各団より

大阪大学混声合唱団

こんにちは!大阪大学混声合唱団です!
僕たちは総勢約110人の大合唱団で、メンバーみんなで日々上質な音楽づくりに励んでいます!
毎日の練習も楽しさと厳しさが両立していて、大人数ではありますが全員とつながることのできるとてもアットホームな団です。

金沢大学混声合唱団さんとのジョイントコンサートも隔年で行っています。

そんな若さ満点音楽真っ盛りの僕たちの演奏を是非一度聞きに来てください♪


阪混のHPはこちら


関西大学混声合唱団ひびき

こんにちは、関西大学混声合唱団ひびきです。
千里山キャンパスを拠点に、現在約80名近くで活動しております。 創団1961年から学生だけで運営し、団としても常任指揮者を置かず、学生指揮者を中心に“心を伝える音楽”を目指して日々の練習に励んでいます。技術顧問に矢田正一先生をお招きし、合唱技術を磨いています。
練習は月・水・金の週3回、 歌う曲はさまざまで、邦楽洋楽ポップスにアニソンまで幅広いジャンルに挑んでいます。 団員も個性豊かで毎日飽きることなく楽しく過ごしています。 そんなひびきが作る音楽を、ぜひ一度聞きに来てみてください。 皆さんに会えるのを楽しみにしています。

ひびきのHPはこちら


関西学院大学混声合唱団エゴラド

私たち関西学院大学混声合唱団エゴラドは学内唯一の混声合唱団で、6月と12月の定期演奏会に向け日々練習を重ねております。

その他にも、毎年9月には地方の小中学校へ訪問演奏に行き、児童たちと合唱を通して交流し、12月には学校の一大イベントでもあるクリスマス音楽礼拝にも参加したりなど活動は多岐に渡ります。

部員のほとんどが合唱初心者ですが、日々の練習を通して技術を磨き、歌うことの楽しさを分かち合っております。


…とまあ長々と語らせていただきましたが、一言で言ってしまえば

とっても楽しい部活

です!どーん


エゴラドのHPはこちら


神戸大学混声合唱団アポロン

神戸大学混声合唱団アポロンは、「御影混声合唱団」を母体とし、発足から65年を越える伝統ある大学合唱団です。現在、総勢約80名で活動しています。団員の所属は全学部に渡っており、経験者ばかりでなく、大学から合唱を始めたという人が大半を占めます。

主な行事としては12月に開催される「定期演奏会」があります。その他にも、「関西学生混声合唱連盟定期演奏会」をはじめとする、さまざまな演奏会に参加しています。2013年度には関西合唱コンクールの大学ユースの部・大人数の部に出場し金賞を受賞しました。また地域の公民館や幼稚園で訪問演奏を行うなど、対外的な活動も積極的に行っています。
今年度は、定期演奏会も54回を迎え、様々な見どころあるステージを企画中です。皆様、ぜひアポロンの定期演奏会に足をお運びくださいませ。


アポロンのHPはこちら


同志社学生混声合唱団C.C.D.

私たち同志社学生混声合唱団は戦後間もない昭和22年、故森本芳雄先生の呼びかけにより、日本で最初の学生混声合唱団として創設されました。以来60年以上にわたり、キリスト教音楽をメインレパートリーとし、その他にも邦人曲や愛唱歌など様々な曲に取り組んでいます。

6月に毎年開催される関混連定演の他にも、今年で55回目となる早稲田大学混声合唱団とのジョイントコンサート、夏に新入生の初舞台であるフレッシュコンサート、そして12月に一年間の集大成として定期演奏会を控えています。クリスマスシーズンには地方の保育施設や老人ホームなどを巡って歌をお届けする演奏旅行という団行事があり、これら多くの演奏会に向けて日々練習を重ねています。


C.C.D.のHPはこちら


立命館大学混声合唱団メディックス

私たち立命館大学混声合唱団メディックスは今年、第53回定期演奏会を迎える長い歴史のある合唱団です。 「メディックス」という名前は「メディック(medick)」というクローバーの一種の名前に由来しており、小さな花が集まって綺麗な花になるように、「一人ひとりは小さくとも綺麗な音楽をつくろう。そして、結束して苦難を乗り越えよう。」そんな強い思いが込められています。
主な行事としては、7月には学内開催のサマーコンサート、10月には関西合唱コンクール、12月には最大の目標である定期演奏会を開催しています。また、それらの行事以外にも春合宿や夏合宿、琵琶湖でのキャンプなどがあり団員全員で楽しく活動しています。
また、日頃は練習後にみんなでご飯を食べたり、部室でわいわいしたりと団員間の仲はとても良いです!
短くではありますが、メディックスの紹介をさせていただきました。少しでも気になったら、一度メディックスの演奏会に足を運んでくださいね。

メディックスのHPはこちら