sugar babe  


●before
1972    山下達郎、「add some music to your day」を友人達と自主製作。製作費は100枚で13万円。
1972    大貫妙子、「三輪車」という男性二人のバンドに参加(メンバーは林謙司と広瀬ジョージ)。
1972.07   シュガーベイブ結成。
1973.05.08 新宿ラ・セーヌにて初ライヴ(共演はビートルズのコピーバンド)。
1973.08.23 長崎nbcビデオ・ホールにて、デビューコンサート。
1973.09.21 はっぴいえんど ラスト・ライヴにて大滝詠一・ココナツ・バンク・布谷文夫のコーラスに参加。
1973.12.17 「hello! we're sugarbabe」(live at 青山タワーホール)
1974    はっぴいえんど ラスト・ライヴのディスク「1973/9/21 ライブ・はっぴいえんど」発売。
1974    山下、cm音楽ワーク開始。また、山下・大貫・村松は、荒井由実の「12月の雨」のコーラスに参加。
1974.04.03&24 デモ・テープ録音(「夏の終りに」「パレード」「show」「指切り」)。
1974.07.11 「第11回三ツ矢フォーク・メイツ・フェス」(live at 日本都市センターホール)に出演。
1974.07.28 「イシバシ・オン・ザ・ロック」(live at 日本青年館ホール)に出演。
        共演はポーカーフェイス、エディ藩、他
1974.10.13 「ホーボーズ・コンサート」(live at 池袋シアター・グリーン)に出演。
1974.11.06 「らんまんコンサート」(live at 新宿厚生年金小ホール)にゲスト出演。
1974.12.18 「ホーボーズ・コンサート」(live at 池袋シアター・グリーン)に出演。
1975.01.14 荒井由実&ダディー・オー、吉田美奈子とライヴ「skyhills party vol.1」(横浜市民ホール)。
1975.01.24 「シュガーベイブ セカンド コンサート」(live at 新宿厚生年金小ホール)
1975.02.22 live at 荻窪ロフト 共演はセンチメンタル・シティ・ロマンス
1975.03   メンバーチェンジ。銀次、寺尾、ユカリ参加。
1975.03.29 「ベイエリア・コンサート」(live at 文京公会堂)に出演。
1975.04.04 「ベイエリア・コンサート」(live at 大阪サンケイ・ホール)に出演。
1975.04.20 「ブルース・パワー・スプリング・カーニバル・イン日比谷」(live at 日比谷野外音楽堂)に出演。
1975.04.25 「songs」発表。
1975.04.25 シングル「down town/いつも通り」発表。
1975.05.21 fm 東京の「週刊fmサウンドスペシャル」に出演、演奏
1975.05.24 「ティン・パン・アレイ・フェスティバル」(live at 大阪サンケイ・ホール)に出演。
1975.06   銀次脱退。
1975.06.24 ハックルバック、センチとライヴ「skyhills party vol.2」(横浜教育文化センター)。
1975.07   ナイアガラ・レーベルでのセカンド・アルバム製作を拒否。
1975.07.13 tv神奈川の「ヤング・インパルス」に出演、演奏。 達郎唯一のtv出演?
1975.07.26 「サマー・ロック・カーニバル」(live at 日比谷野外音楽堂)に出演。
1975.09.12 「めんたんぴんコンサート」(live at 中野公会堂)にゲスト出演。
1975.09.13 「めんたんぴんコンサート」(live at 神奈川大学大講堂)にゲスト出演。(new!)
1975.09.29 山下、大滝詠一の「go go niagara」に出演。
1975.10.06 山下、大滝詠一の「go go niagara」に出演。beach boysのカヴァー「darlin'」オン・エア。
1975.11.15 「twilight concert」(live at van99ホール)
1975.11.16 live at マライカ
1975.11.23 live at 荻窪ロフト 共演はフライング・グライダー
1975.12.23 「クリスマス・コンサート」(live at 新宿厚生年金小ホール)
1975.12.31 「グッバイ・コンサート・第2部=カモン・ロマンス・ベイビー」(live at 名古屋雲龍ホール)に
        出演。 共演はセンチメンタル・シティ・ロマンス、愛奴、尾関ブラザーズ、デキシー・ダウン
1976    この時期の山下のcm作品は「不二家ハート・チョコレート」「ロッテ・ヤンシー」
       「 日本自転車振興会」「資生堂・mg5」「イチジク浣腸」「スズキ・バングル」
       「ナショナル・まきまきか〜る」など
1976.02.24 「第2回音協スターライズ・コンサート」(live at 都市センターホール)で山下、解散を発表 。
1976.03.04 山下、吉田美奈子の「minako week」(live at 新宿紀伊国屋ホール)にゲスト出演。
1976.03.05 大貫、吉田美奈子の「minako week」(live at 新宿紀伊国屋ホール)にゲスト出演。
1976.03.25 山下、大滝詠一、伊藤銀次とともに「niagara triangle」発表。
1976.03.29 山下「ナイアガラ・トライアングル」(live at 芝abcホール)に大滝詠一、伊藤銀次と出演。
1976.03.31-04.01 荻窪ロフトにて解散ライヴ
●after
1976.04.01 「ナイアガラ・トライアングル」名義でシングル「幸せにさよなら」発表。
1976.05.28 山下、live at 荻窪ロフト
1976.08.25 大貫、アルバムに先立ちシングル「時の始まり」が発売予定だったが、中止となる。
1976    大貫プロモーションシングル「愛は幻/one's love」発表。
1976.09.25 大貫「grey skies」発表。
1976.10.06 大貫、live at 新宿ロフト 共演は斉藤哲夫、遠藤賢司
1976.10.10 大貫、南佳孝&ハーバー・ライツの「city nights」(live at 日仏会館ホール)にゲスト出演。
1976.10.15 大貫「プレミアム・ショー」(live at 新宿ロフト)
1976.12.22 大貫「osamu cocert」(live at 郵便貯金ホール)に出演。
1976.12.25 山下「circus town」発表。
1976    大貫、新バンド結成。
       メンバーは坂本龍一、原宏一、寺尾次郎、藤井章司。
1977.03.05 大貫、1stシングル「明日からはドラマ」発表。
1977.05.07 大貫「ベター・デイズ・パート 2」(live at 日比谷野外音楽堂)に出演。
1977.05.25 山下「spacy」発表。
1977.05.27 山下「シングス・フロム・サーカスタウン・トゥ・スペイシー」(live at ヤクルト・ホール)
1977.06.18 山下「センチメンタル・パーティー 2」にゲスト出演。(live at 中野公会堂)
        出演はセンチ、ランニング・ベア、いとうたかお。ゲストは他に青山徹(元 愛奴)
1977.07.05 大貫、2ndシングル「サマー・コネクション」発表。
1977.07.25 大貫「sunshower」発表。
1977.09.24 山下「ロフト・スペシャル・セッション」(新宿ロフト)に参加。
1978.05.25 山下「it's a poppin' time」発表。
1978.09.21 大貫「mignnone」、シングル「じゃじゃ馬娘」発表。
        「mignnone」は元々は「抱きしめて」というタイトルだったが、発売前に変更。
1978.12.20 山下「go ahead」発表。
1978    山下、細野晴臣、鈴木茂と企画盤「pacific」発表。
1979.01.25 山下、1stシングル「let's dance baby」発表。
1979.04.05 山下、2ndシングル「愛を描いて」発表。
1979.10.21 山下「moonglow」発表。
1979    山下、シングル「永遠のfull moon」発表。
1979    山下、プロモート用カセット発表(のちに「come along」として発売)。
1979    山下、映画「限りなく透明に近いブルー」のサントラに参加。
1980    山下、バンドと吉田美奈子と共にfmのプログラムで、スタジオ・ライヴ
1980.03   山下「come along」(カセット)発売。
1980.05.01 山下シングル「ride on time」発表。
1980.07.21 大貫「romantique」発表。
1980.08.21 大貫、シングル「carnaval」発表。
1980.09.16 山下「ride on time」発表。
1980    山下シングル「マイ・シュガーベイブ」発表。
1980.12.05 山下「on the street corner」発表。
1980    山下「tatsuro yamashita from niagara」(ナイアガラ時代のベストアルバム)発売。
1981.01.21 大貫、シングル「ふたり/愛にすくわれたい」発表。
1981.04.01 シュガーベイブのシングル「down town」発売。
       カプリングは山下達郎「パレード」。
1981.04   コンピレ「niagara fall stars」にシュガーベイブのデモテープなど収録。
1981.05.21 大貫「aventure」発表。
1981.06.21 大貫、シングル「恋人達の明日」発表。
1981.07.21 大貫、シングル「チャンス」発表。
1981.10.21 大貫、シングル「黒のクレール」発表。
1981.12.02 ボックスセット「niagara vox」にシュガーベイブ「down town」の別ミックスなど収録。
1981.12.25 大貫「early times1976〜77」(パナム時代のベストアルバム)発売。
1982.01.21 山下「for you」発表。
1982    山下「for you」プロモーション用にピクチャー・ディスクを製作。
       b面は「9 minutes of tatsuro yamashita」(13曲メドレー、達郎チャンチャカチャン)。
1982.04.05 山下シングル「あまく危険な香り」発表。
1982.07.21 山下「gratest hits of tatsuro yamashita」発表。
1982.09.21 大貫「cliche」、シングル「ピーターラビットとわたし」発表。
1983.01.05 山下、大貫、fmのプログラムで共作・共演(「魔法を教えて」)

hirutanpage
2006.11.23.rev.17