about Acoustic Breath Series

2007年4月  シリーズ第7作 
Sound in The WInd:  Acoustic Breath Vol. VII リリース!

TROB-0709
プロデュース:安田 守彦  マスタリング:小野 誠彦(Seigen Ono)
税込み定価2,625円 Tango Records 
プロデューサ 安田守彦(TANGO RECORDS) のページへ

おかげさまで順調にリリースが続き、ここ2年程でVol. V ~ VIIの3作が完成できました。 いつものように収録曲はすべて未発表曲です。 よろしくお願いします。


アコースティック・インス トゥルメンタル・オムニバスCD Acoustic Breath シリーズとは....

 

Uchida ハープギター等の斬新な楽器の使い手として知られるミュージシャン 安田守彦の 企画・制作による全曲ピックアップを使わない純粋なアコースティックギター 中心のインストゥルメンタル曲集です. 1998年に第一作が発表されて以来リリースを重ねて、2007年春までに7作がリリースされています。

公式ページへ

このページの住人 Masaki "μ"は、シリーズ全作品に参加しています. → ディスコグラフィのページへ

  • Acoustic Breath: 1998年10月リリース, TangoRecords. TROB-9802
    シリーズ第一作は、全曲がギターソロ・インスト. 以下のようにあちこちで御好評をいただきましたおかげで、 1000枚プレスし たところ発売10か月程で殆ど流通在庫を残すのみの大好評でした.

  • 古い話しですが、この第一作のリリースを記念して、アルバム参加ギタリスト6人によ るコンサートが1998年11月14日 浜松にて開催されました. (詳細)

  • Born in The Air, Acoustic Breath Vol. II: 1999年12月リリース, TangoRecords, TROB-9903
    シリーズ 第2作は、総じて曲・演奏・ 録音ともども概して第一作を遥かに超える出来で、こちらも以下のごとく各方 面で高い評価をいただいています.(というコトを紹介するのは、個人的な心 情としては複雑なモノがありますが...( 詳しくは こちらへ))

  • A Long Way to Go, Acoustic Breath Vol. III: 2001年4月リリース, TangoRecords, TROB-0104
    シリーズ第3作、それまでのシリーズ中、客観的に聴いて最もどなたにもお薦めできる内容となっています。

  • Joyous Reunion, Acoustic Breath Vol. IV: 2003年12月リリース, TangoRecords, TROB-0305
    前作に続いて、幅広く皆様に聴いていただきたい作品となっています。

  • In The Sunlight, Acoustic Breath Vol. V: 2005年7月リリース, TangoRecords, TROB-0506
    第5作 "In The Sunlight", 平坦な道のりではなかったようですが 2005年夏、リリースできました。
  • Nostalgic Memories:  Acoustic Breath Vol. VI: 2006年5月リリース, TangoRecords, TROB-0506
    今回はおかげさまで順調に製作が進み、前作から1年弱でリリースにこごつけました。 アコースティック・ギター・ブック 23 (2006年7月19日発行、発売シンコーミュージック・エンタテイメント) で紹介されました。

    トップページに もどる.


    ジオシティーズの入り口へ
 このコミュニティの入り口
 へ ご近所を訪問する