HOME


ゴスペルソングの探究

GOSPEL は、GodSpell(よい知らせ、神の言葉) からできた言葉。

神のよい知らせを聞き受け入れた者たちは、
いかなる境遇、状況の中にあろうと、
喜びの歌声を奏でるものに変えられる。

魂からほとばしり出る叫び。神をほめたたえる熱い歌声。

ゴスペル・ソングは私達に大きな感動を与えます。
その歌が生まれた背景を知る時、その感動の理由を知ることでしょう。

( 教会音楽全般を取り扱います。 )


No.1 アメージング・グレース
あまりに有名なゴスペルソング「Amazing Grace」
作詞者のジョン・ニュートンは元奴隷商人でした。
彼の歌が誰にも愛されているのは何故..

No.2 いつくしみ深き (讃美歌312番)

結婚式で必ずといってもよいほど歌われるこの讃美歌。
イエスは慰め励ましをくださる最高の友であると作詞者のジョセフは告げています..

No.3 静けき川の岸辺を (聖歌520番) New!
    ( It Is Well with My Soul )

聖歌520番の作詞者スパフォードは大きな成功を収めた実業家でした。
幾多もの艱難が彼を襲いはじめます。しかしそんな中で、言いようもない深い平安を彼は受け止めます。