ロ−マは一日にしてならず☆

初めに

年末大掃除をしていたら、スピ-チの試作品が出てきました。舞台に立つためにどれだけの莫大な量を書き直したか事か。まさしく筆者の苦悩の跡が良くわかりました。一発で本当に名作が出来上がる人は本当に天才だと思います。実際いるんだろうか?ほとんどの方は色んな先輩や後輩を使い終わりなき戦いに挑んでいるはず☆今回はエリミに出したスピ-チだけを載せます。これをみるとやっぱり人に見てもらって書き直さないといい作品は出来ないなぁと再認識しました。The Heavenly Rock-CaveとA Merry Heart以外の作品は見つからなかったので悪しからず。

The Heavenly Rock-Cave(エリミ版)

確か10回ぐらいリライトした作品。オ−ガニがいけてないのと無駄な字数多すぎ、じゃべれねぇ−☆

The Heavenly Rock-Cave(大隈杯用のエリミ版)

これでリライト20回ぐらい。やっとオ−ガニが落ち着いてくるCauseが分かりにくいと指摘があったのではっきりさせた。

The Heavenly Rock-Cave(本選版)

これでリライト22回ぐらい。ほとんど大隈仕様と変わりなし。でもBack Groundに解決できないよと書くのを忘れそのお陰で減点された大会もあった。字数もかなり削減に成功した。

Silent Cry(毎日杯用)

一回ESS主催以外の大会に出てみたく毎日杯用に五分用にまとめてスピ−チ。しかし2001年度は開催せず、エリミに出すことすら出来なかった。本当に出たかった。

A Merry Heart(エリミ版)

実はこのスピ−チ初めはSが二つ有った。エリミは意外と安全策をとった事が良くわかる。

A Merry Heart(本選版)

筆者的にはこのスピ−チは天照よりももっともロジックにこだわったスピ−チだと思います。最後の成功例は今までエビを出しているのに吉本だけがエビがないのはやっぱりどうかなぁと思いました。エリミの段階では癌が治るのエビと被るので出さなかったし。吉本だけではNativeには受けないと思ってましたが、本選はプレゼンしたもの勝ちなのでロジックを固めてしまいましたというより笑いを取りにいったと言う方が正しいかも。

最後に

たった一本のスピ−チを完成させるのにどれだけのインナ−や他大学の先輩の方々を踏み台にしてきたことか改めて振り返って本当に感謝する今日この頃です。この変遷を通して皆さんも色んな人に臆することなく見てもらいましょう。そのスピ−チで活躍する姿を見せる事を見せる事がその先輩達にとって一番喜んでくれるでしょう。