●●● 春の季語 ●●●

自然編(種類順)

 

ルビ 季語 類義語 一言解説
はる 陽春 東帝 三春 立春から立夏の前日まで
むつき 睦月 太郎月 旧暦一月の異称
しょしゅん 初春   三春の初めの春
かんあけ 寒明 寒明ける 寒過ぐ 寒のあけ 寒の三十日間が明けること
にがつ 二月   まだ寒い
りっしゅん 立春 春立つ 春来る 立春大吉 節分の翌日
きゅうしょうがつ 旧正月 旧正 旧暦の正月
しゅんせつ 春節 春節祭 中国の正月、日本の旧正月にあたる
そうしゅん 早春 春さき 立春後、二月いっぱいをさす
さおひめ 佐保姫   春をつかさどる女神
はるあさし 春浅し 浅き春 浅春 冬の感じの中の春の気配
さえかえる 冴返る 寒の戻り いったん暖かくなって、また寒さがぶり返すこと
よかん 余寒 残る寒さ 寒が明けてから、なお残る寒さ
はるさむ 春寒 春寒しゅんかん 立春後の寒さ
はるめく 春めく 春動く 春きざす 春らしくなること
きさらぎ 如月   旧暦二月の異称
うおひにのぼる 魚氷に上る   少し暖かくなり、魚も氷の上に出てくるようになる
うすい 雨水   雪よりも雨が多くなり草木が芽を出すといった季節感
にがつじん 二月尽   二月の終わりの日、厳しい冬がようやく終わる
ちゅうしゅん 仲春 春半ば 新暦の三月頃
さんがつ 三月   寒暖をくりかえしながら、暖かさを増してゆく月
けいちつ 啓蟄   冬眠の地虫、蛇、蜘蛛などが穴から出てくること
やよい 弥生 花見月 桜月 新暦の三月末から四月末
しゅんぶん 春分 春分の日 啓蟄の十五日後
ひがん 彼岸 入り彼岸 中日 しまい彼岸 春分と前後各三日
ひがんざむ 彼岸寒 彼岸冷 木の芽寒 彼岸の頃の、木の芽が出る頃の寒さ
しおひざむ 汐干寒   汐干狩どきの寒さ
このめどき 木の芽時 木の芽病 木が芽を出す時期、人の身体も変調きたしたりする時期
あたたか 暖か 春暖 ぬくし 春の心地よい温度
ばんしゅん 晩春   新暦の四月頃、春も終わりに近い
しがつ 四月   春たけなわの月、花、農作業、新入社員等々
りゅうてんにのぼる 龍天に昇る 龍天に 春の盛んな気に乗じて龍が昇天すると信じられていた
うららか 麗か 麗日 うらら 晴れた日ののどかな様子
のどか 長閑 長閑さ 駘蕩 のんびりとおだやかな春の気分
しゅんぎょう 春暁 春の夜明 はるのあかつき、よあけそのもの
はるはあけぼの 春は曙   はるのよあけ
しゅんちゅう 春昼 春の昼  
ひなが 日永 永日 永き日 日永し 春分を過ぎ、日ごと日が長く感じること
ちじつ 遅日 春日遅々 暮遅し 夕永し 日が伸びたことだが、夕方に重きをおいた感じ
はるのゆうべ 春の夕 春夕 (しゅんせき・はるゆうべ) うっとりとかすむような春の夕暮れ
はるのくれ 春の暮   春の夕に同じ
はるのよい 春の宵 春宵 宵の春 春宵一刻値千金の詩句から出た
はるのよ 春の夜 夜半の春  おぼろにかすみ、湿り気を帯びた感じで艶っぽい
はなどき 花時 桜時 桜前線 桜を中心に、さまざまな花の咲き出す時期
はなびえ 花冷 花の冷 桜の咲く頃の冷え込み
はなすぎ 花過ぎ   桜の花が咲き終わってしまった頃
めかりどき 目借時 蛙の目借時 晩春、蛙の声を聞いていると眠くなるさま
ほうらんき 抱卵期 かまい時 獣や鳥が交尾するころ、また卵を抱く時期
なわしろざむ 苗代寒 苗代時 苗代を作る2〜6月の寒さ
はるふかし 春深し 春闌 春闌く 春深む 春もいよいよ盛りを過ぎる頃
せいめい 清明 穀雨 4月4日頃、みな清く明るい感じになってくる
はちじゅうはちや 八十八夜   立春から八十八日目、5月2、3日頃
はるあつし 春暑し   春の汗ばむような日
やよいじん 弥生尽 三月尽 四月尽 旧暦三月の最後の日
くれのはる 暮の春 暮春 春暮るる 春期の終わり
ゆくはる 行く春 春の名残 春の果 春尽く 祖春 惜春の感慨をこめた春の終わり
はるおしむ 春惜む 惜春 ゆく春を惜しむこと
なつちかし 夏近し 夏隣 春というよりも夏が近い感じの頃
はるのゆき 春の雪 淡雪 春雪 牡丹雪 綿雪 沫雪 しめっぽく、解けやすい。降るそばから消える
はるのみぞれ 春の霙 春霙 春の霙は雪が少なく直ぐに雨になることが多い
はるのあられ 春の霰 春霰 春になって降る霰。苗や芽をいためたりする
はるのひょう 春の雹   春に降る雹。農作物に被害を与える事もある
はるのしも 春の霜 春霜 春になってから降りる霜
はつらい 初雷 春雷 虫出 虫出の雷 立春後、初めて鳴る雷。春の到来を告げる
こち 東風 強東風 朝東風 夕東風 春先、東から吹く強い風
ねはんにし 涅槃西風 彼岸西風 彼岸の頃、一週間ほど吹き続ける西風
ねはんゆき 涅槃雪 彼岸雪 彼岸頃に降る雪
ゆきのはて 雪の果 名残雪 忘れ雪 戻り雪 涅槃会前後に降るしまいの雪
かいよせ 貝寄風 貝寄 大阪四天王寺の聖霊会からの故事
ひらはっこう 比良八荒 比良八講 比良大明神で叡山の衆徒が修した法華八講。寒気の戻り
はるいちばん 春一番 春二番 春になって一番初めに吹く南風。春の訪れ
はるのひょう 春の日 春陽 春日 春日和 春日陰 春入日 春の日の光、または春の一日
しゅんこう 春光 春の色 春色 春景 春景色 光輝く春の日光。また風向や景色
はるのそら 春の空 春空 春天 晴れた日でも春空は白くかすみ、天候は変わりやすい
はるのくうき 春の空気   春らしい空気
はるのくも 春の雲 春雲  ふんわりと霞むような春の雲
はるかぜ 春風 春の風  のどかな春の日に吹く風
はるあらし 春嵐 春荒 フエーン 春先に吹く強い風
はるはやて 春疾風 春北風 雨はともなわない春の塵っぽい突風
しゅんじん 春塵 春の塵 雪どけ後強風に飛ぶ土ぼこり
かすみ 朝霞 昼霞 夕霞 遠霞 棚霞 古くから歌人に詠まれている春の季題
かげろう 陽炎 糸遊 地上からの水蒸気により、物の形が揺らいで見えること
しんきろう 蜃気楼 海市 逃水 幻氷 きつねだな 太陽光線の屈折から、空中に船、風景などが浮かんだりする現象
はるしぐれ 春時雨 春の驟雨 明るくはらはらと通り過ぎる
はるのゆうやけ 春の夕焼 春夕焼 やわらかい春の夕焼け
はるのつき 春の月 春月 朧なるを賞で、さやけきを賞でつのは秋の月
おぼろづき 朧月 月朧 朧月夜 月光がぼんやりと滲んだ春の月
おぼろ 草朧 金朧 朧夜 大気が水蒸気を含んで、万物がぼんやりと見える様子
はるのほし 春の星 春星 春北斗 春銀河 星朧 春の星はおぼろに柔らかい
はるのやみ 春の闇   月のない春の夜のしっとりとした闇
はるさめ 春雨 春の雨 しゅんりん しとしとと降るのが春雨。長く降るのはしゅんりん
なたねづゆ 菜種梅雨 花菜雨 菜の花の咲く頃に続く雨
はなぐもり 花曇 養花天 桜の咲くころの曇天
とりぐもり 鳥曇 鳥雲 鳥風 渡り鳥が、春に北へ帰る頃の曇り空
はなのあめ 花の雨   桜の咲くころに降る雨
さくらごち 桜東風 梅東風 雲雀東風 桜、梅、雲雀のころにそれぞれ吹く東風
しゅんいん 春陰   春の曇りがちの天候
しゅんらい 春雷 春の雷 季節の移り変わりを告げる雷
はるのにじ 春の虹 初虹 春に出る虹
わかれじも 別れ霜 霜の名残 忘れ霜 晩霜 夏近くなって降る最後の霜
かぜひかる 風光る   日差しが強くなり、吹く風が鋭く光るように感じられること
ゆきどけ 雪解 雪消 雪解雫 雪解風 雪水 春、積雪がとけること
いてどけ 凍解 凍ゆるむ 早春、凍結していた地面がゆるんでくること
こおりとく 氷解く 解氷 浮氷 張りつめていた川や湖の氷が解け出すこと
ゆきしろ 雪代 雪代水 雪濁 雪汁 春出水 山の雪が解けて一気に川や海、野原や田流れ出る
なだれ 雪崩   山や屋根の積雪がゆるみ、滑り落ちるもの
りゅうひょう 流氷 砕氷船 春の暖かさでゆるんで漂流する氷塊
きのねあく 木の根開く 木の根明く 木の根もとの雪が一番先に解けること
ゆきま 雪間 雪のひま 雪が解け、ところどころに土が見える隙間
はだれ 斑雪 はだら はだれ雪 斑雪野 まだらに積もった春の雪。あるいは解け残った雪
のこるゆき 残る雪 残雪 日陰雪 陰雪 日の当たらない物陰などの残雪
ささおきる 笹起きる   笹の上に積もった雪が解け、倒れていた笹が起きあがる
いてかえる 凍返る   いったんゆるんだ凍てがぶり返すこと
うすらい 薄氷 残る氷 春の氷 春になってからうっすらと張る氷
すぐろの 末黒野 焼野 枯れ草を焼き払い、黒々とした野のこと
やまさめる 山覚める   根雪が解け始めるころ
はるのやま 春の山 春山 春嶺 弥生山 弥生富士 春らしいのどかに霞のかかった山
やまわらう 山笑う   草木の芽吹き始めた淡い色合いの春の山の形容
はるのかわ 春の川 春江 水かさも増し、のどかに流れる春らしい川
はるのの 春の野 春野 弥生野 春郊  若菜を摘んだり、下萌を踏み歩いたりする野
はるた 春田   まだ耕していない春の田
みずぬるむ 水温む 井水温む 春の日差しでぬくもった水
はるのみず 春の水 春水 水の春 雪解水や雨で満々とした湖沼や川の水
しゅんでい 春泥 春の泥 雪解け、凍解や春雨によるぬかるみ
はるのつち 春の土 土の春 雪が解け、日差しにぬくもった土
はるのうみ 春の海 春の渚 春の磯 のたりのたいとおだやかに広がる春らしい海
しおひがた 汐干潟 汐干 干潟 忘れ汐 旧暦三月三日頃の大潮は干満の差が大きく遠くまで干上がる
しゅんちょう 春潮 春の潮 干満の差が激しい春の潮
はるのなみ 春の波 春の浪 春濤 明るくきらめく春の精気に満ちた波

 

ホームへ■

■他の季語リストへ■下表をクリック。現在、春と夏のみ。残りも順次アップ予定。

  自然 行事・暮らし 動・植物
種類順 / 50音順 種類順 / 50音順 種類順 / 50音順
種類順 / 50音順 種類順 / 50音順 種類順 / 50音順
種類順 / 50音順 種類順 / 50音順 種類順 / 50音順
種類順 / 50音順 種類順 / 50音順 種類順 / 50音順
新年 種類順 / 50音順 種類順 / 50音順 種類順 / 50音順