ライム スター
Rhyme Ster




宇多丸師匠MUMMY-DDJ-JINからなる三人組のグループ。とにかく凄腕のグループだ。

彼らのアルバム”リスペクト”はhip hopを教えられた。そんな感じのアルバムだった。キングオブステージで

切り出したそのアルバム、B−BOYイズム、ブラザーズなどなど名曲が詰まっている。また、我りやとの曲もあり

そちらではQの声の渋さを実感させられたが。。。ライムスターのすごいところは個々の実力だ。宇多丸師匠ことmc.shiroは”師匠”なんて

呼ばれるほどすごいラッパーだし、マミーはプロデゥーサーとしても才能を発揮している。DJ-JIN何かはあらゆる楽器を操るスーパーDJだ!

ソロでやっていっても十分通用するであろう彼らは、いつだってhip hop界のヒーローだった。

彼らの存在は重苦しくはない(怖いお兄ちゃん風のHIPHOPPERではない)のだ。楽し気なのだ。

だが、その中に秘めた大人らしさわたまらなくかっこよくって、危ない雰囲気をかもしだしているのが、惚れ物だ。

彼らの曲の中にも、歌丸がうたってからマミーが重ねるみたいなことを歌っていた。確かにそうなのだ。重なっているのだ。

その重なりが歌丸の声をマミーの声を何十倍も楽しませてくれる。多分これがライムスターがソロをやらない最大の理由なのではないの

だろうか。いつか音楽の化学反応の話をしたが、きっとこのマミーと歌丸の声もDJ−JINの音が無かったらこんなに

かっこよく聞こえないであろう。もし、ライムスターから誰か一人でも消えたら、ライムスターという化学反応はおこらないだろう。

そう思ったとき、ライムスターのすごさがわかったきがした。

話し戻ってアルバム、リスペクトは音楽が好きだ!と言う人ならまず聞いておいたほうがいい、いや聞いておかないとヤバイ位の

重大作品なのだ。そして、それを築き上げたライムスターは、いつだって私達の、ヒップホッパーのスターなのだ。

back