最近読んだ本

タイトル 著者・訳者 コメント -> 個人的評価
Competing on Internet Time Michael A. Susumano

David B. Yoffie

MIT SloanでStrategyを教える Prof. Cusumanoの書いた本です。 NetscapeとMicrosoftがどうやって戦ってきたかに関してかかれています。かれはNetscapeの戦略をJUDO Strategy(自らの機敏により相手の力を利用して自分より大きな相手を倒す),Microsoftの戦略をSUMO Strategy(力ずく)と名づけています。 Cusumanoは日本語も話せるほど日本通みたいです。
Microsoft Secret Michael A. Cusumano

Richard W. Selby

MIT SloanでStrategyを教える Prof. Cusumanoの書いた本です。Fall TermにSoftwareBusinessという彼の授業を受講したときのReadingAssignmentでした。 以前からMicrosoftは,技術というよりもビジネス戦略の会社だなぁと思っていましたが,それだけでなく,Managementのすばらしい会社だということが伺えます。 → ○
Clock Speed Charles H. Fine MIT SloanでSupply Chain Managementを教えるProf. が書いた本。 すべての産業は垂直統合型->水平統合型->垂直統合型->水平統合型と,その形態を変化させていくことをDouble Helix(二重螺旋構造)とか言って説明してます。パソコン産業や自転車産業を例にあげていたりしてなかなか面白い本です。 Management of Technology Program向けにプレゼンテーションもしてくれました。 → ◎
Community Building on the WEB AMY JO KIM WEB上に良いコミュニティを作るために、何に注意したらよいかということがかかれています。 それなりにおすすめ! → ○
WHY WE BUY PACO UNDERHILL 作者が永年の研究として、店頭での顧客の購買行動を調査したものをまとめてあります。 例えば、男性は女性に比べて『試着したときに購入する可能性が高い→だから男性に試着されるように店舗を作ったほうがいい』なんてことが、調査結果データにより証明されています。 かなりおすすめ! → ◎
人間とは何か マーク・トウェイン著

中野好夫訳

トムソーヤの冒険で有名な、マーク・トウェインの晩年の作品。 人間は機械のようなもので、自分では何も生み出すことができない。 なぜならば、その行動や思考のすべては外部の力によってもたらされたものであるから・・・ ということが書かれています。 一部難解なところもありましたが、人間や自分自身について考えてみる上で、読む価値はあると思います。 → ○
コトラーの戦略的マーケティング フィリップ・コトラー著

木村達也訳

ノースウェスタン大学のコトラー先生のマーケティング授業ノートをまとめ直したという本ですが、ツールやモデルが羅列してあるだけという感じであんまりピンときませんでした。 読書用というよりは、ここででてきたキーワードを元にディスカッションをしてはじめて有用になる本なんでしょう。→ △
日本の競争戦略 マイケル・E・ポーター

竹内 弘高

HBSのProf.Porterと一橋大のProf.竹内の共著。 日本が再び競争力を持つためにどうしたらいいか?について書いています。 → △
人間を幸福にしない日本というシステム カレル・ヴァン・ウォルフレン著

鈴木主税訳

世界一の賃金水準をほこる日本の人々が、どうして幸せではないのか。 長時間労働、高い物価、さらにそれを「しかたがない」と考えてしまう考え方などさまざまな理由が考えられるが、その真髄にあるものはなんだろうか? ということが書かれています。 ロッテムダム生まれのジャーナリストである著者が、日本に長年暮らす外国人という第三者的な視点から日本の問題の真髄を明確に示している。日本人ジャーナリストや学者には、気付いていても書くことのできない問題提起をしていることに価値を見出すことができる本。 → ○

 

面白そうなので買ったけど,まだ全部読んでいない本

The Innovator's Dilemma Clayton M. Christensen HBSのProf. Christensenが書いた名書。IntelのA.GroveがManager全員に読ませたというほど,ぞっこんの戦略書。 古い技術製品から,次世代の技術製品への遷移がどれだけ難しく,どれだけ大切かということが書かれています。 ChristensenがMOT向けにプレゼンテーションをしてくれたときに,本に直筆サインをもらってしまいました。 宝にしよっと。
Information Rules Carl Shapipo

Hal R. Varian

 
Crossing The CHASM Geoffrey A. Moore  
アメリカを幸福にし世界を不幸にする不条理な仕組み カレル・バン・ウォルフレン  
The Strategy Focused Organiztation Roberts. Kaplan

David P. Norton

 
その他多数・・・