■■話題のお手柄奥様に独占取材敢行!■■
2000年問題、主婦の活躍により解決へ


↓奥様が懸念していたY2Kトラブル(想像図)

ドライヤー爆発で黒こげ、冷蔵庫発熱で食材が腐敗、
電卓が0721(オナニー)しか表示せず……奥様の妄想は豊かだ。

 読者から1通の手紙が届いた。

「茨城に住む人妻です(笑)。2000年問題が身近に迫る昨今ですが(笑)、真摯に取り組んだ結果(笑)、ついにこのYKK問題を解決しました(笑)。もう大丈夫と小さな胸を張れます(笑)。ぜひ記事で取り上げ、多くの人を安心させてあげて下さい(笑)。−−台所にて」

 Y2KをYKKと間違えたり、意味なく(笑)を連発する人には注意と頭ではわかっていたものの、スクープを予感した我々はついつい手紙の主を訪れた。

 応対してくれたのは、みのもんた派と公言する30代前半の奥様。人目をはばからずスネ毛を処理しながら語ってくれた。

「来年1月1日に社会が大変なことになると聞いて震え上がりました。こんなことやあんなこと(→想像図)が起きたら……。眠れぬ夜が続きました。武器も買いました。心配が高じ、10キロも体重が増えました。でも心配するだけじゃ何にもならない。私は決心し、メーカーに電話をかけまくったのです」

 奥様は家にあった電気製品の製造元に聞き回ったという。おたくのドライヤー、2000年問題は大丈夫ですか、掃除機は1月1日に誤作動して乳飲み子を吸い込みますか、電卓のY2K対応はどうですか……。

「恐れることはありませんでした。お客様相談室の方々は口を揃え、時には憐れむような口調で『大丈夫ですよ』と言ってくれたのです。不安は消え去りました。安心が高じ、さらに10キロも体重が増えました」

 2000年になると家電製品が反乱を起こして人間に襲いかかると奥様は思っていたようだ。昔のコンピュータが西暦を下二桁で表したことに起因するY2Kの基本構造はご存じなかった。

「これで皆様も明るく笑ってお正月が迎えられるわよね(笑)」

 朗らかに笑う奥様のお宅には、日付を組み込んだマイコン制御の製品は一つも存在しなかった。

→高橋真由美さん(32歳)。趣味は編み物。家族思いのお母さんだ。

●2000年問題安心一覧表 〜高橋さんの極秘チェックリストより〜

電気ウナギや電気ブランが電気製品でないことなど、奥様にはどうでもいいことだ。バイブの暴走は「少し期待中・」とのこと。

・品名 ・お客様相談室の回答
電気アンカ 「だいじょうぶです」
電気ランプ 「だいじょうぶですー」
電気コタツ 「だいじょうぶですぅ」
電気シェーバー 「だいじょうぶですよ」
電気ハンダゴテ 「だいじょうぶですから」
電気肩たたき器 「だいじょうぶですので」
電気うなぎ 「だいじょうぶですた」
電動ブラン 「関係ありません」
電気バイブ 「だいじょぶだぁ」



|想像図/野中和美電脳トピックストップに戻る