ケーダブ シャイン
K-Dub Shine




ジブラとオアシスと共にキングギドラのグループの一人。

正直、シャインのことはあまりよく知りませんが、知っている限り紹介していきたいと思います。

日本を代表するラッパーに変わりありません。まず、彼は独特の韻の踏み方が印象的だ。

最後の母音を例えば”だ”なら”だぁ”って伸ばす。これが彼の韻の踏み方だ。

実際、やるのは簡単だがやってみると実際聞こえが悪い。シャインの微妙な声がその韻の踏み方を可能にしているのだろう。

リリックは本当の現実性を秘めている。彼の書き出すリリックに非現実性の歌詞は見たことが無い。思うとギドラの頃からそうだった。

いつだって、冷静な目で見る社会を映し出すその歌詞は時に斬新で時に冷徹で度々私達は感動させられてきた。

2ndアルバム”生きる”では、日本が詰まっている、人が詰まっているそんな気がした。売れがいいとか、そんなのは関係ない。

彼は純粋にhip-hopを楽しんでいるのだ。だから、伝えたい事がそのまま伝わってくる。そこから感動が生まれる。

まさにhip hopだ。ただ、そのまま伝わりすぎている。私は特に聴いていて違和感とかは無いのだが、初めて聴いたhip hopが

シャインだったらhip hopを音楽として受け入れられるか疑問だ。彼のリリックは訴えが多く入っている(私は好きだが)。

もし初めてhip hopを聴いた人がこれがhip hopかと思うと、少し寂しい気もする。(POPとかの歌詞は甘すぎるのがあるから)

ただ、一つ言えるのは歌は夢を与えるだけではないのだ、元気付けるだけではないのだ、歌は、”うったえ→うた”に変化した

という話を聴いたことがある。確かにそのとうりだ。歌は聴く人のために作っているのではない。伝えたい、訴えたい事が

あるから、人は造り続けるのだ。その点ではhip hopもpopsも演歌もjasもみんな一緒だと思う。

もしかするとシャインは数々ある音楽の中のhip hop代表なのかもしれない。

back