2003年度桜島マラソン

戻る

桜島マラソンとは?

 鹿児島大学山岳部に古くから伝わる伝統行事。昭和39年入の増崎OBの頃に始まったと言うから40年近い伝統がある。
 OB諸氏の情報によると昔は相当厳しい大会だったという。終わった後に血尿が出たという話を聞いたことがある。
 しばらくの間は、部員の減少により休止していた桜島マラソンであるが2000年に変なこと大好きMN氏の気まぐれにより復活した。
 今回の大会が復活3回目の大会である。

桜島マラソンの特徴
 桜島マラソンの特徴と言えば、アップダウンの激しさに尽きるだろう。島を一周する道路は、崖の海岸線や数々の溶岩流を避けるために斜面を越えるようにつくってある。そのため標高100メートル近いアップダウンが何カ所もあるのだ。のぼり坂も当然きついのだが、下り坂を適当に下ると膝が笑って走れなくなるのだ。
 桜島は活火山ゆえに降灰がある。2000年大会の降灰は結構ひどくてゴール間際でがさがさと降ってきた。火山灰が降るマラソンなど他では味わえないのではないだろうか。
 距離は1周約38キロ程度なので本当のフルマラソンよりは楽だと思われる。

sakurajima000.jpg
スタート前に記念写真

sakurajima001.jpg
準備体操中です。

sakurajima000

sakurajima001



sakurajima002.jpg
スタート直後です。足取りも軽い

sakurajima003.jpg

sakurajima002

sakurajima003

sakurajima004.jpg
先頭グループを形成。

sakurajima005.jpg
補給班より食料、ドリンクの補給を受けます

sakurajima004

sakurajima005

sakurajima006.jpg

sakurajima007.jpg
1年生、黒岩2位以下を引き離す

sakurajima006

sakurajima007

sakurajima008.jpg
12月の割に暑かったです

sakurajima009.jpg
高校の遠足かなんかで
ぞろぞろ歩行者がいてウザかった

sakurajima008

sakurajima009

sakurajima010.jpg

sakurajima011.jpg

sakurajima010

sakurajima011

sakurajima012.jpg
はりけん、快走

sakurajima013.jpg
シーンは変わって表彰式

sakurajima012

sakurajima013

sakurajima014.jpg

sakurajima015.jpg

sakurajima014

sakurajima015

sakurajima016.jpg
ささやかながら、副賞もでました

sakurajima017.jpg
終わったらマグマ温泉
最高ですよ、この温泉、マジで効きます

sakurajima016

sakurajima017


結果

順 位 氏  名 タイム 学年
1位 黒岩 聖也 3時間41分17秒 1年
2位 塩谷 寿男 3時間49分33秒 4年
3位 渡辺 剛士 3時間49分43秒 OB
4位 西村 正也 3時間57分30秒 OB
5位 針原 謙一 4時間34分44秒 3年
6位 渡嘉敷 唯史 4時間54分42秒 3年
- - 竹之内 真人 リタイア 4年
- - 西上原 えみ リタイア 1年
- - 天本 麻子 リタイア 3年
       
※補給班協力
西村、福田



戻る