三障四魔            Three Obstacles and Four Hindrances

 

   三障                             Three Obstacles

     煩悩障                         Obstacle of Earthly Desire

       餓鬼・修羅・畜生などの              Obstacle by three poisons such as

       三毒 (貪・瞋・癡)からくる障り       Greed,Anger,Stupidity

    業障                           Obstacle of Karma

       五逆罪や十悪による業からくる        Obstacle arising from bad Karma

       障り、妻子等によるもの              created by committing 5 cardinal

                                          sins and 10 evils / Wife and child

     報障                           Obstacle of Retribution

       三悪道を行じた結果の報い償ない      Obstacle due to painful retribution

    国主父母等によるもの                for acting in the three evil paths

                                          / master, parents

 

   四魔                             Four Hindrances

    陰魔                           Hindrance of Five Components

       五体(頭・首・胴・手足・全身)      Diseases and illness of human body

       からくる病気等による 

                                                   

    煩悩魔                         Hindrance of Earthly Desires

       煩悩からくる妄惑                   Delusion and hallucination        

                                     

    死魔                           Hindrance of Death         

       修行中の若死             

                                             

天子魔                         Hindrance of the devil of the Sixth     

 第六天の魔王による                heaven

 

 

                              

   五逆罪                              Five Cardinal Sins

 

     父を殺す、母を殺す、阿羅漢を殺す、仏身より血を出す、和合僧を破す。

     Kill father, Kill mother, Kill priest or disciple,Hurt and Bleed the Buddha' s

 body, break peaceful monks group or organization.

 

 

   十悪                                Ten Evils

 

    身の三悪、口の四悪、意の三悪

    殺生、偸盗、邪淫、妄語、綺語、悪口、両舌、貪欲、瞋 ・愚癡

    kill, steal, lewd, lie, blarney, deceitful, greed, anger, grumbling

                                                       

 

三障四魔

 

 正法を信じ行ずるときに、これを阻もうとして起こる働きに「三障四魔」すなわち三つの障りと四つの魔があります。
 日蓮大聖人は三障四魔に対する心構えを次のように教えられています。
 「此の法門を申すには必ず魔出来すべし 魔競はずは正法と知るべからず、第五の巻に云く『行解(ぎょうげ)既に勤めぬれば三障四魔紛然として競い起る乃至随う可らず畏る可らず之に随えば将(まさ)に人をして悪道に向わしむ之を畏れば正法を修することを妨ぐ』等云云、此の釈は日蓮が身に当るのみならず門家の明鏡なり謹んで習い伝えて未来の資糧とせよ」  (1087頁)。
  この御文で「此の法門を申す」とは、日蓮大聖人の南無妙法蓮華経の仏法を自ら信じ、他の人々にも教えていく自行化他の実践を指します。この実践に努めるとき、必ず信心を妨げようとする働きである魔があらわれて くるとの仰せです。
  「魔競はずは正法と知るべからず」と述べられているように、成仏へと向かわせる正法であるがゆえに魔が競い起こってくるのです。
  この魔が競い起こってきたとき、これを恐れたり、これに従ってはならない、と天台大 師は警告しています。なぜなら、これを恐れたり、これに従ったりすると、目的とする成仏へ向かうことができず、逆に悪道に堕ちてしまうからです。
  それゆえに、日蓮大聖人は、この天台大師の警告を、大聖人門下にとっての明鏡であるとされるとともに、末法万年の未来までも変わらぬ永遠の資糧(指針)として習い伝えていくようにと御教示されているのです。
  三障四魔の内容について、日蓮大聖人は次のように説かれています。
  「三障と申すは煩悩障(ぼんのうしょう)・業障(ごうしょう)・報障(ほうしょう)なり、煩悩障と申すは貪瞋癡(とんじんち)等によりて障礙(しょうげ)出来すべし、業障と申すは妻子等によりて障礙出来すべし、報障と申すは国主父母等によりて障礙出来すべし、又四魔の中に天子魔と申すも是くの如し」(1088頁)と。

 

@三障
 
 まず、三障の「障」とは、障り、妨げということで、信心修行の実践を、その途上に立ちはだかって妨げる働きをいいます。
 これに、煩悩障、業障、報障、の三つがあり、
・煩悩障とは、貧り、瞋り、癡などの自身の煩悩が信心修行の妨げとなることをいいます。
・業障とは、五逆罪や十悪業などによって自身の生命に刻まれた悪業が信仰を妨げるものです。この御文では具体的に妻子等の身近な存在によって起こるとされています。
・報障とは、地獄・餓鬼・畜生等の三悪道や誹謗正法等の報いとして起こってくる障りをいいます。この御文では国主・父母等、自分が従わなければならない存在によって起こるとされています。

 

 A四魔

  次に四魔の「魔」とは、能奪命者(のうだつみょうしゃ)、殺者(さつしゃ)、破壊(はえ)などと訳されるように、信心修行者の生命の内側から、妙法の当体としての生命の輝きを奪う働きをいいます。
  四魔とは陰魔(おんま)、煩悩魔(ぼんのうま)、死魔(しま)、天子魔(てんじま)の四つです。
・陰魔とは、信心修行者の五陰(肉体や心の働き)の活動の不調和が信心修行の妨げとなることであり、
・煩悩魔とは貪・瞋・癡などの煩悩が起こって信心を破壊することです。
・死魔とは、修行者の生命を断つことによって修行を妨げようとする魔です。また、他の修行者等の死によって信心に疑いを生ずることも死魔に負けた姿といえるでしょう。
最後に
・天子魔とは、他化自在天子魔(たけじざいてんしま)の略で、他化自在天王(第六天の魔王)による働きであり、最も本源的な魔です。
  大聖人は「元品(がんぽん)の無明(むみよう)は第六天の魔王と顕われたり」(997頁)と仰せです。
  すなわち、この魔は、生命の根本的な迷いから起こるものであり、権力者等の身に入るなど、あらゆる力をもって修行者に迫害を加えてきます。
 
 <賢者はよろこび愚者は退く>
 
  以上のように、私たちの仏道修行の途上においては、さまざまな障害や苦難が競い起こってきますが、注意しなければならないことは、貪・瞋・癡などの煩悩や、妻や夫、子、父母、五陰(色心)、死といっても、それら自体は初めから障魔であるというのではなく、これに引きずられる信心修行者の弱い生命にとって”三障四魔“とあらわれる、ということです。
 釈尊もさまざまに起こる心の迷いを魔の働きであると見抜いて大悟を得ました。魔を打ち破るものは、何事にも紛動されない強い信心です。
  日蓮大聖人は「しを(潮)のひると・みつと月の出づると・いると・夏と秋と冬と春とのさか(境)ひには必ず相違する事あり凡夫の仏になる又かくのごとし、必ず三障四魔と申す障いできたれば賢者はよろこび愚者は退くこれなり」 (1091頁)と仰せられています。
  三障四魔が出現したときこそ、成仏への大きな前進の時と確信して、むしろこれを喜ぶ賢者の信心で、乗り越えていくことが大切なのです。

 

 

--> 戻る