うさぎ さん 2000年 03月 17日 22時 17分 14秒

はじめまして。
ときどき、こっそり覗かせていただいていました。
書き込むことがあろうとは思ってもいなかったんですが、柄刀一の感想があったもので、つい…。
ある掲示板で、『4000年のアリバイ回廊』のラストが、『海のオーロラ』的オチだと書かれていて、
大笑いしたことがあります。
Kashibaさまは、どう思われたんでしょうか。 

松本真人 さん (masato_m@d7.dion.ne.jp) 2000年 03月 17日 19時 00分 06秒

よしださん
逆上させてしまい、申し訳ありません。学年が2コ違うのに、ふたりとも読んでたのは、確かに謎。再録を僕が読んだということでしょうか。
しかし、こんなマイナーなマンガをふたりとも知ってるなんて、業が深いのぉ(笑)。

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 03月 17日 18時 04分 42秒

松本くん
真崎守のカビが増殖するってマンガ、一瞬松本くんが持っているものと思いこんで逆上しそうになっちゃいました。それ、金属に繁殖するカビによって機械文明が滅び、とってもすがすがしい世界になるってマンガでした。万博会場なんかが出てきたんで、ちょうどあの頃の作品なのでしょう。手に入るものなら手に入れたいものです。しかし、学年が違うのになんで僕も松本くんも読んでいるんだろう?

今日はたっぷりと残業するはずだったのに、友人から「いま紀伊国屋にいる。すぐに来い」って電話が入っちゃいました。ううっ、オレって誘惑に弱いんだよなあ。会社が新宿にあるってのも考えものだよなあ。この誘惑にのるってことは、来週地獄を見るってことなんだけど……。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 03月 17日 06時 54分 14秒

管理人です。日記で力尽きました。
夜レスになりまするるる。済みませんですう。

Pica さん (pica@yha.att.ne.jp) 2000年 03月 17日 05時 29分 06秒

Picaです。
うああー! 本当に仕事で残業してたのに、データがまるごと消えてしまった。
ま、そのまえに佐藤亜紀の、”1809”を読んでいなければ、残業しなくても済んだのですけどね。

古本は引き続き絶不調で、「スタンド・バイ・ミー」しか買っていません(本当)。
来週あたりは赤川次郎を集め出しかねない感じです。
しばらく100円本はやめて、普通の買い物にせいを出します。

キバヤシ@ザ・ワールド さん (jojo@fureai.or.jp) 2000年 03月 17日 01時 27分 13秒

最近は古本屋へ行けておりません。悲しい。ええっ!?スタークの角川文庫!これって見たことないんですよ。カバーとかついてるんでしょうか(それはついてるだろうぅ)週末にはわたしも5冊100円ワゴンの店を覗くぞ。

なのでネットなどで購入。だって買っちゃったんだもん。
「まだ、名もない悪夢。」山田正紀(徳間書店)
「金魚の眼が光る」山田正紀(徳間書店)
「死だけが私の贈り物」小泉喜美子(徳間ノベルス)
「処刑のデッドライン」クラーク・ハワード(早川書房)
今日のブックオフで、
「魔術師」山田正紀(徳間書店)
「てめえらそこをどきやがれ!奇想天外傑作選」夢枕獏 他(大陸ノベルス)
さらに松本さんやくりさんにも御世話になっております。
「古本屋 行かずも増える 本の山」
あっ、kashibaさん、最後の「てめえら〜」は感想コーナーで取り上げて
ましたか?

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 03月 17日 00時 26分 00秒

はあ〜、仕事が忙しいよお。おかげで家に帰るのはただただ寝に帰るだけという状態。ああ〜、ゆっくり古本屋めぐりがしたいよお。
が、そういう状態でも古本を買っているオレ(^^;

 「エキセントリック・ゲーム」真瀬もと(ウィングス文庫:初版)33円
 「ウェルズSF傑作集(1)」H.G.ウェルズ(創元推理文庫)33円
D「SFベスト・オブ・ザ・ベスト(上)」ジュディス・メリル編(創元推理文庫:初版)33円
この3冊は会社の目の前の古本屋で購入。3冊100円。いつものお店よりも安いのだ。
『エキセントリック・ゲーム』というのは一瞬ボーイズ・ラヴかとびびりつつも買ったのだが、だって、シリーズタイトルが「シャーロキアン・クロニクル」っていうんだよ。なんと若き日のモリアーティ教授が出てくる話らしいのだよ。気になるじゃないか。

 「イカルスの封印」クリストファー・ハイド(文春文庫:初版)150円
 「ウルトラマン VOL.1」実相寺昭雄(スーパークエスト文庫:初版)150円
D「蜘蛛男」江戸川乱歩(角川文庫)200円
これは渋谷にあるクライアントのところに打ち合わせに行ったついでに古書センターに寄って買った本。ううっ、自分が何を持っているのかちゃんと把握しないまま買うから『蜘蛛男』、ダブっちゃったよ(涙) クリストファー・ハイドは『大洞窟』があまりにも面白かったもんで、その勢いで購入。たぶん読むだろう。

 「アジア「黄金郷」の旅」鈴木譲仁(徳間文庫:初版)590円
 「「ぷろふいる」傑作選」ミステリー文学資料館・編(光文社文庫:初版)667円
やはり渋谷に出たときに購入。『「ぷろふいる」傑作選』は、この内容でこの値段は安いと思う。よくぞこのようなマニアックな企画が通ったものだと、ちょいと驚き。続きも楽しみ。もちろん、こうやって新刊も買っているのだよ。

 「セーヌ河の秘密・ルパンの告白2」モーリス・ルブラン(三笠書房:初版)50円
 「秘密諜報員」ホストヴスキー(角川文庫:初版)50円
D「カジノ島壊滅作戦」リチャード・スターク(角川文庫:初版)50円
D「汚れた7人」リチャード・スターク(角川文庫:初版)50円
D「ロールスロイスに銀の銃」チェスター・ハイムズ(角川文庫:初版)50円
D「砂の墓標」マイリック・ランド(角川文庫:初版)50円
そして、今日はいつもの3冊200円の店(6冊だと300円)。ここは夜遅くまでやっている偉い店なのだ。で、びっくりの収穫。角川文庫の悪党パーカーを2冊もゲットしてしまった。これはたぶんダブリでありましょう。『ロールスロイスに銀の銃』もたぶんダブリ。『砂の墓標』もダブリだ。だけど、嬉しいのだよ。

3連休はなんとしてでも会社を休むぞ。そのためには、明日も必死こいてお仕事だあ!(こんなことやってないで、早く寝ればいいのに>オレ)

喜国雅彦 さん 2000年 03月 16日 23時 10分 08秒
URL:http://plaza22.mbn.or.jp/~kunikikuni/kikuni.html

松本真人 さん、よしださん
 HPの感想をありがとうございます。

>ここしばらく更新がなかったよね
 なんかねぇ、最近仕事が増えちゃってね。増やしたくないんだけど、
忙しいときに限ってやりたい仕事が来るもんでね。最低月に一度は更新
したいんだけど、古本屋も行かなきゃいけないし、ここの掲示板も読ま
なきゃいけないし(笑)。
 ところで、『わんぱく探偵団』のマンガ化ですが、知りませんでした。
もうその頃は月刊マンガ誌読まなくなってたし。で、さっそく、乱歩文庫
65巻『年譜著作目録集成』を見てみると、記述がありました。
「昭和42年度 劇画「わんぱく探偵団」(少年、12月)」
残念ながら作者の記述はありませんでした。アニメ『わんぱく探偵団』の
資料も持っているんですが、アニメとマンガは別かな? とあの項目からは
外したのですが、入れた方が良かったかな。

 そういえば、MYSCON後の挨拶書き込みをしてなかったことを思い出
したぞ。あの日からさっきまで仕事してたもんで遅くなりましたが、皆さん
お疲れ様でした。僕は他の古本オヤジ達と違って、ちゃんと若い衆の企画に
も参加したもんね、とエバるのでした。ね、kashibaさん。

膳所さん
>気になりますね。自分に少し似ていて、かつ、ミステリが好きな人間
 といっても顔は覚えてないんですよ、その人の。じゃ何が似てるかと言うと、
ズバリ、カゴの中身です(笑)

松本真人 さん (masato_m@d7.dion.ne.jp) 2000年 03月 16日 22時 47分 53秒

喜国さんやよしださんなどお兄さんの間では、真崎守って人気があるんですね。若い僕はほとんど読んだことがないのですが、「6年の科学」の付録でついてた「カビロゾア」というカビが増殖する変なマンガはなんだか覚えてます。でも、僕の中では、真崎守といえば、永島慎二の「フーテン」に、「大阪のもりまさきです」といって出てくる印象のほうが強いです(どこが若いねん!)。

MYSCONでの徹夜は楽しかったけど、仕事で今週、既に2回も徹夜してるのはつらいです。気持ちをなごませようと、通勤中、加納朋子の「ななつのこ」を読んでます。心にしみます。でも本当はヒーリングのためには、古本がいちばんです。江口寿史のマンガで、プッチンプリンの風呂に入る変態が出てきますが、古本風呂っていうのはどうかなぁ?

膳所 善造 さん (MAG02672@nifty.ne.jp) 2000年 03月 16日 16時 05分 06秒

kashiba様
>ちょっと交換リストとにらめっこして、
>週末にでもメールしまーす。
 よろしくお願いいたします。

>あっちゃー。
>「湖水」残しておけばよかったですかね(−−:>
 いえいえ、kashiba様に拾われなければ、きっと誰か他の方が買って
 しまっていたでしょう。お気に書けていただいて、有り難い限りです。

>あっはっは、これもみかけましたが、持っておられるものと
>勘違いしてました。とりあえず、結果オーライっすね。
 はい。これでM12。ここからがしんどそうです。

>「蝶々殺人事件」が連載中に、そんな段階で犯人当てを募集してたのを
>知って、腰が抜けた覚えがありまする(^−^)b
 うわっ、無茶苦茶ですね。当たった人、いたのでしょうか。

>つうことは、旦那?って奴でしたっけ?
 そうです。

>>どちらも、未開封で、紙魚の手帳(13)と葉書までついているのが嬉しい。
>それは、ぶらぼーーですね。特に未開封に当たりません。
 そーなんですよ。でも読むためには開封済みも見つけないと……。

>>「海の沈黙・星への歩み」ヴェルコール(岩波文庫)100
>>こんな本が出ていたのか。まったく知りませんでした。
>なんだんねん(^^;>
 「人獣裁判」のヴェルコールです。ミステリではないようですが。


>うっひゃーーー、
>参ったね、こりゃ(^^;>
>いつ頃かも忘れちゃったぞ。とりあえず、お名前だけでも
>入れるように考えます。
 済みません、済みません、済みません。
 きちんとリアルタイムでご報告すべきだったのですが、つい、うっかりして
 しまいました。本当に申し訳御座いませんm(__)m。


喜国雅彦様
>私、膳所さんを彩の国でお見かけしました。いえ、顔はもちろん知らないんですけど、
>>「現代アメリカ推理小説傑作選1」アメリカ探偵作家協会編(立風書房)
>>「現代アメリカ推理小説傑作選2」アメリカ探偵作家協会編(立風書房)
>>「現代アメリカ推理小説傑作選3」アメリカ探偵作家協会編(立風書房)
>の三冊をカゴに入れてる人は覚えがあります。だって、気になるじゃないですか。
>創元とかハヤカワの文庫をごっそりと持ってる人がいたら。
 初めまして、喜国様。メフィストの連載、漫画とも、いつも愉しく読ませて戴いて
 おります。特に、前回のポケミス・クェストは、企画として大変面白く、読んでいて
 ワクワクすると同時に、古本好きの虫を大いに刺激されました。
  それにしても、まさか見られていたとは、汗顔の至りです。まったく気づきません
 でした。喜国様の御容貌は、雑誌等の写真で拝見して存じておるつもりでしたが。

> それでね、注意して見た理由はもう一つ、以前僕はここでとある人に話しかけられた
>ことがありまして、そのときの人にちょっと似てたので、あのときの人かなあ、と思っ
>たのです。
>東都の世界大系を入れた僕のカゴを指さして、「その本どこにありました?」と聞いた>覚えはありませんか?
 残念ながら(?)それは、私ではありませぬ。私の方は、古書市で、喜国様をお見かけ
 したことはありません。
 うーん、どういう方なのでしょうか、気になりますね。自分に少し似ていて、かつ、
 ミステリが好きな人間というのは。
  なにはともあれ、今後ともよろしくお願いいたします。

喜国雅彦 さん 2000年 03月 16日 14時 57分 38秒
URL:http://plaza22.mbn.or.jp/~kunikikuni/kikuni.html

膳所善造さん
 私、膳所さんを彩の国でお見かけしました。いえ、顔はもちろん知らないんですけど、
>「現代アメリカ推理小説傑作選1」アメリカ探偵作家協会編(立風書房)
>「現代アメリカ推理小説傑作選2」アメリカ探偵作家協会編(立風書房)
>「現代アメリカ推理小説傑作選3」アメリカ探偵作家協会編(立風書房)
 の三冊をカゴに入れてる人は覚えがあります。だって、気になるじゃないですか。創
元とかハヤカワの文庫をごっそりと持ってる人がいたら。
 それでね、注意して見た理由はもう一つ、以前僕はここでとある人に話しかけられた
ことがありまして、そのときの人にちょっと似てたので、あのときの人かなあ、と思っ
たのです。
 東都の世界大系を入れた僕のカゴを指さして、「その本どこにありました?」と聞い
た覚えはありませんか?

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 03月 16日 12時 43分 59秒

喜国さんのHPが久々に更新されているというので、さっそく覗いてきました(ここしばらく更新がなかったよね)。
>>この『巡礼万華鏡』は他の真崎守のコミックスに収録されていた記憶があるの
>>ですが、それらの本はすべて実家にあるので確認出来ません。
これはもしかすると『錆びついた命』とかいうタイトルの本じゃありませんでしたっけ。我が家のどこかにあるはずなんですけど、ポー原作の作品とかも入っていたようなおぼろげな記憶があります。ちなみに、遠慮のない僕はしっかりと真崎守さんのサイン本を持っています(2〜3冊あったかもしれない)。色紙も持ってます。絵を描くのがすっげえ速いのにびっくりした記憶があります。

虫プロの「わんぱく探偵団」も真崎守ですけど、松本くんの報告がある「ぼくら」に連載されていたマンガの方はやってないですよね、きっと。

Moriwaki さん 2000年 03月 16日 08時 39分 00秒

小学館はまたCアームストロングですか。
ホントに目が離せませんね。この文庫
Mミラー、Cアームストロング、Hローレンスと来たので、
次は何だろうと思っていたのですが。
Hマクロイとか出ないかな。
ほんでもって、続編が出るというので、
「レッドドラゴン」と「羊たちの沈黙C鬚い泙気蕕覆「蘰匹澆泙靴拭」
「ハンニバル」は新刊で買って読むのだろうな。なんてミーハーな私。
Pギャリコ「蝋の手型」読了。
結構面白かったけど惚れっぽいなこいつ。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 03月 16日 06時 44分 03秒

管理人です。
ああ、ブロックの事を書き出すとつい時間を忘れて
しまう(^0^;


土田裕之 さん

>でも閉鎖的な感じがしてしまったのはちょっと良くないですね。
そこがまた、「らしい」と言えばらしいのですけどね(^^;>
まあ、一番本の事に詳しい人たちなので、あのまま全員を舞台に
あげて、盛り上がってもらっても凄いかも(^0^)

>でも悔しいので「つるばみ」は100円で見つけたくありません。(笑)
とか、言ってると見つかるんだなあ、これが(笑)

>私のような地味な人間を知っていていただいたなんて、光栄です。
>ネットの威力を感じてしまう。
なんてったって、一番本を買う人ですから(^0^;>

>ところで私はやはり古本者なのでしょうか。新本も買うんですけど・・。
私は古本者なので、私と遊んでるとそう思われちゃうかも(^^;

>また本を買う人間というイメージができあがりつつあるのが怖かったり。
もう、遅い。

>不潔革命 村田基 シンコーミュージック 
>土曜日に買ってまた見つけてしまう。ちっとも珍しくないやんけ。
ったく、可愛くねえぞ。(−−;>

>36000キロの墜死 谷甲州 講談社 SFミステリー。
>ほとんど見ないので珍しいと思うんだけどなあ。帯付きがうれしい。
ふーん、ミステリーなんですか。知りませんでした(・×・)

>犯罪診断簿 島田一男 光風社 昭和34年発行の初版。
>とうとう島田一男まで手をだしてしまうのか!
やったー\(^0^)/
って別に喜ぶこっちゃないけど(^^;

>狂い壁狂い窓 竹本健治 講談社ノベルス 初
うーん、これは競ると高くなっちゃうかも(^^;>

>うーん。やはり古本者かもしれない。
そのとおり。


黒白 さん

>ありゃりゃ、「13日の日曜日」じゃないっての>オレ
>ちなみに見に行ったのは、確かに日曜日でした。
あっはっは、さぶりみなる・ぱーせぷしょん
かな?


いわい さん

>こまめに回ったり、とってもタフですね。お疲れさまでした。
まあ、折角の機会ですから、普段見られないもの優先で
あれこれ顔を出しました(^^)

>仰天の騎士さんがお尋ねの楳本捨三ですが、私も素性?が知りたかったの
>ですが(^^;。確か関東軍なんとかか空襲なんとか(うろ憶え)という著書
>を見かけた事はあるのですが、戦記物が専門なんでしょうかねぇ。
戦記ものの方では作品集というのをみた事があるのですが、
詳しい事は存じません。「灰色の海図」の著者紹介には
「日本大学法文学部中退。1939年渡満。1946年帰国。著書ー
川島芳子に関する数著。「新・三国志」「日本のクーデター」
「ビルマ方面軍」「関東軍総司令部」テレビ記録映画「バトルライン」
など監修。日本文芸家協会会員。」とありました。

>和久と佐賀の比較はせめて乱歩賞受賞作同志で言ってほしかったな、
>結論は同じでも(笑)
うーん、では公平を期して「暗黒告知」読むかあ(^^;

>古本買いで鍛えた効果でファイルの束など軽い軽い(嘘)。
あっはっは。大嘘。


森 英俊 さん

>いきなり、リング・ラードナーの絶版本「微笑がいっぱい」
>「息がつまりそう」の帯つき美本に遭遇。しかも、\600という
>信じられない値段。正直、こんなに安い値段で見かけたのは初めて。
うーん、これは羨ましい(^0^;

>ラードナーが残っていたということは、おそらく土曜日にはまだ
>並べてなかったのでしょう。
ちゅうこってすな(^×^;
ぺんぺん草一本残さんもんなあ。

>とりあえずのぞいてみた中野書店(漫画部)が
>血風でした。例のTOMO コミックスの、「美少女ドロ
>テ」(森田拳次!)、「自殺クラブ」(石森プロ)
>「赤い酋長の身代金」(永島慎二)、「少年科学探偵
>消えたプラチナ」(古城武司)を発見。最後のやつの
>原作者は、なんと小酒井不木でした?値段は、高かっ
>たです。
おお、おめでとうございまするる(^0^)/
はいはい「血風」認定、「血風」認定。

>あとM20くらいです?
う、道はまだ遠いっすね(^^;


kajiken さん

>これで講談社コミックノベルス、M2・・・のはず。
>あとは、「刺青殺人事件」と「死体置場は空の下」のみ。
頑張れーーp(^0^)o

>高木彬光「相性判断」(光文社文庫)というのを拾ったんですが、
>本当に普通の相性占いの本でした。高木コンプリートを目指している方で、
>これ、ご入用の人いませんか?何かと交換していただければ幸いです。
うーん、これは結構まだ見る本ですね(^^;>


松本真人 さん

>“このマンガにポケット小僧が登場しますが、
>ちっともポケットサイズじゃありません”には爆笑。
あっはっは(^0^)o

>うーん、読んでみたい。
わしも。

>かれこれ30年以上前に、8チャンネルだかで放送していた
>「わんぱく探偵団」というアニメとタイアップしたマンガが
>「ぼくら」に載ってたような気がします。
うーん、虫プロだよね。あのアニメの方は。
ホント、誰が買いたんでしょ?(・_・)>


仰天の騎士 さん

>そうかあ、キネ旬だったかああ。ぼくちんは映像関係は弱いんだもん、
ぼくもだもん、ばぶう。

>こらああ、ぶたぶた貯金箱−−逃げるな!!
あ、やっぱり生きてましたか(^0^)b

>話は変わって、絶対当たって欲しい雑誌が別の目録に!
>あ−−−当たれ当たれ当たれ、ぜ−ったい当たれええ!
>当たったら報告するから、それまで内緒(^o^)b
うーん、K文庫?
横溝関係あったかなあ?(・×・)>


くり さん

>今日は人さまの探求書を中心に購入(^o^)。
>d『見えない敵』創元推理文庫 クロフツ 100円(風々子さん用)
ふーん、これがないの?びっくり。

>d『ふたり物語』コバルト文庫 ル・グイン 100円
>(kashibaさ〜ん、例のブツと交換してもらえませんか?)
うう、ちょっとあれ買値がなあ(^^;
何かだぶってんの色つけて下さるなら(^0^;>
メールででもご相談しませう。
一応、朝市にも出さずに確保してあります。

>『暗黒の秘儀』ソノラマ海外シリーズ ラヴクラフト 100円
>(これだけ自分用)
そりゃまあ、そうだ(^^)v

>たまにはみなさんのお役に立たないと
充分たっているのでは(^^)


よしだ まさし さん

>ヤフーオークションに「SFマガジン」創刊のときに配布されたチラシと
>こないだ土田さんと話していたら落札したのは土田さんと判明(笑)。
>狭い世界でございます。
ほんま、狭い!(^^:>
「売りつけてみれば、わが友なり」

>この目録に載っている1千円以上の値段がついている創元推理文庫って、
>どれも入手困難な本なのでしょうか。初版じゃないけど、
>会社の前にある古本屋の3冊100円の棚に入っている本も
>あるんだけどなあ。
チェイスはうちにも一山あります(^^;>

>しっかし、全部持っているくせに、それでも羨ましいって
>思ってしまう自分の感性っていったいどうなってるんでしょうね。
まあ、その部分はスポーツの部類ですからね(^^;


貫井徳郎 さん

>どうもお疲れさまでございました。大変楽しかったですね。
いやいや、全くでございます。しかし貫井さんも貫徹?

>すぐにわかりますよ。
でしゃばってしまいました(^^;>
すんません。

>よく言われることですけど、やっぱり「ジェミニー」より
>「ジェミニイ」の方がすごいと思いました。
「37の短編」を読んだのが発刊時点でしたので、
完全に忘れております。今度読んでみますね(^×^;


MZT さん

>ミスコンの朝市はいい本がでたんじゃないかなーと思いつつ。
ワタクシ的には、プレを教訓に、SFはほとんど持っていきません
でした。今、うちのダブリ本はSF度高いです(^0^;

>一般参加よりもプロの方の参加が多いかもしれないという
>恐ろしい状況になりつつあるかも。
うひゃあ(^0^;

>『戦争の法』と『バルタザールの遍歴』は是非。
これはとりあえず押えてあります。

>『鏡の影』は山尾悠子さんの三一書房版の装丁と同じ絵を
>使っていて、内容も異端の学者ヨハネスを主人公に魂の遍歴
>を描いた作品です(でも絶版)。
こっちは、只今探究中。

>ジュヴナイル『悪い夏』『怒りの日』『目覚めの時』を
>強力にオススメっす。
あっはっは、この3作は既に持ってました。
そうか、あの作者かあ、と初めて理解したところが
なんとも積読野郎ですが(^^;>

ではでは

土田裕之 さん (pooh@02.246.ne.jp) 2000年 03月 16日 01時 15分 38秒
URL:http://www.02.246.ne.jp/~pooh

よしださん、kashibaさん、松本さん、惣坂さん、石井さん、成田さん、その他ミスコンでお会いした皆様。
いろいろありがとうございました。
自分の場合は普段あまり本の話をする人がまわりにいないので、とても楽しいひとときでありました。
いろいろな方とお話をしたり企画に参加したり、楽しみ方はいろいろあると思いますので、自分的にはああいう形での参加でも大満足です。
でも閉鎖的な感じがしてしまったのはちょっと良くないですね。
オークションははりすぎたかな、とかはればよかったかなとか、あとでいろいろ考えました。
でも悔しいので「つるばみ」は100円で見つけたくありません。(笑)
「コメディアン」はもっとがんばれば良かった。

また安田ママさんのミスコンレポート日記を読んでいたら、私の名前が出てきてびっくり。
私のような地味な人間を知っていていただいたなんて、光栄です。ネットの威力を感じてしまう。

ところで私はやはり古本者なのでしょうか。新本も買うんですけど・・。
また本を買う人間というイメージができあがりつつあるのが怖かったり。

で、昨日はこんなところを買いました。
不潔革命 村田基 シンコーミュージック 土曜日に買ってまた見つけてしまう。ちっとも珍しくないやんけ。
ジャズの本 河野典生 青樹社
本陣殺人事件 横溝正史 角川文庫 100円で初版だったので。河野典生とこれは新橋で。
あと初めていく古本屋にて。
明日こそ鳥は羽ばたく 河野典生 角川書店 帯つき。
将棋殺人事件 竹本健治 CBSソニー出版 初帯。
36000キロの墜死 谷甲州 講談社 SFミステリー。ほとんど見ないので珍しいと思うんだけどなあ。帯付きがうれしい。
犯罪診断簿 島田一男 光風社 昭和34年発行の初版。とうとう島田一男まで手をだしてしまうのか!
狂い壁狂い窓 竹本健治 講談社ノベルス 初

ジャズの本だけ500円であとは100円〜300円くらい。
そんなに珍しい本はないけど、初めて行った本屋で
買うものがあるとうれしいです。

安藤書店に買った本を忘れてきたので取りにいかねばなりません。

うーん。やはり古本者かもしれない。

黒白 さん (bwsepia@mb.infoweb.ne.jp) 2000年 03月 16日 00時 57分 48秒

森英俊 様
 この前はお疲れ様でした。ちょっとだけでしたけれど、話が出来て嬉しかったっす。また、本をお譲りいただきありがとうございました。

>血ぬられた光源氏」(藤本泉)を購入。

 これ、まだ残っていたのですね。このまえお会いした直前に、どうしようかと思って結局山に戻した本だったんです。ちなみに、表の菊村到はまだ残ってました?

kashiba様
 ありゃりゃ、「13日の日曜日」じゃないっての>オレ
ちなみに見に行ったのは、確かに日曜日でした。
 ではでは

いわい さん (iy-iwai@ra2.so-net.ne.jp) 2000年 03月 16日 00時 31分 25秒

 kashibaさま、お早うございます。
 オークショニア姿、拝見しそこなってとっても残念!
 こまめに回ったり、とってもタフですね。お疲れさまでした。

 仰天の騎士さんがお尋ねの楳本捨三ですが、私も素性?が知りたかったのですが(^^;。確か関東軍なんとかか空襲なんとか(うろ憶え)という著書を見かけた事はあるのですが、戦記物が専門なんでしょうかねぇ。

 ついでに遅まきながら。和久と佐賀の比較はせめて乱歩賞受賞作同志で言ってほしかったな、結論は同じでも(笑)

 さて、明日は社内引っ越し。古本買いで鍛えた効果でファイルの束など軽い軽い(嘘)。

森 英俊 さん (mori@tcn-catv.ne.jp) 2000年 03月 15日 23時 46分 34秒

きょうは大学に所用があって MYSCON にいっしょにい
った後輩と共におもむくも用事をはたせず、急遽ふた
りで古本屋まわりをすることに。
 まず噂の安藤書店。いきなり、リング・ラードナー
の絶版本「微笑がいっぱい」「息がつまりそう」の帯
つき美本に遭遇。しかも、\600という信じられない値
段。正直、こんなに安い値段で見かけたのは初めて。
後輩に、絶対おもしろいしお買い得だからと薦める。
わたし自身は店の外にあった「死の街の対決」(ラル
フ・デニス)と、店内にあった、とんでもなさそうな
「血ぬられた光源氏」(藤本泉)を購入。ラードナー
が残っていたということは、おそらく土曜日にはまだ
並べてなかったのでしょう。
 そのあとはバスに乗って、神保町へ。RBは早川の
SFシリーズが大量入荷していただけで、収穫なし。
でも、とりあえずのぞいてみた中野書店(漫画部)が
血風でした。例のTOMO コミックスの、「美少女ドロ
テ」(森田拳次!)、「自殺クラブ」(石森プロ)
「赤い酋長の身代金」(永島慎二?「少年科学探偵
消えたプラチナ」?古城武司)を発見。最後のやつの
原作者は、なんと小酒井不木でした?値段は、高かっ
たです。日下氏から「完全脱獄」(桑田次郎)を譲っ
てもらえそうなので、これも楽しみこうなると、い
よいよ、クイーンとクリスピンを漫画化したやつもほ
しい。ちなみにこのシリーズは全30巻。各巻に加納一
朗氏の解説がついています。あとM20くらいです?

kajiken さん (kenultra@diana.dti.ne.jp) 2000年 03月 15日 23時 00分 52秒

仰天さんより、交換本が到着。
これで講談社コミックノベルス、M2・・・のはず。
あとは、「刺青殺人事件」と「死体置場は空の下」のみ。
で、それを探しに行ったブックオフで、高木彬光「相性判断」(光文社文庫)というのを拾ったんですが、本当に普通の相性占いの本でした。高木コンプリートを目指している方で、これ、ご入用の人いませんか?
何かと交換していただければ幸いです。

松本真人 さん (masato_m@d7.dion.ne.jp) 2000年 03月 15日 22時 47分 27秒

喜国様
「探偵小説コレクション」を更新されているのに、いまごろ気がつきました。「江戸川乱歩・漫画化作品」面白いです。特に、藤子不二雄の「怪人二十面相」のところの“このマンガにポケット小僧が登場しますが、ちっともポケットサイズじゃありません”には爆笑。うーん、読んでみたい。石川球太の「白昼夢」も読みたいなぁ(この人の「巨人獣」って好きだったんですよね)。ふといま思い出したのですが、僕が小1か小2のころですから、かれこれ30年以上前に、8チャンネルだかで放送していた「わんぱく探偵団」というアニメとタイアップしたマンガが「ぼくら」に載ってたような気がします。二十面相がマスクをかぶったチョビヒゲのオヤジで、ステッキ持ってました。作者は誰だったのかなぁ? 

仰天の騎士 さん (CZR04562@nifty.ne.jp) 2000年 03月 15日 18時 14分 40秒

えぐちようすけ さん、川口且真 さん、kashibaさん、こんにちは(^o^)ノ

そうかあ、キネ旬だったかああ。ぼくちんは映像関係は弱いんだもん、勉強になりました>ありがとう、おにいさんたちm(_ _)m

で、あれだけkashibaおにいさんが祈ってくれたから、当たるかもしれないなあ(^o^;・・・こらああ、ぶたぶた貯金箱−−逃げるな!!

話は変わって、絶対当たって欲しい雑誌が別の目録に!
あ−−−当たれ当たれ当たれ、ぜ−ったい当たれええ!
当たったら報告するから、それまで内緒(^o^)b

くり さん (kunny-k@mx.biwa.ne.jp) 2000年 03月 15日 16時 07分 21秒

今日は人さまの探求書を中心に購入(^o^)。

徳間OHSシリーズ14冊 各200円(川口さん用)
d『完全なる離婚』角川文庫 天藤真 100円(川口さん用)
d『見えない敵』創元推理文庫 クロフツ 100円(風々子さん用)
d『浮かぶ飛行島』講談社少年倶楽部文庫 海野十三 100円(えぐちさん用、でもこれは持ってはるかな?)
d『ふたり物語』コバルト文庫 ル・グイン 100円(kashibaさ〜ん、例のブツと交換してもらえませんか?)
『暗黒の秘儀』ソノラマ海外シリーズ ラヴクラフト 100円(これだけ自分用)
d『とっぴトッピング』アルゴ文庫 横田順彌 100円
dd『不倫夫人殺人事件』徳間ノベルス 鷹見緋沙子 100円
d『殺人シーンをもう一度』二見文庫 サミュエル・ホルト 200円
d『Kの悲劇』扶桑社 杠葉啓 100円
d『女怪』東京文芸社 横溝正史

たまにはみなさんのお役に立たないとゥァΑ」

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 03月 15日 12時 51分 21秒

先日、ヤフーオークションに「SFマガジン」創刊のときに配布されたチラシというものが出品されていました。400円ぐらいだったら欲しいなと思って入札したのですが、あっという間に1千円以上に。で、こないだ土田さんと話していたら落札したのは土田さんと判明(笑)。狭い世界でございます。

さて、K文庫の目録が来ました。回を重ねるごとに値段が高くなってきているようで、ちょっと寂しいですね。初めてこの目録を見た時の衝撃があまりにも大きかったもんで、その落差に泣いています。ところで、この目録に載っている1千円以上の値段がついている創元推理文庫って、どれも入手困難な本なのでしょうか。初版じゃないけど、会社の前にある古本屋の3冊100円の棚に入っている本もあるんだけどなあ。
ちなみに、MYSCONでついに売れ残ってしまった本も1千円で掲載されています。100円にしても売れなかった本なんだけどなあ。

眞明 さん
うーん、羨ましいなあ。バローズが100円でざっくざくですね。しっかし、全部持っているくせに、それでも羨ましいって思ってしまう自分の感性っていったいどうなってるんでしょうね。
ああ、今日もスギ花粉が飛び交ってます。スギ花粉で「儂らに感染す前にとっとと帰れ」と言われたらいいのになあ。

貫井徳郎 さん (nukui@e-novels.net) 2000年 03月 15日 11時 12分 03秒
URL:http://www.hi-ho.ne.jp/nukui/

kashiba様。MYSCON参加者の皆様。
 どうもお疲れさまでございました。大変楽しかったですね。

 などと挨拶が遅れていたら、ぼくが出てくる前に片づいてしまいましたね。そう、ブランドの短編集は一冊しか出ていませんから、すぐにわかりますよ。
 実はつい最近『37の短編』バージョンの「ジェミニイ・クリケット事件」を読みまして、この作品の本当のすごさがわかった次第なのです。で、力を入れてお勧めしてしまったのでした。
 よく言われることですけど、やっぱり「ジェミニー」より「ジェミニイ」の方がすごいと思いました。

MZT さん (tmizo@dh.catv.ne.jp) 2000年 03月 15日 09時 48分 48秒

MZTです。

かしばさま>
いえいえ、ここのところいいd本がないんで、ブックオフ系の古書店を回りたい
気分です。ミスコンの朝市はいい本がでたんじゃないかなーと思いつつ。

ダサコンはまあイイカゲンなものなので、よくもまあ企画ができたと
思い、びっくりしています。あ、一般参加よりもプロの方の参加が
多いかもしれないという恐ろしい状況になりつつあるかも。#まん
がカルテット他、参加者を見ているとびびります。

日記で佐藤亜紀(ちょっと古いですが)と松村光生
に触れられていましたね。前者はどれをとっても面白い
のですが、『戦争の法』と『バルタザールの遍歴』は是非。
『鏡の影』は山尾悠子さんの三一書房版の装丁と同じ絵を
使っていて、内容も異端の学者ヨハネスを主人公に魂の遍歴
を描いた作品です(でも絶版)。

松村はかしばさんならばすぐに見つけられると思いますが、ハヤカワ
HI!から出ていたハルマゲドンサマーもののジュヴナイル
『悪い夏』『怒りの日』『目覚めの時』を強力にオススメっす。


kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 03月 15日 06時 26分 29秒

管理人です。花粉症で死んでます。(;;)


川口且真 さん

>私もえらそうに横レスなぞ。
横レス歓迎れす。(^0^)
ついでに全部にレスつけしてくれるといいなあ(^−^;>

MZT さん

>MZT@ダサコンスタッフです。
本、ありがとうございました。

>ダサコンの開催が決定しましたので、
えいぷりる・ふーる!!ですって?
しかし、一ヶ月弱でよく企画ができちゃうよね(^^;

>関東方面からの参加も大歓迎です。
うーん、そこまでのガッツはないなあ(−−;>
頑張って下さい。


眞明 さん

>楽しかったみたいですね。
すんげえ、楽しかったです。(^0^)

>またまた風邪をひきまして、昨日までひっくり返っていました(涙)。
それは大変でした(^×^;>

>久々にあたりが出たので報告します。
>いつもと違うルートを通っていて、偶然地元の古本チェーン店の
>新規店舗開店を発見、上記のような釣果となった次第です。
拝見しました(^^)
いやあ、なんなかSF的に大当たりですねえ。
羨ましい。

>・実はここまでの話が全部、MYSCONへ行けなかった悔しさと、
>高熱の生み出した妄想だった。
>というオチじゃないだろうな (^^;
>#いや、ちゃんとあるぞ>買った本。
あっはっは。やあ、よかったよかった、
と安心していると、後ろから奥さんが
「あなた風邪で早引けしておいて、
また、こんなに本を買い込んだのね、、」
きゃーーーーーーーーーーー(^0^;


惣坂真夏 さん

>MYSCONに参加された皆様、お疲れ様でした。
惣坂さんもお疲れえ(^0^)/

>オークショニアの端くれとして、大いに見習わせて頂きたいと
>思います。
いえいえ(^^;>

>#でも、いっそのことニフティの時もお願いしちゃおうかなあ(^^;)
こらこら(^0^;

>この古本の売上は、古本を買うのに使わせて頂きます(^^;)
そうなんだよねーーー(^^)
他に買うもんないんか!お前は!?
ないんだ、これが。


えぐちようすけ さん

>横レスで失礼します。
横レス歓迎です。ありがとうございまする。
ついでに、ボードリーダーなんかもやってもらえると(以下略)


仰天の騎士 さん

>ねえねえねえ、kashibaおにいさん、ぼくちんの疑問に答えて
>ほしいんだぞおお(^o^)ノ
うーーん、仰天ぼおやの質問はむずかしいからなあ(^^;

>「酒家春秋 私家版(今津の酒造家)」鷲尾三郎 平2
>これって、あの鷲尾三郎だよねえ?どうやら中身はお酒のお話みたいだから、
>ぼくちんにはまだまだ早いみたいなんだけど(^o^;;彩古おにいさんの
>「古書の臍(vol.1)」にはなんもなかったんだけど、まさか同姓同名の別人?
判りません!(⌒^⌒)q(<いばるな!)
だいたい私は、マイナー作家を買い出して、まだ1年経ちません。
ぼくちんよりも全然知識も経験もなななあああいんだな、ばぶー

>「探偵映画の作家と主役」世界の映画作家35 昭52
>鉄人のkashibaおにいさんなら、きっとわかると思ってるんだ>ぼくちん
ほかのおにいさんたちがこたえてくれたじょ。
うれしいじょ。

>なんだかよくわかんないけど、ぼくちんのぶたぶた貯金箱
>にお年玉がまだ残ってるから、注文したんだよ。
うーん、ほんとーにぶたぶた貯金箱だったらいいなあ(^0^)>

>ああ、なんだか当たって欲しいような、欲しくないような(^o^;;
当たれ当たれ当たれ当たれ当たれ当たれ、、


森 英俊 さん

>喫茶店で延々四時間も打ち合わせをしていたので、きょうはすっか
>りくたびれモード。
それは、辛い(^^;>

>3月18日のミステリセミナーの昼の部のあと、
>午後8時から朝の8時にかけて、またまた本郷で合宿
>があります。学生が多いので、平均年齢はかなり若い
>と思いますが、ここでも古本市をやるそうです。
>くわしいことは、主催者側の連絡窓口になっている柴山くん
>(siba@pluto.dti.ne.jp)のほうにお尋ねくださいませ。
というわけですので、売るほど古本をお持ちの皆様は
ふるってご参加ください
>私は、参加費がネックかなあ(^×^;>


よしだ まさし さん

>うう〜、MYSCONのレポート、読んでも読んでも終らないよお。
ほんま、凄いね。この量は。
よしださんのもだけど(^^;>

>次回は古本話しも大広間でやろね、みんな。
やっぱり、古本話かい!!(^0^;


膳所 善造 さん

>ミスコンは、随分と盛り上がったようですね。今度、日下三蔵氏に会ったら
>あれこれ聞いてみよう、っと。
日下さんは今は、18日の方に頭が切り替わっていると
思いますよ(^^;

>はーい、そうです。お譲り下さいませ。
>交換 or 金銭、どちらがよろしいでしょうか。
ちょっと交換リストとにらめっこして、
週末にでもメールしまーす。

>私もこれ買いそびれた口です。羨ましい。
ふっふっふ。
でもホント当時は、余りの薄さと高さに手がでませんでした。

>それにしても、実は、私も行ったんです、新橋。
あっちゃー。
「湖水」残しておけばよかったですかね(−−:>

>『重役室』(角川海外ベストセラーズ)
> 連番No.1。個人的に血風。久々に自力前進。
あっはっは、これもみかけましたが、持っておられるものと
勘違いしてました。とりあえず、結果オーライっすね。

>『悪魔のベクトル』(ハヤカワ・ノヴェルズ)
>袋とじ未開封。しかし、全体の2/3が袋とじ、というのもよく考えると、
>凄い造本である。
「蝶々殺人事件」が連載中に、そんな段階で犯人当てを募集してたのを
知って、腰が抜けた覚えがありまする(^−^)b

>d「多角形」日影丈吉(徳間文庫)200
珍しいですよ、これ。

>「あなたに向く職業――とらばーゆ・サスペンス」入江香(集英社文庫)200
>昨今話題の別名義。解説が小池真理子という、洒落っ気がいいです。
つうことは、旦那?って奴でしたっけ?

>ワールドスーパーノベルズも大分揃ってきた。
>「チャールストンナイフが町にやってきた」さえ手に入れば。
>でも、この本見たことないんだよな。本当に出たのだろうか。
うーん、私もみた事ないですねえ。

>「淫獣の妖宴」P・J・ファーマー(CR文庫)250
>先日の、「幻影」に引き続きこの値段は嬉しい。
おお、安い、安い!!
(もしかすると古書価が異常なのかもしれませんが:汗)

>どちらも、未開封で、紙魚の手帳(13)と葉書までついているのが嬉しい。
それは、ぶらぼーーですね。特に未開封に当たりません。

>「海の沈黙・星への歩み」ヴェルコール(岩波文庫)100
>こんな本が出ていたのか。まったく知りませんでした。
なんだんねん(^^;>

>ポケミスで購入したので、買わずにいたら、見なくなってしまった本。
>「人狩り」は、「ペイバック」版とは、小鷹信光のあとがきが違うので、
>当然購入。それにしても、版が変わる度にあとがきを書き換える情熱には
>頭が下がります。
はっはーーーん。そうなのですか。それは立派ですねえ。

>「現代アメリカ推理小説傑作選2」アメリカ探偵作家協会編(立風書房)300
>「現代アメリカ推理小説傑作選3」アメリカ探偵作家協会編(立風書房)300
>この日、最大の収穫。やれやれ、やっと揃った。
おめでとーーございまーーす
\(^0^)/\(^0^)/\(^0^)/

>後、今更でなんですが……。
>実は、私、33333のキリ番踏んじゃってたんです。
>報告遅れてしまい、申し訳ありませんm(__)m。
うっひゃーーー、
参ったね、こりゃ(^^;>
いつ頃かも忘れちゃったぞ。とりあえず、お名前だけでも
入れるように考えます。

ではでは

川口且真 さん 2000年 03月 15日 01時 42分 18秒

私もえらそうに横レスなぞ。

仰天の騎士さん、
えぐちさんのおっしゃるとおり、その本はキネマ旬報社「世界の映画作者35」の本ですね。

作者別の映像化作品リストやミステリ映画の歴史などが載っていて、一冊買っておいて損はないと思います。ただし、本自体が古いので、当然、その後のフォローがないのがツライですが。
一冊1500円以下なら高い値段とは思えません。

MZT さん (tmizo@dh.catv.ne.jp) 2000年 03月 15日 00時 53分 58秒
URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4553/dasacon.html

MZT@ダサコンスタッフです。

ミスコンほど盛況ではありませんが、ダサコンの開催が決定しましたので、
こちらでも宣伝させていただきます。

・ゲスト対談バトルロワイアル(我孫子武丸さん&喜多哲士さん&北野勇作さん&冬樹蛉さん)
他もちろんオークションもありますので、大阪方面の方でご都合がつきそうな方々はぜひよろし
くお願いします。関東方面からの参加も大歓迎です。

詳しくは上のURLにてチェックをお願いいたしますー。


眞明 さん (maake2@mint.ocn.ne.jp) 2000年 03月 14日 23時 12分 08秒

 MYSCONに参加された皆様、お疲れさまでした。
 楽しかったみたいですね。
 ちなみに私は先週、またまた風邪をひきまして、昨日までひっくり返っていました(涙)。

 ……などとかいても辛気くさいんでよそうと思ったんですが<って、書いとるがな (^o^)/

 久々にあたりが出たので報告します。

 単行本
『ルパン殺人事件』野坂昭如 他,初帯,双葉社,100円

 創元推理文庫
『宇宙のウィリーズ』ラッセル,100円、以下すべて100円
『金星の尖兵』  〃  
『73光年の妖怪』ブラウン
『宇宙船ピュルスの人々』K・H・シェール
『地底のエリート』  〃  
『地球への追放者』  〃  
『地球人捕虜収容所』  〃  
『地の果てから来た怪物』ラインスター
『ロボット市民』バインダー
『22世紀の酔っぱらい』F・ポール
『死者がUFOでやってくる』グロスバック,帯

 ポケミス(復刊)
『我が屍を乗り越えよ』スタウト,300円
『医者よ自分を癒せ』フィルポッツ,300円
『証拠の問題』ブレイク,300円
 ブレイクは揃えたいな〜、とは思っているんですが、ポケミスの古いところが途轍もなく
難しそうですね。

 ハヤカワ文庫NV
『パリ吸血鬼』クロッツ,100円

 ハヤカワ文庫SF
『放浪惑星骸骨の洞窟』ジョーンズ,100円、以下すべて100円
『惑星ゾルの女王』ジョーンズ
『都市』シマック
『銀河よ永遠なれ』アンダースン
『モンスター・マン』ERB
『月の地底王国』ERB
『月人の地球征服』ERB
『地底世界のターザン』ERB

ハヤカワ文庫ターザンブックス
『類猿人ターザン』100円、以下すべて100円
『ターザンの凱歌』
『ターザンとアトランティスの秘宝』帯
『野獣王ターザン』
『恐怖王ターザン』
『ターザンと黄金の獅子』
『ターザンと蟻人間』
『無敵王ターザン』
『ターザンと失われた帝国』
『ターザンとライオン・マン』

 ソノラマ文庫
『海底基地SOS』高橋泰邦,100円

 今日になっても風邪がひどいので、上司に「儂らに感染す前にとっとと帰れ」といわれま
して、帰宅の途についていたんです。
 熱で呆としていたのか、いつもと違うルートを通っていて、偶然地元の古本チェーン店の
新規店舗開店を発見、上記のような釣果となった次第です。
 人生万事塞翁が馬。

 ただ心配なのは、
・熱で集中力が弱くなっていて、けっこう買い逃しがあったのではないか。
・明日もう一度その古本屋に行こうとして、どこにあったのかわからなくなっているのでは
ないか。
 とか。

 などと書いていてふと気付いたんですが、

・実はここまでの話が全部、MYSCONへ行けなかった悔しさと、高熱の生み出した妄想
だった。

 というオチじゃないだろうな (^^;
#いや、ちゃんとあるぞ>買った本。
 ではでは。


惣坂真夏 さん (manatsu@mba.nifty.ne.jp) 2000年 03月 14日 21時 34分 17秒
URL:http://member.nifty.ne.jp/momo-iro

MYSCONに参加された皆様、お疲れ様でした。

それにしても、さすがカリスマオークショニア、kashibaさんの
オークションは見事なものでしたねえ。
オークショニアの端くれとして、大いに見習わせて頂きたいと
思います。
#でも、いっそのことニフティの時もお願いしちゃおうかなあ(^^;)
本当にお疲れ様でしたm(__)m

古本部屋でご一緒させて頂いた皆さんの話も楽しくて、最高でした。
#まあ自分なんかは薄いので聞いてるばかりだったんですけども(^^;)
また機会があったら混ぜて下さいね。

それから、オークションと朝市で自分の本を買って頂いた方々、
あらためて、ありがとうございましたm(__)m。
この古本の売上は、古本を買うのに使わせて頂きます(^^;)


では、皆さん今後ともよろしくお願いします(^^)

えぐちようすけ さん (EZW03345@nifty.ne.jp) 2000年 03月 14日 20時 42分 11秒

仰天の騎士さん

横レスで失礼します。

「探偵映画の作家と主役」世界の映画作家35 昭52

これってキネマ旬報社から出ている「世界の映画作家」シリーズの1冊ではないでショッカー?
持ってるはずなのですが、蔵書が埼玉なので確認できまへん(^_^;)。間違ってたらごめんなさい。
元映画者のえぐちでした。

仰天の騎士 さん (CZR04562@nifty.ne.jp) 2000年 03月 14日 18時 34分 29秒

鉄人のkashibaおにいさん、こんにちは(^o^)ノ

ねえねえねえ、kashibaおにいさん、ぼくちんの疑問に答えてほしいんだぞおお(^o^)ノ
あのね、そのね、ぼくんちに来た古書目録にね、こんなん本があったんだけど、よくわかんないの>ぼくちん(^o^;;
「酒家春秋 私家版(今津の酒造家)」鷲尾三郎 平2
これって、あの鷲尾三郎だよねえ?どうやら中身はお酒のお話みたいだから、ぼくちんにはまだまだ早いみたいなんだけど(^o^;;彩古おにいさんの「古書の臍(vol.1)」には
なんもなかったんだけど、まさか同姓同名の別人?

んで、もう1冊は
「探偵映画の作家と主役」世界の映画作家35 昭52
近所のおともらちの黒白さんも「知らないなあ(^o^;;」って言ってたんだけど、鉄人のkashibaおにいさんなら、きっとわかると思ってるんだ>ぼくちん
なんだかよくわかんないけど、ぼくちんのぶたぶた貯金箱
にお年玉がまだ残ってるから、注文したんだよ。

ああ、なんだか当たって欲しいような、欲しくないような(^o^;;

森 英俊 さん (mori@tcn-catv.ne.jp) 2000年 03月 14日 13時 59分 03秒

MYSCON 参加者のみなさんお疲れさまでした。昨日は
元気だったのですが(早朝、11枚の原稿「晩年のカー」
を仕上げました)、そのあと新橋に行ってなにもなく、
夕方から馬場のシロアリ駆除剤のきいた喫茶店で延々
四時間も打ち合わせをしていたので、きょうはすっか
りくたびれモード。
 さて、MYSCON のときにもご案内させていただきまし
たが、3月18日のミステリセミナーの昼の部のあと、
午後8時から朝の8時にかけて、またまた本郷で合宿
があります。学生が多いので、平均年齢はかなり若い
と思いますが、ここでも古本市をやるそうです。古本
のほうは、朝市のように普通に並べるもの、入札制に
するもの、オークションにかけるものの3通りありま
す。わたしもとりあえず10冊ばかりオークション用に
持っていこうかと。ちなみに途中でいらしていただい
ても、途中で帰っていただいても、古本市に出品され
るのも自由です。くわしいことは、主催者側の連絡
窓口になっている柴山くん(siba@pluto.dti.ne.jp)
のほうにお尋ねくださいませ。当日はこのほか、ワセ
ミスに伝わる自主製作映画なども上映される予定です。

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 03月 14日 13時 16分 34秒

うう〜、MYSCONのレポート、読んでも読んでも終らないよお。フクさんのレポートに以下の文章を発見。

>>実際はどちらにも興味のない方が部屋に籠もっていたみたいで、その辺りは少
>>し残念かも。企画に参加されないのなら他の人も話題に加われるよう、部屋で
>>なく大広間に籠もって欲しかったという意味で、です。
あっ、なるほど、大広間にいればよかったんだ。どうも大広間が解放区という意識がありませんでした。朝市で大広間に行き、初めてここが雑談スペースになっているということに気づいたしだい。次回は古本話しも大広間でやろね、みんな。

>>も一つ書くなら、今回の出会いを機会に読書やWEB巡回に幅が出てきた、という
>>方が出てきてくれたら、私はもうそれでとっても幸せ。
ただいま交換会でいただいた『かくてアドニスは殺された』を読んでいるところです。間違っても自分で買ってくる本じゃないので、ほんのちょっとは読書の幅も広がったかな。クリスチアナ・ブランドを読もうという気にもなってるし。

川口且真 さん
>>よしださん、私は『新宝島』持ってないです。
>>(ついでに言えば、フクさん払い下げジャンケン棄権したのは、持ってないの
>>がこれ一冊だったということをお忘れないきよう願います)(^o^)
了解いたしましたあ。いずれ大藪追加をゲットして、その中にまぜて送りましょう。


膳所 善造 さん (MAG02672@nifty.ne.jp) 2000年 03月 14日 10時 24分 31秒

久々に書き込む、膳所善造です。

ミスコンは、随分と盛り上がったようですね。今度、日下三蔵氏に会ったら
あれこれ聞いてみよう、っと。

>d「中国湖水殺人事件」RVフーリック(三省堂)800円
>フーリックは膳所さんの探究本でしたっけね?
 はーい、そうです。お譲り下さいませ。
 「梵鐘」といい、本当にありがとうございます。これにて、作品的には
 フーリック完集!
 交換 or 金銭、どちらがよろしいでしょうか。

>「仮面舞踏会」Kウィリアムズ(角川書店:帯)600円
 嗚呼、懐かしい。ありましたねこんな本。私もこれ買いそびれた口です。
 羨ましい。

 それにしても、実は、私も行ったんです、新橋。就業時間後に。
鉄人と、ニアミスしていたんですね。買ったのは、
『重役室』(角川海外ベストセラーズ)
 連番No.1。個人的に血風。久々に自力前進。
『悪魔のベクトル』(ハヤカワ・ノヴェルズ)
 袋とじ未開封。しかし、全体の2/3が袋とじ、というのもよく考えると、
 凄い造本である。

最近は、雑事に追われて、覗くのは通勤途中の駅にあるワゴンやブック・オフ
ばかり。そこそこの所が安値で拾えるのが取り柄ですが。
ワゴンにて、
「夢館」佐々木丸美(講談社文庫)200
「崖の館」佐々木丸美(講談社文庫)200
「風花の里」佐々木丸美(講談社文庫)200
d「多角形」日影丈吉(徳間文庫)200
d「ふらんす料理への招待」日影丈吉(徳間文庫)200

ブック・オフにて、
「あなたに向く職業――とらばーゆ・サスペンス」入江香(集英社文庫)200
  昨今話題の別名義。解説が小池真理子という、洒落っ気がいいです。

「アイガーサンクション」トレヴェニアン(産学社)100
  ワールドスーパーノベルズも大分揃ってきた。
  後は、ラルフ・デニスンのハード・マン・シリーズの二冊目、
  「チャールストンナイフが町にやってきた」さえ手に入れば。
  でも、この本見たことないんだよな。本当に出たのだろうか。

d「警察官に聞け」アントニイ・バークリイ/他(ハヤカワ・ミステリ文庫)250
「男のGUN講座」大藪春彦(KKロングセラーズ)400
「ザ・ドライバー」クライト・B・フィリップス(ヘラルド)100
「淫獣迷宮」友成純一(大陸書房)100
「獣神都市」友成純一(廣済堂文庫)50
「プリンセスへの鎮魂歌」ルース・M・アーサー(集英社コバルト文庫)100
「青い実の冒険」藤木靖子(集英社コバルト文庫)100
「淫獣の妖宴」P・J・ファーマー(CR文庫)250
  先日の、「幻影」に引き続きこの値段は嬉しい。

「死のリフレイン」ジャン・マイケルズ(創元推理文庫)100
「特種はカリブ海」マージョリー・J・グローヴ(創元推理文庫)100
  どちらも、未開封で、紙魚の手帳(13)と葉書までついているのが嬉しい。

「海の沈黙・星への歩み」ヴェルコール(岩波文庫)100
 こんな本が出ていたのか。まったく知りませんでした。

 うーん、今一不満足。で、行って来ました、採の国。初回から毎回行っている
この古書市。個人的には、いつ行ってもハズレがないいい古書市である。
d「やとわれた男」ドナルド・E・ウェストレーク(ハヤカワ・ミステリ文庫)150
d「殺しあい」ドナルド・E・ウェストレーク(ハヤカワ・ミステリ文庫)150
「悪党パーカー/人狩り」リチャード・スターク(ハヤカワ・ミステリ文庫)500
「悪党パーカー/犯罪組織」リチャード・スターク(ハヤカワ・ミステリ文庫)500
「悪党パーカー/弔いの像」リチャード・スターク(ハヤカワ・ミステリ文庫)500
「悪党パーカー/襲撃」リチャード・スターク(ハヤカワ・ミステリ文庫)500
  ポケミスで購入したので、買わずにいたら、見なくなってしまった本。
  「人狩り」は、「ペイバック」版とは、小鷹信光のあとがきが違うので、
  当然購入。それにしても、版が変わる度にあとがきを書き換える情熱には
  頭が下がります。

d「悪党パーカー/死者の遺産」リチャード・スターク(ハヤカワ・ミステリ文庫)500
d「崖の館」佐々木丸美(講談社文庫)200
「星虫」岩本隆雄(新潮文庫)200
d「現代アメリカ推理小説傑作選1」アメリカ探偵作家協会編(立風書房)300
「現代アメリカ推理小説傑作選2」アメリカ探偵作家協会編(立風書房)300
「現代アメリカ推理小説傑作選3」アメリカ探偵作家協会編(立風書房)300
  この日、最大の収穫。やれやれ、やっと揃った。1は持っていたのだけれど
  安さと、帯欲しさについ購入。

「狼よさらば」ブライアン・ガーフィールド(ハヤカワ・ノヴェルズ)300
d「銃撃」ダグラス・フェアベアン(ハヤカワ・ノヴェルズ)300
d「努力して産業スパイに成功する法」シェパード・ミード(ハヤカワ・ノヴェルズ)300
d「歌舞伎は花ざかり」小泉喜美子(駸々堂)300


 後、今更でなんですが……。
実は、私、33333のキリ番踏んじゃってたんです。
報告遅れてしまい、申し訳ありませんm(__)m。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 03月 14日 06時 31分 20秒

管理人でーす。
ああ、またこんな時間だよ。
いろんな人のMYSCONレポート読んでると
時間があっという間にすぎちゃいますね(^^;


政宗九 さん

>MYSCONお疲れ様でした。
いやあ、政宗さんこそ、遠路はるばるお疲れ様でした。
しかし私もお会いするなり「なるほど、濃い!」は
ないですね(^^;>失礼致しました。

>そのカリスマオークショニア振りを堪能させていただいただけでも、
>あそこに行った目的の大半は果たせたようなものです。
あっはっは、お世辞でもそう言って頂けると嬉しいです(^^)

>ちゃんとしたお話があまり出来ず残念でしたが……
そうですね。ちょっと企画を追っかけるので精一杯でした。
明方のまったりタイムでは死んでいたし(−−;>

>またよろしくお願いしたいところですね。
こちらこそです(^^)v


とも さん

>MYSCONお疲れさまでした。
いえいえ、ともさんも「老ミス」企画お疲れ様でした。
各所のレポートを見ても、あの時のともさんのお答えに
感銘を受けた人ばかりのようですね(^−^)

>kashibaさんのオークションは本当に見事ですね。
>紡ぎだされる言葉によって本の輝きが増していくのがよく分かりました。
照れまんがな(^0^;>
聖闘志星矢のポセイドン編みたいだな(^×^;>

>また、朝市でのモイーズは大切に読ませていただきます。
どもども。「死の会議録」でしたっけ?(覚えてない)
モイーズは、外れの少ない作家だと思いますので、楽しんでください。

>血風少女ですが、家に帰ったら本棚ができていて、
>さらに絵本が増殖しておりました。
きゃー(^0^:

>kashibaさんに貰っていただいたことで、
これってもの凄く「危ない」表現ですよ、お父さん(爆)

>今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
こちらこそです(^−^)


キバヤシ@ザ・ワールド さん

>kashibaさんの活躍を見ていると、無尽蔵のスタミナですね。
>マックイーン級ですよ。
おーっほっほ、
マックイーンは、明方に居眠りしたりしないでしょう(^0^;

>でも、レスつけも大変そうなので無理しないで下さいね。
まあ、出来る限りやってみます。現にとりあえず出来てますから(^^)

>次回MYSCONまでには何とか己のスキルを上げとき
>たいものですが。
なんのスキル?せり?(^^;>

>「島」ボアロー、ナルスジャック(ポケミス)
>「グレイ・フラノの屍衣」ヘンリイ・スレッサー(ポケミス)
>「黒は死の装い」ジョナサン・ラティマー(ポケミス)
>「泣きねいり」ドロレス・ヒッチェンズ(ポケミス)
>「Gストリングのハニー」G・G・フィックリング(ポケミス)
>「グルーバー 殺しの名曲5連弾」各務三郎・編(講談社文庫)
おお、とばすとばす<(^0^)o

>それにしてもこのポケミス、あのBCなら一体何冊買えるだろうか。
2冊、かな?(^^;>

>うれしいぞ。「午後の死」見つからないですよねえ。
実は、朝市で2冊売りました(^0^)/(ちょっと、自慢)

>他にも良い店をちらほらと発見。月末に再襲撃予定。
「各員迎撃態勢に入れ!!これは演習ではない。」


川口且真 さん

>本当にkashibaさんの話芸は人間国宝級。
うーん、文化功労賞にも届きませんぜ。
お笑いスター誕生にも届かんか(^^;>

>私は本を持つことや読むことよりも、話芸のできることに憧れるのです)。
あっはっは、まあ人それぞれですから(^0^;

>カウンター壊れているようですね(涙)。
うーん、これで5回目かな。でも前回の故障で、直し方を
マスターしたので直ぐに復旧しました(^^)v


とんぺー さん

>kashibaさん、オークションお疲れ様でした。
いえいえ、あれだけのために「すたっふ」に囲われたのですから(^^;

>まさに「打てば響く」というような会話は
だよねえーー(^^)

>私も全く企画に参加しないでしまったことをちょっと反省しています。
そうですね。私も、もっといろいろな人とお話したかったなあ。
ちょっと人見知りするところがあるもので・・(<そこ、石投げない)

>西部古書会館へ行き、『絶命詞』(天藤真)をゲット。
>ちゃんと売れ残ってましたあ(^^)。私のM1だったのでやや高目でも関係なし。天藤真コンプリートです。
おめでとうございまーーす。
コンプリートばんざーーい。とんべーさん、ばんざーい。
\(^0^)/\(^0^)/\(^0^)/\(^0^)/

>ポケミスがほぼ500円均一の店にたどり着きました。
>『ハムレット復讐せよ』マイクル・イネス
きゃー、これが500円??

>『シェーン』J・シェーファー
こりはポケミスではありません(^^)b

>『ギデオンの一日』J・J・マリック
>『ギデオンと放火魔』〃
>『ギデオン警視と暗殺者』〃
>『殺人鬼登場』ヘンリイ・スレッサー
>『引き潮の魔女』J・D・カー
>『眠りと死は兄弟』ピーター・ディキンスン
>『悪の断面』ニコラス・ブレイク
>『死はいった、おそらく・・・』ボアロー、ナルスジャック
>MYSCON徹夜明け血風な一日でした。
あ、立派立派(^0^)
「血風を認定致します(^^)」


よしだ まさし さん

>ひとつ判明した事実があります。
>ふっふっふ、名探偵の鋭い推理より、基本に帰った地道な捜査が実を結ぶと
>いうよき事例でありますな。
「フレンチ警部とネット・サーファー」「電網の城」ってか?


松本真人 さん

>掲示板でしか知らなかった強者の方々とお話できて、
>最高に楽しかったです。
本当、ナイスな巨大オフ会でした(^^)b

>みなさんイヤな顔をせず、お相手していただき、
>ありがとうございました。
まあ、オフ会ですから(^^;>

>kashibaさんは想像どおり、懐の深そうな方でした。
わっはっは、でも底は浅いぞおお\(^0^)/

>オークショニアぶりも「おみごと!」のひと言。
ありがとうございまする。

>次の機会には是非たっぷりと。
了解です。

>しかし、みなさん、ほんとに古本が好きですねー。そして、深い。
えーっとね、きっと「本」が好きなんですよ。

>けだし、名言? しかし、すごいバースデー・プレゼントですなぁ(笑)。
30何人の古本マニアが取り囲んで「はっぴばーすでー、つぅー、ゆー」を
歌うみたいな(^0^)>

>「あの可愛かった」ってとこが、なんだか、私がSF研でよしださんの
>お稚児さんだったみたいだなー(笑)。「うりゃあー、SF者の烙印を押して
>やるー。『宇宙人フライデイ』か『不老不死の血』をあげるから我慢しなさい」
>「そ、そんな」ジュー(焼きゴテで肉の焦げる音)…みたいな。
そうか、そうだったのか!(・_・)(<真顔で言うな)

>kashibaさんにも、「いつも刈り上げてるんですか?」
>と真顔で訊かれた)。
だってえ、へんしゅうーさんって、もっと長髪系かなああ
って思ってたものですから(^^;>

>要するに、やるこたぁ変わってねぇっ!!
よ!男の子!!


青木みや さん

>初めて書き込みさせていただいきます
いらっしゃいまし(^−^)

>(つーか最初で最後かも。薄い人なので)。
まあ、そーいわんと。

>MZT氏から預かった本をお渡ししたはいいけど、
>ちゃんとご挨拶してませんでした。
どもどもお世話になりましたです。
改めて振り返ると、結構ダサコニストもいらしゃいましたね。
また、SF系のオフでもあれば、声かけてください。
隅の方でおとなしくしていると思いますが(^^;

>「世紀末古本血風録」はいつも楽しみにしています。
>今後もよろしくおねがいします。
ありがとう、ございます。こちらこそ宜しくです。
(実は、ついこの間まで青木さんのサイト名を
「Live and Let Diet」だと思ってた失礼な奴は私です)


やよい さん

>(無認可)オークショニア、お疲れさまでした。私の本たちも
>喜んで買われていったようで幸いです。
なによりでございますのう(^0^)>
里親の気持ちというか。

>事前の傾向と対策が全く役にたたない状況でした。
>意外なものが最後まで残ってしまいましたもの。
うんうん、そんな感じではありましたね。
(おそらく脳裏には全く別のものを想定していると
思いますが:(^^;>)

>ところで、ちゃんと電車乗り過ごさずに帰れましたか?
危なかったっす(^0^;
あれから、ビール1本飲んだものですから、なおさらの事。

>私は古本屋が開くまでの時間潰しを兼ねた
うわああ、人間廃業(^0^;

>それにしても世間は狭いものです。これで、これまで隠してきた
>過去のアレコレがばれてしまいそうです…。
では、早速、銀河の方に通信を送ってみましょう(^^)
「べんとらー、べんとらー、やよいさんの旧悪を
教えて下さい」


黒白 さん

>オークションの司会、ご苦労様でした。
うっす!!(^0^)q

>途中でちょっとやばそうなことを言ったオレを許してください。
>本当に不注意でした。
あっはっは、あれは口がすべっちゃいましたね(^−^)>

>今回のオークションは自分にとっては90点の出来、
>なかなか入手できない本を手に入れることが出来ました。
いやあ、気合入ってたもん(^^)
「勝つべくして勝つ」って感じでした(^0^)

>ちなみに「13日の日曜日」に誘ったのは、オレじゃなくて
>女の子のほうなんですわ
おお、驚天動地の大どんでん返し!!(^0^)/
それにしても、デートが「日曜日」だったのかな(^^)

>中学2年のオレには結構ショックでしたぜ。
13金が?それとも、13歳の別れが?


えぐちようすけ さん

>先週末から、古本以外でへとへとです。ひーひー。
おつかれーー(^0^)

>「日本SFこてん古典2」(横田順彌・集英社文庫)150円
これは安い(^^)

>土曜日は送別ゴルフ。朝5時起き。しかも雨。体中が痛くて死にそう。
何が辛いって雨中ゴルフほど辛いものはないですね(^^;
って、ゴルフはそもそもやらないのですが(^0^)>

>これが近来稀に見る空振り(>_<)。のうえに、
>最寄駅間違えて、1時間以上もウロウロ(T_T)。
きゃーーー(^0^;>
それはご愁傷様でした(^^;

>「猫転伯爵、都へ行く」(森奈津子・双葉ファンタジーNV)100円
>これが1日の成果とは・・。とほほ。
これ持ってないから、羨ましいぞ(^^)

>帰り道に梅田の古書店を覗いていたら、くりさんにひょっこり出会う。
会うかなあ、普通(^^;>
とりあえずお疲れ様でした。


よしだ まさし さん

>古本者だけが一ヶ所に集まって企画に参加しない姿というものは、
>非常に目障りだったのではないかと懸念もしているわけなのであります。
あっはっは、ニフティのオフでもその傾向はありますよね。

>思いっきり古本の話のできる人が集まる機会って、僕にとって
>そうはないので、MYSCONはそういう貴重な機会でもあったのです。
あ、そうか、いつも古本市の初日にいけるわけじゃない
ですもんね、お互い(^0^;

>ところが今朝、全体企画で一緒のグループとなっていた
>若い女性から「とても楽しかったです」というメールを
>いただきましてね(へっへっへ)。
この果報者めーーーー!!!(^0^;/

>もっともっと若い人たちと本の話をするぞって、
>すっかり方針を変更しております(^^;
この軟弱者めーーーー!!!(^0^;/

>けっこう分厚い文庫の短編集でした。
あ、これで判ります。
創元推理文庫の「招かれざる客たちのビュッフェ」ですね(^^;
確かに、本格ミステリ最強の短編集の一つです。
趣味いいぞ、貫井さん!

ではでは

政宗九 さん (masa-q@geocities.co.jp) 2000年 03月 14日 03時 49分 29秒
URL:http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Vega/2369/index.html

MYSCONお疲れ様でした。
kashibaさんにお目にかかれて、そのカリスマオークショニア振りを堪能させていただいただけでも、
あそこに行った目的の大半は果たせたようなものです。
ちゃんとしたお話があまり出来ず残念でしたが……
またよろしくお願いしたいところですね。

とも さん (tomo@uranus.interq.or.jp) 2000年 03月 14日 03時 23分 39秒
URL:http://www.interq.or.jp/uranus/tomo/

MYSCONお疲れさまでした。
kashibaさんのオークションは本当に見事ですね。
紡ぎだされる言葉によって本の輝きが増していくのがよく分かりました。
記念に1冊だけ手に入れることができました。
(『黒いトランク』…)
また、朝市でのモイーズは大切に読ませていただきます。
血風少女ですが、家に帰ったら本棚ができていて、
さらに絵本が増殖しておりました。
kashibaさんに貰っていただいたことで、さっそくご利益があったようです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

キバヤシ@ザ・ワールド さん (jojo@fureai.or.jp) 2000年 03月 14日 02時 52分 51秒

MYSCONのレポートを読むためサーフィンしてると
読書不能になる。それにしてもkashibaさんの活躍を見て
いると、無尽蔵のスタミナですね。マックイーン級ですよ。でも、
レスつけも大変そうなので無理しないで下さいね。
次回MYSCONまでには何とか己のスキルを上げとき
たいものですが。

とんぺーさんも行ってたんですねえ、あのお店。
うーん「シェーン」はよしださんが読んでいた本だったかなあ??
「死はいった、おそらく・・・」は見た時無かったはずなんだが・・・むう。
「島」ボアロー、ナルスジャック(ポケミス)
「すりかわった女」ボアロー、ナルスジャック(ポケミス)
「グレイ・フラノの屍衣」ヘンリイ・スレッサー(ポケミス)
「黒は死の装い」ジョナサン・ラティマー(ポケミス)
「泣きねいり」ドロレス・ヒッチェンズ(ポケミス)
「死は熱いのがお好き」エドガー・ボックス(ポケミス)
「ハニー誘拐事件を追う」G・G・フィックリング(ポケミス)
「ハニーよ銃をとれ」G・G・フィックリング(ポケミス)
「Gストリングのハニー」G・G・フィックリング(ポケミス)
d「ニューヨークの野蛮人」ノエル・クラッド(ポケミス)
d「午後の死」シェリイ・スミス(ポケミス)
「甦える旋律」フレデリック・ダール(文春文庫)
「グルーバー 殺しの名曲5連弾」各務三郎・編(講談社文庫)
「鉄の花を挿す者」森雅裕(講談社・帯)
「午後の死」から下は違う店。それにしてもこのポケミス、あのBC
なら一体何冊買えるだろうか。うれしいぞ。「午後の死」
見つからないですよねえ。読むだけならミステリマガジン
でも読めますが。でこれは松本さん用。ノエル・クラッドは以前早見さん
が探していたような気がしたので購入。まだ御入用でしょうか?
他にも良い店をちらほらと発見。月末に再襲撃予定。

川口且真 さん (shiraumeken@excite.co.jp) 2000年 03月 14日 02時 48分 01秒
URL:http://www3.wind.ne.jp/kobashin/cgi-bin/nagaya/nagaya.cgi?room=030

MYSCON、お疲れ様でした。
本当にkashibaさんの話芸は人間国宝級。全体企画の発表者&司会者も鮮やかで、本当に羨ましい(私は本を持つことや読むことよりも、話芸のできることに憧れるのです)。

で、オークション司会でまたまたkashiba人気が急増したためか、カウンター壊れているようですね(涙)。

私信
よしださん、私は『新宝島』持ってないです。
(ついでに言えば、フクさん払い下げジャンケン棄権したのは、持ってないのがこれ一冊だったということをお忘れないきよう願います)(^o^)

とんぺー さん 2000年 03月 14日 02時 03分 38秒

kashibaさん、オークションお疲れ様でした。
そして、いわゆる「古本部屋」でお相手していただいた皆様ありがとうございました。
うすい私としては皆様の会話に付いて行くのが困難だったのですが、まさに「打てば響く」というような会話は聞いているだけでも楽しかったです。
私も全く企画に参加しないでしまったことをちょっと反省しています。

さて、MYSCON閉会後に夜まで眠らずに起きているために古本屋まわりをした収穫を報告します。
まずは前日の情報を元に西部古書会館へ行き、『絶命詞』(天藤真)をゲット。
ちゃんと売れ残ってましたあ(^^)。私のM1だったのでやや高目でも関係なし。天藤真コンプリートです。
情報をくださった方々ありがとうございました。

その後嬉しさのあまりウロウロしていたところ初版ポケミスがほぼ500円均一の店にたどり着きました。
知識が無いのでどれを買うべきか迷ってしまったのですが結局有名そうな物を選んで購入。

『矢の家』A・E・メースン
『医者よ自分を癒せ』イーデン・フィルポッツ
『ハムレット復讐せよ』マイクル・イネス
『シェーン』J・シェーファー
『ギデオンの一日』J・J・マリック
『ギデオンと放火魔』〃
『ギデオン警視と暗殺者』〃
『殺人鬼登場』ヘンリイ・スレッサー
『引き潮の魔女』J・D・カー
『眠りと死は兄弟』ピーター・ディキンスン
『悪の断面』ニコラス・ブレイク
『死はいった、おそらく・・・』ボアロー、ナルスジャック
『素晴らしき愚か娘』C・エクスブライヤ
『火の玉イモジェーヌ』〃
『ハニー誘拐事件を追う』G・G・フィックリング
『読後焼却のこと』ヘレン・マクロイ

ほとんどが初版で、鉛筆書きで2000とか4500と書いてあったり、神保町ブックセンターの値札の切れ端が見えてたりするのですが、それでも価格はなぜか500円。
MYSCON徹夜明け血風な一日でした。

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 03月 14日 01時 05分 34秒

MYSCONで出会った人たちのサイトをあちこち覗きにいって楽しんでいるよしだです。で、ひとつ判明した事実があります。喜国さんが
>> 仕事が終わらず、初日朝に行けなかった彩の国に行ってきました。
>>雑誌幻影城が1冊400円で並んでいたので、抜けてる巻を6冊買いました。
>>スペースがボッコリ空いていたので「朝に来ていたら揃ったかも」と思うと
>>ちょっぴり残念。
と書いてますけど、どうやらその犯人はMYSCONスタッフの内藤さんのようです。内藤さんのHPの日記にしっかりと彩の国古本市で「幻影城」を何冊か買ったという記述が出てくるのであります。
ふっふっふ、名探偵の鋭い推理より、基本に帰った地道な捜査が実を結ぶというよき事例でありますな。

松本真人 さん (masato_m@d7.dion.ne.jp) 2000年 03月 14日 00時 48分 06秒

MYSCONに参加したみなさん、お疲れ様でした。kashibaさん、彩古さん、石井さん、喜国さん、黒白さん、川口さん、惣坂さん、土田さん、成田さん、とんぺーさん…掲示板でしか知らなかった強者の方々とお話できて、最高に楽しかったです。私は順応力があるというか、図々しい質なので、初対面の方とも平気で話していたのですが、みなさんイヤな顔をせず、お相手していただき、ありがとうございました。kashibaさんは想像どおり、懐の深そうな方でした。オークショニアぶりも「おみごと!」のひと言。kashibanさんは企画にきちんと参加されていたので(しなかった私、反省)、あまりお話できませんでしたが、次の機会には是非たっぷりと。しかし、みなさん、ほんとに古本が好きですねー。そして、深い。どんな話題が出ても、必ずレスポンスが返ってきますから。薄い私はついていくのが精一杯でした。もっと勉強せねば〜。MYSCON終了後に行ったマックにも、ほんとはずーっといたかったのですが、しぶしぶ帰宅。嫁さんに「楽しかった?」と聞かれ、「うん、すごく!」と答えたら、「よかったね。じゃ、それが誕生日プレゼントだね」。けだし、名言? しかし、すごいバースデー・プレゼントですなぁ(笑)。
よしださん
>あの可愛かった松本くんが、あの好青年がすっかり「おやぢ」になってるぅ(涙)。ああ、時の流れのなんと残酷なことか。
「あの可愛かった」ってとこが、なんだか、私がSF研でよしださんのお稚児さんだったみたいだなー(笑)。「うりゃあー、SF者の烙印を押してやるー。『宇宙人フライデイ』か『不老不死の血』をあげるから我慢しなさい」「そ、そんな」ジュー(焼きゴテで肉の焦げる音)…みたいな。ま、前髪たらしていた私も、生え際が後退するのをごまかしてクルーカットですから、しようがないですね(kashibaさんにも、「いつも刈り上げてるんですか?」と真顔で訊かれた)。よしださんと最前列に陣取り、オークションでせってると、なんだか、SF研の夏合宿やSF大会のころにタイムスリップしたみたいでした。要するに、
やるこたぁ変わってねぇっ!!

青木みや さん (live@sam.hi-ho.ne.jp) 2000年 03月 14日 00時 18分 13秒
URL:http://member.nifty.ne.jp/live/

初めて書き込みさせていただいきます(つーか最初で最後かも。薄い人なので)。
MZT氏から預かった本をお渡ししたはいいけど、ちゃんとご挨拶してませんでした。

「世紀末古本血風録」はいつも楽しみにしています。
今後もよろしくおねがいします。

やよい さん 2000年 03月 13日 23時 31分 19秒

Kashibaさん
(無認可)オークショニア、お疲れさまでした。私の本たちも喜んで買われていったようで幸いです。でも、朝市にせよオークションにせよ、事前の傾向と対策が全く役にたたない状況でした。意外なものが最後まで残ってしまいましたもの。

ところで、ちゃんと電車乗り過ごさずに帰れましたか?
私は古本屋が開くまでの時間潰しを兼ねたお茶会に参加してミステリ談義の延長戦を行って帰宅しました。それにしても世間は狭いものです。これで、これまで隠してきた過去のアレコレがばれてしまいそうです…。

では

黒白 さん (bwsepia@mb.infoweb.ne.jp) 2000年 03月 13日 23時 12分 16秒
URL:http://homepage1.nifty.com/kokubyaku/index.htm

kashiba様
 オークションの司会、ご苦労様でした。
 途中でちょっとやばそうなことを言ったオレを許してください。本当に不注意でした。

 それにしても、今回のオークションは自分にとっては90点の出来、なかなか入手できない本を手に入れることが出来ました。出品者の方々も、この掲示版を見ている方々がたくさんいると思いますので場を借りてお礼を。どうもありがとうございました。

>よしだまさし 様
 なんだか今回の発言ではオレの記事が多くないっすか(笑)。ちなみに「13日の日曜日」に誘ったのは、オレじゃなくて女の子のほうなんですわ(ちなみに、半年付き合って破局が来たけれど・笑)。中学2年のオレには結構ショックでしたぜ。
 ではでは


 

えぐちようすけ さん (EZW03345@nifty.ne.jp) 2000年 03月 13日 14時 20分 04秒

先週末から、古本以外でへとへとです。ひーひー。
金曜日は神戸出張。メトロ古書街定期観測。

「日本SFこてん古典2」(横田順彌・集英社文庫)150円
「快男児押川春浪」(横田順彌=会津信吾・徳間文庫)150円
「姿なき謀殺者」(鷹見緋沙子・徳間NV)100円
「江戸川乱歩99の謎」(仁賀克雄監修・二見文庫)150円

それから会議→飲み会でへろへろ。
帰宅するとおーかわさんから本届く。
「闇の謝肉祭」(友成純一・大陸NV)交換
「ジャック・ザ・リッパー」(友成純一・JICC)交換

土曜日は送別ゴルフ。朝5時起き。しかも雨。体中が痛くて死にそう。
にもかかわらず、日曜日はブックオフ新規開拓。これが近来稀に見る空振り(>_<)。のうえに、最寄駅間違えて、1時間以上もウロウロ(T_T)。

「奥鬼怒密室村の惨劇」(梶龍雄・講談社NV)100円
「魔界住人」(宮崎惇・大陸文庫)250円
「猫転伯爵、都へ行く」(森奈津子・双葉ファンタジーNV)100円

これが1日の成果とは・・。とほほ。
帰り道に梅田の古書店を覗いていたら、くりさんにひょっこり出会う。済みませんでした愛想なしでm(__)m。あの時へろへろ状態だったもんで(^_^;)。

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 03月 13日 13時 14分 43秒

フクさん
>>>「次回からは古本関連のイベントはなしにしましょう」
>>あれだけの本をスタッフながら競り落とす私がそんなこと言う
>>と思います?

おありがとうございます(笑)。でも、古本者だけが一ヶ所に集まって企画に参加しない姿というものは、非常に目障りだったのではないかと懸念もしているわけなのであります。kashibaさんが日記に書いている「折角のMYSCON、いつものメンバーとは別の人と話しをせねば」という思いは間違いなくありました。「カフェ白梅軒」に川口さんが書いているけれど、「古本マニアの話はとても楽しく、ぬるま湯のように居心地良かったです。でもその反面、いや比例してというべきか、若い方々との交流はまったく図れず、残念かつ反省です。」という反省もありますです。

でもね、思いっきり古本の話のできる人が集まる機会って、僕にとってそうはないので、MYSCONはそういう貴重な機会でもあったのです。もっと頻繁にそういう人たちと会って話をしていれば、「今日は別の若い人たちと話をしよう」って気にもなったと思うんですけどね。ですから、反省しつつも大目に見て欲しいという、そういう微妙な気持ちでいるのですよ。

ところが今朝、全体企画で一緒のグループとなっていた若い女性から「とても楽しかったです」というメールをいただきましてね(へっへっへ)。仲のよさそうな人をバラバラにしたグループでの企画をやってくれたおかげであります。次回はもっともっと若い人たちと本の話をするぞって、すっかり方針を変更しております(^^;
というわけで、次回もよろしく。

kashibaさん
>>>でも、貫井さんのお勧めぶりがあまりにも強烈だったので、
>>>たぶんいずれ自分でも買ってくることでしょう。
>>あれれ、簡単に買える本なの?「ジェゼベルの死」あたり?

オマヌケなことに書名を失念してしまいました。けっこう分厚い文庫の短編集でした。書店に行けばわかるだろうって、けっこう単純に考えていたんですけど。なんでしたっけ>貫井さん?


kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 03月 13日 05時 58分 32秒

えー、MYSCON明けの管理人です。
では本日からは通常モードで(^^)

フク さん

やーやー、どーも、大役お疲れ様でしたあ(^0^)

>>「次回からは古本関連のイベントはなしにしましょう」
>あれだけの本をスタッフながら競り落とす私がそんなこと言う
>と思います?
思いません(・_・)b

>お祭りには憑物(ありゃ)付き物ということで。
座布団1枚!!

>朝市のやり方は次回以降再考の余地ありますが。出品者の方
>が買えませんものね)
なるほど。まあ、出品者の宿命だとは思いますが(^^;>

>kashibaさん、いつもながらありがとうございました。
いえいえ、名ばかりのスタッフですみませんでした。


よしだ まさし さん

>ううっ、疲れたよお。今日はヘロヘロになってMYSCONから帰り、
>死んだように眠っておりました。
お疲れ様でしたああ。わしも爆睡につぐ爆睡でした(^^;

>古本なおじさんたちは「自主企画」と称して空き部屋に集い、
>ひたすら古本の話をしていただけなんですけどね。
>こんなんだから古本系のおじさんたちは浮いてしまうのだけれど。
あっはっは。日記にも書きましたが、あそこに入ってしまうと
「いつもと一緒」なので、失礼させて頂きました(^^)

>というわけで、MYSCONのレポートであります。
うーん、これが掲示板で消えるのは惜しいなあ。MYSCON参加者の
レポートリンクが貼りやすいように、ホムペ本文中にうつしちゃおうかな?

>黒白さんは署名入り『大笑い殺人事件』とかいう本を入手して
>悦に入っている。さすがは黒白さんだ。
んだんだ(^0^)

>安藤書店の前にたむろしているとき、石井さんの携帯電話に
>森さんから電話が入る。「いま、安藤書店の前にいるでしょ」。
うーん、これは怖い(^^;

>が、黒白さんはメモを片手に宝石のバックナンバーのチェックに余念がない。
さあすがあ。まあ、滅多にこれない早稲田だもんね(^^)

>すると、ふと気がつけば隣のテーブルにいるのが森さんたちではないか(笑)
もう!完全に一心同体状態ですのう。

>黒白さんは初めて女性と見に行った映画が「13日の金曜日」であると発言。
>うーん、女性を誘うのにふさわしい映画じゃないと思うぞ。
確かに。気分が盛り上がるとジェイソン出てきそうだもんなあ。

>黒白さんは店に入るなり「すげえ、すげえ、すげえよお」と
>うわごとのように「すげえ」を連発。たしかにこの店の品揃えは半端じゃない。
うう、一度は行かねば(^^;

>ふと気がつけば本の山にうずもれたレジのコーナーに小柄な女性が
>いるではありませんか。あちゃあ。恥ずかしいぜ。
あるある。ちょー恥ずかしーっすね(^0^;

>黒白さんがカミュの『人生サーカス』を手に悩んでいるので、
>「いけえ、いっちゃえ!」と背中を押しまくる。
>やったね(なぜか人に高い本を買わせるのって楽しいよね)。
悪魔(−−;>

>あの可愛かった松本くんが、あの好青年がすっかり「おやぢ」に
>なってるぅ(涙)。ああ、時の流れのなんと残酷なことか。
>が、松本くんがこうまで変わっているってことは、こっちも
>かなり変わってるってことなんだよなあ。
では、松本さんからのカキコをお待ちしましょう(^−^)

>でも、貫井さんのお勧めぶりがあまりにも強烈だったので、
>たぶんいずれ自分でも買ってくることでしょう。
あれれ、簡単に買える本なの?「ジェゼベルの死」あたり?

>おじさんたちは例によって古本部屋に集い、延々と古本話。
>ほとんど隔離部屋だ(笑)
んだんだ。怖かったぞ。

>オークションでは、ひたすらカリスマオークショニストである
>kashibaさんの名調子による進行を満喫。うーん、これはすごい。
>オークションというものを芸術の高見にまで押し上げていると
>いっても過言ではあるまい。
過言です(^^;

>「難病持病相談」三橋一夫(ダイヤモンド社:初版)
>「続・日本の妙薬」三橋一夫(ルック社)
> 最初の2冊は言わずと知れたふしぎ小説の三橋一夫が山ほど書いた健康本。
>出品者は喜国さん。さすがにたくさんありすぎて、喜国さんも手を出すのを
>やめたらしい。
いやあ、この2冊の競りでは笑わせて頂きました<(^0^;

>オークション終了が午前4時45分。おおっ、およそ100冊の本を
>きっちり時間内に捌き終えているではないか。さすがはkashibaさんだ。
うーん、あと1時間は早く終りたかったんだけど、始まりが1時間
ずれ込むんだもんなあ(^^;

>「ポケット文春収集のスタートに最適な5冊セット200円!」なんて
>言っても誰も買ってくれないよな。
爆笑(^0^;

>「たったの100円でこんなに大きな本が買えるんだ。
>お客さん、あんたは本当にしあわせもんだ」なんて言っても、誰も
>リーダーズダイジェストの『世界推理小説傑作選』なんて買ってくれないよな。
あれは電話帳だもんねえ(^^;

>じゃんけん勝負にすべてをゆだねられたkashibaさん持ち込みの
>江戸川乱歩推理文庫の少年モノセット。最終的に勝利を得たのはフクさんで
>ありました。うーむ、MYSCONの準備で全精力を使い果たしているかと
>思いきや、最後の最後まで力強い。
そうだねえ(^^)>
まあ、良く働いたご褒美と思いましょう(^^)

>ところがこのセット、フクさんがすでに持っている本を抜いた
>残り9冊がkashibaさんの了承を得て再びじゃんけん勝負に
>ゆだねられることになり、今度はこの僕が勝利を得たのであった。
>結局新たに入手できたのは5冊なのでありました。
まあ、とりあえずよろしゅうございました(^^)

>なんとなく、あとは彼らにまかせておいて、俺たち隠居老人は
>好き勝手に古本話でもしてればそれで大丈夫、という感じ。
結局、それかよ!!(^0^;

>その若者たちとともにスタッフとして参加しているkashibaさんには、
>ある意味脱帽であります。わたしゃ、とてもじゃないけどあれほどの
>元気はありませんです。うーん、若いなあ>kashibaさん。
わし、なんにもしてないですねん。古本オークションだけ担当だったの。


仰天の騎士 さん

>ミスコン参加の皆様、どうですかあ?楽しかったですか?
思っていたよりも楽しかったですう(^−^)

>きっと多数の古本が飛び回っているんだろうなあ そう思うと、
>胸が痛む・・え−い、買いだしだああ(^o^)ノ
あっはっは。黒白さんのいない間に洗濯?

>50円
>『またたかない星』小泉喜美子 コバルト文庫>ダブリ
>これで5冊目かなあ、この本買うの。  
あ、贅沢な発言(^^;>

>100円
>『迷彩ある殺人』楳本捨三 春陽文庫S41/6/20第1刷
うおーーー、これを100円で拾うか(^^;>
1000円は下らない本ですぞよ。

>『バビロン行き一番列車 −3つのサスペンス』
>『かりそめの死 −三つのミステリ−』
>う、うれひいぞおお>わし(^o^)ノ
>久しぶりにガッツポ−ズをしてしまったぞ *^o^*
あああ、この2冊を100円でゲットだとおお(^^;
これは、ラッキーです。そりゃあガッツ・ポーズも
納得です。

>350円
>『マロリ−の神託』キャロル・オコンネル 竹書房文庫>交換用
これは、まだなんぼでも転がってますよお(^^;>

ではでは。

フク さん (fukuda@kyogoku.com) 2000年 03月 13日 01時 31分 54秒
URL:http://www.din.or.jp/~fukuda/

よしださん:
>「次回からは古本関連のイベントはなしにしましょう」
あれだけの本をスタッフながら競り落とす私がそんなこと言う
と思います?(笑)お祭りには憑物(ありゃ)付き物というこ
とで。(冊数と、朝市のやり方は次回以降再考の余地あります
が。出品者の方が買えませんものね)

他の方々も含めまして、わたしもこの掲示板で活躍されている?皆さまと
お会い出来て楽しかったです。今後ともMYSCON共々よろしくお願いします。
kashibaさん、いつもながらありがとうございました。

戻る