キング ギドラ
King Gidra




 ZEEBRAK-DUB SHINEDJ-OASISからなるスーパーhip hopグループ。

只今、ギドラは休止中ですが、ジブラ、シャイン、オアシスはそれぞれソロでも輝かしい活躍をしている。

さて、彼らが日本hip hopに与えた影響は何だったのだろうか?彼らの存在は今の日本hiphopを

語る上で外せない存在になったのは何故か、これからミャクミャクと語りたいと思う。

まず、彼らは新しくフリースタイル(自由に韻を踏むこと)を使用した。

(初めて本格的に日本でフリースタイルを使ったのはT.A.K THE RHHYMEと言われている)

これは、'95年に出したアルバム「空からの力」が代表的。(フリースタイル爆発作品)

今の日本hip hopのほとんどが、フリースタイルなのが現状なのだ。

今までhip hopはアンダーグラウンドでした。それを今の地位に引き上げたのも、このキングギドラ。

そう、キングギドラはhip hop革命(???)の引き金になった人たちなのだ。

オアシスが繰り出す知的なビートに図太いジブラの声とポップな感じ(当時は)のシャインの声が

重なり合うのは、hip hopを普段聴かない人にも魅力というものは感じさせるはずだ。

リリックにも伝えたい事を明確に書き出し、時には遠まわしに物事を言ったりと知的さを感じさせる。

何より、ギドラの曲の多くは現代社会への吐き掛けの言葉が多い。考えさせられる作品が多数ある。

(おそらくシャインの影響が強いだろう)世の中への言葉が同年代(若者)に共感を得えた人達は少くなくないはず。

ギドラはhip hopの良さを突き出したグループだ。hip hopはその歌い方の特徴上言いたい事が言えるのが良い。

キングギドラの作品はその特徴を上手く付いた作品が多数ある。(要するに言いたい事が本当に明確なのだ。)

hip hopを語る上でギドラを外せないのは、キングギドラが日本で一番hip hopを考えた人たちだからではないのだろうか。

back