風々子 さん (gouya@ht-net21.ne.jp) 2000年 12月 12日 20時 18分 43秒

「探偵小説と鉄道」
>切符ついてましたあ?

何語かわからなくて読めない硬券が1枚はさんでありました。
その他、
赤いモロッコ皮装「探偵小説と鉄道」第 (空白) 番を拾得の方は下記に御連絡を、
というシャーロック・ホームズ(!)からの問い合わせの紙片がはさまっていました。
完本だともっといろいろな切符がはさんであるようないやな予感がするのですが、
そういう情報、聞きたいような聞きたくないような。

そろそろ年末の各地の古書展から目録が届き始めてますね。
伊勢丹は届いてないし請求もしてませんが、
あそこは高そうなのでほったらかしです。
そういえばH林の目録もそろそろのはずだし、
いろいろ衝動買いして出費を増やさないよう
気をつけなければ。

彩古 さん (yashima@venus.dti.ne.jp) 2000年 12月 12日 19時 06分 04秒

すこし仕事が一段落したので、書き込み自粛を解除。
語学春秋社の例の10冊は最初4冊しか来なかったので、これは
やられたか、と思ってましたが、残り6冊の発送メールが来たので
ひと安心。
いつ、なくなってもおかしくないので、注文するなら早めにしましょう。

森さんのところには木曜に届いたという某目録の抽選結果が来ないので、
業を煮やして電話。
昨日でようやく抽選を終えたので、そのうち葉書が届くでしょう、
と言われる。迷っちゃってねえ、たいへんでした、とのこと。
では、森さんや石井さんの注文は迷わなかったということなのか?
なんとなく、釈然としない。

K文庫の支払金額は約4万円なり。kashibaさんより少なかった
もよう。
やはり、「大坂圭吉研究」のコピーをいただきました。
石井さんもコピーをもらったらしい。もしかして、注文者全員か。

先月、『悪者は地獄へ行け』を300円で買ったあと、絶不調。
J・S・レ・ファニウの『死妖姫』を650円で買ったぐらいか。
ミステリでなければ、『未来の性』(清風書房)というのがあるんだが。
『未来の性』には、荒木経惟と鈴木いづみが参加しているので、
探していたのでした。

貫井徳郎 さん (nukui@e-novels.net) 2000年 12月 12日 17時 50分 45秒
URL:http://www.hi-ho.ne.jp/nukui

>早見様。
 さっそくのご感想、ありがとうございます。
 けっこう会員にとってもメリットのあるページになったのではないかと思います。もちろん読者の方にとってもね。
 会員検索で会員のプロフィールを見ると、そのページからそのままbk1にジャンプし、著者の作品を買えます。ご利用くださいませ。

森 英俊 さん (mori@tcn-catv.ne.jp) 2000年 12月 12日 17時 17分 04秒
URL:http://www.tcn-catv.ne.jp/~mystery/top.html

こんにちは

 ワセミスのOBページの「News」のコーナーに、
『ジャーロ』第二号(15日発売)の詳細をアップしま
した。目次だけではわかりませんが、ここの常連のか
たがたは必読ですよ。それは、出てのお楽しみ……。

早見裕司 さん (hayami@hayami.net) 2000年 12月 12日 16時 30分 14秒
URL:http://www.hayami.net/

>貫井さん

お疲れさまでした。早速、協会のページを見てきましたが、立派ですねえ。
検索システムは、一会員・早見の本すら買えるという丁寧さ……。
よく読んでみようと思います。

本は、あいかわらず大正の文献。だって、ブックオフに行くには寒いんだもん
(;_;)。

森 英俊 さん (mori@tcn-catv.ne.jp) 2000年 12月 12日 15時 53分 11秒
URL:http://www.tcn-catv.ne.jp/~mystery/top.html

外出しても寝込まない程度に体調が回復したので、朝霞
の古本市場へ落ち穂拾いにいってきました。うちからは
たったの35分(地下鉄25分+バス10分)。お目当ては、
ずばり城戸禮と若山三郎。
 で、結果はというと、城戸禮は後年の「〜刑事」シリ
ーズばかりだったのでパス。やっぱり白背の、しかも
新装版以前のやつでなくっちゃ。
 若山三郎は「お嬢さんシリーズ」1冊と、「青春シリ
ーズ」4冊を購入。でもって、棚の一番上を見ると、
乱歩文庫がずらっと並んでいるではありませんか。帯
付きは半分だったものの、15冊で\3,000でした。ごめ
んね、よしださん。
 帰りは池袋で下車。ここでも若山4冊と、園生義人
を1冊、購入。それから函欠ではあったものの、司馬
遼太郎の『豚と真珠』(東方社)があったのはちょっ
とラッキー。いやいやながら書いた推理小説というの
は、いったいどんなものなのかしらん。

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 12月 12日 13時 05分 50秒
URL:http://homepage2.nifty.com/GARAKUTA/

喜国さんの新コーナー報告を終えてひと安心して、あちこちをまわって、またここに戻ってきました。今日は12時12分に書き込みをしようと狙っていたのに、仕事に夢中でつい忘れてしまいました。うーん、残念。

kashibaさん

わーい、kashibaさんの長文レスだあ! なんか、久しぶりに見るような気がするぞお。忘年会シーズンで、忙しいはずなのに(笑)

そうかあ、あのウィンダムは『さなぎ』だったのかあ。いやあ、気になってたんですよ。たしか、「2刷」でしたよね。「初版」て書いてあったら買ってたかもしんない(笑)

SPOOKY さん/松本くん

森さんの入手報告のあった「あの世からやってきた犬」、どこかの古本屋で見たぞと思っていたら、そうかあ宮益坂の古本屋だったかあ。けっこうたくさんの人に注目されていた本だったのね。

Kalu@超絶不調モード さん

う、うーん。Kaluさんの買っているような本で「絶好調!」といって喜んでるような気がするんですけど>オレ。江戸川乱歩推理文庫なんて、ぜんぜん見かけませんです。上限200円なんて、まるで無理。IFノベルス、初版帯付きなんて条件をつけてないのに、まるっきり増えません(涙)

よしだ まさし さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 12月 12日 12時 33分 39秒
URL:http://homepage2.nifty.com/GARAKUTA/

平成12年12月12日12時に喜国さんのホームページに新しいコーナーが誕生しているのを発見しました。今回は東方社の本の特集です。誰にも先を越されないうちに、取り急ぎ「発見の自慢」でした。

SPOOKY さん (spooky@parkcity.ne.jp) 2000年 12月 12日 09時 46分 27秒

松本様

「あの世からやってきた犬」、8月2日にその宮益坂の店で買ってるんですけど、同じ本でしょうかね?

貫井徳郎 さん (nukui@e-novels.net) 2000年 12月 12日 09時 40分 45秒

>猟奇の皆様。
 制作に長らく時間がかかっておりました推理作家協会のホームページ、ようやく本日正午に開設できる運びになりました。
 売りは協会賞・乱歩賞についてのあらゆることを検索できるシステムです。受賞作はもちろんのこと、候補作、選考委員、予選委員、受賞者の言葉、選評など、存在する限りのデータを網羅しました。だから、都筑道夫が何回協会賞の候補になったのかなど、一発で調べられます。けっこう面白いと思います。
 ホームページをお持ちの方、リンクしていただけると幸いです。
 urlはhttp://www.mystery.or.jpです。

 なお、協会の歴史のコーナーだけ未完成ですが、これは日下さんが原稿をくださらないからです。早くちょーだい。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 12月 12日 08時 59分 10秒

管理人ですう。

日下三蔵さん

>『不連続殺人事件』が入っているのは文庫ハードカバーの
>「日本探偵小説全集」。発行は昭和二十九年です。
>カバーに月報で完本。ただし、カバーの絵柄は
>二種類あります。
ご指摘ありがとうございます。
いい加減なことを書いてしまいました。
フォローありがとうございます。

うーん、管理人がいい加減でも、見てくれてる人が
しっかりしてるんで楽ができますのう(^×^;>
では〜

日下三蔵 さん (CXX06677@nifty.ne.jp) 2000年 12月 12日 07時 01分 14秒

日下です。


彩古さんあたりからも、つっこみがきそうですが……。


>>『不連続』は奥付がないのですが、いつごろ出たものなんでしょうか?
>>裸本ぽいのですけど、本当はカバーがついているのか? 
>昭和31年頃かな?小洒落た函が着いている筈です。

細長い新書サイズで、函がついているのは、同じ春陽堂の
「長篇探偵小説全集」の方です。

『不連続殺人事件』が入っているのは文庫ハードカバーの
「日本探偵小説全集」。発行は昭和二十九年です。

こちらは、カバーに月報で完本。ただし、カバーの絵柄は
二種類あります。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 12月 12日 06時 19分 10秒

管理人です。


松本真人 さん

>入り口にシャッターが降りてます。電話してみると、
>「店じまいしたんです。もう本は何もないですよ」。
あっはっは、極端な(^0^;>
もしや森さんのゲット本は、この店の在庫流れだったのかも。

>行く前に腕時計のベルトが切れたのは、凶兆だったのか(笑)。
「時の縛りが解けて落ちる」という暗示とか?
編集者にとっては厭かも(^^;

>『不連続』は奥付がないのですが、いつごろ出たものなんでしょうか?
>裸本ぽいのですけど、本当はカバーがついているのか? 
昭和31年頃かな?小洒落た函が着いている筈です。

>読書のほうは、『永遠の森 博物館惑星』。
>車中でチョボチョボ読んでいるのですが、いや〜、これは面白いですね。
SF者として脱帽でしょでしょ(^ー^)b


Kalu@超絶不調モード さん

>ずいぶんご無沙汰してしまいました。
ほんにお久しぶりです。

>Kalu@超絶不調モードです。
まあ、Kaluさん、レベルが違うから(^^;

>100近くが、ハヤカワ・ミステリ文庫の絶版物と講談社の
>江戸川乱歩推理文庫。上限200円縛りで拾っていたのだけど、
>うじゃうじゃ転がっている・・ハヤカワ・ミステリ文庫のキキメ系は、
>クリスピン以外はことごとく拾ったし、カーなんぞ、200円超えて
>いたからスルーしたのがごろごろ・・乱歩も赤と緑はほとんど
>拾ったけど・・・
ほらねえ、パンピーなら「大血風」とか言って騒いでますよ(^o^;

>でも、こんなの私の探している物じゃない(*_*)。
>前菜とデザートだけって気分でまるで飢えが満たされないぃ(*_*)。
はいはい(^_^;

で、今世紀最後の月に入っても、流れは変わらず。
>でも、よしださんとか、みんなが楽しそうに報告しているので
>ついつられて出てきてしまいました(^^ゞ。
天岩戸か?(^0^;

>ロマン・ブックスの若さま侍を集めだした(^^ゞ。200円縛り。
>新書サイズで出ていた人形佐七を集め出すもまだ3冊。上限200円。
>IFノベルス初版帯つきクエスト(^^ゞ。まだ5冊目。
>角川文庫夢野久作クエストもマジック1。
やっとる、やっとる(^ー^)

>『断崖』三笠書房 版不明 100
>これは存在を知らなかったぞ。でも、買ってどうする(*_*)。
「愛と青春の断崖」とか「美しきリナの肖像」とか
「愛ゆえに犯行以前」とか云うともっと三笠らしいんですけどねえ。

>コミックとしての出来はあまりにも悪いので集める気にはならなかった。
一理ありますね(^^;

>考えるに、自分の探求本があまりにも限定されていることに問題がある。
そのとおーーり(^0^)ノ

>海外TVドラマのノヴェライズ本が妙に面白そうに思えてしまった
>ので(^^ゞ、よしこれだ、と初版100円縛りで集めることに決定。
ああああ、もう、なんでえ?
よしださんと、私と、膳所さんぐらいしかやってない
ところに来るのよお??(;×;)

>ラストの数冊で苦労しそうだ。だからこそ探しがいが
>あるのだけど。
ご明察!

>あとこんなドラマ知らないのだけど『さすらいの旅路』
わしもしりまへん(^^;

>「600万ドル」がマジック1か。
マジック2じゃねえですか?

>「マイアミ・バイス」廣済堂 4冊
> ありゃ、あっさり揃った。
くまかかかか(^^;

>ついでにポケミスのナポソロもカバー付き初版で
>『アンクルから来た男』『なぞの円盤』
> これも100円で転がってるなぁ。よし、揃えよう(^^ゞ。
うーん、これはノベライズじゃないんですよね(^^;

>N・ダニエルス『ベン・ケーシー 裁判狂の女』学研新書 150
わっはっは、やーらーれーたー。

>これって3冊出ていたのでしたっけ?
はいはい。

>kashibaさんが買われたのはあれでコンプリートだっ
>たからかなぁ。
違います(^^;

>もしこちらもご入り用でしたらお譲りしますけど。
これは持ってまして、ないのは3冊目なんですう。
もし見つかったらヨロシクね(^0^)b

>こうやっていろいろ拾っていれば、きっとそのうち血風が吹くんだぁ〜。
十分血風やんけ(−−;

>で、久しぶりの書き込みですが、またよろしくぅ〜
こちらこそ〜(^0^)ノ


くり さん

>『時の幻影館』(初)双葉社 横田順彌 100円
>文庫版はもちろん持ってるんですが、『風の月光館』『夢の陽炎館』と
>揃えると次は・・・・ねぇ(^^ゞ
うん、この気持ちは分かる。
私も先日、拾ってやっと3冊揃えました。

>『深き森は悪魔のにおい』(初)サンリオSF文庫
> キリル・ボンフィリオリ 100円 
>ミステリ作品と聞いて探してたんですよぉ。
100円は安すぎ(^^;
ったく、名古屋の人間は何やってんだ?

>d『ホラー映画ベスト10殺人事件』(初)扶桑社 友成純一 100円
> 交換要員
おーーい、溝口さーーん<(^0^)>

>『レディース・パズル』(初)コバルト文庫 
>やっと巡り会えました(^。^)
異様に目立つ背表紙でしょ(^^)

>d『オランダの犯罪』創元推理文庫 シムノン 100円
>この間10倍の値段で買ったところなのに・・・(>_<)
まあ、1000円が相場なんで。元値で捌けますよ。
きっと。

>ヤフオクの発送作業は確かに大変だぁ。
まあ、やったものでないとあれは判りませんね(^^;


てつお さん

>いやー本物に見えますね。
わらっちゃうでしょ(^0^)m

>みんなの迷惑にならない程度の値段で落とそおっと
>(自力で確保しろよ)。
ああ、二律背反(^×^;


森 英俊 さん l

>風邪でダウンして、ここ2日ばかり古本屋に行けず。
お大事に(^^;

>明日はどうなることやら。
何かあるんですかあ?

>やはりひいたばかりの日に、
>朝早くから古書展に並んだのが失敗のもと。
これは自業自得でした(^^;
まあ、日常ではありますが(^0^;

>1997年にオーストラリアで出たもので、
>テッサ・ヴァンスという新しい探偵が活躍します。
>版元はAllen & Unwin(http://www.allen-unwin.com.au)。
>タイトルは Deadline で、1997年に出ています。
あ、これは、先日入手したアメリカ版の「Suspect」と
同じです。(^0^)q
Allen & Unwin のやや大判のペーパーバックも魅力ですが
とりあえず読めりゃいいので、安心しておきます(^ー^)


MZT さん

>双葉のSFショートショート傑作集があと1冊(2巻)まで
>来たんですが、なかなか無いですねー。
うん、私もPicaさん用に探究モードなんですが
進みませんねえ、最近(^^;

>石川喬司さんの『SFの時代』(双葉文庫)。
へ?協会賞?もうないの?

>#この当りはよしださんの得意範囲かな?
さいざんすね(^^)

>ビュトール『時間割』(中公文庫)
渋い!!これは隠れ傑作という噂ですのう。

>シムノン『メグレと死体刑事』(読売新聞社)
フランスミステリシリーズの効き目だ、効き目!!

>d『焔の眼』
ぐあああ、先週、2000円で買ったとこだよ〜(T×T)

>RBワンダーで買ったのは実は久保のQ−T揃いです。
>それでしたらまずいなーと思い。
元気だねえ、若者(^0^;>

ではでは。

松本真人 さん (masato_m@d7.dion.ne.jp) 2000年 12月 12日 03時 16分 21秒

森さんが買われたという『あの世からやってきた犬』。書き込みを読み、「おお、これ、このあいだ宮益坂の店で見たじゃん。中身を見もしなかったけど、『ユーモア・スケッチ傑作展』で面白かったコーリイ・フォードなんて入ってるんだ」と思い、渋谷に行ったついでに寄ってみました。すると、入り口にシャッターが降りてます。電話してみると、「店じまいしたんです。もう本は何もないですよ」。ガ〜ン。2週間前は営業してたのに…。行く前に腕時計のベルトが切れたのは、凶兆だったのか(笑)。それでも、神保町の店頭で数冊。
『不連続殺人事件』坂口安吾 春陽堂日本探偵小説全集 300
『氷のスフィンクス 上下』(帯・月報)ヴェルヌ パシフィカ 600
『不連続』は奥付がないのですが、いつごろ出たものなんでしょうか? 裸本ぽいのですけど、本当はカバーがついているのか? 薄い私にはわかりません。

読書のほうは、『永遠の森 博物館惑星』。車中でチョボチョボ読んでいるのですが、いや〜、これは面白いですね。

Kalu@超絶不調モード さん (kalu@zmail.plala.or.jp) 2000年 12月 12日 01時 38分 21秒

こんばんは。ずいぶんご無沙汰してしまいました。Kalu@超絶不調モードです。

前に掲示板に書き込みしてから、10月は本当に買わなかったし、11月は相当買った
ものの、あまりにも不調なので、なりを潜めておりました。

とにかく、自分の欲しい物がまるきり入手できない。大阪府下の古本屋の名誉のために
断っておくと、全然本がないわけじゃない、先月買った物のうち、ミステリSF系は1
50ほどなんだけど、うち100近くが、ハヤカワ・ミステリ文庫の絶版物と講談社の
江戸川乱歩推理文庫。上限200円縛りで拾っていたのだけど、うじゃうじゃ転がって
いる・・ハヤカワ・ミステリ文庫のキキメ系は、クリスピン以外はことごとく拾ったし、
カーなんぞ、200円超えていたからスルーしたのがごろごろ・・乱歩も赤と緑はほと
んど拾ったけど・・・でも、こんなの私の探している物じゃない(*_*)。拾っても、探書
依頼をもらっている知人に譲るかヤフオクに出すだけ・・メインのブツが全く見つから
ない。前菜とデザートだけって気分でまるで飢えが満たされないぃ(*_*)。

で、今世紀最後の月に入っても、流れは変わらず。でも、よしださんとか、みんなが楽
しそうに報告しているのでついつられて出てきてしまいました(^^ゞ。

先週買ったのはこんなところ。

城昌幸『七姫伝奇』ロマン・ブックス 初 200
同『くれない系図』同 初 200
 城昌幸、本当に欲しいところは、どうにもならないので、ロマン・ブックスの若さま
 侍を集めだした(^^ゞ。200円縛り。
横溝正史『春宵とんとん』講談社 初 200
同『蛇使い浪人』同 初 100
 角川文庫横溝初版クエストがM2(最初の二冊)が全く見つからない(*_*)。講談社の
 新書サイズで出ていた人形佐七を集め出すもまだ3冊。上限200円。
『ガードナー傑作集』IFノベルス 初帯 95
 IFノベルス初版帯つきクエスト(^^ゞ。まだ5冊目。
夢野久作『ドグラ・マグラ上下』角川文庫 初帯 500
 やっとこさ、角川文庫夢野久作クエストもマジック1。
フランシス・アイルズ『断崖』三笠書房 版不明 100
 なんだこれと一瞬思ったが、出版社が三笠、なるほど(^^ゞ。『リナの肖像』つうか
 『犯行以前』の異題異装版。さすがは三笠、これは存在を知らなかったぞ。でも、買
 ってどうする(*_*)。
講談社コミックノベルス14冊 各100
 以前、このシリーズの『刺青殺人事件』はヤフオクで安値で入手して読んだのだけど
 、コミックとしての出来はあまりにも悪いので集める気にはならなかった。が、まと
 めて10冊ほど見かけたので、100円しばりで集め出す。ラインナップは面白いけ
 ど、出来は・・・。まぁ、これで半分か。


と、とにかく調子が悪い。考えるに、自分の探求本があまりにも限定されていることに
問題がある。ここは、何か新しいテーマを設けようと考えていたのだけど、よしださん
のホームページの、海外TVドラマのノヴェライズ本が妙に面白そうに思えてしまった
ので(^^ゞ、よしこれだ、と初版100円縛りで集めることに決定。

で、コロンボも含めて先週から漁っているのだけど、やっぱ、転がってるなぁ。
コロンボ・シリーズ 18冊
 ふむ、約半分か。でも、これはラストの数冊で苦労しそうだ。だからこそ探しがいが
 あるのだけど。
ミカサ・ノベルス
 「600万ドルの男」5冊、「バイオニック・ジェミー」2冊、「チャーリーズ・エ
 ンジェル」1冊、あとこんなドラマ知らないのだけど『さすらいの旅路』
  う〜む、結構ある。「600万ドル」がマジック1か。
「マイアミ・バイス」廣済堂 4冊
 ありゃ、あっさり揃った。
ついでにポケミスのナポソロもカバー付き初版で
『アンクルから来た男』『なぞの円盤』
 これも100円で転がってるなぁ。よし、揃えよう(^^ゞ。
N・ダニエルス『ベン・ケーシー 裁判狂の女』学研新書 150
 いきなり100円縛りを超えたのだけど・・kashibaさんが、これの1巻目を結構な値
 段で買われていたので、つい拾ってしまいました。これって3冊出ていたのでしたっ
 け?このシリーズに4000円の値をつける古書店も相当なものだと思うのだけど
 (なんでそんな値になるの?)。kashibaさんが買われたのはあれでコンプリートだっ
 たからかなぁ。もしこちらもご入り用でしたらお譲りしますけど。

やっぱり超絶不調(*_*)。でも、こうやっていろいろ拾っていれば、きっとそのうち血風が吹くんだぁ〜。

で、久しぶりの書き込みですが、またよろしくぅ〜

くり さん (kunny-k@sb.starcat.ne.jp) 2000年 12月 11日 23時 36分 56秒

kashibaさま

>>『13人目の名探偵』(初)山口雅也 JICC 100円
>あれ?1冊目?(^×^;>
そうなんすよ。探求書リストには入れずに探すともなく探していて、やっと見つかりました(^○^)


今日は残業で遅くなったので1軒だけ寄ってみましたがそこでBINGO!

『時の幻影館』(初)双葉社 横田順彌 100円 文庫版はもちろん持ってるんですが、『風の月光館』『夢の陽炎館』と揃えると次は・・・・ねぇ(^^ゞ
『深き森は悪魔のにおい』(初)サンリオSF文庫 キリル・ボンフィリオリ 100円 ミステリ作品と聞いて探してたんですよぉ。
d『ホラー映画ベスト10殺人事件』(初)扶桑社 友成純一 100円 交換要員
d『変化獅子』(初)サンポウ・ノベルス 横溝正史 100円 なんとなく・・・・
『レディース・パズル』(初)コバルト文庫 桜井一 100円 やっと巡り会えました(^。^)
d『オランダの犯罪』創元推理文庫 シムノン 100円 この間10倍の値段で買ったところなのに・・・(>_<)

ヤフオクの発送作業は確かに大変だぁ。えぐちさんお互いに頑張りましょうね。

てつお さん (t2nagano@aol.com) 2000年 12月 11日 21時 08分 07秒
URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~t2nagano

カヴァー無事に届きました。
いやー本物に見えますね。

どうも有り難うございました。
マクロイの次はクエンティンか?
みんなの迷惑にならない程度の値段で落とそおっと
(自力で確保しろよ)。

森 英俊 さん (mori@tcn-catv.ne.jp) 2000年 12月 11日 21時 02分 40秒
URL:http://www.tcn-catv.ne.jp/~mystery/top.html

風邪でダウンして、ここ2日ばかり古本屋に行けず。
明日はどうなることやら。やはりひいたばかりの日に、
朝早くから古書展に並んだのが失敗のもと。収穫とい
えば皆無に近く、\300の本を1冊買っただけ。
 
>Kashiba さん

 ジェニファー・ロウの長編は Lamb to the Slaughter
のあと、1997年にオーストラリアで出たもので、テッ
サ・ヴァンスという新しい探偵が活躍します。版元は
Allen & Unwin(http://www.allen-unwin.com.au)。
タイトルは Deadline で、1997年に出ています。

MZT さん 2000年 12月 11日 20時 02分 03秒

MZTです。

双葉のSFショートショート傑作集があと1冊(2巻)まで
来たんですが、なかなか無いですねー。今目下探し中な
のはこの本と石川喬司さんの『SFの時代』(双葉文庫)。
双葉に苦しめられている今日この頃です。

帰路途中で大井町ブックオフに寄りました。
早川の海外SFノヴェルズが結構入っていました。
エフレーモフとかポールとか。めぼしいところは
ちょっと買いました。

マーテン・ケイティン『ドッグファイト』(立風ノベルズ)
マーテン・ケイティン『消えた原爆搭載機』(サンケイ)
#この当りはよしださんの得意範囲かな?
ブッシュ『完全殺人事件』(講談社文庫)
コーネル・ウールリッチ『恐怖』(ハヤカワ文庫HM)
ビュトール『時間割』(中公文庫)
シムノン『メグレと死体刑事』(読売新聞社)
とか。わからない謎ナ本だらけ。

d『スウォーム』『焔の眼』『アポロの彼方』『アイランド』……。

RBワンダーで買ったのは実は久保のQ−T揃いです。それでしたらまずいなーと思い。
と思いまして。

kashiba さん (kahiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 12月 11日 17時 36分 27秒

管理人です。

ロビー さん

>うぃーっす(^0^)/
うぃーっす(^0^)/

>またまた異カバー発見!
>今回ゲットしたのは、チラシやポスターなどに使用されている映画の
>メインビジュアル版で、昭和60年10月10日改版32版。
>うう〜、いくつあるんだ優作カバー?(〜_〜)
いやあ、大変(^^;
でも、快感になってるでしょ?


えぐちようすけ さん

>「新恋愛今昔物語」佐々木丸美(講談社・初版帯)
>佐々木丸美がこれでコンプリート。最後は100円で締めくくりだもんなあ。
初版・帯がご立派(^ー^)ノ

>「鉄仮面」黒岩涙香(旺文社文庫)
> d「翼人の掟」マーティン&タトル(集英社)
このへんがないよねえ(^^;

>鮎川哲也のトラベルミステリーの2セット目が一挙にM1に。
>揃ったらヤフオクに出そうっと。
>神林長平の光文社文庫2セット目が完成。ヤフオク出そうっと。
>最近出し過ぎで送付作業がムチャクチャ大変。
>月曜日など紙袋に送付本を詰め込んで会社に行ってます。
>家人曰く「古本屋みたいね」。ドキッ!!
ドキッだなんて、そんな貴方
どこから見ても「古本屋」ではありませんかあ(^0^)>


いわい さん

>ミステリーものってマンガなのでしょうね。
貸本の「黒い暗殺団」でいいのかな?

>佐良直美とチェリッシュの歌でLPになっているようです
あああ、時代だなあ。1960年代後半ですな(^^;


葉山 響 さん

>『六色金神殺人事件』を定価で買っている!
事件です。(・_・)b

>しかも即座に読んでいる!
大事件です(・×・)ノ
日本一早い「六色金神」の感想ではないでしょうああ(^0^)>

>更には褒めておられるとは!
これは良くあることです(^^;

>『ゲッペルスの贈り物』を既に押さえておられた
光芳書店の百均棚ゲットっす。

>目がちかちかするほど大風呂敷の広げまくり
あっはっは、たーしーかーにーー(^0^)
驚け。

>暫くはどんな本格を読んでも地味に思えることでしょう。
いや、我々にはまだ、金田一少年があるです。

>♪この人間たちの 吹き溜まりには 蓮の花も咲きはせぬ ううーうー♪
>を口ずさむ声にも次第に力がこもってきます-_-; はぁ。
♪このてのなかのぬくもりをうけとってあるくのーよ


よねざ さん

>格闘技マンガアニメゲームノベル99の謎 二見文庫 100円
>こっちのほうが面白そう(笑)。
うん(^^;
しかし世の中には、凄い本があるんですねえ。

>黒い犬の秘密 クイーン ハヤカワ文庫 100円
>金色の鷲の秘密 クイーン ハヤカワ文庫 100円 DD
>赤いリスの秘密 クイーン ハヤカワ文庫 100円 D
>黄色い猫の秘密 クイーン ハヤカワ文庫 100円
やんや、やんや(^0^)ノ

>八つ墓村(再版) 横溝正史 角川文庫 100円
個人的にはこれがすごーーーーく羨ましいです(^Q^;
初期装画の白背ですよね。ううむ。

>「ジュナの冒険」マジック2、
>横溝角川マジック3(初版縛りでもなんでもないっす)まできました。
>ここからがきびしんだろうな。
さようでございますのう(^^;
角川横溝は結構だぶってますが、何をお捜しでしょうか?

>ポケミスのグルーバーを1000円で発見。
うーむ、「バッファローボックス」か「笑うきつね」だったら
とてもお買い得ですね


風々子 さん

>「探偵小説と鉄道」アクリルケースつき紙装
よっしゃああ(^0^)ノ
切符ついてましたあ?

>「キング」S29/12
>人形佐七譚の「かくし念仏」が目的でした。
こういう買い方をする人は日本に5人ぐらいでしょうか(^^:

>「新編人形佐七捕物帖」春陽堂 S27
>緋牡丹銀次捕物帳の一篇でした。
おーめーでーとー
そういえば、これってうちにもあったような(^^;>


血風仮面@ノンミステリー さん

>世紀末をむかえ、世の中が古本血風録にむけてテンションをあげつつあるこの流れ
>に乗って、ついに懸案の1冊を入手したのであります。
>『限りなきアクションへの道』志保美悦子!!
「世紀を越えて」次回は、スターの座を捨て、獄中の夫を
支えつづけた元アクション女優の生き方を通じ、家族の
在り方を問いかけます。「限りなき貞女への道」

>桃源社ポピュラーブックスって、なんとなく買いたい気持ちにさせるんだよなあ
うーん、角川文庫がまだ高木彬光を出してない頃には
ここの神津ものが頼りだったです(^^;

>このところ絶好調じゃん。よおし、この勢いにのって押しまくるぞお!
「世紀を越えて」次回は、「絶版本好事家調査会の栄光」を、
お届けします。しません。


二階堂黎人 さん

>鈴原研一郎さんは,かつて少女マンガ家で、「マーガレット」などに
>『レモンのグループ』などを描いていた人ですが、
結構好きでした(^^)
「レモンの年頃」とか。
まあ、今からみれば古い絵柄ですけど(^×^;

>今は小説家になられ、少年少女向けの小説を書かれています。
おおおお、これは知りませんでした(・o・)>
巴里夫や赤座ひではるとかも元気されてるのでしょうかねえ(^^;


松本真人 さん

>鈴原研一郎というのは、おそらく少女マンガ家だと思います
ぴんぽーん(^^)

>当時(26、27年前)としても、古臭いマンガを描いていた
こらこら(^^;

>どこかマイナーな
>マンガ文庫に作品が収録されていたような記憶もありますが…。
そうだよねえ、マーガレットコミックスを出していた「集英社」って
すっげーマイナーな出版社だもんなあ。
知ってる人はいないよなあ。
ましてや勤めてる人なんて……(^×^;>ねちねちねち


MZT さん

>神保町の全集ってなんですかー?
いえ、ただの久生十蘭っす(^^;

>RBワンダーにあったアレでショッカー?
逆に、なんなんでしょ?(^^:>


いわい さん

>よしださまもえぐちさまもいない所って天国だよなぁ(^^)
そうそう、彩古さんも、森さんも、女王様もいないんだあ。
って、まさか、千葉じゃねえだろうな(−−;

>『メフィストとワルツ』小野不由美
おおお、おめでとうでありまする!!!
文庫者としてはなによりの収穫

>『日本滅亡殺人事件』高原弘吉 廣済堂こだまブック
>話題になっていたので。
すんげえ、変な話だよお(^o^;

>『遅すぎた殺人事件』若山三郎 コバルト文庫
>あ〜、ついに手を出してしまいましたぁ。
「遅すぎた購入事件」(^^;

>そこに本があったから<オイオイ
こらこら

>『詩集・12の星の恋物語』鈴原研一郎 というの著者紹介
>御存知の方いますでしょうか。
ご存知の方、いらっしゃいました(^ー^)

>『孤独な悪 特別機動捜査隊シリーズ』山田正久編 東京文藝社
>こんなノベライズがあったんですねぇ。序文は前警視総監という、
うおおおお、うーらーやーまーしーーー(^0^;ノ


きばやし さん

>若山三郎の春陽のタイトルは凄いですよねえ。
>近所の古本屋に「青春バンザーイ!」とか「青春」シリーズがずらーっと並んでました。
よし!買いだ!!
迷ったら買いだ!(誰も迷っとらん?(^^;>)

>「ムジカ・マキーナ」買えたから気分は良いです。
おめでとうございます。


微血風仮面 さん

>d『書簡対談座談』(初)100円
>d『子不語随筆』(初)100円
特にこの2冊はないもんなあ。4000円当たり前ゾーンだもんなあ。

>d『呪われた十七歳』(初)パンプキン文庫 小野不由美 100円
立派、立派。

>名古屋の部屋もだいぶ手狭になってきたぞ。
>ダブりを早いとこ処分しないとなぁ・・・・。
買わなきゃいいんですよ、買わなきゃ(^0^;>
(説得力0)


血風仮面@まだ嬉しい さん

>うーん、完全勝利!
>ふっふっふ、こちらも完全勝利!
ああ、なんだかこの台詞って、リンかけだよなあ(^0^;>
「すぺしゃる・ろーりんぐ・さんだーーー!!」
「おお、一瞬にして5冊の効き目を!!」 みたいな〜

>「いいないいな」とか言いながら、あいかわらずおいしい本を買ってますねえ。
ま、あの方の文法ですから(^^;

>自分が何を持っていて、どれに月報が入っているのか、
>まるっきり把握してないんだけどね
私は月報があるなんて、このサイトで話題になるまで
知りませんでした(^^;

>この替え歌で仕事が長時間にわたってストップしたんじゃないでしょうね(笑)
大丈夫です。ものの5分です(^×^;>


えぐちようすけ さん 」

>「非行社員絵巻」樹下太郎(春陽文庫)
>「人生だなあ」樹下太郎(春陽文庫)
うーん、この辺はいいかも〜

>d「グリーン車の子供」戸板康二(講談社文庫)
これも嬉しいダブリ。

>「灰色の季節」梶龍雄(光風社)
よっしゃああ(^0^)ノ

>d「団十郎切腹事件」戸板康二(講談社文庫)
これもナイスですね。

>会社の帰りしちゃ買い過ぎだよなあ。
わかっとったら、やめんかい。
やめられるもんなら、やめんかい。
むりをいうのは、やめんかい。はい。

>2冊とも持ってるから、いいんだけどね。
それをいっちゃあー、おしめえよ。d(−×−;


森 英俊 さん

>『「少年」のふろく』というけっこうな本を
>いただいてしまいました。
>当時の組立付録の写真ものった、なかなか楽しい本です。
あ、いいな、いいな。附録の復刻なんかしてくれるともっといいな。

>最近は春陽の城戸禮や若山三郎を山のように(おと
>といは、併せて40冊近くも並んでいました)買ってます
稀・奴隷、わややな三郎(^^;

>けっこうだぶってしまいました(トホホ)。
んじゃまあ、Murder by the Mailのカタログに掲載されては(^^;

>超マイナーな犬アンソロジー『あの世からやってきた犬』。コーリー・フォードや
>ら、ヒュー・ウォルポールやら、P・G・ウッドハウスやら、ジェイムズ・サーバーが
>入っています。
これこれ!!
やはり森さんは、こうでなっくっちゃいけませんぜ(^ー^)ノ


くり さん

>僕なんて最近4歳の娘に「パパ、ご本買い過ぎ。○○ちゃんには買って
>くれないくせに。」って言われて、すっごくショックでした(>_<)
>最近は娘と一緒に本屋さんには行かないようにしてます。
ああ、真人間に戻る唯一の機会だったかもしれないのに(^^;

>d『壜づめの女房』(初・函・月報)ダール・他 早川書房 750円
>『破局』(初・函・月報)デュ・モーリア 早川書房 750円
うーーん、強い。
でもなんか中途半端な値付けですねえ(^^;

>『13人目の名探偵』(初)山口雅也 JICC 100円
あれ?1冊目?(^×^;>

>娘には内緒内緒・・・・(^^ゞ 
そのうち、娘さんも内緒事をつくるようになりますからね。
そのとき、ショックをうけないようにね。


Dupin さん

>「HAL」と「IBM」の文字ずらしの関係は真実そういう意図なんでしょうか?
>前にその事を否定した本を読んだような気がするんで・・・
>「HAL伝説 2001年コンピュータの夢と現実」(早川書房)だったと思うんだけど
ふむふむ。まあ、出来すぎって感じはしないこともないですが(^^;

>・・・ほ、本が出てこない。
あ、これはよくあることですね(^^)
ありすぎて、いやになりますね(^×^;


Y.K. さん

>([キューブリックの映画を見た人]と[クラークの小説を読んだ人]の和集合)
>×[HALの暗号を知っている率]ということですから、無作為抽出で調査したら、
>知っている人の割合は、多分1割くらいではないでしょうか。
いやあ、そんなに多くないでしょう。
前段の和集合が、日本人の5%(600万人)いかないのでは?


こしぬま さん

>あのプレMYSCON2に潜んでいたんだあ!ウーム、気づかなかったなあ。
ふっふっふ気づかれるようでは、古本者として失格じゃわい(⌒0⌒)ノ
んな、わけないでしょ!(^×^;
単なるフィクションであり、登場する人物は架空の人物です(^0^;>


よねざ さん

>情報源ツマ
おお、よくぞ教育されました(^×^;

>レジ待ちで1時間かかりそうでしたが、裏技で10分でレジを済ましました。
買取のところにもっていったのかな?

>往復200キロ超でこれ。シブイ本(不肖宮崎)がないなぁ。
ぐあああ、それは、凄い。東京から静岡まで行けるなあ。
宮崎恐るべし!
よし、「シーガイヤをブックオフに」計画だあ(^0^)ノ
<一村一冊>運動だあ、ってあれは大分県か(^^;

>6のシリーズ復刊されたとのことですが、
ああ、ホームズのなんなんでしょう?(^^;
文字化け二連発で判りません(^^;

>読書日記で、ラードナーや「拷問」が誉められているので嬉しいです。
今ごろ読んでは感心しております(^^;

>「拷問」といえば10年ぐらい前にイギリスの国会議員が女性下着を着
>て一人SMで事故死したという新聞記事を思い出します。
ほんと?
モンテイ・パイソンじゃなくて?
UKとは、Unlucky Kinkyとみつけたり。


茗荷丸 さん

>『死の命題』、僕も賛同派です。
おお、和モノの渋いところまで、読まれるんですのう。

>図書館にあったので
す、凄い(^^;
新風舎を入れる図書館って(^×^;

>一番のけぞったのは甲虫ですね。
無残やな 甲の虫の きれぎれっす

>素直に注文した方が良いのかなぁ・・・
注文はできるみたいですね。
ちと高いですが(^^;


森 英俊 さん

>曾野綾子の『キャンパス110番』(ロマン・ブックス)を店
>頭で見かけて購入。あらすじ紹介がなかなかふるってます。
>「キャンパス110番という綽名をたてまつられていた。
ぎゃはははは。これは梶山季之の「女の警察」並みに
おバカな題名ですこと(^^;

>事ある所には必ずパロール・カーのように現れ、
覆面せんか、なあ(^×^>


宮澤@探偵小説頁 さん

>葉山さんと『死の命題』といったら、そのむかし
>「おばかでいいんですよ。おばかでいいんですよ。」としきりに嬉しがっていた
>彼の姿が非常に印象的でした。
ふむふむ(・×・)
まあ、「いとおしい」バカミスって感じですもんね(^ー^)

>これはベスト10に入って欲しかったとあとで思いました。
>創元社で出してくれるようになるといいですよね。
そ、それは、随分な入れこみようですこと(^o^;>
まあ、SRのベストには入ってもよかったかもしれませんね。


Moriwaki さん

>コンピュータ学院HAL
情報ありがとうございます。

>新刊本屋を見たのですが、
おおお、「新刊書店」!
Moriwakiさんは「本屋」でいいんじゃないですかあ?
そこまで「古本モノ」でしたっけ?

>コリンズ傑作選の最新刊がまだ出ていないようで、
>ちょっと心配です。
なんか「幻影城」末期のような(^^;
生きたまま死体になっている感じっすね。

>奇数月に出すって書いてあったのに。
一ヶ月後、三ヶ月後、五ヶ月後、七ヶ月後、となってません?


葉山 響 さん

>kashibaさんが『死の命題』を読んでる!
うーん、知っている人は少ないと思っていましたが
なんなんでしょう、この盛り上がりは??

>kashibaさんああいうのもお好きだったのですか!?
嫌いではありません。(^ー^)
まあ、新本格サイトは沢山あるので遠慮していただけです。

>あの甲虫ネタがたまらないんですよね。
山田正紀の「宝石泥棒」もビックりだぜ!!

>あ、ネタバレだなこれって^^; 
しーーーー(^^;

>全体としては割と良く考えられてある
そうそう(^0^)ノ


SPOOKY さん

>最近はすっかり古ペーパーバックにハマっているSPOOKYです。
ああ、コレクターの王道ですね(^0^)

>ハメット、ポストゲイト、カーニッツ、スタークなど6冊を選び出し、
>店内でもディックの「シミュラクラ」(1964年の初版本)をゲットしました。
うほほほ、それはおめでとうございまするるる。

>「赤い靴」で頼むと最低でも4500円近くかかることを思えば安いものでしょう。
全然安い!!

>表紙裏を見てみると、全冊に「東京泰文社」のステッカーが。
>う〜む。つくづく惜しい店をなくしたものです。
おおお、そうかあ。
一体、日本に流布しているミステリ洋古書の何割にあのステッカーが
貼ってあることでしょう(T×T)


Y.K. さん

>遠い未来に見えていた21世紀が、本当にやってくるわけですね。
うーん、学生時代に友人と2001年の自分はどうなっているか?
というのを考えたのですが、
「子女の教育と、住宅のローンに追われているサラリーマン」
という甚だ夢のないものでした。とほほ。

Moriwaki さん

>新幹線で、名古屋から東京に向かって出発するとすぐに、
>左手にIBMとHALが並んで見えますよね。
アシモフなら、これで一本書きそうな(^^;


松本真人 さん

>文庫になってないものがけっこうあるのですね。
あるのです。
先日、神保町BCで「日曜日」が4500円でした(^^;


黒白 さん

>どうもありがとうございますぅ。一生ついていきますです。
ほほほ、大袈裟な。
土曜日に発送しました。


青木みや さん

>kashibaさん、『ノスギガ』の感想読みました〜。
>お気に召されたようでなによりです。(^o^)
bk1の感想、拝見しました。すっげえ、力作ですね(^^;

>密かにkasibaさんの好みではと思っていたのでした。
ああ、読みきられている(^×^;

>『ハイペリオン』に手が出したいよぉ。しくしく。
わしは、どこかパソコンのない国にいかない限り
読めそうもありません(^^;


よしだ まさし さん

>ブックオフで「拷問」と「ポルノスタジオ」
>半額では買いません。意地でも100円コーナーだあ!
よし!!

>年内になんとかしてくれって仕事ばっかりでわけわかんなくなりつつあります。
>大丈夫なのか、オレ?
えー、年内に鬼を笑わせてください(^0^;m


MZT さん

>『ノスタルギガンテス』読まれましたか!
>この作品は日本ファンタジー界が生み出した最高傑作の一つだと思っています。
おお、大絶賛!!
ちょっと、ラストが元気でないんだけどね(^^;

>野田大元帥の喩えに(笑)。
どもども(^^)

>『ハイペリオンの没落』読んでいます。すごいです、本当に。
>最初分厚さにめげて『ハイペリオン』を拒絶していたんですが、読み始めたら
>もう止まらない止まらない。こんな至福の読書体験をしたのは久しぶりです。
くっそー、みんな面白そうだなあ(T×T)
これから忘年会シーズンで、ますます本がよめなくなるのに〜(;;)


てつお さん

>「拷問」と「ポルノスタジオ」のセットをYahooで落札したのは私です。
>500円でした。だってブックオフまわる時間がないんだもん。
この値段なら、ノープロブレムですね(^^)
郵送料をいれても、まあ良い買い物でしょう。

>『幽霊の2/3』のカヴァー、カラーコピーお願いしたいのですが・・・。
土曜日発送済みです。


安田ママ さん

>kashibaさんが「ノギガ」を読んでいる!!
>私も大好きな作品です。
ママさんの感想も拝見しました。
なかなか、感想かくのに勇気のいる話ですよね。


森 英俊 さん

>下村明の『夜の顔役』のレビューをアップしたのです
拝見しました。

>なぜか「Go! G0! 明朗小説」のコーナーのほう
大笑いできました。
うーん、読んでみたくなりますね。


松本真人 さん

>疲れを癒すために書き込みしてもいいですか?
また、お越し。

>川野京輔『コールサイン殺人事件』を100円で拾ったのみ
>こりゃ、レビューを読まなきゃ、存在にも気づかなかったに違いありません。
そうでしょう、そうでしょう(^ー^)
諸君!今なら間に合う!!

>「これは初日に行かねば!」と呟いていたら、
>父が「そのときは、ワシも連れていけよ」。父69歳、息子39歳そろって行く
>のも、また楽し。
これで、お父様が、初日にゲームコーナーにダッシュしていかれたら、
「本当にお若い!!」と申し上げるところですが。

>集英社のシムノン選集の中で集英社文庫に入ってないのはなんですか?
>お客さんに訊かれまして」といわれました。
>何故、僕に訊く?
そらまあ、餅は餅屋でしょ(^^;
って、どっちが古本屋やねん?


土田裕之 さん

>「拷問」と「ポルノスタジオ」がセットでyahooに出てますね。
>ここを見て出品したとしか思えん。やっぱり影響が大きいなあ。
まあ、名作の普及に役立つことはウエルカムではありますが、
とりあえず、そう値段もつりあがらなかったので結果オーライ
ってことで。

>揃いを見たことがあるので、最近まで珍しいとは知りませんでした。
うっひゃあ(^0^;

>おいしい思いもしたこともあります。
>(アメスト揃い1万8千円とか)
それは、美味し過ぎ(^^;

>いまだに悔しいのはここで見た倉阪さんの歌集。
>在庫があるだろうと思って油断してたら買いそこねてしまいました。
>買っときゃ良かった。
ああ、MYSCONのオークションを彷彿としますね(^^;

>kashibaさんに譲っていただいた本が一番いいかも。
それは言いすぎ(^×^;


須川 毅 さん

>オフ会ではお世話になりました。(遅すぎ)
その節はお疲れ様でした(ちょー、遅すぎ)

>Preミスコンでは(携帯で)話せなかったのは残念です。
よかったですねえ、岩堀さんがいらっしゃって(^^;
最長老回避(^0^;

>パノラマ島奇談、孤島の鬼、うつし世は夢
おお、奥様用?
「うつし世は夢」が凄すぎ(^^;

>D死だけが私の贈り物
>Eミステリー作家の休日
この2冊も人気ですねえ(^^;
しかも帯ですかあ。
ナーイス!!

>しかしこれじゃ「欧米古典愛好家」はとても名乗れません(^_^;)
わっはっは。そこはそれ、
買った本じゃなくて、
読んだ本で勝負しましょう(^0^)ノ
こういう「当たり前」が「当たり前」でなくなっちゃうのが、
この掲示板の悪いところですね。


森 英俊 さん

>まさかあのようなところでお会いするとは。
必然的偶然とでも申しますか(^^;

>収穫はなんといっても、ネイサンの『夏は遠くすぎて』。
>やっとこれで2冊目。う〜ん、20年間で2冊だものなぁ。
うーん、何はともあれ、おめでとうございます。

>おまけとして、ネイサンの50ページにもわたる詩がついています。
別に詩集として売れそうな分量ですね(^^;

>ジェニファー・ロウといえば、たしかオーストラリアでしか出ていない
>長編もあったような気が。
これはショック!!!
アンソロジーとかじゃないですよね?
テッサものの第1作はオーストラリアでの題名が異なるのですが
それではないでしょうか(^×^;
でなきゃ、こりゃあ、地獄道だあ。

>『不吉な休暇』は本当に埋もれたパズラーの佳品ですよね。
おっしゃる通りかと。
とりあえず、クリスティーファンは必読ですね。(^^)


すみ さん

>「幽霊の2/3」を手放したのは私です。
>ダブりとはいえ苦労の結晶だったんです・・・。
お返事遅れてすみません。
いやあ、5000円なら充分、良心的な値付けだと思います。
はい。
よくぞ、お名乗り下さいました。

ではでは。

ロビー さん (baggio@quicheandtarte.com) 2000年 12月 11日 14時 33分 39秒

うぃーっす(^0^)/
11月23日に角川文庫『それから』の映画版カバーをゲットして、角川優作カバークエストコンプリートかと思いきや、またまた異カバー発見!
『それから』夏目漱石(角川文庫・映画版カバー)100円
前回ゲットしたのは、映画スチールを使ったもので、昭和60年5月20日改版28版。で、今回ゲットしたのは、チラシやポスターなどに使用されている映画のメインビジュアル版で、昭和60年10月10日改版32版。うう〜、いくつあるんだ優作カバー?(〜_〜)

えぐちようすけ さん (EZW03345@nifty.ne.jp) 2000年 12月 11日 13時 39分 31秒

久々に土日とも休日だったので、埼玉ブックオフツアーを敢行。
土曜日1軒目では、
「新恋愛今昔物語」佐々木丸美(講談社・初版帯)
d「恋愛今昔物語」佐々木丸美(講談社・帯)
d「引き潮の魔女」JDカー(早川HM文庫)
d「怪奇探偵小説集」鮎川哲也編(双葉NV)
d「蒼いくちづけ」神林長平(光文社文庫)
d「葬送行進曲」鮎川哲也(集英社文庫)
などを。佐々木丸美がこれでコンプリート。最後は100円で締めくくりだもんなあ。
2軒目では、
「鉄仮面」黒岩涙香(旺文社文庫)
d「男は夢の中で死ね」小泉喜美子(光文社文庫)
d「犯罪交叉点」鮎川哲也編(徳間文庫)
d「レールは囁く」鮎川哲也編(徳間文庫)
d「殺しのダイヤグラム」鮎川哲也編(徳間文庫)
d「殺人列車は走る」鮎川哲也編(徳間文庫)
d「殺意の終着点」鮎川哲也編(徳間文庫)
などを。鮎川哲也のトラベルミステリーの2セット目が一挙にM1に。
揃ったらヤフオクに出そうっと。

日曜日は娘と、1軒目。
d「翼人の掟」マーティン&タトル(集英社)
d「宇宙探査機・迷惑一番」神林長平(光文社文庫)
d「天国にそっくりな星」神林長平(光文社文庫)
d「ビヨンドザビヨンド」牧野修(ログアウト冒険文庫)
「夢探偵」石川英輔(講談社文庫)
d「ヨコジュンのSF塾」横田順弥(コバルト文庫)
d「ミステリーは私の香水」小泉喜美子(文春文庫)
などを。神林長平の光文社文庫2セット目が完成。ヤフオク出そうっと。
2軒目は
d「サンドキングズ」JRRマーティン(早川SF文庫)
d「次元侵略者」Jブラナー(早川SF文庫)
d「氷結の魂・上下」菅浩江(徳間NV)
などを。
ダブリの山じゃないの。家人には、ヤフオクに出すからという条件で許してもらってん
だけど、最近出し過ぎで送付作業がムチャクチャ大変。月曜日など紙袋に送付本を詰め
込んで会社に行ってます。
家人曰く「古本屋みたいね」。ドキッ!!

いわい さん (iy-iwai@ra2.so-net.ne.jp) 2000年 12月 11日 01時 48分 33秒

>松本さま、二階堂さま

 凄い、あっさり判ってしまうとは。ミステリーものって
マンガなのでしょうね。ありがとうございます。
 ちなみに『12の星の恋物語』は朗読と、佐良直美とチェ
リッシュの歌でLPになっているようです<だからどうし
た、退散

葉山 響 さん (cuckoo-k@cam.hi-ho.ne.jp) 2000年 12月 11日 00時 37分 48秒

ああっ、kashibaさんが『六色金神殺人事件』を定価で買っている! しかも即座に読んでいる! 更には褒めておられるとは! これは凄いことですね! それにしても『ゲッペルスの贈り物』を既に押さえておられたとはkashibaさん、矢張り流石でいらっしゃいます。
わたくしもあと百頁ほどで読み終わりますが、まあなんとも目がちかちかするほど大風呂敷の広げまくりで楽しい思いをさせてもらっています^^ 暫くはどんな本格を読んでも地味に思えることでしょう。

現在、葉山は激鬱です。中島みゆき先生の作詞作曲であるわたくしの愛唱歌、
♪この人間たちの 吹き溜まりには 蓮の花も咲きはせぬ ううーうー♪
を口ずさむ声にも次第に力がこもってきます-_-; はぁ。

よねざ さん (ven01157@nifty.ne.jp) 2000年 12月 11日 00時 20分 59秒

最近はブックオフ系しか行ってませんでしたが、土曜日は久しぶりに地元
の昔ながらの古本屋巡りをして来ました。
 1 文豪ミステリー傑作選1・2 河出文庫 480円
 2 アルセーヌ・ルパンの第二の顔 ボワ・ナロ 新潮文庫 100円
ミステリ的にはこんなものトホホ。
 3 格闘技マンガアニメゲームノベル99の謎 二見文庫 100円
こっちのほうが面白そう(笑)。それとミステリでもなんでもありませんが、
 4 志ん生のいる風景 矢野誠一 青蛙房 1000円
がシブクて嬉しい。良い「書物」です。
 
で、日曜日が例によって家族を車に待たせてのブックオフ回り。三軒で勘
弁してやりました。
 5 黒い犬の秘密 クイーン ハヤカワ文庫 100円
 6 金色の鷲の秘密 クイーン ハヤカワ文庫 100円 DD
 7 赤いリスの秘密 クイーン ハヤカワ文庫 100円 D
 8 黄色い猫の秘密 クイーン ハヤカワ文庫 100円
 9 シーザーの埋葬 スタウト 光文社文庫 100円
10 モンスターブック 中田耕治編 河出文庫 250円
11 幽霊鉄仮面 横溝正史 角川文庫 100円
12 八つ墓村(再版) 横溝正史 角川文庫 100円
13 魔性の森 リーバーマーン 100円 D
14 110番街交差点 角川文庫
他にもいろいろ買いましたが、ここの掲示板で報告できるのはこんなもの
でしょうか。「ジュナの冒険」マジック2、横溝角川マジック3(初版縛りで
もなんでもないっす)まできました。ここからがきびしんだろうな。

地元の古本屋の目録に、ポケミスのグルーバーを1000円で発見。なん
とか入手できないかなぁ。

風々子 さん (gouya@ht-net21.ne.jp) 2000年 12月 10日 19時 53分 10秒

このところ古本日照りで心が乾いていたところへもってきて、
ボーナスが出た勢いも手伝って、つい手を出してしまいました。
「探偵小説と鉄道」アクリルケースつき紙装
天金の本なんて買うのは初めてだぞ。

Kでは、これはと思うものはことごとく外れ。
B生堂では
「キング」S29/12
人形佐七譚の「かくし念仏」が目的でした。

以前入手していた
「新編人形佐七捕物帖」春陽堂 S27
をぱらぱらやっていて気付いたのですが、
収録作のひとつ「貝殻秘仏」(「秘仏」は旧字)は、
あらら、緋牡丹銀次捕物帳の一篇でした。
買ったままほったらかしていたのが我ながら情けないですが、
ほったらかしていたがゆえのちょっと嬉しい驚きです。

血風仮面@ノンミステリー さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 12月 10日 17時 35分 47秒
URL:http://homepage2.nifty.com/GARAKUTA/

 来ました来ました来ました来ましたあ!! 他の人にとってはどうでもいい本でしょうが、僕にとっては大大大血風の1冊があ!
 古本市場でごっそり買いこんで勢いをつけ、その勢いに乗るかのように微血風仮面さんが江戸川乱歩推理文庫を100円均一でごっそり買いこみ、さらにはいわいさんが『メフィストとワルツ』をゲット! 世紀末をむかえ、世の中が古本血風録にむけてテンションをあげつつあるこの流れに乗って、ついに懸案の1冊を入手したのであります。

 その本とは……『限りなきアクションへの道』志保美悦子!! いやあ、神保町のカスミ書房で見かけてからずっと探していたんですよ。カスミ書房だと6千円だか7千円だか8千円だかしたんだけれど、それがなんと100円で手に入りました。やったあ!
 ちなみに、店内には桃源社の島田一男とか高木彬光がくさるほど並んでました。桃源社ポピュラーブックスって、なんとなく買いたい気持ちにさせるんだよなあ(買わないけどさ)。

 さらに、家に帰ればネットの古本屋で購入したもとやま礼子のマンガ3冊が届いていて、このところ絶好調じゃん。よおし、この勢いにのって押しまくるぞお!

二階堂黎人 さん 2000年 12月 10日 08時 48分 50秒
URL:http://homepage1.nifty.com/NIKAIDOU/index.html

鈴原研一郎さんは,かつて少女マンガ家で、「マーガレット」などに『レモンのグループ』などを描いていた人ですが、今は小説家になられ、少年少女向けの小説を書かれています。

松本真人 さん (masato_m@d7.dion.ne.jp) 2000年 12月 10日 02時 47分 57秒

いわいさま
鈴原研一郎というのは、おそらく少女マンガ家だと思います。
僕が読んでいた中1コースだか中2コースで、当時(26、27年前)としても、古臭いマンガを描いていたと思います。昔、どこかマイナーな
マンガ文庫に作品が収録されていたような記憶もありますが…。

MZT さん (tmizo@dh.catv.ne.jp) 2000年 12月 10日 02時 33分 39秒

MZTです。

 神保町の全集ってなんですかー?気になります。
RBワンダーにあったアレでショッカー?

いわい さん (iy-iwai@ra2.so-net.ne.jp) 2000年 12月 10日 01時 05分 40秒

 復活っ、ということで朝霞はもうあきらめまして、懸案
の所へちょいと遠出をしてきました。いやあ、よしださま
もえぐちさまもいない所って天国だよなぁ(^^)

 なんといっても、鮎哲とはいきませんでしたが、
 『メフィストとワルツ』小野不由美
 つ、つ、ついに読めるのね、ジュニアとしては秀作のコ
ンゲーム小説。ちょっと興奮気味。
 『日本滅亡殺人事件』高原弘吉 廣済堂こだまブック
 話題になっていたので。
 『海底基地SOS』高橋泰邦 ソノラマ文庫
 ソノラマ高橋だったから。
d『明治幻想青春譜』横田順彌 ソノラマノベルス
 自力でようやく発掘。しかも帯付。
d『名探偵は千秋楽に謎を解く』戸松淳矩 ソノラマ文庫
 状態は悪いけど。
 『遅すぎた殺人事件』若山三郎 コバルト文庫
 あ〜、ついに手を出してしまいましたぁ。
d『海外版怪奇ファンタジー傑作選』武田武彦編 コバルト文庫
 帯付きだったから。
d『海外ミステリー傑作選』武田武彦編 コバルト文庫
 そこに本があったから<オイオイ

 他に秋元文庫ですが、
『詩集・12の星の恋物語』鈴原研一郎 というの著者紹介
で、デビューが18才。デビュー作は少女ものならぬミステ
リーものとは意外。「女学生の友」「少女コミック」「マ
ーガレット」で主に執筆 とか。う〜ん。わかりません。
御存知の方いますでしょうか。
 そして、今回のキワ物。
『孤独な悪 特別機動捜査隊シリーズ』山田正久編 東京文藝社
 こんなノベライズがあったんですねぇ。表紙はレトロな
パトカーの絵。カバー紹介文は(立石主任)波島進、序文は
前警視総監という、いやはや。

きばやし さん (jojo@fureai.or.jp) 2000年 12月 08日 22時 24分 15秒

明日も仕事〜♪うへえ。
臨時金も入ったので江戸川文庫揃いで買っちまおうかと血迷ってる今日この頃。
若山三郎の春陽のタイトルは凄いですよねえ。
近所の古本屋に「青春バンザーイ!」とか「青春」シリーズがずらーっと並んでました。
まあ、やっと「ムジカ・マキーナ」買えたから気分は
良いです。

微血風仮面 さん (kunny-k@sb.starcat.ne.jp) 2000年 12月 08日 21時 29分 16秒

最近とんと見かけなくなっていた講談社乱歩推理文庫をお得意のBOOK・OFF100円棚で大量に発見(^○^)青仮面はもったいないな、と思いつつも全部スルー。

d『虎の牙/透明怪人』(初)100円
d『怪奇四十面相/宇宙怪人』(初)100円
d『灰色の巨人/魔法博士』(初)100円
d『黄金豹/妖人ゴング』(初)100円
d『幻影城』(初)100円
d『探偵小説四十年3』(初)100円
d『探偵小説四十年4』(初)100円
d『書簡対談座談』(初)100円
d『子不語随筆』(初)100円
d『呪われた十七歳』(初)パンプキン文庫 小野不由美 100円

う〜ん、名古屋の部屋もだいぶ手狭になってきたぞ。ダブりを早いとこ処分しないとなぁ・・・・。

血風仮面@まだ嬉しい さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 12月 08日 12時 40分 54秒
URL:http://homepage2.nifty.com/GARAKUTA/

えぐちさん
ふっふっふ、いったん手にして棚に戻したり、カゴに入れてからまた棚に戻したりした本が、えぐちさんの購入書の中に何冊もありました。うーん、完全勝利!
しかも、そのあとでえぐちさんがまわった北朝霞のブックオフもチェック済み(何も買うものはなかったけどね)。ふっふっふ、こちらも完全勝利!

森さん
いやあ、森さんがいらっしゃらなかったおかげで、「誰よりも早く大急ぎで棚をチェックするんだあ!」って強迫観念にかられることなく優雅に棚のチェックをすることができました。ラッキー。
ちなみに、若山三郎はたっぷりと並んでいましたよ。

くりさん
「いいないいな」とか言いながら、あいかわらずおいしい本を買ってますねえ。月報付きの異色作家短編集は羨ましいぞ(でも、自分が何を持っていて、どれに月報が入っているのか、まるっきり把握してないんだけどね)

kashibaさん
うますぎ! この替え歌で仕事が長時間にわたってストップしたんじゃないでしょうね(笑)

えぐちようすけ さん (EZW03345@nifty.ne.jp) 2000年 12月 08日 09時 11分 54秒

会社の帰りに遠回りして、朝霞の古本市場開店へ。
20冊ぐらい買い込む。春陽文庫がたっぷりあるのは、大阪以来久々に見る光景でした。
でも大阪なら、三橋一夫もあったんだけど。
帰宅後、掲示板を見てびっくり。血風仮面が出現していたとは・・・。
出現後にしては残っていたのは、車じゃなかったからなのね。

買った主なものは、
「死を呼ぶクイズ」幾瀬勝彬(春陽文庫)
「声優密室殺人事件」幾瀬勝彬(春陽文庫)
「非行社員絵巻」樹下太郎(春陽文庫)
「人生だなあ」樹下太郎(春陽文庫)
「目撃者なし」樹下太郎(光文社文庫)
「サラリーマンの勲章」樹下太郎(文春文庫)
「恋人たちのリフレイン」鳥井恵美(コスモティーンズ)
d「星虫」岩本隆雄(新潮文庫)
d「イーシャの舟」岩本隆雄(新潮文庫)
d「361」DEウェストレイク(早川HM文庫)
d「グリーン車の子供」戸板康二(講談社文庫)
d「ホーンテッドスクールへようこそ」霜島ケイ(パンプキン文庫)
その他、秋元文庫などを。
ついでに帰り道なので、北朝霞のブックオフへ。
「東京浅草ミステリー傑作集」(河出文庫)
「薮の中の白骨」BJオリファント(教養文庫)
「灰色の季節」梶龍雄(光風社)
駅に到着後、ついでなので戸田の古本市場ヘ。
d「団十郎切腹事件」戸板康二(講談社文庫)
d「私だけが知っている・第2集」(光文社文庫)
d「恋する銀河」星敬・豊田有恒(集英社コバルト文庫)
会社の帰りしちゃ買い過ぎだよなあ。
それにしても、ソノラマ海外にサンリオかあ。
そんなのあったんだ。羨ましいけど、2冊とも持ってるから、いいんだけどね。

森 英俊 さん (mori@tcn-catv.ne.jp) 2000年 12月 08日 07時 24分 26秒
URL:http://www.tcn-catv.ne.jp/~mystery/top.html

朝霞だったら、うちから地下鉄1本で行けるのになぁ。
でも、午後一で出版社との打ち合わせが入っていたし。
おかげで、『「少年」のふろく』というけっこうな本を
いただいてしまいました。当時の組立付録の写真ものっ
た、なかなか楽しい本です。

 最近は春陽の城戸禮や若山三郎を山のように(おと
といは、併せて40冊近くも並んでいました)買ってい
ますが、番号を控えておかなかったのが失敗の元で、
けっこうだぶってしまいました(トホホ)。
 あと入手できた本でちょっとうれしかったのが、
丸ノ内出版から出ていた超マイナーな犬アンソロジー
『あの世からやってきた犬』。コーリー・フォードや
ら、ヒュー・ウォルポールやら、P・G・ウッドハウ
スやら、ジェイムズ・サーバーが入っています。

くり さん (kunny-k@sb.starcat.ne.jp) 2000年 12月 07日 22時 34分 02秒

あぁ、いいないいな血風仮面さん。欲しい本が何冊かあるなぁ(^^ゞ僕なんて最近4歳の娘に「パパ、ご本買い過ぎ。○○ちゃんには買ってくれないくせに。」って言われて、すっごくショックでした(>_<)だから最近は娘と一緒に本屋さんには行かないようにしてます。でもこれはこれでちょっと寂しいですね。
と言いながらも性、まさしく性。

d『壜づめの女房』(初・函・月報)ダール・他 早川書房 750円
『破局』(初・函・月報)デュ・モーリア 早川書房 750円
『虹をつかむ男』(初・函・月報)サーバー 早川書房 750円
『蝿』(初・函・月報)ランジュラン 早川書房 750円
『不老不死の血』ジェームズ・ガン 創元推理文庫 100円
『13人目の名探偵』(初)山口雅也 JICC 100円
『地球への侵入者』(初・帯)ヴォークト・他 ソノラマ文庫海外シリーズ 100円
『ロボット貯金箱』(初)風見潤・安田均・編 コバルト文庫 50円

娘には内緒内緒・・・・(^^ゞ 

Dupin さん (dupin@anet.ne.jp) 2000年 12月 07日 21時 43分 32秒

蒸し返すようなんですけど、「HAL」と「IBM」の文字ずらしの関係は真実そういう意図なんでしょうか?

この話はかなり以前から聞いていて、もはや定説化しているようですが、前にその事を否定した本を読んだような気がするんで・・・

確か「HAL伝説 2001年コンピュータの夢と現実」(早川書房)だったと思うんだけど・・・ほ、本が出てこない。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 12月 07日 15時 58分 00秒

管理人です。
先ヅモ。

血風仮面さん

はい、血風認定唱歌です。

時は平日、アラシの自慢
でっかいバスケで 回ろうぜ
風吹きまくれ、吹き荒れろ
正史ダブリだ、セドリの術だ
サンリオ・ソノラマ やっつけろ
始まる、始まる
 血風始まる、中年よしだ

では、仕事に戻ります。(^^;>

血風仮面@ひさしぶりじゃい さん (PXM04577@nifty.ne.jp) 2000年 12月 07日 15時 28分 15秒
URL:http://homepage2.nifty.com/GARAKUTA/

光あるところに影がある
まこと血風の影に 数知れぬダブリの姿があった
理性を捨てて蔵書を作った影の書籍たち
だが人よ 値を問うなかれ
安値に買われ ヤフーに消える
それがダブリの定めなのだ
ダブリ! お前を買う!
ひとつのダブリがふたつのダブリに
3冊 4冊 5冊! 6冊! 
おうおうおうおうおう! サンリオSF文庫 ダブリ
あるぞ あるぞ あるぞ あるぞ またあるぞ
買えよ 買えよ 買えよ 買えよ ためらうな
ダブリ ダブリ おいらマニアさ 名は内緒(笑)

というわけで、本日もダブリをたくさん買っております。
実はですね、会社を休んで古本市場朝霞店の開店初日に行ってきたのであります。会社を休んだったって、8月に発生した代休をようやくとっただけなんですけどね。

で、古本市場朝霞店、開店時間の少し前に着くと、店の前に長蛇の列ができております。チラシに掲載されているゲームを目当てに子連れのお母さんたちが続々と押しかけてきているのであります。こちらとしては、いくら列が長かろうが、本を漁る人さえいなければ、ぜんぜん気になりません。もしかしたら、森さんとか石井女王様が列の先頭にいるのではないかという危惧もあったのですが、さいわいなことに今日は姿が見えませんでした。やったね。

店内では予想通りみんなゲームの方に行くので、本を漁る人間はほとんど皆無であります。もう、僕の前に立ちふさがる者はただのひとりもおりません。おーし、ここの本は全部オレのもんじゃあ!

もう、じゃんじゃんカゴの中に突っこんでいきます。おおっ、ここにこんな本が! おおっ、こっちにはこんな本が! どんどんカゴの中に本が投げ込まれていきます。
そして、ひと回りした時、「うっ、重い。こんな重いものを家まで持って帰るのはいやだぞ」となり、あれこれと棚に戻してまわったりして(笑)
買ったのは以下のような本であります。

d「とっぴトッピング」横田順彌(アルゴ文庫/初版)
d「異次元カフェテラス」松尾由美(アルゴ文庫/初版)
 他に『ぬはは殺人者』もあったのだけれど、これはダブリで持っているのでパス。そして、『新・昭和遊撃隊』もダブリで持っているので、おおっ、なんとアルゴ文庫2セット目ができあがってしまったではないかあ! どうしよう(笑)

「ジュリアとバズーカ」アンナ・カヴァン(サンリオSF文庫/初版)
d「銀河の女戦士」C・L・ムーア(ソノラマ文庫海外シリーズ/初版)
 サンリオだあ! ソノラマ海外だあ!

「貸しボート十三号」横溝正史(角川文庫/初版)
「芙蓉屋敷の秘密」横溝正史(角川文庫/初版)
「蝋面博士」横溝正史(角川文庫/初版)
d「青い外套を着た女」横溝正史(角川文庫/初版)
 角川文庫横溝正史の初版クエストが4冊一気に前進! と思ったら、なんで『青い外套を着た女』がダブリなんだよ。ちゃんとリストを持ち歩いているのに……って、買った時にリストにチェックマークを入れないからいけないんだよな。

「金貨の首飾りをした女」鮎川哲也(角川文庫/初版)
「風の証言」鮎川哲也(角川文庫/6刷)
 最近、角川文庫の鮎川哲也も集めようかなあ、なんて余計なことを考えてしまって……。

「誰の屍体か」鮎川哲也(春陽文庫/15刷)
「虫けら」川内康範(春陽文庫/初版)
「腕まくり女高生」園生義人(春陽文庫/24刷)
 春陽文庫の現代モノがけっこう並んでいた中から、とりあえず3冊だけ。園生義人は他に『男装の女子高校生』『令嬢はお医者さま』もあったし、若山三郎もどばーっと並んでいたし、小糸のぶなんかもどっさりと並んでいた。本当はあれこれもっと買いたかったのだけれど、ま、おいしいところ3冊で許してあげることにしましょう(笑)

「ドクターGの島」高階良子/江戸川乱歩(講談社/22刷)
「血とばらの悪魔」高階良子/江戸川乱歩(講談社/22刷)
 この2冊と『黒とかげ』で、江戸川乱歩原作の高階良子作品は揃ったことになるのでしょうか?

「殺人ゲームに挑戦」山村正夫編(ソノラマ文庫/初版)
「中国猟奇小説集」駒田信二(旺文社文庫/初版)
d「不知火軍記」山田風太郎(旺文社文庫/初版)
d「笊ノ目万兵衛門外へ」山田風太郎(旺文社文庫/初版)
d「緑衣の鬼」江戸川乱歩(角川文庫/初版)
「踊る地平線」谷譲次(教養文庫/初版)
d「浴槽の花嫁」牧逸馬(教養文庫/初版)
d「太陽の汗」神林長平(光文社文庫/初版)
d「謎の暗号」森下雨村(講談社少年倶楽部文庫/5刷)
d「ファンタジーへの誘い」伊藤典夫編(講談社文庫/初版)
d「テレビアニメ全集(1)」杉山卓(秋元文庫/2刷)
d「テレビアニメ全集(2)」杉山卓(秋元文庫/2刷)
d「シグナルは消えた」鮎川哲也編(徳間文庫/初版)
d「海外ミステリー傑作選」武田武彦編(コバルト文庫/初版)
「ドラキュラのライヴァルたち」マイケル・パリー編(ハヤカワ文庫NV/初版)
「ドウエル教授の首」A・ベリャーエフ(創元推理文庫/8刷)
「別世界ラプソデー」福島正実編(芳賀書店/初版)
 あとはいちいちコメントしませんが、こんなところです。
 お値段はというと、『別世界ラプソデー』が定価の6割引き、『銀河の女戦士』が200円、少女マンガが1冊150円で、あとは全部95円! いいのか、こんな値段で買えてしまって。

 これだけの本を市場価格で計算すると、いったいいくらぐらいになるのでしょうか? 血風認定証の発行を申請してもよろしいでしょうか?

Y.K. さん (y-katogi@msn.com) 2000年 12月 07日 13時 12分 22秒
URL:http://www.geocities.co.jp/Bookend/9021

Moriwaki さん

どうも有り難うございました。コンピュータ専門学校ですか。
そう言えば、多分ウェブ上の広告か何かで、その名前を見たこと
があるような気がします。

kashiba さん

私は「HAL」の暗号の話を過去2、3回、何人かいる席で
話したことがありますが、大抵は感心されるか、疑わしいとい
う反応のどちらかで、はっきり知っていたという相手は一人しか
いませんでした。([キューブリックの映画を見た人]と[クラーク
の小説を読んだ人]の和集合)×[HALの暗号を知っている率]
ということですから、無作為抽出で調査したら、知っている人の
割合は、多分1割くらいではないでしょうか。

こしぬま さん 2000年 12月 07日 11時 16分 34秒

Kashibaさん、あのプレMYSCON2に潜んでいたんだあ!ウーム、気づかなかったなあ。

よねざ さん 2000年 12月 07日 01時 48分 51秒

前発言の6は
シャーロックゥ曄璽爛困離薀ぅ凜.襪燭腺ウ
です。
この発言も文字化けしていなければ良いですが

よねざ さん 2000年 12月 07日 01時 46分 32秒

ブックオフ開店情報を入手して(情報源ツマ)行ってきました。凄い人ごみ、
レジ待ちで1時間かかりそうでしたが、裏技で10分でレジを済ましました。
その後他のブックオフにも行っての主な戦績です。
 1 メグレ罠を張る ハヤカワ文庫
 2 メグレと老婦人 ハヤカワ文庫 D
 3 メグレ警視のクリスマス 講談社文庫
 4 お熱い殺人 フィッシュ ハヤカワ文庫
 5 切り札の男 チェイス 創元推理文庫
 6 シャロークゥ曄璽爛困離薀ぅ凜.襪燭腺魁.魯筌D鑛幻ヒ
 7 屋根屋狂騒曲 津山紘一 D
 8 悪徳の街 角川文庫
往復200キロ超でこれ。シブイ本(不肖宮崎)がないなぁ。6のシリーズ復
刊されたとのことですが、私の地元では見かけません。本当でしょうか?
同日、先頃「シナリオ悪霊島」を入手したブックオフに行きましたが、大量に
あった横溝文庫が残少に。やはり需要があるものだと感心しました。
kasibaさんの読書日記で、ラードナーや「拷問」が誉められているので嬉しい
です。「拷問」といえば10年ぐらい前にイギリスの国会議員が女性下着を着
て一人SMで事故死したという新聞記事を思い出します。

茗荷丸 さん (myoga@manbow.com) 2000年 12月 07日 00時 31分 30秒
URL:http://user2.allnet.ne.jp/mplibrary/

『死の命題』、僕も賛同派です。
たまたま図書館にあったので読んだのですが、いやー、たまげました(笑)
やはり一番のけぞったのは甲虫ですね。
手元に置いておきたくなり探しているのですが、まだ巡りあえません。
素直に注文した方が良いのかなぁ・・・

森 英俊 さん (mori@tcn-catv.ne.jp) 2000年 12月 06日 19時 13分 46秒
URL:http://www.tcn-catv.ne.jp/~mystery/top.html

 ちょいと短編集の話題を。

 きのうサイクリングしがてら買った春陽文庫の若山
三郎『この世は男と女の死のゲーム』は、「ブラック
&ユーモア+ミステリー風」というもので、6編が収
録されています。
 それからきょうは題名が前々から気になっていた曾野
綾子の『キャンパス110番』(ロマン・ブックス)を店
頭で見かけて購入。あらすじ紹介がなかなかふるって
ます。

「芳土女子大学の学生佐藤ノエミはキャンパス110番と
いう綽名をたてまつられていた。事ある所には必ずパ
トロール・カーのように現れ、鮮かに事件を解決して
いくからだった。気はやさしいが合気道の妙手である
現在娘佐藤ノエミのゆくところには、いつも痛快な事
件が爆発していった」

 ──という感じで、17編が収録されています。

宮澤@探偵小説頁 さん (GCH02173@nifty.ne.jp) 2000年 12月 06日 12時 47分 43秒
URL:http://www.inv.co.jp/~naga/

 葉山さんと『死の命題』といったら、そのむかし某例会で顔を合わせながらもお互いにお互いが誰かを知らなかった頃、「おばかでいいんですよ。おばかでいいんですよ。」としきりに嬉しがっていた彼の姿が非常に印象的でした。
 残念ながら投票の期限までには読み終わらず、結果も得票数不足だったけど、これはベスト10に入って欲しかったとあとで思いました。
 創元社で出してくれるようになるといいですよね。


Moriwaki さん 2000年 12月 06日 08時 40分 39秒

YKさんへ この場を借りまして
名古屋駅の並び東京方面左手に
「IBM」と看板が掲げられたビルがあります。
そのとなりに、コンピュータ学院HALという
看板がIBMと同じ高さに並ぶように
(さも関係があるかのように)掲げてあります。
コンピュータ関係の専門学校なのでしょう。

昨日新刊本屋を見たのですが、
コリンズ傑作選の最新刊がまだ出ていないようで、
ちょっと心配です。
あとは「アーマデイル」全3巻で終わりなのに。
奇数月に出すって書いてあったのに。

kashiba さん (kashiba@ann.hi-ho.ne.jp) 2000年 12月 06日 08時 32分 58秒

管理人です。
日記の誤謬自己申告。
双葉ノベルズの翻訳ものはドナルド・ハミルトンが
もう一冊ありましたです(^^;
うちに帰ったら修正しますです。

葉山 響 さん (cuckoo-k@cam.hi-ho.ne.jp) 2000年 12月 06日 00時 02分 32秒

ああっ! kashibaさんが『死の命題』を読んでる! しかも褒めていらっしゃる! kashibaさんああいうのもお好きだったのですか!? いや僕も某所で絶賛原稿書いたことありますから良いんですけど^^;
あの甲虫ネタがたまらないんですよね。で、あのダーッときてボカーッっていうのがこれまた大笑いなんですよね。あ、ネタバレだなこれって^^; で、そういうこたえられないネタばかりなのに全体としては割と良く考えられてあるという、実にこちらのツボを突いた作品ではありました。

戻る