* 旅先で見つけた楽器のある (?)風景..

 
英国南部の港町、サザンプトンの目抜き通りで、 アイリッシュ・ジグ/リー ルなどを一人で弾いていたフィドラー.上手かったです.(97年ダイアナさん の事故死の翌日撮影)


   
ドイツのアーヘンという古い 街にあった弦楽器屋さんの看板(どーも、本物のヴァイオリンらしい)と、その 店のショーウィンドゥにあったよくわかんない古楽器風の楽器.(なんでしょ う?これ.詳しい人教えて下さい.) お店は休みだったの、残念ながら中には 入いらず.(96年初秋撮影.)

 
ベルギーのリェージュの日曜 市場で胡弓(?)を実演しながらCDを売っていた中国人らしい青年.ラジカセで 伴奏を流しながら、ポピュラー音楽を弾いてました.胡弓は蛇の皮を使うので、 ワシントン条約により国境を越えることが難しいらしいですが、この青年の楽 器は何処からきたのでしょう?(96年初秋撮影.)



フィラデルフィア郊外に あるアコースティックギター専門店、 Acoustic Roots.気さくな店主のいる ゆったりした店で、品揃えも有名メーカからハンドメイドまで様々..(95年 夏撮影)


フィラデルフィア市内のヴィ ンテージ・ギター専門店、Vintage Instruments.気さくなAcoustic Rootsと は対照的な、とにかく思い切り入いりにくい店.殆ど看板も目だたないし、ど う見ても普通の家だし、玄関は鍵かかってるし....オールドのMartinや Gibsonが充実.何故か、日本で弾くより、ここのオールドは音が良い..とい うか、何かが違う.やっぱ、本場の空気を振動させているからだろうか?(95 年夏撮影)



プラハ市内で見かけた不思議な 弦楽器を弾くストリート・ミュージシャン.その場でCDを売っていたので買っ てみたところ、Somy Ifraganという名前が入いっていたです.内容は ひたすらしんみりしたマイナーなオリジナル曲.(95年夏撮影)



エジンバラのカールトン ヒルでバグパイプを吹く人.年中この類のストリートミュージシャンの多い街 ですが、夏は特にあらゆる種類のストリートミュージシャンが出ます.バグパ イプの音色は屋外でも大変よく通り (有名な名手が、あまりに練習の音がうる さくアメリカに移住をよぎなくされたとか..)、この奏者の演奏も丘を降り て数百m程離れた駅前の雑踏のあたりまで届いていました.(93年夏撮影)


Copyright 1996 1997 Masaki Murakami


ジオシティーズの入り口へ
 このコミュニティの入り口
 へ ご近所を訪問する