とっぷへ

薬剤師国家試験アンケート結果

アンケート内容
@名前(ハンドルネームでけっこうです。)
A大学名
B国試結果(第○回 合or不)
C自己採点結果(○点)
D使っていた参考書(いくつでも)
E参考書の良かった点悪かった点
Fお薦め参考書・やめたほうがいい参考書
G予備校に通ったか
H通った人のみ…通ってみた感想。(お勧め予備校)
模試を受けた方は模試の点数(いつ受けたか・どこの模試か)
I得意科目・苦手科目
Jお薦め勉強法、お薦めできない勉強法
K平均勉強時間(1月・2月・3月)
L何かゴロ合わせがありましたら教えてください。
 (予備校で教わったものなどは除く。著作権の問題)
 出来れば、(そのままコピーできるように)
 ゴロ合わせ集と同じような形式で書いてくださると助かります。
 ・お題
 ・ゴロ合せ(ゴロの中にお題にちなんだフレーズが入ってるとわかりやすいです)
 ・ゴロの説明
 ・コメント  という感じです。
MこのHPの中のゴロ合わせでお薦めできるものは?
Nこれから国試を受ける後輩達にメッセージをどうぞ!

Lの回答については、
ゴロ合せのほうに追加予定です。

回答はほとんどコピーして使わせていただきました。
編集などしてないので、お気づきの点がありましたら
ご報告ください。
合否が書いていないものは、発表前に送っていただいたアンケートです。

アンケートを送ってくださった方ありがとうございます。
まだまだ募集中ですのでお暇があったら送ってください。

@ 美ヶ原  
A ひみつ
B 第86回 たぶん合格
C 195点(解なし除いて)
D 黒本一式 + 青本−医療薬学V(病態整理学)+ 黄本一式
E 黒本
   利点−基本的なことが抑えられており、過去問(黒本と同じ社の)
      といっしょにやると効果的。黒本は余白が多く、過去問で詳しく
      書かれている事や自分が重要に思ったところなどをその余白に
      書けるので、最終的には自分専用の辞書みたいになって
      とても力強いです。
   欠点−黒本はバランスよくまとまっているんですが、医療薬学、特に
      病態生理・薬物治療は文章が簡単すぎて、初めてやるには
      わかりにくいです。
  青本
   利点−黒本の病態生理に弱い欠点を見事埋めてくれます。
      詳しすぎるって言われてますけど、辞書代わりに黒本のお供に
      活用すれば先生以上に理解できちゃいます。(冗談ですけど)
   欠点−一冊しか使ってないのでわかりませんが、基礎薬学は使えないって
      聞きますよね。
  黄本
   利点−なんといってもシンプル且つ憶えやすい+見やすい。
      黒本とかでは大量にページがある(例えば分析とか、薬物代謝とか)
      のは一人ではなかなかやる気になれませんが、黄本のページ数だと
      やる気になり、自分の手付かずな弱点を埋められます。
   欠点−といっても独学ではできないんですよね。あれは薬ゼミの講義があってこそ
      のスーパーテキストてことなのかな?
F オススメ! 黒本一式 
        青本(病態生理、薬理学もあったほうがよかったかも) 
        黄本+薬ゼミ講義付き
  やめといた方が・・・
        ナビデータ(かなり間違い多い+専門外担当者が書いてると思われる
              解説が、受験生を混乱させてました、実際友人も。)
G 予備校には行ってません。でも、うちの大学は薬ゼミの講師を呼んで
  半予備校のような直前講義を行いました。そのためうちの学校は結構結果が
  よかったと聞いたのでそういう講義がないヒトには予備校もアリじゃないでしょうか。
  *薬ゼミの薬理学担当・古庄先生の講義は必見!ですね。
H 模試;11月下旬 水道橋薬科セミナー 144点
     12月下旬 テコム       177点
     3月上旬  薬ゼミ       182点
    (すべて自分の学校でやりました)
I 得意科目;薬理学、病態生理学、薬物治療学
  苦手科目;有機化学、分析学、製剤学、薬事法規
J オススメ! 
   過去問5年分は夏休み〜11月までには一回やる。そのときに黒本などに
   どんどん書込みして、印象付けると一回しかやらなくても意外に憶えてるんです。
   黒本に付いてる問題は基礎薬学、衛生、薬事、薬物動態、製剤学は
   何度もやるのがGood!医療系の問題はやって損はないと思いますが
   一回やるぐらいであとは黒本+青本を読み読む読む!!ですね。(理解するまで)
  やめときー!
   ただ漠然と問題を解いて、できたできない、ってやるのは絶対×!
   間違ってるならマークして、自分で適切な正の文章になるように
   実際書いてみる方が断然いい! 
K 直前は講義4時間半 + 在宅2時間 
  直直前は1〜2時間ぐらいテキストをザッと見て、
  あとは予想外な難しさになったときにパニックにならないよう
  イメージトレーニングがグ〜!
LM ゴロはあまり使わなかったです。ゴロを作るのも苦手だし、
   ゴロが混ざってしまって一回泥沼状態になってしまったので
   あまり使わなかったです。
   でも一つわかったのは、ゴロはヒトから耳で聞くと相当残るってことです。
   ですからここのページのゴロも友達同士で教えあったら
   すごい強い味方になるんじゃないでしょうか。

N 国試問題は学校の講義がほんとそのまま出ます(9割は絶対)。
  授業は嫌でもなんでも出て、すべて聞いてみよう!
  絶対損はしないから!


@ユナ

A明治薬科大学

B86回

C153点(解なし除く)…たぶん落ちます。(; ;)

D青本、黄本(大学で薬ゼミ講義があった)
 テコムの国試がよくわかる本(81〜85までの国試+?が分野ごとにのってる)

E青本→索引が少ない。色使いが見やすかった。全冊そろえたわりに活用してなかった。
 黄本→よくまとまっていた。でも書き込みをしないとこれだけでは不十分だと思う。
 薄くてうれしい。
 テコム→1番よく使った。最初にまとめがあって、そのあとにその分野の国試があったし、
 問のすぐあとに回答と、ポイントのまとめがあり、さらにくわしい解説やまとめなどもあり、
 とても見やすいレイアウトですごくやりやすく、解説もわかりやすかった。
 回数ごとの1冊の国試の解答ではあんまりわかりやすく書かれているのが
 無かったので6年分の過去問をもっていたけれど購入しました。
 とにかく過去問と思い繰り返しやりました。

Fオススメ→テコムの国試がよくわかる本
 やめたほうがいい→青本(のちに黄色本を買うのなら。
 図書館で借りてみて、すごく自分にあっていたら買ったほうがいいと思うけど、
 全冊一括で購入とかはやめたほうがよいとおもう。
 参考書としては黒本の方が細かいし。青本みてわからないところは黒本をみた。)

G通ってない。でも大学で薬ゼミの講習がありました。

H薬ゼミ→9、11月と直前講習。
 9、11月のときは何をやってよいのかわからなかったのでよかったと思う。
 直前では貴重な時間を取られているような気がして出ない教科もあった。
 でも最後の確認の意味で余裕のある人は出た方がいいと思う。

I得意→薬剤の計算問題、薬事法規
 苦手→生化、製剤、     

Jお薦め→過去問をひたすら解く、わからないとこを参考書とか使って理解する。その繰り返し。
 やめたほうがいい→青本とかの分厚いものを最初から丁寧に読んで覚えようとする。
K1月→10時間(卒試があった)
 2月→2,3時間
 3月→5〜7時間 
     *卒試2次が2月始めにあり、卒業が決定した後は勉強しなかった。

M沢山あります〜。
 好きなのは 「降参か、エース!」 分かりやすい!しかも卒試1次ででました〜。
 (^0^)
 あとビタミンの生理作用は大変助かりました。(いつも出てこなくなるので)
 「フロッピー、パラソルで安心」「かったるくって捨てまくったら国試滑った」は
 製剤苦手なので何度問題用紙に書いたことか。
 まだまだあるけどピックアップしました。

N卒試が終わったからといって気を抜かずに最後まで頑張って下さい。
 (息抜きは必要だけど。)
 国試は1年に1度しかないし、就職にも影響する場合もあります。
 それにボーダーラインは切ないです。(;_;)
 花粉症の人は薬を飲むと眠くなり、つらいとおもいます。
 早め早めにマスクをするなどの対策が大切です。健康管理も大事だと思います。


@正しい街

A共立薬科大学

B第86回 たぶん合????

C176点

D黄本

E要点しか書いてないので、いろいろなことを書き込んで覚えられました。
 でも、書き込みがいっぱいになってかなり見にくくなりました。

F過去問の黒の解説に載ってたところがかなり出ていた気がします。
 (参考に書かれていることなど)

G通ってないです。でも、学校に薬ゼミの先生が来てそれには8割は出席しました。

H薬ゼミの授業でやっと理解できた範囲もあってかなり役に立ちました。特に動態、物化。
 3/5,6にあった薬ゼミの模試は6割ちょうどくらいでした。

I得意科目〜生物系全般(生化、免疫、機能形態、薬理、薬治)
 苦手科目〜薬物動態

Jお薦め勉強法〜問題を解いて知らないことを参考書で確認し、書いてなければ
 どんどん書き込んでいく方法。
 お薦めできない勉強法〜まとめを作ること。膨大な量になって、とうてい無理。

K1月〜ほぼゼロ
 2月〜8時間ぐらい
 3月〜前半は8時間、後半は3時間ぐらい

Mよく使った順に
 主なビタミンの生理作用
 抗酸化作用のあるビタミン
 脂溶性ビタミン
 炭素数と脂肪酸
 ヨウ素の半減期の長さ
 グラム陽性・陰性菌
 滑沢剤
 生薬の生合成経路
 生薬のミカン科、リンドウ科、セリ科
 精油

Nうちの学校の○鼻先生曰く、
 「国試なんてやりゃあ受かるんだよ。やんなきゃ落ちるんだよ。」
 ごもっとも
 (全くであります。○鼻先生は相変わらずですね。by管理人)

@マサ’2001

@昭和薬科大学

B第86回たぶん合格

C162点

D黒本(薬事法以外)、黄色本、薬事法は学校のテキスト

E黒本は問題で傾向と対策していく感じなので問題数が多すぎる所もあれば、
 新範囲の所はつらいし、よく見れば国試70回代しかなくて、
 もう古いよ、こんな範囲もうでないよ・・・って所もある。
 矛盾してるかも知しれないけど古い問題は基礎定着にすごく役立つ!
 他の本はいきなり応用だもんなぁ〜
 黄色本:範囲が狭い。発売が直前名だけあって新傾向などきちんと押さえてるので。
 最終チェック用。
 薬事法は学校の方針(昭薬大)として学校テキスト。

F黒本がお勧めだが。自分の感想としてどの参考書でも
 一つに決めてしっかりやること!だと思う。
 参考書ではないが、国家試験近くなったら緊急安全性情報を見たほうがいいと思う。
 最近の国家試験は新しい薬剤。
 新しい相互作用がでたりしてますよ。。。

G公開講座に1回通った(日本医歯薬研修協会の薬事法)

H薬事法を、どう勉強すればいいのかは分かったが、
今考えれば、学校のテキストで過去問中心の勉強がいいと思う

I得意科目:衛生。不得意科目:薬物動態

Jゼミの人が言ってたとうり、試験直前は衛生をやるべきだと思う。
 得意不得意関係なく、すぐ忘れる科目だし。
 試験を合格したいなら、頭に残すだけでいいと思う。

K1月(6時間)。2月(11時間)。3月(15時間)

Mビタミンのゴロはサイコー!!です(^^)
 あと??遮断薬全般
 今の所ぜんぜん廃れてませんよ!!
 しかし新薬で?1遮断のナフトピジルなるものでてきたので
 そうでしょうか・・・そして黄色本ではタムスロシン(?1A遮断)、ナフトピジル
 (?1D遮断)なんて分けてきてますから5,6年後には分けた問題も出現するのかなぁ〜?

N新薬の知識は少なからず勉強したほうがいいといったほうが良いのではないでしょか?
 これは直前講習が役に立ちましたもん・・・
 ことしから回答方式、方針が変わってきてますので要注意。
 明らかに正誤表が減ってます。そして2つ選択、3つ選択させる問題が増えてます。
 うちの大学ではこうゆう傾向になっていくだろうと予想してた教授がいました。。。
 そして今まで見たいに2問、3問あってれば正解が導ける問題というのも減っていくらしいです。
 現に86回は選択肢がうまくできてました。
 しかしそれの対策はないと思いますが慌てずに回答すればおのずと正解は導けると思う。
 予備校は予想ははずすが、傾向は当ててくるので聞く価値はあると思う。
 そして最後にいろいろ手を出すより一つの参考書を何回も見直し仕上げることをお勧めします。

1 zun1

 2 城西大学

 3 第86回 合格

 4 156点(基礎 38/60 衛生 26/40 法規 14/20
      医療T 35/60 医療U 43/60)
 (厚生労働省の解答による採点、解なしは正解にしました)

 5 青本(基礎1・2、衛生、医療1・3)
    黄本(基礎1・2、衛生、法規、医療1・2)
  黒本(医療1)
  すべて「大学での国試対策講義に使う」ということで
  購入したが、青本は衛生以外はあまり使わなかった。

 6 良かった点
  目次を通して全体的な範囲を把握できる

  悪かった点
  索引が使いづらい、間違いが多い(共に青本)
  (年末あたりに参考書不信になりました)

 7 お薦め 黄本の基礎2(良くまとまっていたと思う)
       黄本の法規(法規はこれしか使わなかったが
       14点取れた。大昔の過去問がかなりあり、
       「こんなの出るかぁ?」とも思ったが、ひっかけの
       ポイントがよく分かったと思う)

  8 通わなかった

10 得意 基礎U 苦手 基礎T

11 お薦め勉強法
  知識を科目毎に分断せずに、出来るだけ他の科目とも  関連させながら勉強する。
  例:薬理と生物系など
  関連させたら、どの本のどのページを見ると、
  その内容が書かれているかを書きこんで、何度も見直す

  お薦めできない勉強法
  長時間ダラダラやる
  問題をやらずに参考書だけ見ている

12 (よく覚えてないので推察です。1月は大学の講義含む)
  1月 9時間/日 2月 7時間/日 3月 5時間/日

14 全部!と言いたいところですが、医療系、衛生系に
  特にお世話になりました

15 解けなくてもいいから、早い時期に過去問(国試でも卒試でも可)
  を一通りやって、どんな事が問われるかをチェックし、
  自分(の知識)に何が足りないかを早く把握してください。

  全く分からない問題に遭遇したときでも、自分の知識をフルに
  使って一つでも選択肢を減らす努力を毎回してください。

@しむ

A九州大学

B86回初受験

C176ぐらい(日本医薬アカデミー)
   (基礎=39,衛生=37,薬事12,医療1=42,医療2=46)

D黒本(薬事以外)、国試が分かる本(薬事)、
   テコムの模試の解説書。
   参考書ではないけれど、今日の治療薬2000

E黒本は今更言うこないと思います。
   国試が分かる本は問題が少なかったけど時間が少ない人には良いと思いました。

F黒本はいい参考書とは思いませんが、黒本は裏切らないと信じてました。

G予備校に通うほど時間もお金もありませんでした。

H通ってませんがTECOMの模試を学校受験しました。
   私は1回目116点、2回目133点でした。
   本学のレベルは1回目121点、2回目145点でした。

I得意科目=特になし,苦手科目=基礎有機、製剤、分析

Jお勧め勉強法=医療1から勉強を始める。
   黒本で言うと1日目に解説を読んで、
   2日目に前の日に読んだ解説の問題を解くと良いと思います。
   黒本でもどの参考書でも同じだとは思いますが、
   その日のうちに解説を読んで問題を解いて、
   分かった気になってはいけないでしょう。
   3日で一冊を仕上げるぐらいのハイペースですれば実質3〜4週間で、
   黒本でも3通りぐらい通せると思います。
   一通り何かしらの参考書問題集を仕上げれば良いと思いました。

K2000年の間は何もしてません。
   1月=全くしてません。(1/28迄)
   2月=模試(2/3,4)の前1週間7〜9時間、
      その他平均5時間
   3月=カレンダーに書き込んだのをそのまま書きます。
      1=4.5h,2=3h, 3,4=模試 5=0h, 6=4h, 7=2h, 8=6h,9=6h,10=6.5h,
            11=6.5h, 12=8h, 13=13h, 14=13h, 15=9h 16h=3h, 17=10h,
      18=12h, 19=6h, 20=11h, 22=9h, 23=10h, 24=7.5hでした。
      平均=約7時間

LM語呂合わせはほとんど使用しませんでした。   

N本学で普通言われていることは黒本を2回したら合格する。
   1回半で五分、1回で2割と言われてました。
   因みに私は1回半+?と言ったところでしょうか。
   本番で痛感したことは、自分の答えには自信を持って○をつけるべきです。
   迷って変更した答えはほとんど間違ってました。
   薬剤師の就職が決まっていて人生がかかっていると思うような人は、
   こんなことできないと思いますが、全く見直さずに退室した科目が
   最も良くて49点ありました。
   迷って間違った答えをマークして点を落とすよりましでしょう。
   3年生までは部活ばかりしていてほとんど勉強はしていませんでした。
   4年で大学院の試験で少し勉強して、その貯金が少し効きました。
   卒論の発表会が1月下旬にあり、卒論を提出したのが2月初旬で、
   実際に勉強を始めた2月になるかならないかのころです。 
   医療2や衛生などの問題は日頃からニュースなどに触れていれば、
   かなり役に立っていると思います。
   また、一部の国立大学では病院実習(薬局実習)は必修でないのですが、
   これは希望して行った方が国試に関しては勉強になるので、
   合格に少しでも近づこうと思うのであれば、行くべきであると感じます。
   余り参考にもならないかもしれませんが、ご了承下さい。


7
@ざる
A新潟薬科大学
B第87回たぶん合格
C170(解なし除く)
D黒本全部
  黄色本
Eよかった点
  みんな持ってるから、みんなと違うことをやってるのではないと安心できる
  よくなかった点
  知識ゼロ、得意度ゼロ、好き度ゼロ、嫌い度全開、苦手度全開で始めたので
  厚さが嫌になった
Fお薦め参考書
  ・過去五年分の国家試験問題
   夏までにこれをほぼ完璧にする
  ・黒本
   載ってる問題は3回くらいやる。3月には1日1冊できるようにする
  ・黄色本
   まとまっているので、何一つ飛ばさずにできるようにする
  やめた方がいい参考書
   これ以外は、学校での演習に真面目に参加したぐらいで、
   他は使ってないので分かりません
G予備校は通ってません。学校に薬ゼミがきて10日ぐらいの特別演習が12月
  にあったぐらい
I得意科目
  衛星・薬事 医療U
 苦手科目
  基礎 医療T

Jお薦め勉強法
 ・夏までに過去5年分をほぼ完璧にする 
 ・自分用の要点・解説ノートを作る 後々書き足していくので間は余裕を取って
  間に差し込めるようにルーズリーフを使う
 ・黒本の問題を12月までに2回くり返す 3月には一日1冊できるようにする
 ・模試は必ず見返してわからなかったところは必ずモノにする
 ・黄色本はまとめなので何ひとつ飛ばしてはいけません
 お薦めしない勉強法
 ・黒本を最初からご丁寧に読まない!(ダレル 知識が偏る)
 ・黒本のimportantだけコピーしてファイルを作るようなことはしない!(まとまりすぎて
 理解してないことは分かった気になって危ない)

K平均勉強時間
  1月朝9時から夜1時まで(食事〔1-1-2時間〕トイレ&たばこ〔1時間に位に1回10分〕
                  三時のお茶〔30分〕2.3日に1回息抜きドライブ〔全力で1時                         
                  間〕 
  2月朝9時から夜2時まで(同上)
  3月朝8時半から夜2時まで(同上)

Lゴロ合わせ
 学校の先輩からもらったものやダウンロードしたもの

N遊んでる暇がないと思ったら本当にないので決して気を抜かない。
  こいつとつるむとやばいと思ったら距離をおく
  とにかく気合!


@北海道人
 
A北海道薬科大学
 
BC(87回)187点(たぶん合格)
 
D薬事は国家試験対策(廣川書店)、他は黒本
 
E1つの本で参考書と問題集が合体しているので使いやすかった。
 
Fお薦めの本は薬事が廣川書店から出てる国家試験対策の問題集、他は黒本。(黒本の薬事は見てなのでわからない)
 
G予備校には通ってなかったが、国試直前に薬ゼミの講師の講習会が大学主催であった。
 
H大学の先生とは違って、テンポが良すぎて最初はついていけなかった。
 模試は薬ゼミの185回(133点)と187回(154点)をうけた。
 
I得意科目:薬事(国試の自己採点で満点だった。)
 不得意科目:衛生系
 
Jお薦めの勉強法:1つの参考書をマスターすること。
 お薦めできない勉強法:いろいろな参考書に手を出すこと。
 
K10月から2月くらいまでは大学があるときは講義4時間、自習6時間、大学の無い休日は自習10時間。
 2月の下旬に卒業が決まってからは気が抜けてあまりやらなかったが、さすがに国試の直前の2〜3日は過去問500〜600問くらいやった。
 
L理屈で覚えないと頭に入らないので、ゴロには頼らなかった。
 
Mいろいろな参考書の長所、短所が書いてあるところ。
 
N特に私大系の人は基礎が不得意な人が多いみたいだけど、はやめに手をつけておけば点取り問題になる。
 「基礎系の問題を解くには考える力が無いと解けない」と聞いていたけど、そうでもないような気がした。
 大学に入ってからあまり勉強しなかった人は、はやめに勉強をはじめれば点数取れる。
 逆に大学に入ってからそこそこ勉強してる人でも、少し手を抜くと卒業できないこともある。


@ひつじ

A福山大学

B第87回 合格

C180点

D黒本一式+二週間の冬季コース(黄色本)+廣川の電話帳

E黒本のよかった点はすっきりまとまっていて見やすいところです。
 薬理と病態が黒本はやりやすかった。でも、病態は最低限の
事しか書かれてなかったから授業の教科書や他の本で補ったらより
効果的だと思います。
黒本はどの本も一通りまとまって後で考えれば一番よかったと思う。
黄色本は一応はまとまっていたけど、過去問からより重要ポイント
をピックアップしてある本なので、内容も少なくこれだけでホントにいいいの?って
不安なところもあったから黄色本を使って勉強していく方法はあまりお勧めではない
と思う。実際、冬季コースの時に黄色本を使っただけでそれ以外にはほとんど見てい
ません。僕は冬休みは自覚をもって勉強できそうになかったから冬季コースにでたけ
ど、自分で計画立ててやっていける方は特に行かなくてもいいと思います。
でも、黄色本+薬ゼミ講師の授業は良かったと思います。
個人の合う合わないがあると思うので黒本や青本、白本など自分で見て使いやすそう
なものを選んだ方がいいですよ。

Fお勧めは自分がやりやすかった黒本かな。
 結局、黄色本や電話帳をしてみたけど、黒本が一番よかったと思う。

やめた方がいい参考書は僕も買って失敗した電話帳です。
この本は過去6年分の問題が集めてある本だけど、解説がわかりにくいし、答えに
なっていない解説などがあったし、局方の改訂などで内容や、答えが変わっている問
題もそのまま訂正されず、間違った答えのままになっていたから使いにくかった。答
えが一問一答形式で書いてあるため解説に広がりがなく、その問題しか解けなくなっ
てしまう気がしました。

G薬ゼミの冬季コース(2週間)にいきました。

H前にも書いているけど、行った方が一人でするより勉強すると思ったのでよかった
と思う。講義の中には為になる講師と説明が分かりにくい講師などさまざまだったけ
ど、衛生と生化、機能形態(解剖)、薬理の講師の先生は説明が分かりやすかったで
す。僕は有機が苦手だったから有機をとても期待して行ったのですが一番説明が分か
らなくて残念でした。

うちの大学では10月から月一回模試があっていました。点数はおおよそだけど1回目
は118点、2回目は125点、3回目は140点、4回目(薬ゼミ模試)は140点、5回目(日
本薬学アカデミー模試)は135点くらいだったかな。

I得意科目・・・薬理、病態、薬剤、衛生、薬事
 苦手科目・・・有機、薬物動態、物理化学

Jお勧め方法・・・過去問を解いて覚えてもいいけど新しい問題とかが     
出た時は対応できないので一通り黒本などの説明文を読んで問題を解いた方が時間は
かかるけど後々役に立つと思う。又、模擬試験を受けたほうが新しい問題などがある
から為になると思う。

お勧めできない方法・・・黄色本を見ながら勉強すること。過去に出たところがまと
めてあるだけで新しい事はほとんど載っていないのでそれを
見ながら勉強していくのは危険かなって思う。
もう一つは過去問ばかりにとらわれない事。過去に出た問題は解けても応用力や考え
る力がつきにくくなるため、一通りやってみて全て覚えなくていいから頭に少し残し
ておく程度でいいと思う。

K平均時間・・1月は約6時間、2月は卒業試験があったから卒試の勉強しかしてい
ないです。1回目の卒試前から4日間は約10時間、1回目が終わって10日間は全く
何もせず、遊びまくった!その後遊び過ぎに気付き気を引き締め、2回目の卒試前3
日間は約8時間くらいかな。。3月は卒論を書いていたから1週間はなにもできな
かった。その後、卒業が決まって気がぬけていたため国家試験前2週間前まではダラ
ダラ約3、4時間で、国試まで2週間切ってから焦り出して約10〜12時間くらい
やったと思う。

L直前は自分しかわからないような無理矢理ゴロにしたようなものを作っていたた
め、紹介できるようなものはありません。すいません、もしいいのがあったらまた送
ります。

M標準偏差のところのゴロや生化の範囲のゴロが特に良かったと思う。

N自分で一番あったやりかたを早く見つけ、周りに流されずに自分の
 勉強スタイルを探してそれを信じてやって下さい!
今年は特に過去問からの出題が少なかったので、今後も少なくなっていくことが予想
されるから過去問にあまりとらわれない方がいいと思います。焦らずがんばってくだ
さい!!
10
@ココモ

A北海道大学

B第87回 合格

C164点

D黒本一式

Eいいか悪いかも分からずひたすらやっていました。
 黒本しか使っていなかったし、黒本を三回やれば絶対合格、二回でも
 まず合格だといわれていたので。

F黒本(あまり他のものに手を出さないほうがいいといわれつづけました。)
 電話帳なら電話帳、と一つに絞るのが大切な様子。

G通ってません。

I得意科目ー薬物動態のあたり・薬理 苦手科目ー有機化学・分析化学

J私流の黒本のやり方
一周目
  1、参考書にあたる部分を読む
  2、問題を解いて、間違った問題にチェックを入れる。
  3、間違ったところの参考書部分をよんで理解する
  4、1〜3をくりかえしてまず黒本一周。
二周目
  5、二周目はまず問題をやる
  6、間違ったところを理解する
  7、間違ったところ以外のも軽く読んでおく
  8、二周目終わり
三週目
  9、二回やってもまだ間違うところをチェックしつつ問題を解く

  と言う感じです。
  おすすめはまず何よりも薬理から始めること。
  薬理はすべてにつながっている!!あと有機の苦手な人は
  早めに始めたほうがいいと思います。 今回の国家試験は有機で
  (じつは基本がわかればできるらしいんですけど。)
  しょっぱなからかなりやられてへこみました。
  衛生や薬事は点取り問題といってもいいくらいやりゃあできるので
  まず一回ばーっっとやってちょこちょこ息抜きくらいの感じで三回くらい。
  (薬事は二回)ってなかんじかな。ちなみに私は分析と漢方のところは
  一切やらなかった、というかできませんでした。時間がなくて切っちゃった。
  へへ。

K平均勉強時間
  一月…0時間(卒論のための実験をしていました。)
  二月…9日からスタート!でも2・28までは平均六時間くらい?
      28日に模試があって、109点くらいだったような気がします。
      この試験を受けた時点で黒本は一周目のまだたしか薬理と
      薬事と衛生しかやってませんでした。
      本格的にまずい、と思ったこの日。
  三月…引きこもり状態で毎日勉強。
      朝七時に起き、八時から大体12時まで勉強、昼休みを一時間とって
      六時まで勉強、夕飯とお風呂、ビール一本で休憩。
      八時から一時まで勉強。夜の一時に就寝。朝へ続く。
この状態で三月十五日に受けた模試では145点でした。
      ちなみに模試はTECOMです。

      大体チョコチョコやすみをとったりもしていたので多分
      一日平均12〜14時間くらい勉強していたような気がします。

L自分では作ってないです。

M魚絵のマグカップと、ヨウ素の半減期のがすごく好き。
 衛生と基礎薬学ですご〜くたくさん使わせてもらいました!
 薬理は先にやってたのであまり使わなかったな…。
 このホームページもぎりぎりで知ったので。

N私は国立なのであまり国家試験にかける時間もなかったけど、
 実質一ヶ月ちょっとで何とかなりました。
 たぶん「こんな勉強二度としたくない!!」、と思ってやればきっと受かるはずだ
と思います。   
 気合を入れて、集中して、あとは薬理はすべてつながっているので頭の中で
 「どうしてこれがここに作用するのか、この薬が効くとき体ではどういう反応が起
こっている?」
 と関連付けて考えながら勉強することが理解への近道だと思います。
 理解なしの暗記はツライとおもうのです。。。
 がんばって〜(^^)/~~~~~~~~
11
@ヤス

A昭和薬科大学

B第87回合格

C189点

D黒本+黄色本

E黒本は、細かく資料がのっていましたし、また、問題数も多かったので、全部とけ
ば、ほぼ、5年分は、といたことになるでしょう。でも、解剖学とかは、少しマニ
アックすぎかも知れません。その辺は、やっていけばわかるでしょう。
 黄色本は、とても見やすく要点のみを書いてあるので、テスト一ヶ月前位までに、
三回目に手をつけた人は、やってもいいかもしれません。黄色本をやっておくと、薬
ゼミの模試はいい点数がとれると思います。黄色本の薬事法は、お勧めです。とて
も、見やすくのっています。薬事法が苦手な方、こっちをやりましょう。

Fお勧めは、黒本。やめた方がいい方は、別にないです。(というか、他のものは手
をつけなかった。)

Gいいえ。学校で、予備校の先生が、直前にきてくれただけです。

I得意 薬治 不得意 有機

Jとにかく黒本を三回といてみる。そうすると、結構記憶に残るものですよ。
 お勧めできないのは、やたらといろんな参考書に手をつけることですかね。

K大体8時間

N国家試験は、確かに大変ですが、がんばれば必ずとおれると思います。大体8割以
上の人が、受かっていますから。最後まで、あきらめずに、がんばってください。そ
れと、大学4年が今、始まった所ですよね。今のうちにしっかり遊んでおいた方がい
いですよ。一月位に
なったら、目の色が変わるくらい勉強するハメになりますから。


12
@サチ

A東京薬科

B87回 合格

C多分180点くらい

D黒本のみ

E参考書の良かった点
 基本的なことを思い出すにはよい
 余白が多いからどんどん書き込んで自分だけの参考書をつくれる

悪かった点
 病態生理が不十分。学校の授業の方がいいくらい

F他のは使ってないからよく知りませんが青本の薬理が詳しくていいって聞きます

G予備校にはいってません

H1月上旬 薬ゼミ 126点 学校で受けました

I得意科目 生化学、薬理学、薬剤学
苦手科目 分析、衛生

Jお薦め勉強法、かどうかは知りませんが私の勉強法は
とにかく過去門をといていく。黒本は問題が多いので数をこなしていきました。
あとは学校の卒試の問題を覚えるほどやりました。
で、どんどん参考書に書き込んでいきました

K平均勉強時間
1月 2時間?6時間 妙に頑張って6時間なんてやると、次の日は疲れて2時間とか
2月 平均5時間(卒試2週間前から前) 卒試の後は1週間全く勉強なし
3月 3月の卒試(3/4,5)まで後2週間ってことで妙にまじめになって、1日6時間く
らい。その後は1日4?6時間で、卒業式の後は前日にちょろっとしか勉強しませんで
した。

Nこれから国試を受ける後輩達にメッセージをどうぞ!
やっぱりこつこつやることが最大のポイントです。
学校の授業はかったるいけど、でておくべきです。
結構最近のトピックスなんかを混ぜてくれる先生もいますから、自分で使えない参考
書読むよりも絶対得です。
あと卒試の後ちゃんと勉強するべきです。
私は卒試より国試の方が点数がずっと良かったのですが、普通はそんなことないと思
うので、卒業が決まってからも頑張って勉強してください

13
@弥

A第一薬科大学

B第87回合格

C175点

D黒本(基礎T、U)、青本(医療T、U、V、衛生)、でるでる国試。学校内のみ
の参考書の類

E黒本は二色刷りになったので、チェックシートを使用しての問題解答ができるのが
便利でした。個人的に青系の色が好きでしたから、マーカーとかを引くのは青本のほ
うが引きやすかったです。でも索引に載っていない薬がわりとあるので、ちょっと不
便。

F国試前(一月とか二月ごろ)に発売される「出る出る国試」は正文集なので基本を
わかってると、確認だけですむのでとてもよい参考書に思えました。

G通ってません。ただし、校内の予備校教師を招いての授業を受けました。

H模試を受けまして、二月下旬に行われる薬ゼミの模試です(すみません、名前忘れ
ました)確か自己採点は117くらいだった覚えがあります。

I得意科目・自覚はないけれど基礎。苦手科目・薬理。

Jお薦め勉強法、私はとにかく問題をこなしていきました。きちんとやり直しをした
ほうがよりよいのでしょうけれど、時間がないと思うのなら解説を読むだけでも効果
はあると思います。わからなければ自ずと調べるでしょうし。お薦めできない勉強法
はだらだらやること。どうしてもしたければ(というよりしなくてはという観念にか
られるのなら)本を読むのと同じように参考書を最初から読んでいくと、少しは頭に
入るかも(?)

K12、1,2と三月にわたって卒試がありましたので、12月に張り切って勉強をしたた
めか、1、2月はあまり勉強をしてませんでした。(毎日国試を60問ずつ解いていく
とかくらいですね。、皆していたのではないでしょうか。)その分3月は朝から夕ま
でしっかりと勉強をしました。

L 手元にないので別の機会に送ります。

MこのHPの中のゴロ合わせでお薦めできるものは?――たくさんあります。ビタミン
のところとか、添加物、ワクチンのところ、賦形剤、滑沢剤、崩壊剤や、オータコイ
ドなどなど色々活用させていただきました。シンプルでインパクトの強いものは特に
お勧めです。

Nあせるとは思いますけれど、自分のペースで勉強することが大切です。勉強した分
だけ自分への褒美として遊ぶなり息抜きもしてください。根を詰めすぎて身体を壊し
ては何もなりませんから。このサイトを訪れて少しでも多くの情報を得たいと思われ
た方に役立つことを伝えられたかわかりませんが、私は心より健闘を祈らせていただ
きます。

14
1・+α

2・大阪薬科大学

3・第87回  合格

4・180点ぐらい

5・黒本のみ

6・良かった点……試験範囲のほぼすべてをカバーしている。
            詳しい解説→問題という形式が良かった。

  悪かった点……分厚くてやる気が起きない。かさばる。持ち歩くのがうっとおし
い。

7・おすすめ参考書……黒本。黒本の過去問。
  やめたほうがいい参考書……解説が少ないやつは結局自分で調べてちゃんとまと
めを作らなければいけないのでめんどくさそう。それをやって覚えられる人なら全然
いいけど。

8・予備校には行ってない。ただし、9月ごろから大学で定期的に黒本の先生の授業
はあった。

9・黒本の授業は割と良かった。国試のみをターゲットにしているので、少なくとも
大学の先生とは教え方が違います。
模試は3月に学校で薬ゼミのを。5割しか取れなかった。

10・得意……生化
   苦手……丸暗記ものと計算もの。生薬、薬動、分析はとうとう手付かずだっ
た。

11・おすすめ勉強法……授業の板書を黒の余白に書き込みまくり、ビジュアルで覚
える。「たしかあのページの右上に青のペンで書いたはず」くらいまで思い出せるよ
うに。電車通学の人へ。黒本は重いので、章ごとにちぎって持っていくといいです。

おすすめしない……あんまり始めから意気込んでやらない。最後まで気力体力が持た
ないから。早い時期にいくら完璧に覚えたと思っても、ちょっと油断してやらなけれ
ばどんどんわすれていく。国試当日に最大瞬間風速が出ればいい。

12・平均勉強時間 (時間はストップウォッチで測ったもので純粋な勉強時間)
……1月。卒試までは一日中(6−8h)。卒試後はすこしサボってしまいました
(3−5h)。
   2月。学校で直前講座があったが、ほとんど出ずに自分でやっていました。こ
の頃は、まあなんとかなるだろうという根拠のない楽観をもっていました。のちに後
悔しまくることに(2−5h)。
   3月。ひきこもり。朝8時に起きて9時から勉強。あいだに昼休みと夕休みを
入れて夕飯まで勉強。休憩後一時くらいまで勉強(6−9h)。
 試験1ヶ月前になると、一日中ほとんど誰ともしゃベらず外にも出ず、気分転換は
読み古した漫画とネットだけ。視力は落ちまくり、2週間ぶりに外に買いものに出る
も群集が怖くて落ち着かない。こんなすさんだ生活ほんまに嫌だともう二度としたく
ないと思いました。

13・14……ごろはほとんど使っていません。

15・国試勉強は本当に悔いのないようにやったほうがいいです。 
  マークシートごときでその後の生活が左右されるなんてアホみたいだと思います
が、長い人生のうちのほんの数ヶ月の我慢なんだと思って頑張ってください。私は
「4月にやりたいことリスト」を作って励みにしてました。
   あと、予備校の授業なのですが、みんなが行くから行く、というのはやめたほ
うがいいと思います。授業料も高いし。

15
@ヤス
A病院
C三年の12月
D合同就職説明会に行ったりとか。
F病院の面接で聞かれたことは、自己アピールくらい
 調剤薬局は、その他に、勤務したいところ
G調剤一回 病院一回
H四年の10月
 田舎に帰ろうと思ったから。また、病院の方が様々な職種と話すことができたり、
また、勉強もしっかりできそうだったから。
I一位 仕事の内容
 二位 場所
 三位 給料
J 必ずしも、同じ所でずっと働くことがベストであるとは限らないということ。薬
剤師というものは、使える職種なら、結構つぶしがきくので、転職が可能です。その
ため、長期的に考えて、まず、何をしてみたいかとか、よく考えていった方がいいか
も知れません。その結果、転職もありかなと思います。
K 薬学部は、結構他の学部に比べて、あまり暇がないと思いますが、仕事を始める
ともっとなくなります。今のうちに遊んでおきましょう。


16
@かず
Aひみつ
B第86回 合格
C186点
D国師が解る本。+ナビデータ +黒本 
E黒本:これは、いいという人多いけど、これを全部やるほど暇がないのが現実で
しょ。 あくまで参考書程度。
        利点:過去門問が多い。 過去門解説がシンプルなので、仕上げに
はいいかも。それで、過去門で解かんないとこだけ本文に戻る。
  ナビデータ:利点:勉強やる気がないとき気休めでできるところ。
        欠点:間違えおおい。 解説でわからないとこたまにあり・
  国師が解る本:これはかなりおすすめ。 ほとんどこれがメインでした。量もそ
こまで多いわけでもないし要点ついてるからいいです。
         利点:解説がわかり易い。 ポイントやら新傾向の対策コーナー
もあり過去門から広げていくという感じで無駄がない。
         欠点:出来立てなのもあって、間違えがあった。今は改善ざれて
るのでは・
Fおすすめ。
   国師がわかる本。
 やめといたほうが・・・。
   黒本←量多すぎ。 こんなの丸ごとやって暇あるなら過去門やったほうがいく
らかよいでしょう。 
G学校で薬ゼミ(黒本のとこ)の講習があった。
 黒本やるくらいなら、予備校講習のプリントだけで十分。
H模試 12月 テコム  160点
    2月 薬ゼミ    165点
    3月  テコム   188点
I得意なもの:薬事、有機、物薬、生物薬剤、薬理
 苦手なもの:病態、分析
Jおすすめ・・・やはり学校で予備校やってくれるなら下らない授業でもひたすら書
き込んでその日のうちに見直しわかり易く書き込みあとからみても解るようにする。
 予備校学校でない人は、直前でもいいからいくべきでしょう。 あれでるとでない
ではかなり違う。 黒本でも青本でもそこの予備校でれば分厚いのやらなくても無駄
なく効率よくいけると思う。
 あと、過去門は国師解る本で十分。これは、かなりいいからだまされたと思って
買ってみて。 分厚いようだけど結局問題だから意外とスムーズに進むよ。
やめときー。。。
よっぽど勉強マニアじゃない限り黒本丸ごとはやめるべき。 確かに、あれ完璧にす
れば高得点も可能だが国師はあくまで合格が目的なので完璧まではする必要なく確実
に七割五分位取れるよう要点のみく集中してやればよい。
黒本一回終わらせるのにかなり時間かけてそのわりに最初にやったとこは全部忘れ
ちゃってるんじゃないの。 黒本一回やる時間あるなら予備校のテキスト五回はでき
るし過去門も五年くらい二回は見直せるんじゃないの。 黒本はあくまで辞書として
はかなりいいから。過去門で解かんないとこだけ黒本で調べればいいじゃない。 
K1月〜10時間位(卒関あり)
  2月〜2時間位(卒業決まったし、気休め程度)
 3月〜6時間(直前講習)
 直前 1時間(軽く気休め程度)
L 語呂は予備校のやつ。 作るなら、自分でオリジナルに作ったほうが覚えると思
うよ。
Mあと何点で受かったなんてのはその程度の勉強した自分が悪い。 ぎりぎり合格目
指すのではなく170点位平均的に取れるようにしとけば問題なし。 別に200点
とか狙う必要ないんだから要点をしっかり。 また、前の日は、あまりあがかないほ
うがいい。 今更一日で何できるって。。 前の日が必要な程度なら落ちて当然。
いくら完璧でも体調悪かったらなんの意味もないんだから、100lの力出せるよう
にゆっくり休んで体調管理しよう。
 無理せず自分のペースで。 他人は進んでるように見えるけど実際はそんなことな
いのでマイペースで。