CLEVERについて
活動内容
活動実績

スタッフ募集
BBS
最新イベント情報
コラム集
1.「志望動機が死亡動機?」(上)
2.「志望動機が死亡動機?」(下)
3.「内定ブルーは終わらない。」

4.「新人とは」
5.「最後の、最初の3ヶ月」
6.余は如何にして社会人になりし
7.現在にたどりつくまでの道のり
メーリングリスト集
メーリングリスト詳細
経営ML
CLEVER NEWS
社長交流会
その他
ご質問・FAQ
イベントのお申込み

問合せ

会員登録大募集 最新イベント情報  

この事業の成功は、弊社の現常務である野口幹雄さんの情熱以外の何者でもないと思います。当時、牛角FC本部を経営するレインズインターナショナルの西山社長から三軒茶屋で繁盛した焼肉屋を広めたいとベンチャー・リンクにオファーがありました。新卒で入社して3年目の彼がこの焼肉事業に惚れこみ、 西山社長と一緒にベンチャー・リンクの経営陣を情熱をもって口説き落とし業務提携が実現しました。提携後も彼は本部の細かな実務までもこなしながら、全国の中小企業を回って牛角のFC事業を販売しました。彼なくして、この成功は絶対にありませんでした。

ベンチャー・リンクとしての提携後の具体的支援は、まず、フランチャイズとして全国に広めていくためのパッケージ化のコンサルティングを1年かけておこないました。その後、全国の中小企業様にフランチャイズビジネスとして販売する営業開発業務と店舗のコンサルティングをするスーパーバイザー業務を請け負いました。私は弊社スーパーバイザーの第1号として15店舗を担当し、かつ常務取締役という肩書きを頂いて本部構築にも関わりました。
また、本部には人が足りていない部署がいくつもありましたので、弊社から人を送り込み、実務を一緒に行いながらこのビジネスを立ち上げていきました。

スーパーバイジング業務においてですが、店長やオーナーだけではなく、アルバイトにも経営を教えることを強く意識しました。接客や調理だけではなく、彼らに経営をおしえることによって、人生観、仕事観、仕事の仕方を学び身に着けてもらう。それによって、社会に貢献できる人財として世の中に送り出す「人財育成輩出機関」となることを標榜しました。

当時、外食業界ではアルバイトに経営に参画してもらうなどという考え方はありえないと言うのが常識でした。しかし、私たちは「お客様を応援団に、アルバイトを経営参加者に、店長を経営者に、オーナーをスーパーバイザーに」というコンセプトを掲げ、それを実現することに成功しました。

スタートは店舗理念つくり。これをオーナー、店長、アルバイト全員でやります。その後、その理念を実現する為の目標を明確に決めます。これは定性的な目標は勿論のこと、売り上げ、コスト、利益、お客様満足度といった経営管理指標における定量的なものも明確にします。そして具体的な行動計画を作成し、行動です。アルバイトは3ヵ月後の目標に対し、各月、各週、そして毎日の目標を追います。毎日毎日目標の達成度合いを確認し、ギャップがあればそれをどうリカバリーするかを考え次の一手をうつというPDCA(計画→実行→検証→改善)のサイクルをいかに早く回すかを体験を通じて覚えてもらいます。あわせて、組織の作り方、組織風土の作り方も学んでもらいます。
その結果、自分たちのお店なのだという自覚が生まれ、時間が遅い状態でお客さんがいないときは、人件費を考えて自発的にあがるアルバイトや売り上げの悪い月には開店前に呼び込みをするアルバイトが出てきたりました。

6年前にレインズインターナショナルさんが、しゃぶしゃぶ温野菜を立ち上げましたが業績が思わしくありませんでした。ですので、30店舗でオープンを一旦ストップし、4店舗に特化したコンサルティングをすることによって業績改善ノウハウを作り、それをもって残りの27店舗を立ち上げる方針をとりました。
4店舗の平均売り上げが450万/月のところを3ヵ月後に700万/月にするミッションでしたが2店舗が残り一週間で100万のギャップを抱える事態になりました。このギャップを埋めるための施策の一つに法人営業がありましたが、今までの法人営業ノウハウではギャップを埋めるに至らず新たなノウハウを1週間でつくる必要性に直面したのです。
ギャップのあった店舗の一つに浦安店があったのですが、私がそこのノウハウ開発を担当しました。まず、近隣にあったオリエンタルランドさんの社員の方々にご来店いただく為に電話で相談をしたのですが、法人提携をする時期が過ぎてしまったので来年また連絡してほしいと断られてしまいました。しかし後にも引けず熱意を持ってアピールし必死に説得、なんとかお会いをするところまでこぎつけました。当日は、業態の説明をするだけでなく、成功体験を通じて社会に貢献できる人財育成を店舗理念に掲げ経営をしていること、今月の目標をアルバイト達に達成させてやりたいということを熱くアピールしました。結果、その理念に共感頂き、全部署に告知していただくことになりお店は大繁盛。他の店舗も同じ方法で法人営業をしたところ、見事にギャップを埋めることに成功したのです。
ある店舗では富士通さんのイントラに掲載いただき、3日間、開店時から閉店まで富士通さんの社員の方で埋まってしまったということもありました。とにかくこの法人営業の成果は凄まじく、そのことを担当者が書いた日報のタイトルが「唖然呆然、お客様が応援団に!」だったことから、「お客様を応援団に」というコンセプトが生まれたのです。

この施策が、その後 「理念共感法人営業」というノウハウとなり、温野菜復活の大きな武器となりました。

新卒社員の教育は、日本で一番力を入れていると言っても過言ではないと思っています。例えば、内定から入社までの10ヶ月の間に月1回の研修が開かれ多くの課題が与えられます。入社した時点でテストがあり、目標は去年の先輩を越える、です。この研修は「日本一成長する内定者プロジェクト」と命名しており、他社の内定者と比較して自分が一番成長したという自信を持って入社してもらうことを目標としています。ちなみに、この研修は強制ではありません。任意参加ならぬ決意参加です(笑)。本気でこの研修に取り組みますという決意書をかかないと参加できません。そのため研修ではなくプロジェクトとなっています。
研修内容の一部に、経産省が主導する人財育成プロジェクトの委員をされているアクティブラーニング社の羽根さん講師によるビジネスマン基礎講座もあります。これによって、入社前からビジネスマンとしての基礎となる土台をつくって入社してもらいます。既にスタートしていますが内定者からはかなりの好評価をもらっています。

私たちも力を入れていますが、他の企業のような「就業体験」とはかなり違います。具体的にお話しますと、「就活生応援プロジェクト」をコンセプトに「VL Academy」という就活生を応援するためのインターンを8月から来年の2月ごろまで毎週1,2回開催します。期間は忙しい学生のスケジュールも考慮して、全て1日での開催です。内容としては、
・7つの習慣におけるミッションステートメントの作成方法
・心からの共感できる企業の選び方
・ビジネスモデル体感セミナー  など計8つあります。

勿論、「就業体験」的な長期的なインターンも希望があれば受け入れております。

他のコンサルティング会社はわかりませんが、私達は、企業家精神を持っている人、つまり業を企てようとしている人を求めています。自分の仕事は自分で創り出す、自分の人生は自分で切りひらくです。論理的思考能力や、感受性の豊かさも重要ですが、自分で仕事を創り出す意識を持っていなければ、私達の会社で成果を上げることは難しいと思います。

他社には無い採用基準は、自分たちがこの学生の人生に腹を括れるかどうか、という視点でしょうか。どんなに素晴らしい面接をしたとしても、その学生の未来の可能性を見極めるのは難しいです。ですので「この学生の将来に腹をくくる。彼を責任持って育てる」という気持ちを私たちが持つことができなければ採用しません。

よって、リクルーターには、「その学生の人生を相手以上に本気で考えるように」と常に腹をくくって採用活動をするように言っております。そのため、学生もリクルーターもお互いに腹をくくらないとなりません。その結果、入社してくる社員はベンチャー・リンクに対してのロイヤリティが強いですし、辞めません。成長も早いです。


何かしら高い目標に設定し、本気でやり遂げることをした方が良いと思います。高い目標ほど途中で挫折することが多いですが、それを乗り越える経験をしてきほしい。最近の学生は、挫折の経験が非常に少ないと思います。そして、ビジネスの世界で始めて挫折を経験し、そのまま立ち直れない方が年々増えているのではないでしょうか。人生において挫折をどう乗り越えてきたのかが人間としての重要な土台になり、そして、その方の人間的な魅力にも繋がるのではないかと思います。


挫折を多数しましたが、そのたびに乗り越えてきました。個人的に大きな挫折を1つ挙げますと、大学にいかなかったことです。大学にいくことに意味を感じない、などと勉強しない自分に言い訳をつけていました。その後、自分に言い訳をしながら生きてきた本当に情けなく格好悪い20代だったと思います。この大きな挫折をベンチャー・リンクの仕事を通じて乗り越えることができたのは、私にとっては大きな財産となっています。

人生は挫折の連続ですので、失敗を前提にチャレンジをしてください。また、自分が乗り越えられない挫折はありません。必要だから挫折が起きるのだと思います。それを成長するチャンスだと考え、挫折に向き合って(つまり自分の内面に向き合って)逃げずに必ず乗り越えてください。 内面的に解決しなかった問題はやがて運命として再び出会う、という言葉がありますが、挫折を乗り越えないと、この先ずっとその原因に追いかけられますよ(笑)

はい。お客様である中小企業様からのアジア進出の要望が強く、可能性を模索するべく中国の深センと台湾に子会社を作り、外食の直営店を展開しトライアルを繰り返している最中です。
アジア以外の国でも事業をしたいという方もいるかと思いますが、ベンチャー・リンクは主体性を尊重している会社なので、自分の夢の実現をしていくという強い気持ちとしっかりとした裏づけをもって役員を説得する事ができれば、世界中どこにでも進出していく可能性があります。

実はアジアの進出も、お客様の要望が多かったという理由もさることながら、社員のアジア展開の熱い思いが役員陣を動かしたという背景があります。

特に学生の皆さん、OneDayインターンシップでお会いしましょう。「ミッションステートメントの作り方」は毎回私が進行役をしています。皆さんの就職活動を成功するためのきっかけを少しでも持ってかえって頂けることお約束します!

注釈:
*1:7つの習慣:スティーブン・R・コヴィー(著)で一般にビジネスマン向けの成功するためのバイブルとして扱われているが成功哲学、人生哲学、自助努力といった人間の生活を広く取り扱った内容になっており、人間の本質が読み取れる。世界で1,500万部以上を売り上げ、人気を博した。また、この書籍を基にしビジネスマン向けのプログラムも用意されており、フォーチュンランキングTOP100社のうち90%が社員教育プログラムとして導入した実績がある。


インターンシップの採用ページ 
http://hr1.venture-link.co.jp/
申し込めるページリクナビ 
http://rikunabi2009.yahoo.co.jp/bin/KDBG00200.cgi?KOKYAKU_ID=5326820001&MAGIC=YUK
KRsCoezFBYgAA

http://sucseed.jp/