膳所善造 さん (MAG02672@nifty.ne.jp) 2000年 10月 03日 10時 36分 18秒

オン書き&私信ですみません。
くりさま。
本二冊無事届きました。うーん、大変綺麗な本ですね。ありがとうございます。
これで、M8(だとおもう、だといいな、であってくれ〜)。

kashibaさま
有り難う御座います。リストお送りいたしました。


Moriwaki さん (cuckoowk9.so-net.ne.jp) 2000年 10月 03日 08時 37分 42秒

kashibaさん。
「第八の地獄」は、プロローグとエピローグとの
甘い呼応が(本文は忘れているのに)忘れられません。

「永久の別れのためにC鯑匹澆泙靴拭」
クリスピンの新訳が1年で2作も読めるなんて夢のようです。
「白鳥の歌」に比べれば地味ですが、
文学的韜晦は相変わらずで、楽しめました。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 10月 03日 06時 29分 18秒

管理人です。メールに返信している閑がないので、
ここで、私信特集(^^;

膳所さん、了解。交換リストをお送りください。

須川さん、スケジュールは変更なしです。お客さんが一人増えます。
ネットの超有名人です。詳しくは、今夕メールにて。

よしださん、了解でーす。詳しくは今夕メールにて。

てつおさん、安心しました(^^;お代はいつでもいいっすよ。

ではでは。

あ、そうそう、
中村さん、EQFCの全国大会は、10月最後の土日の
筈ですう。まだ、時間配分が見えないので、辛いんすが。

とりあえず、そんなところで。オン書きゴメン。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 10月 03日 06時 19分 37秒

管理人です。尚も遅レスは続く。
ああ、新たな魔人も召喚されたというのに(^^;>
いらっしゃいませ!「古本まゆさん」!!


二階堂黎人 さん

>僕も1万円以下なら買いたいと思います。
古本者の矜持?(^^;>


Kalu さん

>大阪の方じゃ、この時間ではたいていの古本屋は閉まっているので、
まあ、こちらでもチェーン店しか開いてませんが(^^;

>週末に回ろうと思うと、限って雨だわ、
それそれ(^0^;

>宮下幻一郎「桃源郷は色ざかり」双葉新書 初 \100
>とりあえず目に付いたら買っておく作家になってしまった(^^ゞ。
まあ、Kaluさんの事だから読まれるので、安心。
通常の人なら積読間違いなし!
(<通常の人は、そもそも買わんか?)

>d中井英夫「暗い海辺のイカルスたち」潮出版社 初帯 \2,000
>手持ちが帯なしだったので。帯付きを探すこと数年だったのだけど、
ひええ(^^;
なんで、中井ファンって濃いんでしょ(^×^;

>そのマジック1である限定100部の「黒鳥譚」
>これについては10万までなら即購入するんだけど。
ひゃあああ(^。^;)ノ

>「ガードナー傑作選2」新人物往来社 初 \400
> ほお、こんな本だったのか。
ビニカバがいいでしょ(^^)b
「1」は、他で読めるからいいんだけど、こっちは、
ガードナーファン必携(^^)

>別役実「さばくの町のXたんてい」講談社 講談社の幼年創作童話 重 \100
>横田順彌編「呪われた翼」草土文化 初 \400
ふむふむ。またしても聞いた事もない本が(^^;
ジュニア向けも、ちゃんとチェックしてるではないですかあ

>戦前作家って、やはり旧仮名旧漢字で読みたいと思うたち
あたしゃあ、あれが苦手でねえ(^^;

>雑誌「獅子王」1987年2月号と4月号
>戸松淳矩の未単行化「隅田川幽霊グラフィティ」が読みたくて、
>掲載3冊をずっと探しているのだけど、
さあすがあ、判ってらしゃる!!

>ううう、他の人が元気なのに、レベルが低くて悲しいぞ(*_*)。
主宰者をご覧頂きたい!!!
ぷんすか!!

>土田さんより少ないことは間違いないです、きっぱり
>(ただ、土田さんの半分以上ではあるんだよねぇ(‥;))
「ちっちっち、おめえの古本買いは日本で2番だ」
まあ、読む方では「買い傑ドバット」さんの、4倍以上でしょうが(^×^;
「ザクとは違うのだよ、ザクとは」ぐふぐふ。

くり さん

>今日は雨なので古本屋廻りを断念した、くりでした。
古本と大リーグボール2号の共通点。
雨に弱い。直ぐに消える。なんか知らんが虫がとまる。


二階堂黎人 さん

>「あなたは魔術師」をお持ちします。
>ミステリー作家プラス手品本ということで、2倍の予算をかけました。
「ミステリでない」分は引かなかったのでショッカー?(^^)>


森 英俊 さん

>レビューのコーナーに意外な作家(この掲示板では
>そうでもないかも)の意外な作品を載せました。
>レビューアーも意外なかたですので、ご覧になってくださいまし。
意外でした(^0^)
なんといってもレビュアーが。
「女王様、レビュー!」じゃなくて「デビュー!」


仰天の騎士 さん

>kashibaさん、こんにちは(^o^)
仰天さん、こんにちは(^o^)

>「事件は会議室で起こってるんじゃない、古本屋で起こって
>るんだああああ」的収穫報告があがっておりますね。
踊る大古本市 ざ・むーびい。
古本は踊る、されど古本は進まず。どんと むーぶ。

>改造社版日本探偵小説全集「甲賀三郎集」大盛りラ−メン餃子円にて
>購入せり(^o^;;
>この全集8冊目かあ。別のとこに注文した2冊、当たってるかな?
M12!頑張れええ(^0^)ノ

>さて「大坂圭吉研究2」杉浦俊彦個人誌 ですが、小林文庫さんのHP
>の大阪圭吉研究の参考文献としてアップされております。
ご教授感謝(^^)

>活地獄>ボアゴベイ「大金の争ひ」
「争い」じゃなくて「争ひ」なのね(^^;
「ひ争の金大」という噂もなるなあ。

>「横溝をやる」
目指せ!「新青年」完集(^0^)ノ


越沼正 さん

>『コメディアン』の感想を小泉喜美子さんに送って、
>それから何冊か(死後も遺言で)本を贈られました。
ええ話やねえ(T0T)
遺言残してはったんですね(^^;

>インターネットを始める6月まではファンなんか私以外いないと
>思っていました。世界は広い!
今なお、増殖しているでしょう(^^;
みんなが煽るんだもん。


森 英俊 さん

>マウリ・サリオラの『ヘルシンキ事件』。
>実はこれ、なかなかよくできた北欧産パズラーなのです
北欧のペリー・メイスンとかいう奴ですね(^ー^)b

>数年前にカバーが行方不明になってしまい、
なんなんでしょう(^^;>
カバーだけ貸し出しされたのでしょうか?


よしだ まさし さん

>ちなみに、この「コメディアン」て、
>当時同居されていた内藤陳さんのことだったりします。
し、知らんだ(^^;
そーか、そーだったのかああ。

>部屋の中はひたすら本だらけになっていってね、壁も本だらけでね、
>床も本だらけでね、机の下も本だらけでね、
天井裏もだぞおお(^0^)ノ

>ここには反面教師がたくさんいるから、学ぶことは多いぞお(笑)
よし、僕も学ぶぞ!!
生涯学習だぞ!!
…だめ?(^^;>

>やったあ、これで宇宙船文庫はあと2冊だあ!
がんばれーp(^0^)ノ
集まったらまとめてヤフ・オフ送りだあ(^0^)


松本真人 さん

>田村の店頭100均を見たら、
>『NW−SF』の創刊号、4号、5号、6号があったので、
こ、こ、これは安い!安すぎるうううう!!

>昔はニュー・ウエーブは毛嫌いしてたけど、
>年くうと守備範囲が広くなるから、全然OKですぅ。
そうなんだよね(^^;
買う本が果てしなく増えていくんだよね。
でもって、うちの中は狭くなるんだよね。
ああ、欲しいぞ!すぺーす!「ないスペース」

>創刊号の刊行は30年も前だから、
>もはや、全然「ニュー」でもないしね(笑)。
「新派」?(^^;>
まあ、吉本新喜劇の「新」みたいなもんですのう(^0^)

>平岡正明の「風太郎の魔界」
ひゃああヽ(・0・)ノ
そんなキャリアがあったんですね。びっくり。


早見裕司 さん

>「都新聞芸能資料集成 大正編」、ネット上
>ついに買ってしまいました。1まーんえーん。
エライ!
大正さくらに吹く血風!

>えーん。これで、コバルトなら500冊買えると思うと……
>あ、やっぱりこの一冊のほうがいいかもしれない(笑)。
う、裏切りものーーーっ!!(^0^;ノ


二階堂黎人 さん

>URL:本格ミステリ作家クラブ
これ↑、気になるんですけどー(^^;>

>『あなたは魔術師/目で見る手品100選』G・マーリニ
>少し高めの入札をしておいたら、私の手に落ちてしまいました。
おめでとうございます(^^)

>こういう珍しい本が出るから、オークションも楽しいです
チェックが大変なのですけどね(^^;
99%はゴミだもんなあ。

ではでは

森 英俊 さん (mori@tcn-catv.ne.jp) 2000年 10月 03日 03時 29分 26秒
URL:http://www.tcn-catv.ne.jp/~mystery/top.html

 穴八幡で買った三橋本は『無敵坊ちゃん』でした。
「手裏剣娘」を併収していて、これは明朗スリラーっぽ
い感じです。同じ場所で買ったのが、偕成社版の『獣人
魔島』。ちょっと離れたところにあったのが、角川文庫
の『横溝正史読本』(黒背)。しめて\1,000だったので
めちゃうれしかったです。境内にあまりよさそうなもの
がなかったので、最初は下に行こうかどうしようか迷っ
たのですが(下にはポケミスの絶版本が並んでいたらし
い)、結局、黒っぽい本が見えたところを見てからにす
ることにしたら、そこに最初に2冊は並んでました。
 その前の日は、しょぼいブックオフのあとにちょっと
遠出して、なかなかの収穫。ずいぶんと昔からの知り合
いの店の店頭で、まず桑山善之助の『彫金師の娘』を発
見(帯付き、\200)。その近くの、70年間古本屋をやっ
ているというおばあさんの店にあったのが、宮野村子の
『伝説の里』。ただし、上巻だけでカバーなし。エニッ
ド・ブライトンの<五人と一ぴきシリーズ>(NHKで
ドラマ化されたことあり)にも、やっと遭遇。最後のほ
うに行った漫画主体の店には、棚本に、なんと日本パブ
リッシングのロバート・アーサ?が3冊、並んでいまし
た。

くり さん (kunny-k@sb.starcat.ne.jp) 2000年 10月 03日 00時 08分 09秒

そうか、さしものてつおさんもあれだけ突っ張られてしまっては退かれますか・・・・。とにかく予想通りスゴイ金額になりましたね、『幽霊の2/3』は。いやはや、言葉にならないですね・・・・。自分のダブリ分の『幽霊の2/3』をヤフオクに出品してみようかなってちょっと不埒な考えを起こしてしまったくりでした。

石井春生 さん (caa64071@pop06.odn.ne.jp) 2000年 10月 02日 22時 20分 49秒

Kashibaさま
>「おお!もしやオークション処女!」
>「うーん、処女オークションだと怪しすぎ」
実は私、NETのオークションで本の売買をしたことは一度もありません。まあ、単に
発送とか諸々の作業が面倒だからだけなんですが(^^;) 
こんな私ですが、万が一、Yahoo!のオークションに参入したら、自己PRを
「はじめてなんですぅ。優しくして下さいね(^o^)」にしようかなと目論んでいます。
ふふふ、これで売上げ倍増さっ(^o^) と思いきや、入札が全然なかったりして(__;)

ところで、これだけではなんですので、前にお約束していた新宿警察の収録作の一覧を。
新宿警察 報知新聞社 S43
「新宿警察」「当然の復讐」「復讐の論理」「欲望火山」「若い刑事」「赤い目」
「真夏の誘拐」「愚連隊純情派」「深紅の男」「前夜」「冷たい海」
ちなみに、この本でしたっけ?? 違っていたら、ごめんなさいねm(_ _)m

ねた切れ中3 さん (and41357@nifty.com) 2000年 10月 02日 15時 54分 35秒

みなさんどうもありがとうございます。

古本まゆ さん (mayu2@sb.starcat.ne.jp) 2000年 10月 02日 14時 23分 10秒

中三さん
 教養文庫の香山滋というと、「香山滋傑作選」の三冊で
すね。もし初版ですと結構な値がつきますので、500円
なら充分美味しい値段です。
 しかし、絶版文庫より、割と古本の相場の安い「別冊宝
石」でも探求した方が伴大矩の翻訳ものとか、マイナー過
ぎてその後出版されない推理小説とか、宝の山だと思った
りする。

松本真人 さん 2000年 10月 02日 11時 09分 18秒

MZTさま
ダサコン・オークション、どうもお疲れ様でした。

『宇宙嵐のかなた』の帯つきは、私も持っています。すぐ出てこないので、
帯の記述はうろ覚えなのですが、これに帯がついていたのは、ハヤカワSF
文庫の第1回配本だからだと思います。したがって、すべてのハヤカワSF
文庫には帯があるということにはなりません。

MZT さん (tmizo@dh.catv.ne.jp) 2000年 10月 02日 10時 09分 26秒

ご無沙汰しています、MZTです。

>「宇宙嵐のかなた」Vヴォークト(早川SF文庫:初版・帯!)

の帯の記述が気になります。ヴォークトのこの本は通し番号一桁台
なので、すべてのハヤカワSF文庫には帯があるという可能性がかな
り強くなってきました。うーむ。

ダサコン4のオークション不手際があったかもしれませんが、
名オークショナー樫葉さんのようになれる日を待ち望んで
頑張ってみたいと思います。出品ありがとうございました>
彩古さん&松本真人さん。

ダサコン4では大光社のシリーズが1冊前進したのと、クルンパの悲劇を
落札できたことが最大の収穫でしょうか。

ではでは。

早見裕司 さん (hayami@hayami.net) 2000年 10月 02日 02時 25分 34秒
URL:http://www.hayami.net/

>中3さん

古書の価格としてどうかは別として、「奇跡のお茶事件」は、持っていて損
のない本です。チャータリスは、古典を読むのなら、読んでおいたほうがい
いと思います。

>きばやしさん

「悪霊なんかこわくない」は、うらやましいなあ。ここだけ欠けているんで
す。

いわい さん (iy-iwai@ra2.so-net.ne.jp) 2000年 10月 02日 01時 18分 48秒

 少々出遅れて、午後に早稲田へ行ってきました。
 買ったのは赤木かん子と推理小説研究(プレミア価)。
 後者に挟んであったのがとんでもない物!良いのだろう
か。でも嬉しい!「日本推理作家協会会報」1部。第三十
四回協会賞決定との事で受賞の言葉と選評のみですが(^^)。
西村京太郎、仁木悦子、連城三紀彦、中薗英助が受賞。こ
の回の長編候補作は「紳士同盟」「代言人落合源太郎の推
理」「火刑の女」「絃の聖域」だったんですねぇ。
 余勢を買って新規開拓で数軒。
『世界スパイ小説傑作選1』丸谷才一編 講談社文庫
『八十日間世界一周』ヴェルヌ 集英社ヴェルヌ全集
『石井好子と水森亜土の料理の絵本 卵とわたし』角川文庫
 このあたりは、つい。
d『シャーロック・ホームズのライヴァルたち1』早川文庫
 未見ですが、復刊されたんですよね。途端にこれだ。初
版hマークで希望の方っているでしょうか。
『殺人者レールをいく』辻真先 JTB(新書サイズ) 1990.04
 サブタイトルは鉄道ミステリー紀行なんですが、これが
自作の創作楽屋話みたい。鉄道乗車記録なんでしょうが、
これは使えそうとか(笑)
『探偵実話 s29年9月号(奥付発行は8月)』
 「赤い密室」中川透(鮎川哲也)「白鬼屋敷」鉄仮面、
と乱歩還暦記念特集など。鉄仮面は、連載1回目で作者当
ての懸賞付き。ヒント1は探偵小説家であるという物。還
暦記念は水谷準と白石潔のエッセイと乱歩の「処女作まで
」と「二銭銅貨」。宝石とはえらい違い(^^)

 Kaluさまが、獅子王にまで。驚きました(^^)

SPOOKY さん (spooky@parkcity.ne.jp) 2000年 10月 02日 01時 16分 32秒

中村さん
ご本人のサイトで確認してきました。間違いなく未読王さんです。なるほど、「頼まれて買ってるんです」とおっしゃってたのはそういう意味だったのか。ずっと「早くその棚オレに見せろ」的な視線を送っていたんで、さぞかし鬱陶しく思われただろうな……。

松本真人 さん (masato_m@d7.dion.ne.jp) 2000年 10月 02日 01時 09分 05秒

中3ならぬ中年から質問でーす。今日、ブックオフで、鶴書房ミステリ・ベストセラーズの『耳をすます家』(メーベル・シーリー)という本を買いました。クェンティン・パトリックの『深夜の外科病室』が併録されているのですが、これって、大人もの(変な表現ですが)の何に相当する作品ですか?
病院でクナドスン博士という外科医が殺されるストーリーのようです。どなたか教えてください。

中間中3 さん (and41357@nifty.com) 2000年 10月 02日 00時 58分 02秒

kashibaさん、山田風太郎を探してくれてどうもありがとうございます。これがネットの利点ですね。それではおやすみなさい。

中間で本があまり読めない中3 さん (and41357@nifty.com) 2000年 10月 01日 23時 59分 08秒

近くの古本屋で「奇跡のお茶事件」新潮文庫というのを見ました。あとがきを見る限り新青年に発表されているらしいのです。三冊100円の棚にあったのですが買ったほうがよいでしょうか。その古本屋には教養文庫の香山滋が500円で並んでいました。500円は高いんですか、それとも安いんでしょうか。ここで僕は江戸川乱歩推理文庫「幻影城」を200円で買いました。

きばやし さん (jojo@fureai.or.jp) 2000年 10月 01日 22時 25分 49秒

今日の早稲田の市はどうだったのでしょう。得意の朝寝坊
のため行けませんでした。劇空間プロ野球やりすぎたせい
か…。仕方なく近場ヘ行くとコバルトや講談社のピンク背
が100円コーナーにたくさん入ってるのを発見。
小野不由美のはピンク背自体ほとんど見ないが揃ってある
ぞ!ああ、でも「メフィスト〜」「バースデイ〜」は
なかったか。くそー。で四冊ばかり購入。
「悪霊なんかこわくない」小野不由美(講談社X文庫)50円
 これはうれしい。でも何で悪霊シリーズでこれだけ絶版
になっているのかわからん。他の2冊もいずれ復刊される
と思ってます。
「東京シャンゼリゼ殺人事件」井口泰子(集英社コバルト文庫)100円
 おお厚いぞ。300ページ以上もある。ちょっと読んで
見ると「抱き人形殺人事件」の後の事件のようです。
「ロボット貯金箱」風見潤 安田均編(集英社コバルト文庫)50円
「天使の卵」風見潤 安田均編(集英社コバルト文庫)100円
 ロマンチックSFの方はじぃ〜っと見続けたのですが
ありませんでした。しかしハードな内容だなあ。昔は
結構この辺りも見かけたものですが、今回買った本を
見てみるとどれも昭和56、7年の出版。小野不由美
にしても10年以上前。案外時間が経っているものですね。

中村 さん (EZL00766@nifty.ne.jp) 2000年 10月 01日 22時 18分 56秒
URL:http://member.nifty.ne.jp/EZL00766/

SPOOKYさん

>某店では100冊近い50年代、60年代のペーパーバック(主にハードボイルド)を
>一気買いしている人に出くわし、びっくりするやら口惜しいやら。

その方が,名古屋古本界の超有名人・未読王さんですよ,きっと。
たった半日の名古屋探訪で王様に会えるなんて,ラッキィかも(笑)。


kashibaさん

EQFCの20周年記念全国大会っていつあるんですか?
その折りは,是非遊んで下さい。

SPOOKY さん (spooky@parkcity.ne.jp) 2000年 10月 01日 22時 05分 11秒

kashiba様
 えー、「俳優パズル」を買ったのは朝の4時までやってる吉祥寺のチェーン店です。そういえば中野の歩書房が吉祥寺に移転というか、兄弟店の吉祥寺書房と合体するそうです(もっともメインはインターネットのようですが)。
 名古屋は半日足らずしかいられませんでしたが、「古本まゆ」と「スプーキー」を中心に50冊ほど買ってきました。某店では100冊近い50年代、60年代のペーパーバック(主にハードボイルド)を一気買いしている人に出くわし、びっくりするやら口惜しいやら。あと、ホテルで見たローカル番組で、脱サラしてマンガの「セドリ」で食ってる人(月収は15万円ほど)の追跡レポートをやっていたのにも驚きました。総じて古本者にはかなり魅力のある街だと思います(くりさんの収穫報告を読んでいれば、今更いうまでもないことですが)。

森 英俊 さん (mori@catv.ne.jp) 2000年 10月 01日 20時 10分 22秒
URL:http://www.tcn-catv.ne.jp/~mystery/top.html

バス停でぼんやりバスを待っていたときに、なにげなく
右手を見ると、見覚えのある赤と黄色の看板があって、
仰天。ま、まさか、あんなところに、あんなものができるとは(銀行の跡地)。もうオープン日には行くまいと
心のなかで誓った身だけど、さすがにバスで10分たらず
なら、行かないわけには。オープンは今月末かしらん。
 ちなみに成増はよしださんも書いておられるとおり、
ぶーでした。でも、おかげで『イシドロ・パロディ〜』
の読書が進みました(待ってるあいだに)。ひとこと、
今年のベストワン。キャラ立ちまくり。序文からして、
仕掛けあり(ネタばれにあらず)。無実の罪で投獄中
の探偵……ああ、しびれる。謎解きも、もろ「八岐の
園」の世界。チェスタトン+ストリブリング?

くり さん (kunny-k@sb.starcat.ne.jp) 2000年 10月 01日 10時 42分 15秒

二階堂黎人さま

>森さんが1万円で買ったということですので、僕も1万円以下なら買いたいと思います。
了解です!今度その古本屋さんに行った時に値段チェックしてそれ以下なら押さえて来ますね。


kashibaさま

>くりさんって、守りに弱そう(^^;>
あぁ、そうなんだよなぁ・・・・昔から打たれ弱いって、みんなに言われんもんなぁ・・・・(T_T)ガード甘甘っす。

>>d『消えた街燈』(初)ポケミス ビヴァリイ・ニコルズ 1,500円
>あのさあ、普通ダブリでこれはやりませんよ(^^;
あ、やっぱり(^^ゞ?? でもでも手持ちの状態がイマイチだったんで、差し替え用ということで。かなりの美本ですから・・・・。


今度はSPOOKYさんが名古屋の草刈りをして下さったようで、今日は古本屋廻りやめとこっかなモードのくりでした。







kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 10月 01日 08時 29分 39秒

管理人です。遅レスの処理から(^^;


SPOOKY さん

>先日、あんまり安いんで(5ドル)ネット注文したクェンティンの
>"BlacK Widow"が到着。ブック・クラブ版ですがいちおうハードカバーで
>しかもダスト・ジャケットがむちゃくちゃ格好いい。
おお、それは羨ましい(^0^)
ブック・クラブ版でいいんだよねえ。

>「遠い悲鳴」もそうですが、この手の悪女ものに弱いことを
>再認識(あと「火車」とか)。
悪女好みは、小説の中だけにしておかれる事を御勧めします(^^;

>次は「俳優パズル」が読みたい。と思っていたら、
>なんとなんと、いきつけの吉祥寺の古本屋にその「俳優パズル」が
>並んでいるじゃありませんか。
うっひゃあー!!
黒猫堂かな?やりい!!

>値段は500円とよしださんには敵いませんでしたが、
>それでもタイミング的にはじゅうぶん血風です。
はいはい、文句無しでしょう(^^)
血風!!びゅうううう。(^0^)ノ

>「山師タラント」と「黄金の檻」のカバーつき初版を各200円で購入。
>うれしい。
これは、その後も使っていたカバー絵ですよね、確か(・×・)>


とんぺー さん

>真っ直ぐ帰っても定点チェックが出来るのは嬉しいっす。
これを超えるには、自分で古本屋やるしかないもんね(^^)b

>『ドン・イシドロ・パロディ六つの難事件』ボルヘス&ビオイ=カサーレス
>を新刊の棚で発見してビックリしてしまいました。
>山口雅也さんの講演でその存在を知り「ボルヘスの純ミステリか。面白そう。」
>とか思っていたので。
うーむ、これは確かに面白そうですねえ。要チェック・モードで捜します。


くり さん

>あぁ、壊れてる間に松本さんが100円でサクサクと・・・
んな、大げさな。
くりさんって、守りに弱そう(^^;>


松本真人 さん

>故に、サンリオの独自性が出ていた幻想文学系はあまり買ってません。
>「なんや、訳のわからん本出しよってからに…」とか思ってました。
わかるわかる(^ー^;

>「若いときの苦労は買ってでもしろ」というのは、古本では正しい?
これはもう絶対真理です!!
もっとも、何が品切れ&マイブームになるかなんて、現役で見抜くのは
至難の技なんですけどね(^^;
「三橋一夫〜(^0^;/」とかさああ。

>“奇想小説”というところでしょうか。
>数年前のミステリ・マガジンの奇想小説特集で取り上げられています。
納得しました。ご教授感謝です。

>kashibaさん宛に、あるブツを送りました。中身が何かは、
>着いてからのお楽しみ。
着きました!!
むむむ、佐伯日菜子の生写真かなと思ったら、おおお、なんとお!
ちょっとここには書けないですね(思わせぶり)
ありがとうございますありがとうございます。

>『コメディアン』小泉喜美子 新評社 100
うわ!安い!!

>神保町古書センターの外の100円均一で。
>『死刑台へどうぞ』飛鳥高 ポケット文春
マジかよ〜?(^0^;

>100均って、いいな♪
いいでしょうとも!!(>×<)ノ


通りすがりの中3 さん

>大衆文学館の山田風太郎の「奇想小説、奇想ミステリ、棺の中の悦楽」
>以外が売ってるところないでしょうか?
2軒ほど心当たりを当たりましたが、売れてました(^^;
すんません。

>初書き込みです。めちゃくちゃ緊張してます。
私が同じ立場でも、そうだと思います(^^)
まあ、御気楽に。

>僕は中3なんですが近頃の子供は
あっはっは、この「近頃の子供」には他に娯楽が多いですからね(^^)

>なんかみんな本が好きみたいでとても楽しく見ているうちに
>自分も古本にはまってしまいました。
それは後世おそるべし(^^)
よしださんも書かれてますが、私がこの道に踏み込んだのも
そんな頃でした。

>僕が今まで見つけた中でよかったのは、カーの
>「殺人者と恐喝者」を100円で見つけたことぐらいなんです。
おおお、充分、大血風でしょう(^0^)
やんや、やんや。
またお越し。


ロビー さん

>>『スーパーギャルズ・メイト37』(宇宙船文庫)250円
>よかったら、よしださん用にキープしときましょうか?
>ウェストレイク&優作でお世話になりましたし(^^;>
よ、太っ腹!!

>>巨人が優勝するのはメチャメチャうれしい
>おお、わが心の友よ(T0T)
「さあて、なんの事ですかな?」


くり さん

>100均小僧の私が何故か最近壊れてます。名古屋に来てちょっと人格
>変わったかも・・・・(^^ゞ
「古本まゆ」特製コーヒーには、金銭感覚を失わせる
魔薬が含まれているのかも(^^;>

>d『消えた街燈』(初)ポケミス ビヴァリイ・ニコルズ 1,500円
あのさあ、普通ダブリでこれはやりませんよ(^^;

>d『アデスタを吹く冷たい風』ポケミス トマス・フラナガン 450円
あ、これは買い物上手。

>『死の序曲』(初)ポケミス ナイオ・マーシュ 1,500円
うわ、安いいいい(^0^;

>巨人が優勝するのはメチャメチャうれしいんやけど、
>お金がかかってしゃーないっす。これで日本シリーズも勝つと
その点、阪神は「ん十年」に一度だから、もう、あなた
お金が貯まって貯まって。つい、宝石揃いなんか、買っちゃいましたよ。
がっはっはっはっは!!!!……とほほ(;×;)

>あらら、話題が本から逸れちゃってすみませんm(__)m
次はダイエーねたかあ?(^×^;


キバヤシ@ザ・ワールド さん

>そうです、私がKです。
ロボット刑事や、ロボット刑事や(^0^)ノ

>「銃器店へ」中井英夫(角川文庫)100円
これは古書価、高いよ!(^ー^)b


松本真人 さん

>正義(?)は勝つ。
織田裕二や、織田裕二や(^0^)ノ

>それだけです。
わしも。(^^;


よしだ まさし さん

>「085580」を踏みました。左右対称できれいだなあ
やっぱ、「088880」が狙い目ですかね?(<何の?)

>ついにロビーさんの収穫で切歯扼腕する時がきてしまったか。
書痴三日まみゆざれば、刮目して見よ!!って奴ですのう(^^;

>ロビーさんの探求書って、その昔リアルタイムで読んでいた本が
>多かったりして、いままでは「のっほっほ、若いもんも頑張っとる
>ようじゃのお」とすっかりご隠居さん気分でいられたのですが。
越後の古本問屋?


えぐちようすけ さん

>「仔犬になった男」ダブってますが、もしご所望ならば。
三回、回って「わん!」といいなさい?


越沼正 さん

>あっ、85558番。鏡の間みたいな恍惚の番号!ウウウ、ウレシイ。
88888ならダンゴの間かな?(^^;

>今回は半村良『岬一郎の抵抗』上下初版帯付美本、半額が大きかった。
ブックオフで、かなり古い本を、それも帯付きで並べているもんですね。
ちょっとびっくり(・×・)

>新聞連載で読んだので、
凄い、根気です(^^;


Moriwaki さん

>「クルーイストン実験」私もあの結末には納得いかないものがありました。
そーだ、そーだあ(^0^)ノ

>「鳥の歌今は絶え」が面白く読め、
あ、んじゃ今度これ読もうかな(^ー^)

>同世代のはずの登場人物たちが、あまりにも嘘っぽく、
>いかにも大人が考えた現代若者像という感じで、
そーだ、そーだあ(^0^)ノ

>スコットランド版非情のライセンス
「兇悪の首吊りの庭」「兇悪の黒と青」「兇悪の血の流れるままに」
うーん、馴染む馴染む(^ー^)b

>人生は物語とは違う。
>しかし、私は本を読む時、物語を読みたい。
>カーが書いたように。
わっはっは、わしらは、とーじょーじんぶつじゃからのう?(^0^)ノ

ではでは。続きは夜になるか、明日になるか(^^;

二階堂黎人 さん 2000年 10月 01日 07時 51分 35秒
URL:http://homepage1.nifty.com/NIKAIDOU/index.html

くりさん、こんにちは。
情報をありがとうございます。
森さんが1万円で買ったということですので、僕も1万円以下なら買いたいと思います。
集英社新書全集、パシフィカ、集英社文庫全部持っていますが、学研の奴は残念ながら、目新しい作品はないんですね。

Kalu さん (kalu@zmail.plala.or.jp) 2000年 10月 01日 02時 31分 14秒

ご無沙汰しております。

いやぁ、ここんとこ、ちょいと仕事が忙しくて職場を出られるのが8〜9時頃という実に中途半端な時間帯(‥;)。大阪の方じゃ、この時間ではたいていの古本屋は閉まっているので、古書店回りはできないわ、週末に回ろうと思うと、限って雨だわ、もういい加減にしてよ(*_*)、せっかく涼しくなってきたのに血風にはほど遠いっす。

何とか回って買ったのもあるけど

宮下幻一郎「桃源郷は色ざかり」双葉新書 初 \100
 とりあえず目に付いたら買っておく作家になってしまった(^^ゞ。

d中井英夫「暗い海辺のイカルスたち」潮出版社 初帯 \2,000
 ここんとこでは一番嬉しい。手持ちが帯なしだったので。帯付きを探すこと数年だったのだけ
 ど、短歌論集ということでか、目録等でもほとんど見なかったし、たまに見かけて注文しても
 なぜだか当たらなくて。これで、中井英夫の著書、通常パターンで出た物は、完本コンプリー
 トまでマジック1状態。もっとも、そのマジック1である限定100部の「黒鳥譚」はここ1
 0年来の探求本(*_*)。全く縁がないや。どっかに無いかなぁ、これについては10万までな
 ら即購入するんだけど。もっとも、私家版や「香水に寄せる11の脚韻詩の試み」が未入手な
 んだけど。

「ガードナー傑作選2」新人物往来社 初 \400
 ほお、こんな本だったのか。存在は知っていたのだけど、実物は初めて見たかもしれない。で
 も、買った帰りの電車で読み終えてしまった。誰か欲しい人いないかなぁ。

別役実「さばくの町のXたんてい」講談社 講談社の幼年創作童話 重 \100
 これは結構嬉しかった。別役実は贔屓の作家で、戯曲、雑文、小説とほとんど読んでいるのだ
 けど、どうにも入手できなかった一冊。もっとも、入手して二日後に、初版をやはり100円
 で見つけたのでいきなりダブった(*_*)。こういうもんだよなぁ。誰か、欲しい人います?

横田順彌編「呪われた翼」草土文化 初 \400
 ふむふむ、ヨコジュン編の国産ジュニアSFアンソロジー・シリーズの一冊。これも縁がなく
 って、やっと一冊目。

「甲賀三郎集」 平凡社 大衆文学全集 初函なし \850
 戦前作家って、やはり旧仮名旧漢字で読みたいと思うたちなので、つい買ってしまう。

雑誌「獅子王」1987年2月号と4月号
 戸松淳矩の未単行化「隅田川幽霊グラフィティ」が読みたくて、掲載3冊をずっと探している
 のだけど、この雑誌、SF専門誌として扱われていないのか、全然見ないや。やっと見つけた
 ぜぇと思ったら、真ん中の一冊が書けているよぉ(*_*)。誰かダブってないかなぁ、1987
 年3月号。


ううう、他の人が元気なのに、レベルが低くて悲しいぞ(*_*)。
そもそも、9月はほんとに本屋を回れなくて、購入冊数は久々に二桁だわ(^^ゞ。え、じゃあ普
段は3桁かって?土田さんより少ないことは間違いないです、きっぱり(ただ、土田さんの半分
以上ではあるんだよねぇ(‥;))

くり さん (kunny-k@sb.starcat.ne.jp) 2000年 09月 30日 13時 55分 21秒

二階堂黎人さま

はじめましてこんにちは、くりと申します。

>学研の「少年少女ベルヌ科学名作全集」の揃い。これはうらやましいぞお。
えっと、この揃いの置いてある店を知っているのですが、値段は結構高いと思います(専門外分野で値段は見た事がないのです、すみません。)が。金額的にどれ位までならOKでしょうか?メールででもご連絡頂けましたら時間がある時に探りに行って来ますが・・・・。ご連絡をお待ちしております。


今日は雨なので古本屋廻りを断念した、くりでした。

二階堂黎人 さん 2000年 09月 30日 08時 27分 52秒

森さん、こんにちは。それでは、今度お会いする時に、「あなたは魔術師」をお持ちします。ミステリー作家プラス手品本ということで、2倍の予算をかけました。


森 英俊 さん (mori@tcn-catv.ne.jp) 2000年 09月 30日 05時 26分 11秒
URL:http://www.tcn-catv.ne.jp/~mystery/top.html

こんにちは

 レビューのコーナーに意外な作家(この掲示板では
そうでもないかも)の意外な作品を載せました。レビ
ューアーも意外なかたですので、ご覧になってくださ
いまし。

仰天の騎士 さん (CZR04562@nifty.ne.jp) 2000年 09月 30日 05時 12分 40秒

kashibaさん、こんにちは(^o^)
「事件は会議室で起こってるんじゃない、古本屋で起こって
るんだああああ」的収穫報告があがっておりますね。
あやかりたいあやかりたいぞおお>わし

どうやら週末は雨のようですが、ここ何年か10月1日って
雨ばっかりじゃなでしょうか???
早稲田行こうかどうしようか と悩んでおります>わし
お天気もさることながら、最近ネット買いで、結構買ってる
もんで・・て言ってる側から
改造社版日本探偵小説全集「甲賀三郎集」大盛りラ−メン餃子円にて
購入せり(^o^;;
この全集8冊目かあ。別のとこに注文した2冊、当たってるかな?

さて「大坂圭吉研究2」杉浦俊彦個人誌 ですが、小林文庫さんのHP
の大阪圭吉研究の参考文献としてアップされております。
全部揃えたいとこですが、道は遠い(^o^;;

で「活地獄と武士道」黒岩涙香訳 の原作の件ですが、伊藤秀雄
「黒岩涙香」(労作です)のよると
活地獄>ボアゴベイ「大金の争ひ」
武士道>ボアゴベイ「?」
のようです。
「横溝をやる」としたら涙香ははずせないので、今後もこつこつ購入だあ。

越沼正 さん 2000年 09月 29日 15時 01分 50秒
URL:http://k-artmuseum.hoops.ne.jp/

松本さま
『コメディアン』の感想を小泉喜美子さんに送って、それから何冊か(死後も遺言で)本を贈られました。インターネットを始める6月まではファンなんか私以外いないと思っていました。世界は広い!

森 英俊 さん (mori@tcn-catv.ne.jp) 2000年 09月 29日 14時 35分 34秒
URL:http://www.tcn-catv.ne.jp/~mystery/top.html

>二階堂さん
 
 がーん! マーリニを落札したのは二階堂さんでした
か。まさか二階堂さんと競っていたとは。ちょっとなか
の図解だけが気になっていたので、今度お会いしたとき
にでも見せてくださいませ。実はあの晩は、最後にもう
一度だけ競ってみようかと思っているうちに、オリンピ
ック疲れが出て、寝入ってしまったのでした。

 個人的に収穫といえば、例の池袋のスーパー棚本の店
で見つけた、マウリ・サリオラの『ヘルシンキ事件』。
実はこれ、なかなかよくできた北欧産パズラーなのです
が、数年前にカバーが行方不明になってしまい、ずっと
家内を捜していたのです。マイナー出版社の本だけあっ
てなかなか再会できずにいたので。ほっとしました。
 ところで、角川ベストセラー・シリーズの23番、ニコ
ラス・ゲージの『マフィアは冷酷な企業である』はどな
たかお探しでしょうか?

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 09月 29日 12時 41分 05秒
URL:http://homepage2.nifty.com/GARAKUTA/

松本くん
『コメディアン』はいわゆる都会派の小説ってやつですね。「こういうのが好きなんです」と本人に言ったら、いたく喜んでくれましたっけ。ちなみに、この「コメディアン」て、当時同居されていた内藤陳さんのことだったりします。

通りすがりの中3さん
 実はね、すでに40才を過ぎているこのおじさんもね、古本屋に入り浸りだしたのは中学生の時だったんですよ。その頃から古本屋に入り浸っているとね、部屋の中はひたすら本だらけになっていってね、壁も本だらけでね、床も本だらけでね、机の下も本だらけでね、いたるところが本だらけでね……収拾がつかなくなっちゃうんだよお(涙)。ああっ、オレの青春を返せえ!!ってならないように、気をつけましょう。ここには反面教師がたくさんいるから、学ぶことは多いぞお(笑)

ロビーさん
『スーパーギャルズ・メイト37』、遠慮なくいただいちゃいます。やったあ、これで宇宙船文庫はあと2冊だあ!

松本真人 さん (masato_m@d7.dion.ne.jp) 2000年 09月 29日 11時 44分 25秒

午前4時に、『第三の警官』を読了。面白かった。そんでもって、眠い目をこすり、会社の行きがけに、田村の店頭100均を見たら、『NW−SF』の創刊号、4号、5号、6号があったので、買っちゃいました。昔はニュー・ウエーブは毛嫌いしてたけど、年くうと守備範囲が広くなるから、全然OKですぅ。創刊号の刊行は30年も前だから、もはや、全然「ニュー」でもないしね(笑)。創刊号は、平岡正明の「風太郎の魔界」なんてのや、嵐山光三郎も載ってたのが意外。知らなんだ。

早見裕司 さん (hayami@hayami.net) 2000年 09月 29日 10時 24分 25秒
URL:http://www.hayami.net/

マーリニを落としたのは二階堂さんですか。最後まで見ていなかったけれど、
けっこうなお値段になったような……。でも、マーリニですもんねえ。
私も軍資金があったら、参加したかったところです。

買おうか買うまいか悩んでいた「都新聞芸能資料集成 大正編」、ネット上
の古本屋でもけっこう出ていたので、ついに買ってしまいました。1まーん
えーん。これで、コバルトなら500冊買えると思うと……あ、やっぱりこの
一冊のほうがいいかもしれない(笑)。

二階堂黎人 さん 2000年 09月 29日 10時 14分 17秒
URL:本格ミステリ作家クラブ

ヤフー・オークションで、『あなたは魔術師/目で見る手品100選』G・マーリニ(クレイトン・ロースン)を発見。ロースンがグレート・マーリニ名義で書いた手品の入門書。これは面白い!と、少し高めの入札をしておいたら、私の手に落ちてしまいました。こういう珍しい本が出るから、オークションも楽しいですね。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 09月 29日 06時 06分 21秒

管理人ですう。
今日は早出なので、レスは夜になります。
一言だけ、ご新規さんにご挨拶。

通りすがりの中3 さん

いらっしゃいませ、私の知る限り、この掲示板の
最年少書き込み記録更新です。(^ー^)b
なかなか良い時代にこの世界に入られて羨ましいです。
風太郎の件、「妖説太閤記」は講談社文庫版も古本屋
では比較的みかけるところなので、「忍法甲州路」と
「忍者 枯葉塔九郎」の2冊かな、しんどいのは?
心当たりが一軒あるのでチェックしておきます。

ではでは

SPOOKY さん (spooky@parkcity.ne.jp) 2000年 09月 29日 00時 02分 37秒

 こんばんわkashibaさん。
 先日、あんまり安いんで(5ドル)ネット注文したクェンティンの"BlacK WIdow"が到着。ブック・クラブ版ですがいちおうハードカバーでしかもダスト・ジャケットがむちゃくちゃ格好いい。最初のほうを試し読みしていたら、やめられなくなって一気に読了してしまいました。「遠い悲鳴」もそうですが、この手の悪女ものに弱いことを再認識(あと「火車」とか)。
 こうなってくると、次は「俳優パズル」が読みたい。と思っていたら、なんとなんと、いきつけの吉祥寺の古本屋にその「俳優パズル」が並んでいるじゃありませんか。カバーも帯もなく、表4にはコーヒーの輪ジミがついていますが、本文自体は特に問題なし。ついでに愛読者カードつき。値段は500円とよしださんには敵いませんでしたが、それでもタイミング的にはじゅうぶん血風です。
 ほかに「3,1,2とノックせよ」(帯・初版)を100円で、「山師タラント」と「黄金の檻」のカバーつき初版を各200円で購入。うれしい。
 明日は名古屋に行ってきます。

とんぺー さん (KGD01035@nifty.ne.jp) 2000年 09月 28日 23時 05分 58秒

家に帰る途中に古本屋がオープンする予定なのを見つけてしまいました。
真っ直ぐ帰っても定点チェックが出来るのは嬉しいっす。

本題は古本ではなく新刊の話なのですが、
『ドン・イシドロ・パロディ六つの難事件』ボルヘス&ビオイ=カサーレス(岩波書店)
を新刊の棚で発見してビックリしてしまいました。
山口雅也さんの講演でその存在を知り「ボルヘスの純ミステリか。面白そう。」とか思っていたので。

くり さん (kunny-k@sb.starcat.ne.jp) 2000年 09月 28日 23時 03分 07秒

あぁ、壊れてる間に松本さんが100円でサクサクと・・・あぁ・・・明日は古本屋へは行けなさそうなので土曜日には必ずや血風を吹かせねば、あぁ・・・

松本真人 さん (masato_m@d7.dion.ne.jp) 2000年 09月 28日 22時 43分 27秒

kashibaさん
>でもSF属性の松本さんが持ってなかった事が結構意外かも(^^
サンリオが現役だったころは、お金があまりなかったし、ほとんどプロパーSFばっか買ってました。故に、サンリオの独自性が出ていた幻想文学系はあまり買ってません。「なんや、訳のわからん本出しよってからに…」とか思ってました。おかげで、いま苦労してます。「若いときの苦労は買ってでもしろ」というのは、古本では正しい?

>これって、白梅方面で話題になっている本でしたっけ? どういう本ですか?
ジャンルでくくりにくい小説ですが、ひと言でいえば、“奇想小説”というところでしょうか。数年前のミステリ・マガジンの奇想小説特集で取り上げられています。
殺したはずの老人が生きていたり、主人公に別人格が生じて会話したり、自転車と融合した人間が出てきたり…要するに“けったいな”小説です。成田さんのサイトで紹介されているので、くわしくは、そちらをご覧ください。

あ、それと、今日、kashibaさん宛に、あるブツを送りました。中身が何かは、着いてからのお楽しみ。

今日の収穫。会社に行く途中、ひさびさにのぞいた店の均一台で
『コメディアン』小泉喜美子 新評社 100
よっしゃー。薄汚れているけど、これはうれしいですっ。あとがきを読む限りでは、狭義のミステリではないようですね。

続いて、夕方、外に出たついでに、神保町古書センターの外の100円均一で。
『死刑台へどうぞ』飛鳥高 ポケット文春
これも、よっしゃー。しかし、今日まで「高」を「こう」と読むと思ってました。奥付けを見たら、「たかし」とルビがふってあるじゃん。おら、恥ずかすぃ(赤面)。
100均って、いいな♪

通りすがりの中3 さん (and41357@nifty.com) 2000年 09月 28日 22時 17分 40秒

文字化けしちゃいましたすいません。それとどっかで、大衆文学館の山田風太郎の「奇想小説、奇想ミステリ、棺の中の悦楽」以外が売ってるところないでしょうか?大衆文学館って絶版になってて売ってないんですよ。教えて下さい!MOUSEがめちゃめちゃ面白かったです。

通りすがりの中3 さん (and41357@nifty.com) 2000年 09月 28日 22時 15分 30秒

初書き込みです。めちゃくちゃ緊張してます。
僕は中3なんですが近頃の子供はまったくといってよいほど本を読まないので寂しい思いをしていたところこのサイトを発見!なんかみんな本が好きみたいでとても楽しく見ているうちに自分も古本にはまってしまいました。でもなかなか凄い本ってないんですね。僕が今まで見つけた中でよかったのは、カーの「殺人者と恐喝者」を100円で見つけたことぐらいなんです。だからみんなすげ阿福爾函∋廚辰討靴泙Δ錣韻任后C修譴箸匹辰C如タ臀以験愆曚了嚇追a析困痢峇饒枉セ癲イ饒曠潺好謄蝓イ修涼罎留抒據廾奮阿ナ笋辰討襪箸海蹐覆い任靴腓Δ@a臀以験愆曚辰得簇任砲覆辰討篤匹瓩覆い鵑任垢茵6気┐堂爾気ぁェ

ロビー さん (baggio@quicheandtarte.com) 2000年 09月 28日 21時 23分 01秒

うぃーっす(^0^)/
よしだ まさしさま
>『スーパーギャルズ・メイト37』(宇宙船文庫)250円
>宇宙船文庫残り3冊のうちの1冊だあ!
ガラクタ掲示板にもカキコしましたが、
よかったら、よしださん用にキープしときましょうか?
ウェストレイク&優作でお世話になりましたし(^^;>


くりさま
>巨人が優勝するのはメチャメチャうれしい
おお、わが心の友よ(T0T)

くり さん (kunny-k@sb.starcat.ne.jp) 2000年 09月 28日 20時 01分 35秒

100均小僧の私が何故か最近壊れてます。名古屋に来てちょっと人格変わったかも・・・・(^^ゞ

d『消えた街燈』(初)ポケミス ビヴァリイ・ニコルズ
1,500円
『ささやく街』(初・函)ポケミス ヒュー・ペンティコースト 1,500円
d『贋作』角川文庫 パトリシア・ハイスミス 100円
d『アデスタを吹く冷たい風』ポケミス トマス・フラナガン 450円
『殺人設計図』(初)双葉社 鮎川哲也・編 1,000円
d『ガラス箱の蟻』(初)ポケミス ピーター・ディキンスン 400円
d『引き潮の魔女』(初)ハヤカワ・ミステリ文庫 J・D・カー 500円
『私の猫ものがたり』(初・帯)集英社 小泉喜美子・他100円
『日本SF古典集成〔V〕』(初)ハヤカワ文庫JA 横田順彌・編 1,000円
『死の序曲』(初)ポケミス ナイオ・マーシュ 1,500円

等々・・・・。どうしたんや、俺??
あとは巨人が優勝した年恒例の優勝記念グラフ誌を今日の時点で8冊。巨人が優勝するのはメチャメチャうれしいんやけど、お金がかかってしゃーないっす。これで日本シリーズも勝つとまた同数程度グラフ誌が出るからそれも全部買わなアカンし・・・・。ちなみに物心ついてから巨人が優勝した年のグラフ誌は1冊残らず保管してまする(^^ゞあ、もちろん優勝した次の日のスポーツ新聞もぜ〜んぶ保管・・・・(^^ゞ

あらら、話題が本から逸れちゃってすみませんm(__)m

キバヤシ@ザ・ワールド さん (jojo@fureai.or.jp) 2000年 09月 28日 19時 55分 46秒

こんばんは。寝首をかいた男です(笑)
そうです、私がKです。長年探していた本を見つけ
ると、いきなりダブったりするのはマーフィーですね。
最近は本当に忙しいのでどこへも寄れません(泣)たまに
バカボンなどに行ったりしてうれしかったのは、
d「泰平ヨンの航星日記」スタニスワフ・レム(早川SF文庫)100円
「銃器店へ」中井英夫(角川文庫)100円
d「奪われた死の物語」皆川博子(講談社文庫)100円
くらいでしょうか。でも明日はこちらの街だけの古本市
のチラシが入っていたので帰りに寄る予定です。
あー、血風吹かないかな〜。

松本真人 さん 2000年 09月 28日 17時 43分 48秒

えぐちようすけ様
ゆ、ゆずってください。あとで交換本リスト送ります。
Kさん、正義(?)は勝つ。
それだけです。

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 09月 28日 12時 47分 21秒
URL:http://homepage2.nifty.com/GARAKUTA/

「085580」を踏みました。左右対称できれいだなあと思ったら、「5」は左右対称形じゃありませんでした。残念(ですか?)
 ってネタを用意してから皆さんの書き込みを読み出したら、越沼さんが同じようなことを書いてるう(笑)

ロビーさん
 う、うーむ。ついにロビーさんの収穫で切歯扼腕する時がきてしまったか。ロビーさんの探求書って、その昔リアルタイムで読んでいた本が多かったりして、いままでは「のっほっほ、若いもんも頑張っとるようじゃのお」とすっかりご隠居さん気分でいられたのですが。
『スーパーギャルズ・メイト37』(宇宙船文庫)250円
 ああっ、やられたあ! 宇宙船文庫残り3冊のうちの1冊だあ!

えぐちようすけ さん (EZW03345@nifty.ne.jp) 2000年 09月 28日 11時 41分 55秒

松本さん

「仔犬になった男」ダブってますが、もしご所望ならば。
それだけです。

越沼正 さん 2000年 09月 28日 11時 35分 00秒

あっ、85558番。鏡の間みたいな恍惚の番号!ウウウ、ウレシイ。昨晩も近郊4軒目のブックオフへ電車に揺られて遠征。やっぱり4000円あまり買ってしまったけど、今回は半村良『岬一郎の抵抗』上下初版帯付美本、半額が大きかった。新聞連載で読んだので、買わなかったけど、最近本を持ちたくなって、文庫本を前に迷っていましたが、オリジナルが半額でよかった。

Moriwaki さん (cuckoo@wk9.so-net.ne.jp) 2000年 09月 28日 08時 45分 30秒

kashibaさん
「クルーイストン実験」私もあの結末には納得いかないものがありました。
「鳥の歌今は絶え」が面白く読め、また、この作品も
途中までがミステリ的だったので、余計に。

そういえば先日の小峰作品についても、
ああ、同じことを思うかたがおられるのだなあと思いました。
「アルキメデス」を読み始めた時、
同世代のはずの登場人物たちが、あまりにも嘘っぽく、
いかにも大人が考えた現代若者像という感じで、
拒否反応が生じて途中で投げ出すという経験があったので。

スコットランド版非情のライセンス
イアンランキンの「死せる魂F匹澆泙靴拭」
うーん。物語をこのようなかたちで進めて良いのかなあ。
ちょっと疑問が残ります。
人生は物語とは違う。
しかし、私は本を読む時、物語を読みたい。
カーが書いたように。

戻る