関西学生混声合唱連盟

概要

 関西学生混声合唱連盟(KKR)は、大阪大学混声合唱団・関西大学混声合唱団ひびき・関西学院大学混声合唱団エゴラド・神戸大学混声合唱団アポロン・同志社学生混声合唱団C.C.D.・立命館大学混声合唱団メディックスの6団で構成されています。

 関混連は現在、『加盟団体相互の合唱活動と技術向上を図り、更に混声合唱の普及を目指し広く合唱会に貢献することを目的』(関混連規約より)として活動しています。


 関混連は、1964年ひびきとメディックスが共に歌の練習をしたことに始まり、
1966年エゴラド・C.C.D.が加わり関西学生混声合唱連盟となりました。
1969年にはアポロン・阪混が加わり関混連は現在の6団編成になりました。
1970年に初めて 厚生年金会館中ホールにて演奏会が行われ、以降毎年6月に演奏会が行われ、11回目の演奏会からは毎年大阪・フェスティバルホールで行っております。
 近年、毎年6月に行われる関混連定期演奏会は、各団による個性あふれる単独ステージの後に200人規模の大迫力の合同 ステージが行われています。


 関混連定期演奏会の他には、関混連内の行事として、ゲームをしたり歌を歌ったりする『フレッシュマン交歓会』という各団の 新入生を集めての交流会が5月中旬に行われます。
11月には各団が12月に実施する単独定期演奏会のレパートリーを披露し、お互いの演奏を聞きあう『レパートリー交歓会』という行事が行われます。


KKRの各機関

理事会
各団の理事が連盟員の要望を持ってきて話し合う場所であり、関混連において重要事項の最終決定を行う機関であります。
各団の代表者2名が理事となります。

理事長:中野(アポロン)

技術委員会
関混連の技術向上を図る機関です。
客演指揮者の先生や合同曲についての話し合いと決定をします。レパートリー交歓会を行うかどうかについても話し合います。
各団の技術系代表者1名以上が委員になります。

技術委員長:佐々木(アポロン)

編集委員会
関混連の機関誌発行機関と位置づけされています。
定期演奏会のパンフレット・チラシ・チケットの 作成をします。様々な企画を盛り込んだ機関誌『MUSICA』を発行し、刊行物により連盟員の親交が深まるよう努めます。
各団から2名以上が委員となります。

編集委員長:木山(ひびき)

常任委員会
関混連の執行機関つまり、理事会で決定された連盟員の要望を反映させる機関です。
関混連定演・レパートリー交歓会・フレッシュマン交歓会などのイベントの運営(時には企画)を行い、関混連のイベントで中心となって動きます。
チーフとサブにより各団から2名以上が委員となります。

常任委員長:赤澤(エゴラド)
外政:西端(アポロン)
外政補佐:前原崇志(阪混)
接待:濱崎(エゴラド)
ステージマネージャー:藤崎(C.C.D.)
合練マネージャー:大石(メディックス)
会計:山本(ひびき)
会計補佐:喜瀬(C.C.D.)
情報統括:平山(メディックス)
庶務:鈴木(阪混)
ロビー:鎌田(アポロン)
レセプション:前原伶美(ひびき)

顧問
名誉顧問:松浦周吉
顧問:本城正博