしょうとも(・_・)qぐぐっ

>腹が立つので地元に帰ってブックオフへ行ったら、そこでプチ血風(^o^)。
>d『ジュリアとバズーカ』サンリオSF文庫 アンナ・カヴァン 100円
>『コンピューター404の殺人』ハヤカワ・ミステリ文庫 エドワード・D・ホック 100円
>d『生者と死者』(未開封)新潮文庫 泡坂妻夫 200円
うーん、豪華じゃわい。カヴァンは高いもんなあ(^^;
それにしても、泡坂を読まずに売っちゃう人ってどんな人なんでしょね(^0^;>

>やっぱり大阪近郊はえぐちさんがぶいぶい言わせてるからあきまへん〜。
京滋の人も同じことをいっておられることでしょう(^^;

ではでは

石川誠壱 さん (kasimasi@olive.plala.or.jp) 2000年 03月 10日 05時 43分 07秒
URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1814/shikitakashi.html

>松本真人さま

「獅騎一郎=式貴士」説は、私の完全な妄想なので、
お気になさらないでください。

獅騎一郎の写真と経歴は、
ちゃんと『スパイ暗号ゲーム』や『錯覚ゲーム』等、
ワニの本の表4には載っていますからね。
(ただ私は、式貴士のほうの顔を知らないので、
 確認ができませんが)

獅騎一郎は、最近では
『黒澤明と小津安二郎』という本を出しているようです。
(このタイトルでパズル本だったら驚く。)

>「スパイがとった行動とは?」というのをなぜか覚えています。

私は、「酒でも金でも女でも落ちない相手には、何で取り入る?」という
『甲賀忍者の兵法』についての問題が、もう印象が強烈で強烈で。
(ヤな中学生だね。)

土田裕之 さん (pooh@02.246.ne.jp) 2000年 03月 10日 02時 51分 32秒
URL:http://www.02.246.ne.jp/~pooh/

3日連続で地元に開店したBOOK OFFへ行ってしまう。
そんなやつはおいらだけだろうぜ。
昨日は3冊しかかわなかったのだけど、
また今日は100円本ばかり14冊。
まあまあな収穫は以下のもの。
バミューダに消える 角川文庫 集めるでも集めている超自然シリーズ。kashiba邸に並ばっていたのにはびっくりしましたが。
インド即興旅行 河野典生・山下洋輔 徳間文庫
ふらんす料理への招待 日影丈吉 徳間文庫 なぜか自分はあまりお目にかかることがすくない文庫本。
笑う魚 神吉哲郎 旺文社文庫 ショートショート集。
黒岳の魔人 角田喜久雄 中公文庫 これも最近見ませんね。
異次元の光体 武内つなよし 秋元文庫
現代怪奇小説集2 2分冊のハードカバーはあるけどこっちは買っていなかった。安く売っていたら買おうかなあ。
ザ・スクープ クリスティ・クロフツ他 中央公論社 帯び付きGET。kashibaさんに交換していただいた本だったりするけど、帯がうれしいや。
心理サスペンス カービー・マッコーリー編 KKベストセラーズ これが本日で一番うれしい。文庫版はあるけど、本版GETはうれしいぞ。

以上、3日目にしてはまあまあでしょうか?

松本真人 さん (masato_m@d7.dion.ne.jp) 2000年 03月 09日 23時 41分 55秒

外に仕事に出たついでに、古本屋さんに立ち寄り、10分で4冊のポケミスをGET。

「殺しは時間をかけて」ユベール・モンテイエ 300
「街を黒く塗りつぶせ」D・アリグザンダー 270
「黒い国から来た女」リチャード・スターク 300
「さらばその歩むところに心せよ」エド・レイシイ 400

「街を黒く塗りつぶせ」は、どこかで聞いたことのある本だなと思ったら、kashibaさんのポケミス完集最後の一冊でしたね。それはともかく、ついでに青山ブックセンターにも寄ったもんだから、集合時間に少し遅刻。汗をかく、ふに〜。今日は、ほか、新刊で「乱歩の選んだベスト・ホラー」森英俊・野村宏平編(ちくま文庫 )も購入也。

MYSCONの購入本を決めたのはいいのですが、随分昔に読んだきり。泥縄のように読み返してます。もうすぐ終わるので、ホッ。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 03月 09日 22時 27分 06秒

どもども、管理人です。
とりあえず、朝までの分へのレスですう。

Pica さん

> ”「ゲド戦記」映画化!”、”「コルム」映画化!”とか、
うへ、「デューン」映画化の悪夢再び?

>”「スタータイド・ライジング」映画化!”、
ううむ、イルカが口聞くと、シークエストみたいだなあ(^^;>

>”ファウンデーション”映画化とか、
くまかかか、これは地味めかも(^^;

>で、ハヤカワの本が売れまくって、SFファンは鼻高々。
>もう馬鹿にさせないぞ!(<妄想)
一体、どーゆー暗い過去があったんだよお(^0^;>


キバヤシ@ザ・ワールド さん

>あ〜心配だ〜。てつおさんの本を送ったら行方不明というのを聞いて・・・・
>森さんと松本さんに送った本て無事着いてるのだろうか・・・・
普通はつきます。あまり気にやまないように。
本が着いたら御一報を送リ主に出すのが礼儀ということで(^0^;>
(自分が一番だらしないくせに:汗)

らじ@求道の果て さん

>何故に皆んな持っているのと思っていると当方も持っていました
>『戦後初期日本SFベスト集成1』
よろしゅうございました(^^)

>幸いというか不幸というか欠落無しの版ですが
ま、幸いということで。

>それにしても、凄い面子のアンソロジーだなあ……
う、持ってまへん(^×^;

SPOOKY さん

>乱丁、落丁の交換って、特に期限は書かれていませんが、
>いったいいつまでOKなんでしょうね?
純粋に法律的には瑕疵担保責任の1年なんでしょうかね?
慣習的には、在庫を持っている限りは換えてもらえるのでは
ないでしょうか。しかし22年は凄いなあ(^^;>
不法行為の時効もきちゃうぞ(^0^)>

>そういやわたしの持ってる『超生命ヴァイトン』は、最終折が『われはロボット』になっ
>って、結末がわかりません。いつか取り替えてもらおうと思っているうちに、
>20余年が過ぎ去ってしまいました。
うーん、よくまあ、我慢されましたね(^^;
最終折までは読まれたのでしょうか?


MZT さん

>ミスコンには行けないんですが、スタッフの人に前にいっていたブラットベリの新刊を
>託しておきますので、受け取ってくださいませ。
おありがとうございまするる。
でも、スタッフの人って誰なのかしらん(^^)>
ダサコン3もめでたく日程が決まったようで、
頑張ってくださいまし。


土田裕之 さん

>もうダブリ本以外には処分したくないなあ。
うーん、私も文字の本は、処分できないなあ(^^;>

>MYSCONスタッフのkashiba様をお誘いできないのが残念です。
名ばかりのスタッフなので、当日のお昼から
プレ宴会なんですわ、これが(^×^;>
宿につく頃には、完全に出来上がっているかも(^0^;

>「おもいでエマノン」はkashiba様なら時間の問題でしょう。
甘い、甘い。いまだに単行本は見たことがありません(^^;


川口且真 さん

>某書店にあった『世界ミステリ全集』18巻揃い1万円が
>ついに売れてしまったようです。
>残念のような、せいせいしたような・・・。
うっひゃー、私なら買ってますね、それ(^^;
18巻だけで3000円の値打ちはありますからして。


眞明 さん

>蔵書整理をしたら、ありがちな「買っていたはずなのに、無い」本が大量に発生し、
ああ、痛いほど判る(^0^;

>『火刑法廷』カー,初,HM文庫 とか多数(涙)。
>まぁ、初版が買えたから良しとします<良いのか?
あの、依光装画もいいですよね(^―^)

>『千の太陽よりも明るく』ロベルト・ユンク,S33,文藝春秋新社
>核兵器開発を巡るNF。
それは、幅広い御趣味で(^^;>
なかなか、そそるタイトルですね、これも

>d『黄金の鎖』グリーン,ハヤカワ文庫FT
なぜか、珍しいところをダブらせてますね(^^;

>チェイスはぼちぼちと捜しています。
大人の読み物ですよね(^^;
青臭い本格ショービニストの頃は毛嫌いしてましたが(^^;>

> <クワナール・シリーズ>ホワイト,初帯三冊揃,創元推理文庫
初帯は珍しゅうございます(^^)

>『恋のサイケデリック!』鈴木いづみ,ハヤカワ文庫JA
>鈴木いづみが中あたりというところでしょうか。
御明察、古書価的には最高額かな?

>私も題名に惹かれて買ったんですが(苦笑)。
>モデル出身の女性がスターになるために妻子持ちの男性どもを利用
>しまくる話、らしいです<まだ読んでません。
シドニー・シェルダンというか、黒岩重吾というか(^0^;

><流血女神伝>シリーズ
>面白いですよ〜、このシリーズ<布教モード。
ハレルヤ!


ロビー さん

>あるときは100円であるんですゲドン(アマゾン)
そこいらじゅう面鬼?
・・・いーち抜けた(^0^;/


黒白 さん

>いやあ、とうとう入手してしまいましたよ。
>C・D・KingのCareless Corpseを。
>ふふふふふふ、笑いが止まりませんです。ああ、早く届かないかなぁ。
うーん、キングの中でも、AAと並ぶ最入手困難作ではないですか(^0^;
おめでとうございまするるる。
しかし、海外のオークションに手をだすとは(^^;


てつお さん

>お久しぶりです、てつおです。
どもども。

>kashibaさんは郵便で事故が起こったことはありませんか?
あります。
漫画の同人誌を通販していた時代には
二百通送ると一通ぐらいの確率で起こりました。

>医者よ自分を癒せ をとある方にお送りしたのですが、
>行方不明となってしまいました。
>ダブリ本も出始めていろいろ交換し始めた矢先の出来事なので、
それは大変でした(^^;
幸い私は、希少本では、災難にあってません。

>J.D.カー 疑惑の影 その他8冊
>ヤフーのオークション66000円で落札した馬鹿は私です。
やっちゃいましたね(^0^;
ちょっと罪作りかも

>H.マクロイ 暗い鏡の中に 3000円
うーん、高い(^^;

>E.クイーン ジュナシリーズ全8巻 8000円
中身はとても8000円って感じではないですけどねえ(^^;>
まあ、揃い物だからしょーないですか。

>遅れてきた古本者がいかに金を使うか、
>およびあくどい古本屋がいかに多いか
>参考になるかと思い書き込みました。
いやまあ、私も「鬼」「密室」で顰蹙を買ってますので(^^;>

>MYSCONのオークションでも4点ほど絶対欲しい本が
>あります。突っ張るかもしれませんが、よろしくお願いします。
了解です。
今度は、プレの時よりもマークキツイかも(^^;
朝市もよろしくね(^^)v


松本真人 さん

>「戦後初期日本SFベスト集成」の背文字の疑問が氷解しました。
>「なぜ2種類?」と、この間から思ってたんですね。勉強になりました。
うーん、ためになる掲示板ですこと(^^;

>でも、2のほうが手に入らないんですわ。
頑張ってくださいまし(^0^)b

>答えは「野グソをした」。
きゃー\(^0^;/

>いまから考えるとスカトロなところが式貴士っぽい? 
>というのは強引ですか(笑)。
ごーいんです。(^^;
なんか、どーでもいいやあ、って気にもなります(^×^;


惣坂真夏 さん

>拾ったのは黒岩涙香「暗黒星」桃源社500円と100円の友成を2冊ほど。
あ、よいではないですか(^^)b

>し、しかし、未知谷の全集揃いを45000円で発見(^^;)
>うーむ。どうするか。悩む、悩むぞー(^^;)
もう一声安ければ、絶対買いですが(^0^;

>朝市の乱歩文庫、自分も参戦しますのでよろしくね(^^)>よしださん
>ジャンケンなら負けないぞ(笑)
うーん、凄い自信だ(^^;
さあ、何人が参加されるのでしょうか?(^^;>


日下三蔵 さん (

>須賀しのぶ『流血女神伝』は、かなり期待しているシリーズです。今月でた
>『砂の覇王1』は通巻三冊目なので、これから読む方は『帝国の娘上・下』
>からどうぞ。
しっかし、なんでも読んでおられますのう(^^;

>某H社に企画を持ち込んでいたのですが、ミステリの文庫を出す前から、
>書下し新作中心のラインナップに方針変更とのことで、結局、宙に浮いてしまいました。
ううむ、どこの腰砕け出版社でありましょう(^^;

>400ページの文庫本五冊で全作品が入ってしまうので、
短編集が4冊ですか?ふーむ、確かにこれまで出た本も字組みゆるいもんなあ(^^;
つっこめばそんなものなんだ(^0^;

>>「戦後初期日本SFベスト集成2」ですね。
>このアンソロジーはいいですね。質・量ともに、日本SFのアンソロジーの
>ベスト5に入る、必読の傑作集だと思います。
ううう、どうもアンソロジーが苦手なもので(^^;>

>一巻は発売後に欠落ページが見つかったため、改訂版が作られてお
>り、初版が二種類あります。見分け方は、背表紙の巻数表示が、大きいか小
>さいか。編者名にかぶって大きく「1」と書いてあるのが欠落版で、編者名
>の隣に小さく「1」と書いてあるのが改訂版です。
ややや、それは凄い情報です。
皆さんに動揺が走っております(^0^;

>ちなみに、二巻は、改訂版と同時に作られているので、小さい方しかありま
>せん。二冊ならべてみて、数字がそろっていたら後版、でこぼこだったら元
>版ということになります。
御教授ありがとうございます。


川口且真 さん

>なお、この本を見て「ウェスタンを出した・・・」のジンクスってウソじゃん、
>と思っていたのですが、30数年後に実現してしまいましたね(笑)
あっはっは(^0^)v
シェーンや六番目の男を出していた早川もそのうちに
呪いが発動するんだな、きっと


えぐちようすけ さん

>血風裏話をとっぷりと聞かせていただきました(・o・)。
>そうだったのか、あそこか。
あああ、一体どこなんだろう(^0^;

>講談社大衆文学館を確認に新刊書店へ。げげ!!ごっそりと消えている。
>くりさんと顔見合わせてしまいました
うーむ、この掲示板からパニックに広がらなきゃいいですが(^^;
(そこまでの影響力ないって:笑)

>今後の発売予定はどうなってんだろう??本当に誰か知らない?
知らないっす(−−;>


キバヤシ@ザ・ワールド さん

>「運命星の女」野町祥太郎(春陽文庫)
>「死相の女」野町祥太郎(春陽文庫)
これは、数少ない、春陽文庫の現役推理小説かも(^^;

>ジャコビニ流星打法を越えるほどのゲテかどうかは定かではない・・・・
なぜに、アストロ?(^^;>

>皆さんMYSCON楽しんできてくださいませ。
思いっきり愉しんできます(^ー^)


よしだ まさし さん

>ちょうどうちの嫁さんが読み終えたばかりで、
>「少女小説とはとても思えないハードな作品だった」と言っておりました。「すん
>ごく面白かった」も連発しておりました。あなどれませんなあ、コバルト文庫。
あなどれんのは、よしださんちの奥さんです。

>さて、MYSCON朝市用のダンボール箱3箱、今夜発送いたします。
うーん、凄いなあ、150冊は下りませんよね(・_・)
ちょっと、どんなラインナップなのか教えてつかーさいよう。
中身によっては並ばないと(<あほ)


喜国雅彦 さん

>「マンガ一枚一万円」なら、ちっとも良くないです。
月刊誌30P連載で、30万円ですもんねえ(^^;
若い人なら、ともかく、ボーナスがあるわけでなし、、
うーん、文章とマンガだとマンガの方がピンときて
しまう私って(^^;>

ではでは

須川 毅 さん (tsuyoshi.sugawa@nifty.ne.jp) 2000年 03月 09日 22時 05分 20秒

kashibaさま(私信です)
3月11日重ねて、宜しくお願いします。
岩堀さんが駄目になったので4名です。

森 英俊 さん (mori@tcn-catv.ne.jp) 2000年 03月 09日 20時 23分 55秒

彩古さま

 それでは「鉄仮面」の上、MYSCON のときに持って
いきますね。最初、彩古さんもご存じの後輩に勧めた
のですが、3冊だと重いから、ということだったので。
わたしも東京で買わず、大阪の紀伊国屋かどこかで唯
一、残っていたときに買わなかったために、えらい目
にあいました。でも、さすがにきのう、BOOK・OFFの
外に、ビニールに入って、3冊\300(中・下は帯付)
であったときには衝撃を受けました。なぜか、まっさ
きに目に入ってしまって……。

彩古 さん (yashima@venus.dti.ne.jp) 2000年 03月 09日 17時 36分 05秒

喜国様

情報をいただいて、早速、『趣味の日本刀』の注文入れました。
したら、元版は売りきれでしたよ。
普及版だけでも確保できたから、よしとしましょう。
ありがとうございました。

森様

ボアゴベの『鉄仮面』、中下のみ持っていて、上巻を10年間
探しています。なぜか、上巻には見離されているみたい。
近くのブックオフには中巻だけ、100円で売っているのですが。
(ただし、痛み本)

よしだ様

光国家書店の値段は相場相応で、B堂のように腹がたつ値段じゃないですね。
しかし、出ている香山の元の所有者を知っているだけに、
しかも、買おうと思えば、もっと安く買えたはずなので、
ぼくは手を出しません。
そうだ、こうすれば買えますよ。
YAHOOでデルフィニアを2冊セット4万円で売っちゃうとか。
いずれにせよ、あぶく銭が入らないとつらい値段ですよね。

森 英俊 さん (mori@tcn-catv.ne.jp) 2000年 03月 09日 13時 49分 47秒

二階堂さんの日記にもアップされていましたが、後輩
と所沢の「彩の国の古本祭り」に行き、そこでアンソ
ロジーの共編者N村氏、石井さんと合流、二階堂さんに
案内してもらって、あの界隈の古本屋を回ってきまし
た。
 古書展自体はいまひとつ。買ったのは、戸板康二
「浪子のハンカチ」(初版・帯)\500、「幻影城増刊
横溝正史の世界」\500くらい。後者は、あまりの安さ
に思わず。
 そのあとの、「ほんだらけ」「BOOK・OFF」「BOOKS
いとう」がなかなか。
 まず、外にボアコベ「鉄仮面」の3冊そろいが\300
であったのにびっくり。定価だと\3,000、新刊で買い
逃したがために、見つけるまで10年近くもかかった本
なのに。井上ほのかもごっそりあったので、まとめ買
い。石井さんが見つけてくれたのが、ル・グインの
「ふたり物語」。石井さんといえば、マンガを大量に
買い込んでおられました。TOMOブックスの「メグレ警
部 黄色い犬」とか。
 ゲームブックがお目当てだった後輩も、何冊か発見
できて喜んでました。思わず彼女につられて買ってし
まったのが、「さんまの名探偵 桂文珍殺人事件」三
原治(双葉文庫)と、ミステリクロス・ゲーム「密室
殺人」高槻速雄(西東社)。後者は出ていることすら
知らなかったので、け?こううれしかったりして。同
じシリーズで、「完全犯罪ゲーム」「探偵クイズ・ゲ
ーム」なんてのも出ているらしい。その後輩が薦めて
くれたのが、藤本ひとみ「愛と悲しみのフーガ」(コ
バルト文庫・上下)副題が<まんが家マリナ密室殺
人事件>。密室と聞けば、やはり買わざるを得ないで
しょう。
 まあ、なんにせよ、郊外のほうが品揃えが豊かだな
という印象でした。やっぱり、みんなでワイワイいい
ながら見て回るのは楽しいものですね。

くり さん (kunny-k@mx.biwa.ne.jp) 2000年 03月 09日 13時 37分 54秒

皆様のおかげで探求書がだいぶ手に入りました。ご協力本当にありがとうございますm(__)m。以下の本は入手できま
したので、私の探求書リストからは削除願います。

『紀州ミステリー傑作選』『鎌倉ミステリー傑作選』『奇跡のボレロ』『狂人館の惨劇』『シャドウズ』『アムレッ
ト』『ヴォスパー号の遭難』『レディのたくらみ』『殺人心理学(上)』『スペシャリストと犯罪』『犯罪こそわが
人生』『遠い国の犯罪』『探偵は眠らない(下)』『ある魔術師の物語』『誰にでもある弱み』『ローズマリーの赤
ちゃん』『悪魔の見張り』『虚像淫楽』『黒鳥譚/青髯公の城』

等です。これ以外の本は引き続き探索をお願い致します。特にカー&ディクスンを・・・(^^ゞ。

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 03月 09日 13時 03分 47秒

kashibaさん
『ニューヨーク編集者物語』の中で、あとからあとからどんどん原稿を送ってきちゃうのってアシモフでしたっけ? 一時期、某団体の会報にあとからあとからどんどん原稿を送って「アシモフ(だったっけ?)みたいだ」と呼ばれたことがあります。ちなみに、「本の雑誌」の原稿は文字数制限をあっという間にオーバーして、スティーヴン・キングと化しつつあります。ううっ、バサバサ削らないと。

川口且真 さん
中央公論社のウェスタンのシリーズは4冊ぐらいでしたっけ? いちおう揃っているはずです。が、いかんせん作品選定が古すぎてあまり面白くなかったです。あれは片岡義男が監修してたんだっけか? もっとイキのいい作品がありそうなものなのに。
で、中央公論社はこのシリーズのために潰れたわけですね。なるほど(笑)

惣坂真夏 さん
>>ところで、朝市の乱歩文庫、自分も参戦しますのでよろしくね(^^)>よしださん
>>ジャンケンなら負けないぞ(笑)
最初になに出す? 僕はね、グーかな。きっとグーだよ。だからね、パーを出した方がいいよ。パーだよ。パーだからね。といっておいて、チョキを出そうかな(早くも心理戦を展開するよしだであった)

黒白 さん
うーん、自分の理解の及ばないところで人が喜んでいる姿って、気楽でいいなあ。心から「おめでとう!」って言えるもんなあ。よく分からないけど、「本当におめでとうございます!」。

土田裕之 さん
今朝がたメールを出しましたが、新5人男の件、集合時間の早さにちょっとびびってます。だって、その夜は徹夜なんだよ。夜中にオークションが始まって、5時から朝市なんだよ。できれば、途中から合流できればと思いますが、無理なら……朝からつきあうぞお(ううっ、恐いよお)。

くり さん
>>やっぱり大阪近郊はえぐちさんがぶいぶい言わせてるからあきまへん〜。
とかいいながら、サンリオSF文庫を100円で2冊も拾ってくるんだもんなあ。

「光国家書店」がHPを開設しました。さっそく覗いてきて、ああっ、欲しい本がたくさんあるう! だけど、高いよお(涙)。香山滋『獣人雪男』が14万円だあ! 帯付きだとはいえ、わたくしに出せる金額ではございません。大坪砂男サイン入り『私刑』15000円ってのがちょっと気になるけど、いかに思われます>彩古さん。あとは香山滋『悪霊島』15000円かなあ。『木乃伊の恋』署名入りが5万円。うーん、欲しいなあ。5万円かあ。香山滋のサイン本、1冊でいいから欲しいんだよなあ。5万円かあ……(ため息)

Pica さん (pica@yha.att.ne.jp) 2000年 03月 09日 12時 55分 49秒

Picaです。

くり様
>これを4巻読み通せるPicaさんってスゴイなぁ…。
逃避癖が強いだけでっす。
ジーン・ウルフはとっつきにくいですよね。 でも異世界物には我慢がつきものじゃないですか。
でもハマった時のよろこびは大きいから、やめられません。
そう言えば、「ニューロマンサー」の内容を理解できたのは、3回目からでした。
最初はまったく理解できないままよんでました。
「ゴーメンガースト3部作」は読めなかったなあ。 あれを読んだら自慢しちゃいますね。

くり さん (kunny-k@mx.biwa.ne.jp) 2000年 03月 09日 11時 14分 56秒

おぉ、気が付いたらジーン・ウルフまた積読本の中に入ってしまっているぞ(^^ゞ。併読していた『どすこい(仮)』
はとっくに読み終わって、その後『ドアは語る』『富豪刑事』『もつれっぱなし』『太陽黒点』『アンパン的革命』
等々もサクサクと読めたのに・・・。kashibaさんが1巻目で挫折している気持ちがよ〜くわかりましたよ。これを4
巻読み通せるPicaさんってスゴイなぁ・・・。


えぐちさま

昨日はどうもでした。いつもいつも召集をかけてすみませんです(^^ゞ。あれからキタとなんば方面を攻撃するもまっ
たくの不発でボウズ状態でしたよ(T_T)。腹が立つので地元に帰ってブックオフへ行ったら、そこでプチ血風(^o^)。

d『ジュリアとバズーカ』サンリオSF文庫 アンナ・カヴァン 100円
d『スリランカから世界を眺めて』サンリオSF文庫 アーサー・C・クラーク 100円
『コンピューター検察局』ハヤカワ・ミステリ文庫 エドワード・D・ホック 100円
『コンピューター404の殺人』ハヤカワ・ミステリ文庫 エドワード・D・ホック 100円
『検事 霧島三郎』(初版)角川文庫 高木彬光 100円(角川高木初版クエストM8)
『デーモン・ナイト(上)』ハヤカワM・H・S J・M・ストラジンスキー 100円(M・H・SクエストM8)
d『生者と死者』(未開封)新潮文庫 泡坂妻夫 200円

やっぱり大阪近郊はえぐちさんがぶいぶい言わせてるからあきまへん〜。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne,jp) 2000年 03月 09日 06時 46分 38秒

管理人です。睡魔に負けました。日記で力尽きました。
レスは夜になりまする。すみませんです。

Pica さん (pica@yha.att.ne.jp) 2000年 03月 09日 04時 50分 08秒

Picaです。

管理人さま
>>SF・ファンタジー映画のブームが来るといいなあ。
>来てるんじゃないの(・0・)>

いえいえ、
”「ゲド戦記」映画化!”、”「コルム」映画化!”とか、
”「スタータイド・ライジング」映画化!”、”ファウンデーション”映画化とか、
もっとこうアグレッシブに、シーズン毎にやって欲しいのですよ、SFマガジンが悲鳴あげるぐらいに。
で、ハヤカワの本が売れまくって、SFファンは鼻高々。 もう馬鹿にさせないぞ!(<妄想)

キバヤシ@ザ・ワールド さん (jojo@fureai.or.jp) 2000年 03月 09日 01時 53分 44秒

あ〜心配だ〜。てつおさんの本を送ったら行方不明というのを聞いて・・・・
森さんと松本さんに送った本て無事着いてるのだろうか・・・・

らじ@求道の果て さん (jmukai@mbox.kyoto-inet.or.jp) 2000年 03月 09日 01時 50分 55秒
URL:http://www2m.biglobe.ne.jp/~takaq/jiro/jiro0.html

何故に皆んな持っているのと
思っていると当方も持っていました
『戦後初期日本SFベスト集成1』
幸いというか不幸というか欠落無しの版ですが
香山滋の短編が読みたいだけで所有していたので
欠落があっても気がつかなっただろうな。
それにしても、凄い面子のアンソロジーだなあ……

SPOOKY さん 2000年 03月 09日 01時 45分 26秒

すいません、またやってしまいました。

SPOOKY さん (spooky@parkcity.ne.jp) 2000年 03月 09日 01時 43分 52秒

わたしの『戦後初期日本SFベスト集成1』も、やっぱり欠落版でした。22年前に買った本ですが、今の今までこういう事実があったことは知りませんでした。乱丁、落丁の交換って、特に期限は書かれていませんが、いったいいつまでOKなんでしょうね? そういやわたしの持ってる『超生命ヴァイトン』は、最終折が『われはロボット』になっていて、結末がわかりません。いつか取り替えてもらおうと思っているうちに、20余年が過ぎ去ってしまいました。

SPOOKY さん (spooky@parkcity.ne.jp) 2000年 03月 09日 01時 37分 16秒

わたしの『戦後初期日本SFベスト集成1』も、やっぱり欠落版でした。22年前に買った本ですが、今の今までこういう事実があったことは知りませんでした。乱丁、落丁の交換って、特に期限は書かれていませんが、いったいいつまでOKなんでしょうね? そういやわたしの持ってる『超生命ヴァイトン』は、最終折が『われはロボット』になっていて、結末がわかりません。いつか取り替えてもらおうと思っているうちに、20余年が過ぎ去ってしまいました。

MZT さん (tmizo@dh.catv.ne.jp) 2000年 03月 09日 01時 18分 38秒

MZTです。

すみません、半分私信です。

かしばさま>
ミスコンには行けないんですが、スタッフの人に前にいっていたブラットベリの新刊を
託しておきますので、受け取ってくださいませ。

おーかわさま>
同じく託しておきますので、その方に渡してください。

日下さま>
ど、どのページが欠落しているんでしょうか?川口さんと同じく元版を持っているので、
教えて欲しいです。




土田裕之 さん (pooh@02.246.ne.jp) 2000年 03月 09日 00時 31分 50秒
URL:http://www.02.246.ne.jp/~pooh/

松本様
>「おもいでエマノン」の元版、うらやましいです。前も書いたんですが、うっかり売ってしまい、それからめぐり逢えてません。新井苑子のイラストも好きなんですよね。

後悔先に立たず。私も最近とてもしみじみ思います。
しかも手放したものに限ってまた欲しくなったり。
もうダブリ本以外には処分したくないなあ。

新井苑子さんの絵は私もとても好きです。
SF文庫では「小鬼の居留地」とか「ベティアンよ帰れ」とか思い出します。

ヨコジュンのアンソロジーの話、全然知りませんでした。
所有のものが欠落本だったらすごくいやだなあ。

Pica様

>開店しましたね、あそこに。 向かいの店がどんな戦いをするのか楽しみです。
>友達が朝一で行ったのですが、土田さんにそれだけ拾わせてしまうとは。 まだまだですな。

Picaさんが一番脅威です。

惣坂さんも比較的近いんですよね。

kashiba様
MYSCONスタッフのkashiba様をお誘いできないのが残念です。でももしかすると五人になるかもしれません。
「おもいでエマノン」はkashiba様なら時間の問題でしょう。

川口且真 さん 2000年 03月 09日 00時 30分 40秒

日下さま、
『戦後初期SF・・・』私はその回収された方の版のようです。
で、どこが欠落しているのでしょうか?
読んだ(といっても15年以上前の話だが)のですが、覚えていない OR 気づきませんでした。

松本さま、
そうでしたか。橋詰さんの放出で2をつかんだのは私です。
私も15年以上もの間、1しか持っていませんでした。
私信ですが、仕事場近くなので、今度お話でもしませんか?

某書店にあった『世界ミステリ全集』18巻揃い1万円がついに売れてしまったようです。
いつも気になりながら、置き場所を考えて見送っていたので、残念のような、せいせいしたような・・・。

眞明 さん (maake2@mint.ocn.ne.jp) 2000年 03月 09日 00時 24分 59秒

 蔵書整理をしたら、ありがちな「買っていたはずなのに、無い」本が大量に発生し、
昨日も泣く泣く古書店巡りをして帰宅しました。

 具体的には、
『火刑法廷』カー,初,HM文庫 とか多数(涙)。
 ↑ずいぶん前に買ってたはずなんです、気が付いたらいつの間にか以下略。
 まぁ、初版が買えたから良しとします<良いのか?

*ついでに買った本
『創造者』ボルヘス,函あり函カバー無し,国書刊行会
『千の太陽よりも明るく』ロベルト・ユンク,S33,文藝春秋新社
 この本捜してたんです。今まで持っていたのは抄訳版だったので。
 核兵器開発を巡るNF。取材の手法その他で*多少*評判の悪い作品らしいですが、読
み物としては面白いです。

『星のかけら』ジェンキンズ,ハヤカワノヴェルズ
 伝説のダイアモンドを巡る冒険小説。

『白尾ウサギは死んだ』ジョン・ボール,ポケミス
 これも結構捜してました。

『シャーロック・ホームズの災難 下』クィーン編,HM文庫
『漂う提督』クリスティー他,HM文庫
『幻想と怪奇1』ブラッドベリ他,ハヤカワ文庫NV
d『黄金の鎖』グリーン,ハヤカワ文庫FT
『魔法の湖』イーガー,ハヤカワ文庫FT
『黄金の首環 上・下』メイ,ハヤカワ文庫SF
『オー・マスター・キャリバン!』ゴットリーブ,ハヤカワ文庫SF
『カシノの金を巻き上げろ』チェイス,創元推理文庫
『世界をおれのポケットに』チェイス,創元推理文庫
 チェイスはぼちぼちと捜しています。

『大いなる幻影』アルレー,創元推理文庫
<クワナール・シリーズ>ホワイト,初帯三冊揃,創元推理文庫
『ボートの三人男』ジェローム,中公文庫
『ジャス・カントリー』ヘントフ,講談社文庫
『ヴィーナス・シティ』征悟郎,初帯,早川書房
『ニジンスキーの手』赤江瀑,初白背,角川文庫
『夏街道』早見裕司,アニメージュ文庫
『恋のサイケデリック!』鈴木いづみ,ハヤカワ文庫JA
 以上、100円〜200円。

 鈴木いづみが中あたりというところでしょうか。

kashiba さんwrote:
| >『世界は女房持ちでいっぱいだ』ジャッキー・コリンズ,ハヤカワノヴェルズ
| お、なんだろう、これ?
| 題名に惹かれます(^^)

 私も題名に惹かれて買ったんですが(苦笑)。
 ジャッキー・コリンズ
参照→http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=93029195
 のデビュー作で、モデル出身の女性がスターになるために妻子持ちの男性どもを利用
しまくる話、らしいです<まだ読んでません。


あと、
| 須賀しのぶの<流血女神伝>シリーズ

 ああ、反応が。嬉しいなぁ。
 面白いですよ〜、このシリーズ<布教モード。

ロビー さん (baggio@quicheandtarte.com) 2000年 03月 09日 00時 04分 02秒

うぃーっす(^0^)/
>>>この辺りがなくなってきているのでショッカー?(^^;>
>>あたりはあんまり見ないデストロン(^^)
>ご教授、ありがとうございマクー
あるときは100円であるんですゲドン(アマゾン)
たまにどっさりまとまってデルザー(ストロンガー)\(−−)もういいって

黒白 さん (bwsepia@mb.infoweb.ne.jp) 2000年 03月 08日 23時 30分 44秒
URL:http://homepage1.nifty.com/kokubyaku/index.htm

いやあ、とうとう入手してしまいましたよ。C・D・KingのCareless Corpseを。ふふふふふふ、笑いが止まりませんです。ああ、早く届かないかなぁ。
 興奮で寝られそうも無い黒白でした。

てつお さん (t2nagano@aol.com) 2000年 03月 08日 19時 49分 22秒
URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/〜t2nagano

お久しぶりです、てつおです。
MYSCON、またしても飛行機で東京乗り込みます。しかも遅刻。申し訳ありませんがよろしくお願いします。
kashibaさんは郵便で事故が起こったことはありませんか?
先日鮎川哲也 材木座の殺人 (双葉ノベルズ)の交換で
HPB 医者よ自分を癒せ をとある方にお送りしたのですが、
行方不明となってしまいました。
ダブリ本も出始めていろいろ交換し始めた矢先の出来事なので、
結構ショックでした。
くりさん、本届きましたか?
この1ヶ月で入手した本
創元推理文庫
ボアロー&ナルスジャック 技師は数字を愛しすぎた 500円
W.マスタスン 非常線 700円
M.ルブラン 殺人四重奏 300円
M.ルブラン 未亡人 くりさんより
ハヤカワミステリ文庫
J.D.カー 疑惑の影 その他8冊
ヤフーのオークション66000円で落札した馬鹿は私です。
J.D.カー他 殺意の海辺 中村さんより
A.バークリー他 警察官に聞け 1200円
C.アームストロング 疑われざる者 1000円
H.マクロイ 暗い鏡の中に 3000円
E.クイーン ジュナシリーズ全8巻 8000円
ソノラマ文庫
高木彬光 死神博士 2000円
山村正夫編 読者への挑戦 1000円
山村正夫編 殺人ゲームに挑戦 くりさんより
戸松淳矩 名探偵は千秋楽に謎を解く くりさんより
などおよそ50冊です。
遅れてきた古本者がいかに金を使うか、
およびあくどい古本屋がいかに多いか
参考になるかと思い書き込みました。
MYSCONのオークションでも4点ほど絶対欲しい本が
あります。突っ張るかもしれませんが、よろしくお願いします。
文字化けしたので再度書き込みます。

てつお さん (t2nagano@aol.com) 2000年 03月 08日 19時 47分 58秒
URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/〜t2nagano

お久しぶりです、てつおです。
MYSCON、またしても飛行機で東京乗り込みます,靴C眞拗錙^修渓C△蠅泙擦鵑「茲蹐靴Cイ蠅い靴泙后」
kashibaさんは郵便で事故が起こったことはありませんか?
先日鮎川哲也 材木座の殺人 (双葉ノベルズ)の交換で
HPB 医者よ自分を癒せ をとある方にお送りしたのですが、
行方不明となってしまいました。
ダブリ本も出始めていろいろ交換し始めた矢先の出来事なので、
結構ショックでした。
くりさん、本届きましたか?
この1ヶ月で入手した本
創元推理文庫
ボアロー&ナルスジャック 技師は数字を愛しすぎた 500円
W.マスタスン 非常線 700円
M.ルブラン 殺人四重奏 300円
M.ルブラン 未亡人 くりさんより
ハヤカワミステリ文庫
J.D.カー 疑惑の影 その他8冊
ヤフーのオークション66000円で落札した馬鹿は私です。
J.D.カー他 殺意の海辺 中村さんより
A.バークリー他 警察官に聞け 1200円
C.アームストロング 疑われざる者 1000円
H.マクロイ 暗い鏡の中に 3000円
E.クイーン ジュナシリーズ全8巻 8000円
ソノラマ文庫
高木彬光 死神博士 2000円
山村正夫編 読者への挑戦 1000円
山村正夫編 殺人ゲームに挑戦 くりさんより
戸松淳矩 名探偵は千秋楽に謎を解く くりさんより
などおよそ50冊です。
遅れてきた古本者がいかに金を使うか、
およびあくどい古本屋がいかに多いか
参考になるかと思い書き込みました。
MYSCONのオークションでも4点ほど絶対欲しい本が
あります。突っ張るかもしれませんが、よろしくお願いします。
文字化けしたので再度書き込みます。

てつお さん (t2nagano@aol.com) 2000年 03月 08日 19時 45分 37秒
URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/〜t2nagano

お久しぶりです、てつおです。
MYSCON、またしても飛行機で東京乗り込みます,靴C眞拗錙^修渓C△蠅泙擦鵑「茲蹐靴Cイ蠅い靴泙后」
kashibaさんは郵便で事故が起こったことはありませんか?
先日鮎川哲也「材木座の殺人」(双葉ノベルズ)の交換で
HPBョ綣圓莠i「鯡「撮をとある方にお送りしたのですが、
行方不明となってしまいました。
ダブリ本も出始めていろいろ交換し始めた矢先の出来事なので、
結構ショックでした。
くりさん、本届きましたか?
この1ヶ月で入手した本
創元推理文庫
ボアロー&ナルスジャックウ算佞録ケ「魄Δ靴垢「殖500円
W.マスタスンニ鷯鐇。700円
M.ルブラン∋ス融予伝妝300円
M.ルブラン「未亡人」くりさんより
ハヤカワミステリ文庫
J.D.カーウ刃任留藤その他8冊
ヤフーのオークション66000円で落札した馬鹿は私です。
J.D.カー他∋Π佞粒な妝中村さんより
A.バークリー他オ抻ヾ韻吠垢隠1200円
C.アームストロングウ燭錣譴兇觴圍1000円
H.マクロイョ鼎ざ世涼罎烹3000円
E.クイーン▲献絅淵轡蝓璽坐エ8巻」8000円
ソノラマ文庫
高木彬光∋狄税郢裡2000円
山村正夫編ト票圓悗猟_錚1000円
山村正夫編∋ス優押璽爐膨_錙廚C蠅気鵑茲
戸松淳矩¬消議紊論藹R擇貌罎魏鬚@廚C蠅気鵑茲
などおよそ50冊です。
遅れてきた古本者がいかに金を使うか、
およびあくどい古本屋がいかに多いか
参考になるかと思い書き込みました。
MYSCONのオークションでも4点ほど絶対欲しい本が
あります。突っ張るかもしれませんが、よろしくお願いします。

松本真人 さん (masato_m@d7.dion.ne.jp) 2000年 03月 08日 18時 56分 41秒

日下さんの書きこみを読み、「戦後初期日本SFベスト集成」の背文字の疑問が氷解しました。私の持っているのは背文字の小さいバージョン。カスミ書房で見かけたのは背文字の大きいバージョンだったので、「なぜ2種類?」と、この間から思ってたんですね。勉強になりました。でも、2のほうが手に入らないんですわ。この間の橋詰さん放出本でもはずれたっス。カスミ書房には2冊揃いで置いてあるので、「これを買えば、1の背文字違いバージョン&2と全て揃うぜ」と悪魔の囁きが聞こえるのですが、高いんです。それに、わざわざ欠落版を手に入れる必要もないでしょ。

石川誠壱様
獅騎一郎『スパイ暗号ゲーム』(ワニの本)って、中学生のころ読んだことあるのですが、これにそんな疑惑があったとは驚きです。その中のクイズで「敵国の路上でスパイ行為をしていたとき、向こうから敵兵がやって来た。とっさにごまかすために、スパイがとった行動とは?」というのをなぜか覚えています。答えは「野グソをした」。そのときは「そんなんでごまかせるんかい!?」と思ったけど、いまから考えるとスカトロなところが式貴士っぽい? というのは強引ですか(笑)。

土田裕之様
「おもいでエマノン」の元版、うらやましいです。前も書いたんですが、うっかり売ってしまい、それからめぐり逢えてません。新井苑子のイラストも好きなんですよね。

惣坂真夏 さん (manatsu@mba.nifty.ne.jp) 2000年 03月 08日 18時 09分 06秒
URL:http://member.nifty.ne.jp/momo-iro

惣坂です。

開店したブックオフは、行こうかと思いましたが、土田さんのお膝元なので
行っても無駄かと思い結局やめました。やっぱり行かなくて正解だったかも(^^;)

その代わり、会社の用事で高田馬場まで行った帰りに早稲田へ行ってきました。
拾ったのは黒岩涙香「暗黒星」桃源社500円と100円の友成を2冊ほど。
密かに期待していた国枝文庫は全くなし(;_;)
し、しかし、未知谷の全集揃いを45000円で発見(^^;)
うーむ。どうするか。悩む、悩むぞー(^^;)

ところで、朝市の乱歩文庫、自分も参戦しますのでよろしくね(^^)>よしださん
ジャンケンなら負けないぞ(笑)

日下三蔵 さん (CXX06677@nifty.ne.jp) 2000年 03月 08日 16時 38分 32秒

日下です。


須賀しのぶ『流血女神伝』は、かなり期待しているシリーズです。今月でた
『砂の覇王1』は通巻三冊目なので、これから読む方は『帝国の娘上・下』
からどうぞ。


> kashiba さま

中村雅楽全集、復刊に力を入れるからというので、某H社に企画を持ち込ん
でいたのですが、ミステリの文庫を出す前から、書下し新作中心のラインナ
ップに方針変更とのことで、結局、宙に浮いてしまいました。くー(泣)

400ページの文庫本五冊で全作品が入ってしまうので、傑作選として切り
売りするのも忍びなくて、「名探偵登場」シリーズには入れなかったのです
が……。


> おーかわさま
>「戦後初期日本SFベスト集成2」ですね。

このアンソロジーはいいですね。質・量ともに、日本SFのアンソロジーの
ベスト5に入る、必読の傑作集だと思います。

ちなみに一巻は発売後に欠落ページが見つかったため、改訂版が作られてお
り、初版が二種類あります。見分け方は、背表紙の巻数表示が、大きいか小
さいか。編者名にかぶって大きく「1」と書いてあるのが欠落版で、編者名
の隣に小さく「1」と書いてあるのが改訂版です。

ちなみに、二巻は、改訂版と同時に作られているので、小さい方しかありま
せん。二冊ならべてみて、数字がそろっていたら後版、でこぼこだったら元
版ということになります。

川口且真 さん 2000年 03月 08日 16時 33分 21秒

よしださん、
ご質問とははずれるかもしれませんが、中央公論社からウェスタンの新書がでていたのをご存知ですか?

以前、古本屋で見たのですが、一応シリーズでした。ただし、著者・作品名とも覚えておりません。
また、この1冊以外に出たのかも不明です(こちらから一度ここでお聞きしたかったのです)。

なお、この本を見て「ウェスタンを出した・・・」のジンクスってウソじゃん、と思っていたのですが、30数年後に実現してしまいましたね(笑)

えぐちようすけ さん (EZW03345@nifty.ne.jp) 2000年 03月 08日 14時 42分 47秒

今日はくりさんとお会いし、血風裏話をとっぷりと聞かせていただきました(・o・)。そうだったのか、あそこか。まあ聞いても真似できるもんじゃないですが(^_^;)。

そのくりさんから、
「ベイシティ恋急行」(佐々木譲・コバルト文庫)交換
「銀の指輪は冷たく輝く」(野原野枝実・MOE文庫)交換
それから、講談社大衆文学館を確認に新刊書店へ。げげ!!ごっそりと消えている。くりさんと顔見合わせてしまいました(*_*)。新刊書を2冊購入。

「ぶたぶた」(矢崎存美・廣済堂)定価
帯破れが売れ、帯付美本が補充されていたので購入。

「東遊記」(白井喬二・島津書房)定価
くりさんご推奨につき購入。今後の発売予定はどうなってんだろう??本当に誰か知らない?

キバヤシ@ザ・ワールド さん (jojo@fureai.or.jp) 2000年 03月 08日 13時 43分 26秒

kashibaさま
>あ、これは「ゲテ界」では結構知られてまする(^−^)b
じゃあ先日買ったこれは?
「運命星の女」野町祥太郎(春陽文庫)
「死相の女」野町祥太郎(春陽文庫)
あの怪作?「X13号を追え」の著者になる究極のオリジナル文庫。
ジャコビニ流星打法を越えるほどのゲテかどうかは定かではない・・・・
まだ読んでないし。皆さんMYSCON楽しんできてくださいませ。

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 03月 08日 12時 35分 31秒

眞明 さん
須賀しのぶの『流血女神伝 砂の覇王1』は、ちょうどうちの嫁さんが読み終えたばかりで、「少女小説とはとても思えないハードな作品だった」と言っておりました。「すんごく面白かった」も連発しておりました。あなどれませんなあ、コバルト文庫。

仰天の騎士 さん
>>・日本大衆文学会編「大衆文学論叢」
>>1.2.3 3冊まとめて3500円

これはリアルタイムで買っていました。香山滋の作品に登場する架空の生物、植物などの辞典が連載されていたのが目的だったのですが。3500円ならお買い得ではないでしょうか。

さて、MYSCON朝市用のダンボール箱3箱、今夜発送いたします。つまんない本がごっそりなんですけど、持ち帰りたくないからみんなで買ってね。ホント、言ってくれれば値引きするからね。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 03月 08日 06時 29分 26秒

追加レスです。(ああ、今度は喜国さんが(^^;、
すみません、後でね)

Pica さん

>友達が朝一で行ったのですが、土田さんにそれだけ
>拾わせてしまうとは。 まだまだですな。
なんてったって貴方、5人組ツアーの優勝者ですから(^^;

>転換したというよりは、買い尽くして質に転向せざるを
>得なかっただけでございます。クスン。
あっはっは、なるほど。
まあ、ここからが本当の「勝負」という話も(^^)>

>SF・ファンタジー映画のブームが来るといいなあ。
来てるんじゃないの(・0・)>

>「指輪物語」の撮影もすすんでいるようだし。 期待しちゃうなぁ。
おお、昔のアニメ版は辛かったもんなあ(^^;

>「ウィロー」の特別編集版とかも作ってくれないかしら。
とはまた、懐かしい事を(^^)


石川誠壱 さん

>この話が出てくるのは、大谷氏が書いた、
>間羊太郎『ミステリ博物館』(『ミステリ百科事典』)の推薦文、
>その中だけなんですよね。たぶん、その二上洋一氏の解説も、
>その推薦文『「ミステリ博物館」と私』を参考にしているに
>違いありません。
ふむふむ(・_・)>

>どうも、「間羊太郎への推薦文だから、というので
>その場限りのヨイショのつもりで書いた」との可能性も
>ありうるわけですよ。
なーるーほーど(^−^)>

>うかつに孫引きするのは考えものだなあ、という気になってきます。
では、「と言われている」って奴ですな(^×^)>
さすがでございます。

>獅騎一郎『スパイ暗号ゲーム』(ワニの本)で
>クイズの問題として流用されていたものだったんだ、と気がつきました。
この本自体を知りませんでした(^^;

>パズル作家・獅騎一郎。しき・いちろう。
>この人物の存在も、常々、怪しいなあと思っています。
うう、びょーきだ、びょーきだ(^0^;

>「同一人物ではないか?」疑惑からは逃れているのですが。
ハウスネームかもよん(^ー^)
(と、火に油を注ぐやつ)

>「間羊太郎は、獅騎一郎にあやかって、式貴士を名乗ったのでは?」という
>新たな可能性までが浮上してきてしまいました。
>そんなことまで考えていたのでは、キリがありません。
はあ(^^;>
「死せる光生、誠壱を走らす」って感じ(^×^;

ではでは

喜国雅彦 さん 2000年 03月 08日 06時 15分 23秒
URL:http://plaza22.mbn.or.jp/~kunikikuni/kikuni.html

早見さん
僕は漫画家なんで「エッセイ一枚一万円」というのが、どの程度のランク
なのかよくわからないんです。取り合えず、「マンガ一枚一万円」なら、
ちっとも良くないです。

仰天さん
そいつあおめでとう。僕も先日、10年かかってやっと全巻揃ったよ、挿
絵全集。

彩古さん
そいじゃ、ニフの方にメール出しときますね。『趣味の日本刀』情報。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 03月 08日 06時 14分 37秒

はいはい、管理人でございます。
むっふっふ、MYSCON朝市も盛り上がってきましたぞ。
なにせ、私の出番は日が変わってからだもんなあ(^^;>


土田裕之 さん

>今日はうちの駅で突然BOOK OFFが開店しました。
あ、いいなあ、お膝元(^0^;

>まあまあというと以下くらいでしょうか。
土田さんの事だ。「まあまあ」でないのが
あと二山ぐらいありそうですな(−−;>

>名探偵乱歩氏 黒木曜之助 春陽文庫 こんな本知らなかったなあ。
あ、これは「ゲテ界」では結構知られてまする(^−^)b

>蝉の女王 ブルース・スターリング ハヤカワ文庫SF 
>最近見ることも少なくなった日本オリジナル短編集。そんなに古くないんだけど。
スターリングって全滅に近いのでは?(^^;>

>風俗 明治東京物語 岡本綺堂 河出文庫
>風俗 江戸物語 岡本綺堂 河出文庫 
うー、渋い(^^)

>果てしなき旅路 ゼナ・ヘンダースン ハヤカワ文庫SF
これは「恩田陸」効果で探究者増えてますね(^0^)/
「こんな名作、品切れにすんなよ」と言いたいところではありますが。

>関東チョンボ一家 田中小実昌 双葉社 
>なんでしょうこれは。シンジュクストーリーとあります。
じゃあ、「新宿のお話」なのでは(^0^)>

>おもいでエマノン 梶尾真治 徳間書店 元版。帯び付きがうれしい。
うーん、高野文子じゃないもんなあ。
でも見た事ないので、一度拝みたいです。

>黒い白鳥 鮎川哲也長編推理小説全集3 立風書房 
>立風書房長編版は初めて購入。作者のノート付きだし。お得かな。
あのさあ、100円なんでしょ?(−−;>
お得です!お得!!(^0^;/

>京城・昭和六二年(下) 卜鉅一 成甲書房 
>北原さんの本にも紹介されておりますが、IFの世界物です。
>下巻しかなかったのが残念。ストッカーを空けようかと思いましたが、
>人がいたのでやめました。
うううむ。凄く「変」そうですね。韓国ものですか。

>絵物語・下天は夢か 津本陽原作 岡本喜八他構成 深井国画 
>今日呼ばれた本はこれでしょうか。
>イラストの深井国さんの署名落款イラスト入り。
あ、これは大当たりでしたね(^0^)
おめでとうございまする。

>深井さんといえば階層宇宙やポール・アンダーソンの作品が浮かびますけど。
わし「哀しみのベラドンナ」が浮かびます(^^)

>このままでは新刊が全て豪華本に見えてきそうです。
そうだ、そうだ!!

>会社休んで?来ようという気になるとは)恐るべし。彩古さん。
そうだ、そうだ!!

>まさか他にはいらっしゃいませんよね。昼間から東横線のT駅に来た方は。
石井女王さまは、わからんですな(−−;>

>宅急便で送るほど無いし、
この大嘘つきめ!
奥様にご案内しちゃうぞ。
丁度いいフリーマーケットが開催されるのですが、って(^0^;

>かといって当日は昼間4人でちょっと散策にいくのであまり重たいのもいやだし。
>(途中で増えそうだもの)
まあ、あの4人だ。そら増えるでしょ(−−;>

>彩古さんの神秘の紙袋やよしださんの3箱分の大量な本も楽しみ。
うう、わしも欲しいよう(;×;)>

>開店前に並ぼうかな。(笑)
朝の4時半から?(笑)


ストラングル・成田 さん

>部屋の片隅にある「大谷袋」を漁ってみました。
あっはっは。さすが密室系。

>「ダブル・フェイス」(光文社文庫)の解説(二上洋一)に、
>間羊太郎氏にあやかってつけられたものだといわれている。
>間羊太郎の名前に触発されたことは、想像に難くない」とあります。
おお、ありましたか(・0・)
情報、ありがとうございまする。

>唯一のエッセイ集と思われる「六十歳革命」(光文社文庫)
うひゃー、こんなものまで出ているのですか(^^;>
わしもしょーじさんのライバルとして大谷おっかけ
やろうかな(^×^;>


おーかわ さん

>「妖異金瓶梅」(桃源ポピュラーブックス)
>各100円。久々にしてはよい釣果。
だね(^^)

>もちろん桃源版は手元に残します(笑)。
そーでしょう、そーでしょう(^−^)

>ああっ、姫の唯一の写真集(ポストカードセットのやつ)が
うー、写真集といえば「エコエコ」のロマンブックスが
あるけどね(^^;>(↑これは、絶対「買い!」ですぜ)

>半額でも900円!高いよう。
高いんだよう(;0;)/

>アイドル系古書店以外で売ってるの、はじめて見ました。
>さすが何でも買い取るブックオフ。
わし、どこでも見た事ないわい。

>kashibaさんお持ちですよね?
持っておりません!!(⌒^⌒)q(<威張るな)

>お持ちでなかったら朝市交換用にどうでしょう(笑)。
オナマいってると、「淫夢魔」まわしてやんないぞお(笑)


眞明 さん

>プランニングハウス倒産、私も吃驚がっくりです。
>取り敢えず、買い逃しは新刊書店で捜し中です。
ううむ、そうかここも守備範囲でしたっけね(^^;

>『高木家の惨劇』角田喜久雄,春陽文庫
これ、いい味出してますよね。
ちょー薄っぺらな所が(^0^)

>#本の整理をしたばかりなのに、
>すでに蔵書の把握が出来ていなかったり(T^T)
あっはっは(^0^;

>『世界は女房持ちでいっぱいだ』ジャッキー・コリンズ,ハヤカワノヴェルズ
お、なんだろう、これ?
題名に惹かれます(^^)

>『幻想文学大辞典・改訂版』荒俣宏編,国書刊行社
高そうなものを(^^;

>*読んだ本『魔法飛行』良かったです(T-T)
そうでしょう(^^)b

>『流血女神伝 砂の覇王1』須賀しのぶ,集英社コバルト文庫
>コバルト文庫、古本だけでなく新刊も買ってます。
>ふと手に取ってみたら面白い面白い
ほうほう。

>こんな出会いばかりかい、俺。
ここの方々は大概そんなもんです(^^)b

>「剣と魔法もの」+「外套と短剣もの」な異世界ファンタジィなんですが、
>良くできています。 作者が登場人物に容赦しない
ふーん。ちょっと興味が湧くものの、そこまで
当分手が回らないかなあ(^×^;>

>現在『法定外裁判』中。
面白いでしょ?


彩古 さん

>いまは欲しいなあ。なぜなら、「古書の臍」データ補強のため。
なーるーほーど。

>朝市用に紙袋ひとつぐらいは持っていきたいと思ってます。
楽しみにしております。(^−^)>

>明日は所沢に行きたいな。(行けるのか?)
忙しい人間の行ける距離ではないと思いますが(^^;>


よしだ まさし さん

>そもそもポケット文春は人に頼ってまでして
>揃えようとは思っとりません。自分の古本屋まわりの友ですから。
あ、そうだよね。そうそう!
わしの角川横溝文庫初版とかもその口だもん(^^)

>く、くそお! 人がじゃんけんに弱いことを知った
>上での嫌がらせだなあ(笑) 
そんな事ないよおーーn(^0^;

>早くもメールにてライバルが存在することを知り、
もう、水面下でそういううやり取りがあるわけですね(^^;>

>それって、出品者が少ないってことだろうか。
かもね(^^;>

>もしかしてみんな朝は寝ていたいから朝市のことなんか
>考えてなかったりして……。
かもね(^^;>
なにせ、ここでわたしとよしださんが騒いでいただけの
突発企画だもんね(^^;
まあ、土田さんが並んでくれるみたいだけど(^0^;

>そのようなジンクスが生まれるほど
>ウエスタンって出版されていたのでしょうか? 
わし、ウエスタンは何にもわかりませんので、
どなたかフォローお願いします(^^;>


ロビー さん

>\(−−)よしなさいって、大人をからかうのは。
のは。(^0^;

>>この辺りがなくなってきているのでショッカー?(^^;>
>あたりはあんまり見ないデストロン(^^)
ご教授、ありがとうございマクー
(ううう、ゴッドでは作れんかった、無念!)


喜国雅彦 さん

>目録で大河内常平『趣味の日本刀』を見つけました。
うーん、いろんな趣味の本出してんだあ、みんな(^^;>
本人なんですよね。これは。

>函付き3千円と二重函5千円の2種出てましたが、こ
>れって高い?
つばつけるの?(^^)>


仰天の騎士 さん

>相場より安く「恐怖の仮面」久米元一 偕成社 昭和28/2/10 を
>譲っていただく。
これって、二階堂さんのHPに出てた奴でしたっけね(^^)

>さらに更に、「ダブッるから持って行きなさい(^o^)b」と譲って
>もらったのが
>彩古さんより、「欲しいのある?」とこれまた相場よりかなり安く譲って
>いただいたのが、
うーん、愛されてるなあ、仰天さん(^0^;
羨ましいぞ、わし。

>創元文庫シムノン4冊「アンザスの宿」「死んだギャレ氏」
>「メグレ警部と国境の町」「三文酒場」、
うひゃー\(^0^;/
これは、効き目ばっかり、4冊も(^^;>

>「こんな値段でいいんすか?」「うん、重いから」いい人だああ>彩古さん
どこが、重いんだか?(^^:
いい人って事なんだろうなあ(^×^;>

>・日本大衆文学会編「大衆文学論叢」
>1.2.3 3冊まとめて3500円
>雑誌「幻影城」に出ていた広告で気になっていたものだが、
>この値段、迷った・・迷ったから買いましたとさ。
>島崎さん、二上さんなどが書いてるのよね。
ほうほう。これは全然知りませんでしたわい。

>・平凡社「名作挿絵全集8 昭和戦前・推理怪奇小説篇」1980
おお、オモシロそう(^0^;

>最近買ってばっかし(^o^;;
いいんです!!

ではでは

戻る