大坂 道修町・神農祭
毎年11月22,23日には、くすりの町、道修町の少名彦名神社にて神農祭がとりおこなわれます。




 まずは少名彦名神社について。この神社は道教の医薬の神様である神農氏(しんのうし)と、日本
の医薬の神様である少名彦名命(スクナヒコナノミコト)を同時にお祀りしています。
医師となる我々にとって是非ともあやかりたい神様Best2を同時にお参りできるありがた〜い神社です。
神農氏(左)は頭に角が生えていて、薬草の葉っぱの服を着、手には赤い鞭(赭鞭)を持ち野山を
旅して薬草を見つけては自分で嘗めて薬効を確かめたと言われる伝説の皇帝です。漢方の三大古典の
一つ「神農本草経」はこの神農さんが著したということになってます。少名彦名命(右)は日本神話
によれば高皇産霊神、神産巣日神の子、体は小さかったが忍耐力と智恵に富み大国主命と協力して国
土の経営に当たられ、荒地を開いて農業の発展につくされ特に薬草を研究し庶民の病気を治すことに
より医薬神として信仰された神様です。
 文政5年(1822)大坂で疫病(コレラ)が流行した時、道修町の薬種仲間が疫病除薬として虎
の頭の骨を配合した「虎頭殺鬼雄黄圓」という丸薬をつくり、神前で祈祷をして庶民に無料で施し、
張り子の虎をお守りとして配ったことから、現在でも張り子の虎でも有名になっている神社です。
                                        (画:柳原)
 詳しくは→ くすりの道修町資料館 

←さすが浪速のあきんど、道修町の神社!
神社の前には金色の虎の象!!
阪神タイガースが優勝したら、
この虎も大変なことに!?
この神社、あの張り子の虎でも有名なんですよ。

神社の境内には薬会社の名前の入った
提灯がたくさん。                →
商売繁昌お願いしまっせ!
神農さん!って。
←神農氏はテキ屋さんが信仰する神様としても
知られています。町の通りは屋台がところ狭しと
並んでいます。会社帰りのサラリーマンのお父さん
も今日は屋台のタコ焼きで一杯!

でたー!特大タコ焼き1個200円!
直径10cmはあるでしょうか!?
さすがタコ焼きの町大阪、
規模が違う規模が!



関西医大東医研